世田谷区

下北沢 ザックのケーキセット(マロンショート)

下北沢に、昔ながらのケーキ&カフェのお店があると調べてやって来たのがこちら、Patisserle ZAC(ザック)
赤いテントがかわいいです。
Zac001看板も可愛い感じ。
若い人で賑わう下北沢にあって、そこだけレトロでアーリーアメリカンな雰囲気を醸し出している。
Zac002店内も古びて大時代的なムードなのだが、あとで調べたら2階席もあるらしい。
お昼どきの店内では下北沢マダムやレディが思い思いに過ごしています。
Zac003 Zac005
Zac006
Zac010
私は食事を済ませてきたので、ケーキセット。
いちばんの推しはバナナタルトらしいけど、今ウチの冷蔵庫には大量のバナナがある…。
Zac007ラズベリーショコラもよいですな。
Zac008栗のモンブラン!Zac009秋らしいところで、マロンショートカフェ・オ・レを。
このセットでお値段は800円。
Zac101
泡泡しいカフェ・オ・レ
セットでもカフェオレが選べるのはいいなあ。
砂糖を入れなくても、とてもまろやかな飲みごこちです。
そして、飲み物にはビスケットが付くのが嬉しいサービス!
Zac102
マロンショート
仏産のマロンと日本産の栗の甘露煮を使い、まったりと仕上げました。
Zac201

砂糖がけしたマロンクリームがタップリ。
Zac202
どれが仏産でどれが日本産の栗だろう?
Zac203
こういう昔ながらのケーキ屋さんにはありがちですが、けっこう甘味が強い。
でも、ヘンに洒落てなくて質実剛健という感じのケーキでした。Zac204
私は栗が好きです。
毎年いつも栗を買ってくると母が「栗は30分くらい茹でなきゃいけないんだよね」と、ブツブツいいながらお鍋を出して用意してくれていました。
今は、もう誰もやってくれません。
栗は、好きだけど寂しい秋の味わいになりました。
Zac205
こんどはやっぱり看板のバナナタルトを食べてみたいです。

下北沢に来たのは二十年ぶりくらい(そのときは「茄子おやじ」に行った)。
あいかわらず、小さな路地に人が多く溢れていて活気がある町ですね。

下北沢 ロクサンのピザ

今日から三連休。
私は先週、会社で転んで以来、痛みがずっと続いているのだけども、家に1人でいるのも気が滅入るので体に鞭を打って出かけます。
『孤独のグルメ』待望の2巻発売を記念してというわけではないが、ずっと前から気になっていたお店に行って来ました。
下北沢の昔ながらのイタリアン、ロクサン
R001こちらはピザとスパゲティがメインのお店。
ワインのつまみになりそうな一品料理も少々あります。
R002ランチのサービスセット。
ピザセットだと好きなトッピングを2種類選び、ミニサラダとソフトドリンク付き950円。
R003セットのミニサラダ
トマト・レタスに人参・胡瓜・水菜などの千切りサラダ。
酸っぱいけど香りのいいフレンチドレッシングがかかっています。
R100
ピザにはポテト・コーン・トマトの三種類の具をトッピング(追加100円)。
『孤独のグルメ』によればMサイズ23cm、Lサイズ28cmだそうなので、これはMサイズと見える。
R200
ピザはうす焼きでクリスピーなタイプ。
三種類の具はどれも豪快なボリューム。
卓上に備えつけのタバスコと辛い薬味(カリカリにローストした唐辛子とかニンニクのみじん切り)をたっぷりふっていただきまっす。
うまいっ!
カリッとしたドゥの芳ばしさといい、絶妙な日の通し具合といい最高。
R205
ピザのお供はゴローちゃん風にコーラといきたかったのだけれども、セットドリンクはコーヒー・紅茶・オレンジジュースのうちからチョイスということなので、オレンジジュースを。
ピザでヒリヒリした舌の上を、冷たいジュースがうまく中和してくれます。
R301今日は「茄子おやじ」と「ロクサン」と、どっちにしようか迷ったのだけどココにして良かった。
いいお店でした。
美味しいピザが食べたくなったらきっとまた来たくなる。