埼玉県

2017年9月14日 (木)

高麗 阿里山カフェのアールグレイのシフォンケーキ+フルーツミックスジュース

疲れたので阿里山カフェでひと休み。
Arisan000お店の前に置かれてあったカントリー調な人形たち。
Arisan008店内は空いていて「お好きな席に」と言われ、暑いので冷房の利いた店内の席に陣取ります。
曼珠沙華の花シーズンということで(まだ満開じゃないけど)、今の時季は特別メニューが提供されているみたい。
ベジバーガーがない。
ただ今日は平日なせいか、セルフサービスではありませんでした。
Arisan001
スイーツとドリンクメニュー。
Arisan002
カウンターの上に並ぶお菓子たち。Arisan003Arisan005疲れた身体を甘いもので労う。
私はアールグレイのシフォンケーキ480円とフルーツミックスジュース430円。
Arisan100
アールグレイのシフォンケーキ
ブラックベリー?と生クリーム、シロップのソースを添えて。
Arisan101
フルーツミックスジュース
なんかこのときカフェインは摂りたくなかった。
Arisan102妹はベイクドバナナチーズケーキ。
と、アイスティーだったかな。
Arisan103
シフォンケーキは一切れが大きめなのでトクした気分。
Arisan105
ケーキを食べてみると、まだ少し小腹が空いている。
ピタピザでも頼めば良かったかしら~と少し後悔。

お店のなかはもうハロウィン仕様。
Arisan006Arisan007
お店を出ると、もうそろそろ夕暮れが近付く時分。
赤い欄干の鹿台橋の上から高麗川を望む。
この奥に巾着田が広がっています。
Koma300鯉がいました。
Koma301駅へ向かう途中で見つけた栗畑。
Koma305よく熟れた栗の実がのぞいています。
ちょっと手を伸ばしたら獲れてしまいますが…いかんいかん!
Koma306長瀞でもそうでしたが、高麗までも野菜の無人売店があって栗もありました。
このへんは栗が名産なのかしらね。

こうして一日のミニ旅行は終了。
帰りは西武線で飯能で乗り換えて池袋まで出ましたが、人家も少なく緑豊かな仙境からだんだんビル街の俗世に戻ってきたような感覚。
ふだんの帰社時間よりちょいゆっくり目くらいの帰宅となりました。

それから一週間後、TVで天皇皇后両陛下が私的な旅行で埼玉を訪問されたというニュースが報じられました。
天皇陛下が満開を迎えた曼珠沙華のなか、巾着田を歩かれている映像を観て、ハッとしてしまう。
ああ、私が数日前に訪問したその場所を、天皇陛下が歩かれている。
一週間であんなに花が開いて…。
天皇陛下は巾着田のほか、高麗神社や高麗郷古民家も訪れられたそうです。
やっぱり、やんごとなきお方はちょうどベストシーズンにお出ましになられるよう、セッティングされているのですね。

高麗 巾着田にて

長瀞駅から秩父鉄道で御花畑駅へ出て、そこから西武秩父駅に移動して今度は西武秩父線で高麗駅へやって来ました。
けっこう時間がかかり、もう3時です。

駅前にそびえ立つ将軍標
将軍標(しょうぐんひょう・韓国語:チャングンピョ)とは、北朝鮮・韓国の村落に見られる魔除けのための境界標。Wikpediaより。
Koma001長瀞で急に話が決まって、これから巾着田を見に行きまっす。
路傍にも見頃の曼珠沙華(彼岸花)が咲きそよいでいる。
Koma002これは巾着田入口付近の高麗川沿いの土手に咲く彼岸花。
Koma003この先に係員のいる有料エリアへの入り口がある。
今日から入場有料(300円)!!
9月16日(土)~10月1日(日)にかけて「曼珠沙華まつり」が開催されるそうですが、今日あたりは平日なんだし、タダにしてくれても…とついブチブチ。

↓西武秩父駅に置いてあった曼珠沙華まつりのパンフレット。
Red_spider_lily
Red Spider Lilyか。
確かに蜘蛛みたいな花だね、とは妹談。

