世田谷区

下北沢 KOZUのショートケーキ+アイスミルクティー

ロクサンを出て、人で賑わう商店街をしばらく下った先の交差点沿いに佇む小さなケーキ屋さん。
patisserie KOZUは群馬県の牧場が経営するお店です。
Kozu001ショーケースに並ぶいろとりどりのロールケーキ。
Kozu005
焼き菓子もたくさん。
Kozu006
店内にはイートイン用のテーブルが一つだけ用意されています。
(ただしセルフサービス)
できますものはケーキのほかソフトクリーム。
ソフトクリームは店の外に置かれたベンチに座って頂くこともできます。
Kozu002
こちらはドリンクメニューです。
牧場経営のお店らしく“神津牧場牛乳”なんてのも。
Kozu003
この日は、いちごショート450円とアイスミルクティー400円を店内でいただきます。
Kozu010
何を隠そう、今日はこのいちごショートに会いにやって来たのです。Kozu011
ぷっくりかわいいいちごの横にはにわとりさんのホイップクリーム。
丸いアタマの後ろにはちゃんとトサカもついてます(笑)。
Kozu012
食べちゃいたいくらいカワユス。
いや、食べるけど。
ケーキはとっても上質で舌の上はもう夢ごこち。
Kozu015
アイスミルクティーは、出てくるまでにばかに時間がかかったので「大丈夫かな」と、やや不安を覚えたのですが、まろやかで美味しい。
こんな美味しいアイミティーは初めてです
Kozu016店内に置かれたかわいいラッピング。
黄色いひよこのマスコットもいます。
Kozu007紙ナプキンのデザイン。
どうも、ここんちは「ニワトリ」さんに強い思い入れがあるようです。
Kozu008とても暑い日で、お店にはソフトクリームを注文しに入ってくる人がけっこういました。
私もあのソフトクリームを食べてこなかったのがいまだに残念で、またそのうち再訪したいです。

◇おまけ 北澤庚申堂
下北沢の商店街を少し下った先の交差点沿いに佇む小さな庚申堂。
オサレな街・下北沢を行き交う人の流れをじっと見守っておられます。
Kosin「KOZU」は、ここからさらに歩いて行った商店街の奥に位置します。

実はこの1週間後に、偶然ここのパウンドケーキを(一切れ)いただく機会がありました。
本当にたまたまで、ちょっと感激。

下北沢 ロクサンのピザ

6月最後の土曜日は下北沢のロクサンを二度目の訪問。
お目当てはランチ限定のピザセット。
Ro001
トッピングを選べるのがたのしい。
Ro002
スパゲティとかもあるけど、やっぱりピザを頼んでしまう。
Ro003
トマトとコーンとポテトの三種盛り。
サービスセットはトッピング2種で950円だけど、私は1種類追加したので1,050円。
Ro100
このあいだと同じチョイス。
いちばん好きなものを選ぶのだから、けっきょく同じになってしまう。
大好きなものが、やっぱりいい。
Ro120
横から見ても、まあごりっぱ、というところのピザ。
Ro150
「サービスセット」に付くミニサラダ。
トマトとキャベツの酸っぱいドレッシング。
Ro110卓上に備えつけの、かりかりに炒った唐辛子のスパイス。
これをひとふり、ふたふりピザにかけて使います。
Ro160幸せなピザの出来上がり。
Ro170
あーん。
Ro180ゴローちやんを真似てコーラといきたいところですが、サービスセットはコーヒー・紅茶・オレンジジュースのうちどれか。
ゆえにオレンジジュース。
Ro200お店に飾られたパン焼き職人(おばさん?)の絵。
おいしそうですな。
Ro0000

下北沢 ザックのケーキセット(マロンショート)

