栃木県

2015年9月21日 (月)

足利 あし・ナビのパン

東武電鉄足利駅内にある足利観光交流館あし・ナビでは観光案内をはじめいろいろなお土産を扱っています。
美味しそうなパンが並んでいたので一つ買って行きました。

Bread1足利のパンは翌日、私の朝食に。
Bread2マロンカンパーニュ240円。
Bread3パンのなかには栗がどっさり。
カンパーニュというだけあり、パンは少しハードでもっちもち。
電子レンジで温めて食べるとちょうどいい感じでした。
Bread4

|
|

2015年9月20日 (日)

足利 モカコーヒーのホットケーキ

足利でのお目当ての店その2は、足利学校から少し離れた場所にあるモカ自家焙煎コーヒー店
Moca001窓に貼られたイラストが可愛いですね。
Moca002このときお店は、まだそこそこ若いお兄さん二人で切り盛りしていました。
店内は雑然としてタバコを吸う人もいて決してキレイではない。
けど、JRの冊子に紹介されていたここのホットケーキがとても美味しそうなので、ぜひ味わってみたかった。
Moca003
パン類とケーキオーダーの場合、ホットケーキはLサイズにしてくれる上、100円割り引いてくれるという。
少し暑い陽気だけど、おすすめのモカブレンド430円にしました。
コーヒーはすぐ出てきましたが…。

Moca010ホットケーキのほうが、待てど暮らせど出てこない。
一枚ずつ丁寧に焼いているんだろうけど、このとき店内はすでに食べ終わった先客が二組、カウンターに常連らしい男性客が1人いるだけで混んでいるわけでもないのに。
10分以上たって、ようやくホットケーキが出てきた頃にはコーヒーは少し冷めてしまっていましたのは
ホットケーキ450円→350円。
Moca011
フチの崩れ具合がいかにも手焼きっぽい。
1枚でもなかなかボリューミーです。
Moca012
ホットケーキの上にはバターと、白い生クリーム。
Moca015
さっくりと一片を切り取る。
このエッジの経った切り口がうつくしい!
Moca016
私、既にカレーライスとクリームあんみつを食べてきているんですが、それでもホットケーキは美味しくいただきました。
コーヒーを出すタイミングをもっと考えていただければ良いお店です。

|
|

足利 あまから屋のカレーライス+Bセット

鑁阿寺参道沿いのあまから屋
今日のお目当ての店、その1。
Ama01Ama003 店の内外の至る所に溢れる石のオブジェ。
いろいろな趣向でペイントされた石のオブジェが目を引きます。
こちらのご主人の手作りなんだとか。
Ama50 Ama51
Ama52 Ama53
Ama54 Ama55
こちらはカレーと甘味を出していて、店名どおりの料理が味わえます。
Ama02
カレーだってふつうのカレーライス・本格辛口インドカレー・エスニックタイカレーと3種類。
ハヤシライスやオムライス的メニューも揃っている。
Ama03
メイン一品を選んでBセットがおすすめと見える。
Ama05
Aセットはサラダ+ドリンク一品、Bセットはサラダ+甘味一品が付く。
Ama07
実はこのあとデザートはお目当てのお店があるのてセットメニューをどうするか悩む。
Ama06
しかしやはり「から」だけで「あま」を食べずに帰るのは心残りなので、カレーライスにお好みの甘味一品がつくBセットをオーダー。

メニュー写真を見るとサラダにはツナがのってるようなのでお願いして抜いて貰いました。
玉子サラダ大盛りにワカメとレタスのサラダ。
Ama16カレーライスはごくふつうのポークカレー。
Ama11
とりあえずレトルトじゃないのにホッ。
Ama12
じゃがいも、人参の切り方も家庭的。
こういうのがいいんですよ。
Ama15
平皿によそって出されるのでボリュームはそうないですが、ま、こんなものかもね。
福神漬とらっきょうは別皿で。
はふ、はふ…気取りのない味で、おいしい、おいしい。

食後のクリームあんみつ
バニラアイス、あずき、寒天、缶詰フルーツ。
お茶も付いてきて口のなかがさっぱり。
Ama20
餡は甘さ控えめ、寒天がまたほろほろと舌の上で崩れてゆく食感が絶妙。
Ama30
ここの寒天は素晴らしいです!
Ama31