巾着田曼珠沙華公園
高麗川が蛇行した形が「きんちゃく」に似ていることから巾着田と呼ばれ、地元の人々に愛されているこの公園は約500万本の曼珠沙華が咲き乱れる全国有数の群生地としても知られています。(上記パンフレットより)

で、入場料を払って入ったところがこんな光景。
まだ七分咲きといったところでしょうか。
満開には、まだまだだなあ。
Koma005
なるべく花が群生している画を探すんですが…。Koma006
うーん、見頃はあと数日後というところですね。Koma007
日の当たる場所に生えているのはやっぱり早目に咲いているようです。
Koma008遊歩道の脇の一群れが愛おしい。
Koma009ここにも将軍標が。
Koma010巾着田の中央付近は「曼珠沙華まつりイベント会場」となっていて、16日から各種屋台が出店するようでテントがたくさん設営されていました。
一部の飲食店などは営業していましたが、ほとんどのテントはまだ閉められたままでした。平日なんだし、これなら今日あたりは入場料を徴収するのはやめてほしかったなあ。

巾着田の終点付近、「あいあい橋」より、馬のいる牧場を発見!Koma011
あいあい橋はゆるやかな曲線を描くように高麗川を跨いで懸けられ、高麗郷民俗資料館の脇を抜けて外の道路へつながっています。
Koma012国道15号線に出て、途中で横溝正史の映画に出てきそうな、おどろおどろしいまでに豪壮な旧家を発見。
そこが高麗郷古民家で、公開されていましたが見学は午後4時までとあり、もう時間が迫っていたので残念ですが門前で辞去しました。

実際のところ、巾着田を歩き廻っている間に二人とも疲れてしまって、長瀞ではお互いに写真を撮りあったりしていたのですが、この頃になるとそんな気力がありませんでした。
大して広いエリアでもないのにー、日ごろの運動不足がたたったなー。

寶登山神社から長瀞駅へ

寶登山神社を参拝。
Hoto1本殿の裏手にあるみそぎの泉
そばには寄れず、囲いの外から見学します。
大和武尊が戦勝祈願のために宝登山に登る前に身を清めたと伝わる泉。
…だそうですが、何だか濁っていて汚い…。
Hoto2境内で咲く桔梗の花。
今日はこの暑さでぐったりしています。
長瀞では萩も見かけました。
Hoto3長瀞では赤いぷつぷつのある実を成らした木を見かけました。
ヤマボウシというそうです。
Hoto5
  1. 長瀞で見かけたの無人売店。
私は栗が大好きだ!(茹でるのは面倒だけど)
でも、前回に比べてお値段が高い…。
Hoto6古風でお洒落な長瀞駅。
Hoto7そうそう、このあいだ「ブラタモリ」で長瀞やってましたね。
Hoto8
追記
◇おまけ 寶登山神社の思ひ出
Ema

お豆ふ処うめだ屋のドーナツ+おからケーキ(自作)

お豆ふ処うめだ屋ではおからと豆乳を加えたドーナツが買えます。
Tofu115
お土産にドーナツをお買い上げ。
お食事をすると割引価格で購入できて、サービスのおからもいただけます。
Tofu1ドーナツは翌日から私の朝ごはん。
毎日だいじに一個ずついただきました。
Tofu2
追記
◇おまけ
サービスのおから(炎天下で一日持って回ったのでちょっと心配だったけど)は、後日妹から送ってもらったレシピを参考にバナナと牛乳を加えておからケーキに変身しました。
Cake1
Cake2ちなみにウチにはオープンがないので炊飯器で炊いてみました。
ちょい固めの、禁欲的な味わいといおうか。
うん、おからケーキ!

