港区

2017年7月 8日 (土)

新橋 とっとり・おかやま館の清水白桃ソフトクリーム

新橋駅前のとっとり・おかやま館を覗いたら、1階のスタンドで季節限定メニューを出してました。
岡山の清水白桃ソフトクリーム
To001
鳥取からはスイカソーダ
To002
さて私のチョイスは?

清水白桃ソフトクリーム420円、いきます。To003
うん、あっさりと清々しい香り。
新橋にありて遠く岡山を想う、か。

正直、「コレのどこが白桃?」という感じではありますが、まあ気持ち気持ち。

2016年12月24日 (土)

新橋 はと屋のコロッケナポリタン

「ピアソラ」に行って以来、揚げ物が食べたくて食べたくて…。
そんなわけで今日は(も)はと屋コロッケナポリタン1,000円。
Hato01
お味噌汁は豆腐とか若布とか。
Hato02今日は混んでたけど、大将がちゃっちゃと順番に手早く作ってくれる。
Hato03
念願の揚げ物!!
Hato05このナポリタンはデミグラスソースをとっぷり入れて作ってるみたい。
Hato06これだけ食べたらお腹は一杯だけどデザートも食べたいな。
有楽町へ移動。

2016年11月23日 (水)

新橋 香川・愛媛せとうち旬彩館でおかいもの

はと屋の待ち時間の間、香川・愛媛せとうち旬彩館へ行く。
坊っちゃん団子・母恵夢・りんごジャムをお買上げ。
都内にいながらいろいろ地方の物産を手軽に買い求めることができるのは嬉しい。Sai1

ジャムといえば、私はなんといってもりんごジャム!です。
ちょうど切らしたところでもあり、愛媛県のりんごジャムがあったので一瓶買ってみました。
ほんとうは、上田の飯島商店の紅玉りんごジャムが欲しいところですが…。
Sai2湯の街・道後温泉の坊ちゃん団子。
私の大好物。
1人用には手ごろな二本入り。
Sai3

Sai5

久しぶりに食べたらやっぱり美味しかった!
また、買いたいです。

新橋 とっとり・おかやま新橋館の大山白ばらソフトクリーム

新ふと見たらこの並びにあったはずの鳥取県のアンテナショップが…ない!?
2階のレストランは早くに撤退したけど、先日の震災の影響なのだろうか…
調べたら同じ新橋駅前に、岡山県と合同で新しいアンテナショップが一昨年オープンしていることを知った。
タハ、全然知りませんでしたよ私。
それで、その新しい鳥取(と岡山)のアンテナショップに行ってみました。
その名もとっとり・おかやま新橋館
ホント新橋駅前。
広々としたフロアに鳥取県と岡山県の物産がどっさり並んでいる。
岡山のきびだんごは何種類もあります。
(私はあんまり好まない)
そして2階はレストラン「ビストロカフェ ももてなし家」。
紅ずわい蟹重がいいな!…けど、今日はもうゴハン食べたし。
パンケーキメニューもあるが、ランチタイムは注文不可。
Photoココはまたいつか、あらためて食べに来よようと心に決める。
1階に戻って、フロアの一隅にソフトクリーム売り場があるのに気がつきました。
大山 白バラソフトクリームと、蒜山 ジャージーソフトクリーム。
私は蒜山高原にも行ったことがあります(バスの乗り換え地だった)。
なんとなく蒜山の方が牛乳成分が濃いように気がする。
だけど、ここはやっぱり鳥取バージョン。
Soft2 大山白バラソフトクリーム380円。
これは天辺をぺろりとひと舐めしてしまった光景。
Softまったりとさわやかな甘さがくちに広がる。
寒いけど。

新橋 はと屋のコロッケナポリタン

今日は勤労感謝の日で祝日。
昨日のうちにはと屋さんに電話したらお昼だけやってますとのことで、満を持してやって参りましたよ。
11時過ぎに到着したらまだ「準備中」の札が出ていて大将が仕込み中だった。
いったん道を引き返してせとうち旬彩館へ行く。
坊っちゃん団子・母恵夢・りんごジャムをお買上げ。

それからあらためてはと屋へ向かう。
今度はちゃんと営業中になっていました。
注文はもちろん、コロッケナポリタン950円
Hato01
二つのコロッケの、揚げた色あいが少し違うのが気になる。
食べたら二つともふつうに美味しかったですが。
Hato02
からっと揚がった芳ばしいコロッケ。Hato03ふっとい麺のナポリタン。
不二家伝来の味という、デミグラスソース系の味わい。
Hato05お味噌汁はわかめとタマネギとお豆腐。
うすい味付けなのは昔から。
Hato06ああ、この味…。
食べたくてたまらなかった、はと屋の味だ。
私にとってはここが外食の原点。
満腹口福。

