柏市

柏 三日月氷菓店のパンケーキ

柏の駅前通りから一本入った細い路地沿いにある三日月氷菓店
Tsuki01ビルの二階にあるお店は、うっかりと看板を見過ごしてしまう目立たない風情。
Tsuki02三日月氷菓店はかき氷やさん。
和モダンな感じのすっきりした小さなお店です。
私はパンケーキがお目当てなのですが、手間のかかるメニューらしく休日は休止することもあるという。
店員さんに聞くとパンケーキOKとのことで良かった!

席に着くと出される、温かいお茶。
Tsuki06看板のかき氷のメニュー。
ただいま季節の果実氷は生いちご、生キウイ。
Tsuki03
こちらがパンケーキとドリンクのメニュー。
「ストーン」でケーキは食べてた後だけど、ここでパンケーキをいただきまっす。
注文が混みあっていて15分くらいかかりますとのことですが、時間はあるのでいいですよ。
Tsuki05
〈練乳でたべる〉パンケーキ720円+ブレンド420円(セットで100円引きになります)。
Tsuki11分厚いパンケーキは一枚で勝負。
Tsuki12
ブラックにもミルクにも相性がいいというところのブレンド。
Tsuki15年輪のような、丸い輪がたが見られるパンケーキ。
Tsuki18
パンケーキを一片切りとる。
Tsuki16パンケーキに添えられるのはシロップならぬ、練乳。
お店の人に聞いたとおり、パンケーキをちょっと浸して食べます。
ん!とってもふわふわで、もっちもち!
練乳とのとり合わせも乙だわ~。
Tsuki17ここのパンケーキの食感は、どこかで食べた覚えがある。
どこでだったか考えたら、北千住の「茶香」と同じでした。

三日月氷菓店のパンケーキ、とても美味しかった。
私は土曜日に頂いたのですが、3月からは平日のみ提供になるそうです。
そうするとなかなか行けないかもだけど、また食べたいなあ…。

柏 ストーンの選べる3セット(オムライス)

JR柏駅東口を出てすぐ正面に位置するショッピングビルはスカイプラザ。
B1Fは飲食店街になっていて、その一角にあるちょっと昭和な喫茶店カフェ ストーン

Stone00メニューはなかなか豊富。
Stone01
Stone02
Stone03
Stone05
Stone20
Stone06
Stone07
Stone08
オムライス、パスタ、フレンチトースト、カレー、ドリアなどいろいろあって目移り、しちゃう。
モーニングナポリタンなんていうのもある。
12時まで注文でき、大盛りもOKなのでちょっと早めのランチ代わりになりますね。
ココの一押しはオムライスなので、今日はまずそれを。
選べる3セットというのにしてメインはオムライス、ドリンクとケーキを付けました。

入店時すでに正午を回っていて、席はすぐ通されるも「ただいま混み合っておりますのでお料理の提供まで20分ほどかかります」と言われていたのですが、実際はそんなに待たずに(待ち時間は10分くらい?)お皿が出てきました。

そばちょこのよな器で出されるスープサラダがいっしょに来ます。Stone10オムライスが…ちいさい…。
選べる3セットだから?
単品ならこれより大きいのだろうか。Stone11
お澄ましのスープ(チキンかな?)。Stone12トマトと玉ねぎ、レタスのサラダStone14オムライスにはハインツのトマトケチャップをたっぷりかけて…。Stone15オムライスの玉子はふわふわで、中身はチキン少々入ったケチャップライス。
美味しいですが量的には物足りんなー。
Stone16
〈選べる3セット〉にはドリンクとデザートが付きます。
ドリンクはアメリカンコーヒー、デザートは いちごとベリーのムースStone17いちごとべりーのムース
くだものとムースのルビー色が美しい。
それにチョコレートのスポンジと生クリームのとり合わせ。
Stone18
コーヒーにはミルクをたっぷり。
Stone19
通されたのが狭い席だったこともあり、混んでいるときはちょっと窮屈さを感じる。
でもほかのメニューも食べたいのでそのうち再訪するかも?

柏 壱番館のピザトースト+ストロベリーパフェ

今日は休暇を取って、野田自動車登録検査事務所(陸運局)へクルマの名義変更に行って来ました。
(まだ手続きをしていなかったのですが、あちこちの役所からせっつかれてやっと腰を上げた)
片道1時間を自分一人で運転する自信はないし、このあと市役所にも行く用事があったので電車で行きました。

東武野田線の運河駅で下車して徒歩約25分。
スマホの地図アプリを参考に(こんなときスマホって実に便利!ただし電池は消耗した)、東京理科大学のキャンパス内を突っ切るように歩いたのだけど寒いし、到着してみたらさすがに広々とした駐車場があり、やっぱりクルマで来ればよかったと後悔…。