長瀞 お豆ふ処うめだ屋の夏のおとうふランチ

私も妹も、お目当てはお豆ふ処うめだ屋さん。
国道をてくてく歩いて向かう道すがら、お店に電話して聞いてみると「お料理はお取りしておきますが席の予約はできません」とのこと。
果たして、開店早々の11時過ぎに到着するとちゃんと座れました。

お楽しみにしてきた夏のおとうふランチ1200円。
前回もやはり9月に来たときは秋のランチを頂きましたが、今日は同じ9月でもまだ夏のお品書き。
でも、今日は季節がぶり返したようにかんかん照りで暑いので涼しいメニューがいいです。
Tofu001
デザートと飲み物のメニュー。
おとうふ屋さんだからと豆乳メニューに目が行きますが、何気に秩父サイダーも気になります。
Tofu002
各テーブルにはねこさんの砂糖壺がいます。
手作りでみんなそれぞれ表情が違う。
Tofu003こんなねこさんとか。
Tofu005こんなねこさんもいます。
Tofu006夏のおとうふランチできました。
Tofu100
①秩父在来大豆「白光(はっこう)」なめらかどうふ
まずそのままで大豆そのものの味を楽しみ、あとは岩塩をかけたりタレをかけたり好きにして食べます。
Tofu101②滝川どうふ
ごまだれでさっぱりとした風味。
この滝川どうふとマリネが夏の味わい。
Tofu102③惣菜三品 
おからサラダ・マリネ・塩麹きゅうり(→と、お品書きにはありましたが青菜のおとうふソース添えが出されました)
Tofu103④湯葉
刻み葱が添えられてはいますが、これもおとうふの自然な旨みを感じさせてくれる一品。
Tofu105⑤十五穀米ごはん
身体に良さそうなきれいな紫色に色づいたごはん。
Tofu106⑥なめこの味噌汁
なめこ食べるの久しぶりです。
(好きだけど…一人暮らしになって一パックをなかなか消費できないなーって思って買わない…)
Tofu107⑦しぼりたて豆乳
…は、湯葉の隣のおちょこに入ってます。
Tofu108
⑧自家製お新香
大根と秩父特産のしゃくし菜の漬物。
Tofu109卓上に用意された岩塩はなめらかどうふにちょっぴりふりかけたりしていただきます。
Tofu110食後に、ドリンク&デザートセット500円。
二人ともおとうふプリン、それに私はアイス豆乳紅茶を、妹はアイス豆乳ラテ…だったかな。
Tofu111
おとうふプリン
口に含むと、とうふの自然な甘さが舌の上にひろがる。
Tofu112アイス豆乳紅茶に汗を一旦ひかせてもらう。
極上の味わい。
Tofu113ふー、お豆腐ばかりのオカズでもこれだけ食べたら満腹。

この頃になるとお店はだいぶ賑わってきました。
駐車場にも車がいっぱい入って来ます。
平日なのにこの盛況、人気のほどがうかがえます。

長瀞にて

突然ですが、今日はちゃっかりお休みをとって、妹と長瀞に来ています。
まずは秩父鉄道長瀞ラインくだりに乗ってみました。
二つあるコースのうち、この日はAコースに乗船。
長瀞駅前の案内所からバスで荒川上流に5分ほど走ったところが出発点。
15人ほどが乗れる舟の前後に船頭さんが立ち、櫂さばきの合い間に途中の名勝などの解説もしてくれます。
Naga001雲ひとつない快晴でした。
Naga010水面が近くに見えて手を伸ばして触れてみたくなる。
川幅が狭くなった急流ポイントでは、船頭さんから「水除けシートを持ち上げて下さい」と言われて水がかからないようにするのですが、この日は水量が少なく、濡れるようなことはありませんでした。
これで明日、もっと水量が少なくなれば運航中止になるかもしれない。
来週は台風が予想されているのでその場合も中止。
船頭さんによれば「今日は一番つまらない」そうです。
Naga020荒川橋梁をくぐります。
Naga030カメ岩。
Naga050ラフティングの練習中のグループの姿もありました。
Naga060岩畳に近づく。
Naga070岩畳の上にあずまやのある光景。
この間は、あそこまで歩いたんでした。
Naga080ラインくだりの舟を下りて、岩畳の光景。
平日でもけっこう人はいるもんです。
Naga100岩畳商店街にて。
店先にかんぴょう?がずらりと並ぶ。
Naga110店先で氷をかけて冷たく冷やされたきゅうり。
前回来たときはもっといっぱい笊の上に用意されていたけど、やはり平日なので少しだけ。
Naga120長瀞駅前に戻って、これからお昼を食べに行きます。