2016年1月16日 (土)

新橋 キムラヤのチョコレートパフェ

カリカルでカレーを食べたあとのデザートはお向かいのパーラーキムラヤにて。
チョコレートパフェ620円。
Kimuraya10
赤いチェリーが愛らしい。
P2
いたって普通のチョコパ。
P3
最初に食べたプリンアラモードが、あまりにもインパクトが強烈だったので、このチョコレートパフェは少々平凡に思えました。
でも、またほかのメニューも食べに来たいです、キムラヤさん。

新橋 カリカルの野菜カレー

先日、「キムラヤ」に来た時に目をつけておいた、お向かいのカレー屋さんに行って来ました。
キムラヤの向かい側に位置するカリカル
カウンターだけのカレーショップ。
C0
注文はもちろん、野菜カレー950円。
C1
ピーマン、オクラ、ズッキーニ、きのこなどいろいろな野菜が入ったカレー。
C2
ごはんに添えられるのは福神漬とカリカリに炒めた玉ねぎ。
あらかじめお皿に乗せられています。
自分で薬味を取ることはできません。
C3スプーン一匙すくうだけでいろんな野菜がのってくる、具沢山のカレー。
C5
いろいろな野菜が入ってるのは楽しいです。
ただ、ライスの量はちょっと少ないかな。
調理担当の男性と、レジと配膳担当はインド人風?の女性一人で切り盛りしていました。
カウンターだけのお店ですがけっこう広いです。
でも1度行けばいいかなあという感じ…。

2016年1月 9日 (土)

新橋 キムラヤのエピピラフ+プリンアラモード

仕事が始まったと思ったら、今日からありがたい三連休です。
サラリーマンの街・新橋の東口駅前ビル入口に位置するパーラーキムラヤ
ここも『大人の週末』に〈プリン・ア・ラ・モード〉が紹介されたお店。
年末に行き損ねてしまい、今日は正月休みが明けるのを待ち兼ねての訪問です。
思ったより小さいお店でしたが、店内中央には金魚が泳ぐ水槽もあります。
スタッフはコックさんとウェイターさん(たいへん礼儀正しい方)が1人ずつ。

まずはお昼なので、ランチ・タイム・サービスよりエピピラフをチョイス。
Kimuraya00エピピラフ1,000円。
ミニ野菜サラダ・コーヒー付き。
Kimuraya01
エピピラフをひとくち食べて「!」
適度に塩味が効いているのだが、実に絶妙な味加減。
具は小エビのほか細かく丁寧に刻んだ人参・ピーマンとシンプルながら噛みしめるほどにごはんの旨みが感じられる。
Kimuraya02
ミニ野菜サラダはうれしいゆで玉子スライス入り。
これも丁寧にスライスされたキュウリに千切りキャベツ。
ごまドレッシングもかなり美味しい。
Kimuraya03このピラフを注文するとコックさんがフライパンでちゃっちゃっと炒めて作っている。
私はエビは食べられないけど予想以上に美味しかった。
是非、また食べたい!!!
Kimuraya05
セットのコーヒーはちゃんとタイミングを見計らってサービスしてくれます。
Kimuraya10お待ちかねのプリンアラモード700円!
Kimuraya20
うさぎリンゴ・バナナ・チェリー・パイン・メロン・ミカン・モモと華々しいフルーツと生クリームに囲まれたプリン。
Kimuraya21
この舟型のガラスの器がまたレトロで良い感じです。
Kimuraya23
カスタードの香りが馥郁たるプリンはしっかりと固められた焼き上がり。
なんともぜいたくな味わいです。
Kimuraya24
ちなみにプリンを使ったメニューには、シンプルなプリン、具をもう少しシンプルにしたプリンローヤルもありました。
後から来た人が〈チキンライス〉を注文したのを見ると、ケチャップ炒めのライスの上に玉子をスクランブルエッグ状に拡げて焼いたのが乗っかっている。
しかもスープ付き。
ナポリタン、ピザトースト、ミックスピザなどほかのメニューも一通り食べてみたいです。
新橋にこんなお店があったのを今まで知らなかったなんて…不覚!
この日私は、固く再訪を誓ったのでした。

2015年12月26日 (土)