持参したものは陸運局のHPからあらかじめDLして作成した遺産分割協議書、除籍謄本、原戸籍謄本、私の印鑑証明、実印。

敷地内には幾つかの建物があるのですが、まずそのうちの一つで申請用紙20円と登録印紙500円を買い、それから隣の建物に移動して申請書に記載して謄本等を添えて提出。
そのあと最初の建物に戻って新納税者報告書を提出して手続きは完了。

ハーやれやれ、これでやっと一つコトが片づいた……!
このところ本件のことで頭がいっぱいで気が重くて仕方なかったんだけど、やってみれぱ簡単なのね~と、すぐ調子に乗る私。

だけど、こんな私がクルマを所有していいんだろうか。

休日だけ母と一緒に近所をフラフラ走っているものの運転技術はちっとも上達しない。
先日、妹夫婦が来てちょっと乗った時にも、あんなことやこんなことやそんなことを…(以下自粛)。


早朝慌ただしく家を出てきたのでお腹が空きました。
せっかく柏に来たので、ずっと前から気になっていたお店に寄って行くことにします。

柏タカシマヤに入っているコーヒー・プラザ壱番館Ichi00

2階と3階の間の階段の踊り場という不思議な場所にある入口を入ると、横に奥行き深く店のスペースが広がっている。
入口付近は木製の木組みを露出した山小屋のような雰囲気ですが、なかほどからはレンガ色の壁紙をバックにした大人っぽいムード。
店内は携帯電話使用ご遠慮ください、とあるせいか静かで落ち着いた雰囲気です。

私のいた時間、スタッフさんは三人。
黒のロングエプロンを来た中年(てか、私とそう変わらない!?)のウェイターさん、そこそこ若いウェイトレスさん、そしてカウンターに立つお兄さん。
おじさま(だから私とそう変わんないって)のウェイターさんが店長さんなのかなと思いましたが、気がついたら黒のエプロンの下はジーンズにスニーカーであった。
わりと気取らないお店のようです。

メニューを見るとサンドイッチ、トースト、パフェ、ケーキなどが中心でパスタやピラフ類はないんですね。
そのなかでは、午後1時までオーダー可の〈タイムサービスメニュー〉がお得みたい。
breadサンドイッチ各種(ミックス・ツナ・タマゴ・野菜) 1,365円
breadサンドイッチハーフ各種(ミックス・ツナ・タマゴ・野菜) 998円
breadトースト各種(ツナ・タマゴ・ハム) 1,155円
bread焼サンド各種(ミックス・ベーコンハム・フルーツ) 1,365円
bread焼サンドハーフ各種(ミックス・ベーコンハム・フルーツ) 998円
breadピザトースト 1,239円
(上記の商品はすべてサラダ・ボイルエッグ・コーヒーまたは紅茶がつきます。)

別に玉子がつくという時点で玉子サンドorトーストは外すとして、ピザトーストのセットにしました。
ちなみにオーダーの際「ハムとか、お肉は抜いてもらえませんか」と聞いたら「仕込みの段階で入ってしまっているので…」と不可。

まずはセットのサラダボイルエッグが出されます。
サラダはトマト・きゅうり・紫キャベツの薄切りにレタスの和風ドレッシングで特筆すべきことはなし。
玉子にはもちろんお塩が添えられますが、殻がちょっと剥きにくかったのと、レタスがわりと大きいままなので少し食べにくかった。Ichi01コーヒーは目の前で一人分のガラスポットからカップに注いでくれます。
これはアメリカンIchi03ピザトーストの登場。
「たいへん熱くなっておりますのでお気をつけ下さい」との口上つき。Ichi04ピザトーストのセット全景。Ichi05こんがりとした焼き色…はいいんだけど、厚切りトーストの表面を覆い尽くすチーズ。
私、ピザは好きなんだけどあんまり大量のチーズだとちょっとアレなんだよぉ。Ichi0401とろっと糸を引くチーズの裏側をそっとめくると、ハムのほかピーマン・玉ねぎの薄切りが隠れてました。
私は、悪いけどハムは除けていただきます。
焼きたてのピザトーストは芳ばしく、チーズも思ったほどしつこくない。
お腹に確かなボリュームこそあれ、ぺろっといけました。Ichi06デザートは別腹。
なんたって、私はココでパフェを食べるのを楽しみにしてたんだから…
パフェ類の種類も豊富に揃っています。
cherryバナナパフェ フルーツパフェ チョコレートパフェ ストロベリーパフェ 壱番館ゼリーパフェ マロンパフェ メロンパフェ パフェプリン 各1,103円
cherryババロア・アラモード プリン・アラモード 各1,203円
cherryクリーム・ババロア 840円
cherryキャラメルプリン ババロア バニラクリーム 各714円