帰り際、お店のご主人が店先にあった小さな石の置物を二つ、下さいました。
小さな鯛?と、もう一つこれも何かのサカナ(ポニョ?)。
そのときご主人は「必ず立ちますから」と言って手渡してくれたのですが、立つって…「自立する」って事?
しかし、この鯛は…なかなか立たせるのは難しいな。
今のところいっくらやってもタタないので、寝かせています。
足利の大切な思い出。
Ama57

|
|

足利にて

五連休だし、少し遠出したいと思って栃木県の足利へランチを食べに行ってきました。
今回はJR東日本の駅に置いてある小冊子を参考にしましたが、交通経路は北千住から東部電鉄を乗り継いで約2時間半。
栃木といえば先日の集中豪雨で少なからず被害のあった地域ですが、とりあえずもう電車は復旧していました。
東部の足利駅で降りて渡良瀬川に架かる大きな橋を渡り、JR足利市方面へ歩く。
商店街に中ほどに鑁阿寺な寺に通じる小さな石畳の参道があります。
Ashi01なんたって足利なので、足利尊氏の像。
Ashi05ああ、昔むかし、私は鑁阿寺の土鈴を求めに足利市へやって来たのでした。
(そういえばあの土鈴、どうしたかな…)
今日はそれ以来、ン十年ぶりの訪問です。

名刹・鑁阿寺境内を取り巻く濠には太鼓橋が架かる。
Ashi10最近、国宝に指定された本堂に詣でる。
お父さんとお母さんの後世を祈ります。
Ashi15秋には紅葉に包まれる多宝塔。
Ashi20鑁阿寺境内の「大日茶屋」さんではポテト入り焼きそばや足利シュウマイなどがいただけます。
Ashi35玉ねぎと片栗粉だけで作ったという足利シュウマイ。
この日は買わなかったけど、ちょっと残念だったかな…。
Ashi40濠の中には色とりどりの鯉が泳ぎ、カルガモも群れています。
Ashi25芝生の土手には赤い彼岸花。
Ashi30足利なのでやっぱり足利学校(遠景のみ)。
Ashi60

 

|
|

2014年10月12日 (日)

日光でみつけた秋

奥日光まで行けば紅葉が見られると思うけど、日光駅周辺ではほとんど色づいた木々はありませんでした。
そのなかで見つけた秋らしい景色。

化け地蔵の膝の上ににょっきと生えたきのこ。Nikko1きれいなムラサキシキブ。Nikko2風に揺れるコスモス。Nikko3秋の日光三題でした。

|
|

日光 湯沢屋茶寮の湯沢屋セット

日光のしめくくりは神橋にほど近い湯沢屋茶寮Yuzawaya9お目当てはコレです。Yuzawaya8湯沢屋セット(緑茶セット)650円。
酒饅頭・水羊羹・しそ巻き唐辛子。
Yuzawaya1
囲炉裏端にて、日光のおいしい和スイーツをいっぺんにいただけます!
(鉄瓶は飾りものですが)Yuzawaya2湯沢屋といえば、酒饅頭。Yuzawaya3日光の水羊羹、つるんとして素敵な舌触りなんですよね。Yuzawaya5セットに付く緑茶は大きめの湯呑みにたっぷり入って出されます。Yuzawaya6酒饅頭はほんのり温かい。
酒麹のよい匂いがぷーんと漂う。
餡は甘さ控えめで後味さっぱり。Yuzawaya7日光名物三品を堪能いたしましたー。

|
|

日光 石田屋

日光といえば日光甚五郎煎餅の石田屋
石畳の坂道沿いにある本店ではお茶菓子の接待を受けられます。
美味しいお煎餅とお茶でほっとするひととき。
(お蕎麦を食べたばかりですが…)
Ishidaya
このあたりを御用邸通りというそうですが、ここで「日光珈琲」を見つけました。
鹿沼にある饗茶庵の姉妹店です。
やはり古民家を使っているようですが、鹿沼本店とはまた趣が違う。
落ち着いた街並に溶け込んだシックな佇まいは、一見してカフェとは気がつかないほど。
こちらも、いっぺん訪れたいお店です。