新橋 むさしやのオムライス

今月発売された『大人の週末』という雑誌を見てさっそく行って来ました。
新橋は烏森口のニュー新橋ビル(格子柄のビル)1階に入っているむさしや
雑居ビルの店内の一角にあるカウンターだけの洋食店。
そのまわりに、縄のれん?的なスダレが下がって居酒屋風なしつらい。
看板には店名の横に「創業明治拾八年」とある。
え、そうなの?
Musasiya01ナポリタン、オムライス、オムドライ、ハンバーグ…と、看板メニューが並ぶ。
その隣には例の『大人の週末』の表紙写真(「むさしや」のオムライス)。
Musasiya02むさしやにはこれだけのメニューがありますが、お店のおすすめはナポリタンとオムライス、とある。
Musasiya03



『大人の週末』の表紙を飾ったオムライス700円を頼みました。
お昼どきで数人行列していたのですが、並んでいる間に注文を聞かれるので、席に座るとタイミング良くお皿が出されます。
お皿が提供されるのと同時にお会計するのがココのシステムだそうです。4
Musasiya10

オムライスとスパゲティ、サラダの三つ巴。
キャベツのサラダにはマヨネーズソースがかかっている。
Musasiya11



うす焼き玉子で包んだオムライス。
ケチャップの赤い色がとっても美味しそう。
Musasiya12
〈オムライス〉には〈ナポリタン〉も付くんだ…と思ったけど、これは〈ケチャップ炒めスパゲッティ〉という感じ。
みじん切りの野菜がまじったケチャップで炒めてあるみたい。
隣の人が食べていた〈ナポリタン〉とは、ちょっと違うように見えたけど、本当のところどうなんだろう?
(ちなみに粉チーズは〈ナポリタン〉を注文した人専用。)
Musasiya15
湯呑み茶碗で供されるうっすい若布の味噌汁。
Musasiya16うす焼き玉子に包まれたケチャップ味のチキンライス。
トリ肉は数カケ、グリーンピースがゴロゴロ、みじん切りの人参と玉ねぎも散見。
ボリュームもたっぷり、おいしいオムライスでした~。
Musasiya17このあと、同じく『大人の週末』に紹介されていた近所の昭和な喫茶店でデザートを食べようと思い同じ新橋の汐留口に移動したら、本日は大掃除のため臨時休業ですって。
仕方なく、これで新橋を後にして別のお店に行くことにします。
なんかホットケーキが食べたいです。

2014年11月22日 (土)

増上寺 芝縁(しえん)のおばんざい

今日からうれしい三連休。
東京のど真ん中のお寺で、おばんざいをいただけるお店があると聞いて浜松町へやって来ました。

徳川家の菩提寺として知られる浄土宗大本山増上寺
ここの境内にあるのがお休み処芝縁(しえん)
春は桜がよさそうな風情。
Cien01
Cien09 外看板のおしながき。
Cien05今日は日射しが暖かいので野外席でも良さそうだけど、メニューなどをよく見たいので中に座りました。
店内にはテーブルが10卓ほど。
お店は女性の店主さんが1人で切り盛りされているようで、お冷やはセルフサービス式。
Cien07卓上に置いてあったおしながき。
あとから来たふた組のお客さんはどちらも〈ころころダンゴ〉を注文していました。
一番人気みたいです。
Cien02こちらはお食事メニュー。
Cien03おばんざい1,000円
Cien11
玉子焼き・ごまめ・香の物・大根葉とじゃこの炒め煮。
香の物はたくあん・大根・梅酢で漬けたみょうが。
Cien12ポテトサラダ・椎茸の醤油煮・菊花ともずくの酢の物・ナスの含め煮。
Cien14お揚げと三つ葉のお味噌汁。
大豆の粒々が残っているお味噌で味わいがある。
Cien15この味噌汁はオーナーの手作とあり、自慢の一品みたいです。
Cien06山椒煮をぱらりと散らしたごはん。
Cien16やっぱりおみそ汁がいちばん美味しかった。

でも、おそばがどれも1,000円以上、おだんごなども煎茶付きだと900円と、ずいぶん高いですね。
煎茶は小さな筒入りのお茶っ葉とお湯のポットが用意されて自分で自由にお代わりできるにしても、です。
おばんざいのおかずだって、出来合いの品っぽい。
まあ決して手の凝んだものではないが、小さなおかずがちまちまと何皿も並ぶのが楽しいです。

この「芝縁」の店内にただ一つだけあった飾りもの。
これ以外はお品書きがペタペタと貼られているだけで素っ気ないインテリアです。
Cien08
◇おまけ
増上寺の大殿(本堂)と東京タワー。
1974(昭和49)年再建の大殿では、聖徳太子奉讃法要が行われていました。
Zoujyoji1紅葉の下の千躰子育地蔵尊。
Zoujyoji2