迷った揚句、今が旬のストロベリーパフェにしました。Ichi07これは…今までに私が出会ったなかでも、最も華々しいパフェですIchi08この大輪のバラの花のように飾りつけられたアイスクリーム…heartIchi11上から見ると、バラのつぼみのようにくるっと巻きつけられたパーツなんかすごく芸が細かい。
その周囲を五つの大粒のイチゴと、生クリームが彩る。Ichi10

…ただし、アイスクリーム自体は平凡な味。
スーパーで売ってるカップ入りのアイスみたいで、これはちょっとがっかりしました。
生クリームはふつうに美味しい。
カップの底には、これまた真紅のイチゴジャムがつまっていて、アイスと交互に食べるのがよかったです。

ここのチョコパフェはサンプルを見ると大きめのパインが使われているようなので今日はやめたのですが(別に嫌いじゃないんだけど)、また機会があれば別のパフェも試してみたい、とは思います。
それにしても、アイスクリームがも少し美味しかったらな…。

◇おまけ 壱番館の思ひ出Ichi12

今日は父の誕生日。
元気でいたら、今日で82歳になるはずでした。
父と同世代の方を見るにつけ、父のことが思われます。

そごう柏店 ウィーンの森のザッハトルテ

お昼のあとは、せっかくなのでこのまま柏でティータイム。

タカシマヤにもいろいろカフェはありますが、今日のお目当ては駅の反対側にあるそごう柏店。
6階婦人服売場の奥に位置するUCCカフェ ウィーンの森へ。
デパートの一角にウィーンのカフェがシックな内装で再現されています。

ワタシにとって、ウィーンといえばザッハトルテ!。
久しくザッハトルテを食べてないなーというわけで、コーヒーとのセット1,050円をいただきます。
銀メッキのお盆に載ってザッハトルテのセットが登場。
コーヒーとケーキでウィーン風の“カフェ・ヤウゼ”を楽しみましょう。
青いテーブルクロスにいまいち清潔感が無いのがちょっと残念だけど。
1
生クリームを添えたザッハトルテ
4
まず一言。
〈ザッハトルテ〉といっても、これは三越の「カフェ・ウィーン」や原宿の「デメル」、そして本場ウィーンの「ホテル・ザッハ」で食べたのとは違います。
普通のチョコレートケーキでした。
あの、砂糖の塊を食べているような、洋酒の効いた強烈な甘さが、無い!
そしてケーキの周囲にコーティングされているねっちょりとしたチョコレートの層がいまいち好みでない…。
99
私の中では、これは断然ザッハトルテではないのである。
〈ザッハトルテ〉という名前でなかったら…あれが普通のチョコレートケーキだったら良かったのに、と思わずにいられませんでした。

コーヒーは普通に旨いです。
2
少し濃い目のコーヒーなので、角砂糖とミルクをたっぷり入れて。
7
この、お冷やのコップの上にスプーンを渡して置くところは確かにウィーンスタイルですね。
5
食べ終えて、ぼんやりとしていたら店長さんらしき男性スタッフに「コーヒーのお代わりはいかがですか?」と勧められ、思わず口許がほころびます。
お代わりが貰えるの?
ここ、何ていいお店なのだろう~!!(単純)
トレイを一度下げて、氷水まで新しく代えてもう一度サービスしてくれました。
9
このお店ではランチもやっていて、ぷりぷり海老のグラタン、あさりと春キャベツのレモンパスタ、春野菜のサラダサンド、焼きカレーといったメニューがありました。
あさりと春キャベツのレモンパスタは、このシーズンのうちにいちど食べてみたいです。
ケーキも、ザッハトルテはちょっとあれだったけどほかにも種類があるし、パンケーキもいいな。

ただねー…松戸から柏まで常磐線快速電車に乗って10分弱、たった一駅なのに片道運賃が210円もかかるのである(定期券外、という意味ですが)。
銀座や日本橋に行くより、時間はともかく余計な運賃がかかるのはどうも気に入りませんね。

柏高島屋 さが野のランチ釜めしと雪花氷 

ねねこさん、本日は初の免許更新のため有休を取得しました。
あんなに苦労して、イヤな思いをして、かつお金をかけて免許を取ったのに、けっきょくこの2年間、完全なペーパードライバーでしたが…
とりあえず4月になると平日休むのは難しくなるので、早めに行っておきます。
場所は流山運転免許センター。
柏駅からバスで向かいます(車じゃないのが情けないところだが)。