|
|

日光 たくみ庵の天ざるそば

久しぶりに来てみると、消防署が移転していたり新しいお店ができていたりと、日光の町並みも少し様変わりしています。
お昼はてくてく歩いて日光そば処たくみ庵へ。Takumi01天ざるそばとまいたけ炊き込みご飯セット1,500円の看板。
“限定”に弱い私はついついそれを注文していまいます。Takumi0天ざるそばとまいたけ炊き込みご飯セットTakumi1
つるつるとのど越しよいお蕎麦。Takumi2精進揚げは舞茸2とかぼちゃ、なす、ピーマン、れんこん各1。
カラッと揚がった野菜のてんぷら、うまうま。
Takumi3
舞茸の炊き込みご飯。Takumi5ゆばの小鉢と、かぶときゅうりのおしんこ。
ほっとする箸休め。Takumi6〆はそば湯で大団円。Takumi71年ぶりのたくみ庵、美味しゅうございました。

|
|

日光 明治の館のチェリータート+コーヒー

三連休の中日、1年ぶりに日光へやって来ました。
日光へ着いたらまずは明治の館で一休み。
チェリータート432円とコーヒー324円。
Meiji1
(私の写真ではテカってしまってるけど)ゼリーで固めたチェリーのルビー色がうつくしい。
玉ねぎのように尖ったクリームの形もかわいい。Meiji2コーヒーは濃いめ。
ミルクたっぷり入れて飲みます。Meiji3チェリーの爽やかさ、タルトの濃厚さ、クリームの軽さ。
三つ巴の美味しいタルト。
Meiji5
いつもの、私の定番の味。
違うのは、増税分だけ価格改定があったことだけ。

1階売店コーナーに無造作に積み重ねられていた、スコーンとパン。
パンがおいしそう!Meiji6ただ、スコーンを買って帰ってあとで成分表を見るとカッテージチーズが含まれていることが判明。
チーズ!?
ちょっと考えちゃうな…。

|
|

2014年7月20日 (日)

鹿沼にて

市街地の中ほど、「屋台のまち中央公園」があります。
その一画にある掬翠園は往年の富豪が造営した庭園。
Kanuma01緑に囲まれた静かな園内にはゆかしげな日本家屋がひっそりと佇む。
今は夏で、濃い緑にここだけは暑い日射しを遮られて暫しほっとします。
紅葉の季節はまた素敵だろうなー。
Kanuma02

掬翠園の入り口には俳聖松尾芭蕉の木像。
芭蕉は『奥の細道』の途上、元禄2年(1629)に鹿沼に一泊しており、園内には芭蕉句碑もあります。
Kanuma03
屋台のまち中央公園と国道121号(日光例幣使街道)をはさんで立つ彫刻屋台展示館。
Kanuma04展示館の入り口のシャッターにはこんなイラストが。
お祭りのときの雰囲気がしのばれます。
Kanuma05
まちの駅にある芭蕉と曽良の像。
曽良がちょっと情けない顔?
芭蕉像は、新鹿沼駅構内でも見かけました(写真忘れ)。
Kanuma06まちの駅に置かれていた手作り楊枝入れ。
いろいろなイラストの入った紙を三角に折って作ったものでサービスでいただけます。
Kanuma061
いちばん気に入ったしかごるくん
鹿沼地区ゴルフ場協議会の公認キャラクターだそうです。
鼻先になぜかついているのはゴルフボールです。
Kanuma07
この目つきの悪さがなんとも。
Kanuma08
日光例弊紙街道沿いに佇む白い花をふさふさと咲かせた大きな木が印象的でした。
左後方はまちの駅。
Kanuma09
新鹿沼駅近くにある史跡 鳥居跡
奈良時代に勝道上人が日光開山後にこの地に四本の榎を植えたと伝えられ鎌倉時代に源頼朝が日光神領として寄進したとされる押原六十六郷の由緒あるこの地に、日光山の遠鳥居が建てられたといわれている。
のち、その跡が地名となって鳥居跡となった。江戸時代のはじめ鹿沼宿をつくる際、鳥居跡から分岐達成された新道が現在の大通りである。

Kanuma10鹿沼名物・にらそばも食べてみたいけど、今日はお腹いっぱい。

父が盆栽が好きだったので、家の庭にはいつも「鹿沼土」があったし、折につけ盆栽展などで鹿沼に出かけていたのでその地名は昔から馴染みがありました。
今日、初めて駅に降り立ち、お父さんもこの辺を車で走ったのかなと思いながら鹿沼の町並みを歩いてみました。

|
|