下北沢に、昔ながらのケーキ&カフェのお店があると調べてやって来たのがこちら、Patisserle ZAC(ザック)
赤いテントがかわいいです。
Zac001看板も可愛い感じ。
若い人で賑わう下北沢にあって、そこだけレトロでアーリーアメリカンな雰囲気を醸し出している。
Zac002店内も古びて大時代的なムードなのだが、あとで調べたら2階席もあるらしい。
お昼どきの店内では下北沢マダムやレディが思い思いに過ごしています。
Zac003 Zac005
Zac006
Zac010
私は食事を済ませてきたので、ケーキセット。
いちばんの推しはバナナタルトらしいけど、今ウチの冷蔵庫には大量のバナナがある…。
Zac007ラズベリーショコラもよいですな。
Zac008栗のモンブラン!Zac009秋らしいところで、マロンショートカフェ・オ・レを。
このセットでお値段は800円。
Zac101
泡泡しいカフェ・オ・レ
セットでもカフェオレが選べるのはいいなあ。
砂糖を入れなくても、とてもまろやかな飲みごこちです。
そして、飲み物にはビスケットが付くのが嬉しいサービス!
Zac102
マロンショート
仏産のマロンと日本産の栗の甘露煮を使い、まったりと仕上げました。
Zac201

砂糖がけしたマロンクリームがタップリ。
Zac202
どれが仏産でどれが日本産の栗だろう?
Zac203
こういう昔ながらのケーキ屋さんにはありがちですが、けっこう甘味が強い。
でも、ヘンに洒落てなくて質実剛健という感じのケーキでした。Zac204
私は栗が好きです。
毎年いつも栗を買ってくると母が「栗は30分くらい茹でなきゃいけないんだよね」と、ブツブツいいながらお鍋を出して用意してくれていました。
今は、もう誰もやってくれません。
栗は、好きだけど寂しい秋の味わいになりました。
Zac205
こんどはやっぱり看板のバナナタルトを食べてみたいです。

下北沢に来たのは二十年ぶりくらい(そのときは「茄子おやじ」に行った)。
あいかわらず、小さな路地に人が多く溢れていて活気がある町ですね。

下北沢 ロクサンのピザ

今日から三連休。
私は先週、会社で転んで以来、痛みがずっと続いているのだけども、家に1人でいるのも気が滅入るので体に鞭を打って出かけます。
『孤独のグルメ』待望の2巻発売を記念してというわけではないが、ずっと前から気になっていたお店に行って来ました。
下北沢の昔ながらのイタリアン、ロクサン
R001こちらはピザとスパゲティがメインのお店。
ワインのつまみになりそうな一品料理も少々あります。
R002ランチのサービスセット。
ピザセットだと好きなトッピングを2種類選び、ミニサラダとソフトドリンク付き950円。
R003セットのミニサラダ
トマト・レタスに人参・胡瓜・水菜などの千切りサラダ。
酸っぱいけど香りのいいフレンチドレッシングがかかっています。
R100
ピザにはポテト・コーン・トマトの三種類の具をトッピング(追加100円)。
『孤独のグルメ』によればMサイズ23cm、Lサイズ28cmだそうなので、これはMサイズと見える。
R200
ピザはうす焼きでクリスピーなタイプ。
三種類の具はどれも豪快なボリューム。
卓上に備えつけのタバスコと辛い薬味(カリカリにローストした唐辛子とかニンニクのみじん切り)をたっぷりふっていただきまっす。
うまいっ!
カリッとしたドゥの芳ばしさといい、絶妙な日の通し具合といい最高。
R205
ピザのお供はゴローちゃん風にコーラといきたかったのだけれども、セットドリンクはコーヒー・紅茶・オレンジジュースのうちからチョイスということなので、オレンジジュースを。
ピザでヒリヒリした舌の上を、冷たいジュースがうまく中和してくれます。
R301今日は「茄子おやじ」と「ロクサン」と、どっちにしようか迷ったのだけどココにして良かった。
いいお店でした。
美味しいピザが食べたくなったらきっとまた来たくなる。