視力低下が心配でしたが眼鏡をかけて無事に適性検査をクリア。
2時間の初回講習を受けて、新しい免許を交付されて柏駅に戻ったときにはもうお昼になっていました。

2年前、同じ免許センターで晴れて運転免許を取ったときは柏高島屋の「鳳鳴春」でチャーハンを食べたものです。
やっぱり同じ高島屋に足を向ける。
ところが、柏のタカシマヤってT館、S館、新館とあって慣れない者には分かりにくいんです。
やっと訪ね当てたのはS館 専門店という棟の7階レストラン街。
ここに釜めしが食べられるお店があると知り、今日はそこがお目当てです。
お店の名は さが野
年度末の平日だというのに、店の前には待ち人がいるほど賑わっていました。
もっともワタシはテーブルの関係ですぐなかに通されました。
お琴の流れる店内はそう広くは無いのですが、テーブルのサイズはわりとゆったりしています。
Tj
釜めしの種類は思ったほど無いのですが、〈お昼のおしながき〉にあるランチ釜めしのセット980円がおトクみたいなのでそれにする。
これに豆腐と野菜のせいろ蒸し、デザートが付いたセットもありますが、ワタシは別に甘味を頼みました。

こちらが釜めしセット。
なんかお膳の上の透き間が多い…。
1
釜めしの中身もメニューの写真に比べて、ちょっとサッパリしてます。
椎茸、玉子、人参、絹さや、ゴボウ、それに(ちょっと苦しいが)鮭…はいいとして、何かの魚の卵、海老、鶏肉は食べられないので除けておく。
しかし、こんな細かい粒々なんか除去しきれるものじゃありません…。
5
漬物二種。
大根のしょうゆ漬けと大根葉。
2
季節の小鉢は菜の花のお浸し。
3
吸い物は万能葱のみじん切りを散らしたあおさ海苔入りのお味噌汁でした。
4
釜めしは蓋を閉じておき、ご飯をよそうつど開けるのが美味しく食べるコツだというのは、奈良の「志津香」で知りました。
だから普段からワタシは釜めしを食べる際はそれを実践してます。
食べていたら隣の席のお客さんに店員さんが「ご飯と具を軽く混ぜて蓋を閉め、2分ほど蒸らして下さい」と言っているのが聞こえました。
あ!?
ワタシそんなこと聞いたかしら?
ぼうっとしていて店員さんの説明を聞き漏らしたのかもしれないが知らないからすぐ食べちゃいましたよ。
醤油味の染みたごはん。
人参、ゴボウなどの根菜が入って美味しかったです。
ちゃんとお焦げもできてます。
でも、量が少ない…。
6

食後のデザートは雪花片(シェーファービン)
雪花片とはあまり聞き慣れませんが、台湾のデザートらしい。
抹茶、マンゴーなど数種類のうち、これはいちばんお安い、でもいちばん美味しそうないちご390円。

特製の氷を薄くスライスして折り重ねた、まるで「雪の花びら」のような食感。
ふわふわの口どけと天女の羽衣のような美しさが楽しめる極上のスウィーツです。

7
器に山盛りの雪花片。
そこに苺ソースといちごのシロップ煮が添えられてあります。8
ん~不思議な食感!
確かにフワフワの氷のようなのだけど、まろやかな弾力性があります。
かき氷のように水っぽいだけの透明な味わいではないのである。
氷それ自体にほのかな甘みがあり、ソースがなくてもイケそう。
ミルクシャーベットを薄くスライスしたのかな?
9

今日はめっきり春らしい陽気なので、ひんやり冷たいデザートが喉に心地よく感じられます。

前述のようにここの釜めしの種類はそう多くなく、鶏五目・五穀米・海鮮・極上、それに季節の釜めしといったところ。
ちなみに現在の季節の釜飯は“真鯛の何とか(詳細は忘却)”でした。
次回、食べるとすれば五穀米釜めし(とろろ付き)がいいな。
でもそれだけではきっと寂しいと思うので、コースにするかおつまみを別に頼んで…と、美味しい想像がいろいろ膨らみます。
次回…次回の免許更新は3年後なんだけどね。
そのときまた来る?

柏高島屋・鳳鳴春のチャーハン

免許センターの帰り、常磐線に乗る前に柏高島屋のレストラン街でお昼を食べて行きます。

久しぶりに柏に来ると、ワタシの地元・松戸よりも何倍も大きくて活気がある町だなあと思う。昼時のデパートのレストラン街も非常に混んでいて、並ぶ人のいる店もあります。

ワタシのお目当ては中華料理の鳳鳴春。むかーし、西銀座にあった店で食べた蟹チャーハンが感動的に旨かったのだが、その支店が柏にあるというのでいっぺん行ってみたかった。

ここも混んでいたけれど、少し待って席へ案内されました。

ところがこの店には蟹チャーハンはなくて、具沢山チャーハンというのがあるのでそれにした。1,150円。

01

蟹も入ってるけど、そのほかにハムやチャーシューも入っている。

01_2

でも御飯はパラパラしていて美味しかった。

01_3

スープも付いています。

これはこれでおいしかったけど、あの蟹チャーハンは…もう食べられないのかなあ。