2014年9月14日 (日)

長瀞 寳登山神社にて

長瀞駅に降り立つと、まず目に飛び込んでくるのが少し離れた国道沿いに聳える白亜の大鳥居。
そこから緩やかな坂道を10分ほど登ると寳登山神社に突き当たります。
山火事に遭遇したとき山犬に導かれて無事山頂にたどり着いたという日本武尊の伝説から火止(ほど)神社と呼ばれ、火防、災難防けが御利益とされています。
権現造の本殿は三国志や儒教の「二十四孝」の物語を図案化した壮麗な彫刻で彩られ、目にも鮮やか。Hodo01境内で見つけた萩の花。
今日は陽射しが強くて真夏並みに暑いけど、確実に秋は近づいていますねえ。Hodo02寶登山参道にて。
“かきごおり”の旗の下に木彫りのお犬さま。
誰の作?Hodo03唐辛子の無人販売。Hodo05くり!
私は栗が大好きだ。
この無人販売を出しているお宅では、栗拾いもできるらしいです。Hodo06こちらの参道にも美味しそうなお店がそこかしこに立ち並ぶ。
有名な阿左美冷蔵には数十人の行列ができていた。
私はあの行列を見ただけでめげますが…。

長瀞で見かけたマンホールは、ライン下りのデザインでした。Hodo07長瀞駅のホームにて。Hodo08
今回、秩父鉄道の寄居⇔長瀞間は、この『ながとろ満喫きっぷ』890円を利用しました。
同区間の運賃は片道470円なので、往復するだけでもおトク。
ちなみに秩父鉄道ではSuicaは利用できず、私は寄居駅の乗り換えの際ちょっとまごつきました。
(オモテ面)Kippu1(ウラ面)
長瀞ライン下りやガーデンハウス有隣などで割引が適用できたことに後で気がついた。
くやしい。
でもまた今度行くんだ。Kippu2ウチを出て片道約3時間。
長瀞は遠いなあ…。

おしまい。

長瀞の岩畳

赤い屋根がレトロな秩父鉄道長瀞駅。
「関東の駅百選」に選ばれていて、いかにも歴史を感じさせます。Nagatoro001長瀞といえば岩畳
荒川の河川敷に岩が畳のように広がっています。
太古、海底であった地層が地殻変動と侵食によって現れたという日本最大級の一枚岩です。Nagatoro005長瀞ラインくだりの舟が岸辺に着く(ここは終点)。Nagatoro007秩父赤壁(!)と呼ばれる景勝。
深緑の水をたたえた淵の色が神秘的。Nagatoro010急流をライン下りの舟が行く。Nagatoro015遊歩道となっている岩の上を歩くと、ところどころに円い甌穴が見られます。
ここが水底であったという証拠。Nagatoro020長瀞駅から岩畳のある渓谷までの通りは「岩畳商店街」。
土産店や食事処が軒を連ねています。
涼しそうな野菜たち。Nagatoro025長瀞とガレ?
→ソーセージをガレットでくるっと巻いたものらしい。Nagatoro030これも食べたかった…。Nagatoro035美味しそうなお店がいっぱいあって気を魅かれるけど、お腹は一杯でもう入らないのよ。

長瀞 うめだ屋のドーナツ

うめだ屋さんには食事処とは別になったところに販売スペースがあり、おとうふやドーナツを売っています。
こちらが売店の入口。Umeda31ずらりと並ぶ、ドーナツ!です。Umeda32試食用も用意されている。Umeda33こちらの店頭ではドーナツは130円~で売られているけど、食事をしてきたと言えば全品120円にしてくれます。
こちらは食事処のドーナツメニューの写真。Umeda16お土産にドーナツを買うと、こんなふうに袋に入れてくれました。Umeda34プレーンとココア。Umeda35ほかにも「おからをどうぞ」と言われたので、冷蔵ケースを開けて一袋もらってきました(太っ腹♡)。

◇おまけ
ドーナツを買った時のレシート。
ドーナツ三兄弟風のイラストがかわいい~!Umeda

長瀞 うめだ屋の秋のおとうふランチ

三連休の中日、今日も埼玉へ来ています。
暑いなか、秩父鉄道長瀞駅から国道140号添いをてくてく歩くこと約10分、お豆ふ処うめだ屋へやってまいりました。

Umeda11古い養蚕農家を改修したお店で、なかに入ると昔ながらの広い土間があり、靴を脱いで畳に上がります。
席は入れ込みで、網戸がはまった窓際の座卓に着くと天然の風が入ってきて気持ちいい。Umeda17食事のメニューは、季節ごとのランチ一種類だけです。
Umeda12

Umeda14

Umeda15
秋のおとうふランチ1,080円+540円セット(飲み物とデザート)
それほど待つことなく、大きなお盆でいちどきに運ばれます。
好きだなあ、こういう田舎のお膳。
Umeda01
秋のおとうふランチ
・ できたておぼろとうふ
・ 揚げ出しどうふ サンラータン風
・ おからサラダ
・ しらあえ
・高野どうふ
・ 湯葉
・ なめこの味そ汁
・自家製おしんこ
・五こく米御飯

おぼろとうふは最初はそのままでいただきます。Umeda02大豆の自然の甘みがき舌の上に心地よく広がる。
そのままでも充分ですが、小壺に添えられた藻塩をふって食べるといっそう旨味が引き立つ。Umeda07おとうふのお菜3品。
Umeda08おからはきゅうり、トマト、みょうがなど夏野菜入り。Umeda081こうやどうふにはしいたけ・にんじん・枝豆が添えられて。Umeda082しらあえとありますが、とろっとしたおとうふのクリーム状になったものがホウレン草のお浸しに添えてある。Umeda083揚げ出しとうふサンラータン風はピリ辛のとろあんがけ。Umeda06おしんこはごぼうのしょうゆ漬け。
湯葉。
私はそのままひと口でぱくっと食べちゃいましたが、お店の人がほかのお客さんに「ゆばは藻塩をつけていただいても…」説明しているのを聞いてハッとする。
そんなあ、私にはおぼろとうふにどうぞだけだったじゃない。
あの藻塩をちょっとつけたら、それはまたちょっとひと味違ったかもなあ。
くやしい。Umeda04なめこの味噌汁。Umeda03身体によさそうな、五こく米御飯。Umeda05うめだ屋さんで見つけた、遊び心をくすぐる魅惑のアイテム。
めで鯛(箸置きです)Umeda09醤油の小瓶にすりすりねこさん(楊枝入れ)
あ、このお醤油をおぼろとうふにかけても良かったのよね。Umeda18ふー、豆乳だけだけど、お腹いっぱい。
でも食後のデザートは別腹。

ランチに、プラス270円でデザートか飲み物、プラス540円でその両方がつきます。
飲み物はメニューのうちビール以外のどれでもお好みで。
デザートはおとうふプリンかお豆腐のレアチーズケーキを選ぶ。

もちろん私は両方いただきます。
私はアイス豆乳とラテおとうふプリンをチョイスしました。
Umeda21
抹茶パウダーをふりかけたおとうふプリンにあずき添え。Umeda22アイス豆乳ラテは量もたっぷり、うんと冷えていてすごく美味しかった~!Umeda23おとうふプリンは、舌の上に運ぶとはじめはプリン的食感、それから絹ごしの後味がきます。
おとうふ屋さんらしいデザートでした。Umeda24ガイドブックなどにはうめだ屋さんのランチは20食限定とありますが、お店の人がひっきりなしに鳴る電話に応対するのを聞いていると「2時までに入っていただければ大丈夫です。お席の予約はできません」と言ってます。
休日は観光客に対応するのに余裕を持って用意しているのでしょう。
ここのランチは季節ごとに変わるそうなので、オールシーズン食べてみたいです!