« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

有楽町 紅鹿舎のチョコレートパフェ

というわけで、デザートは珈琲館 紅鹿舎チョコレートパフェ900円。
Beni1
幸せな生クリームとアイスとチョコレートの味。
高いけど(値上がり)。
Beni2

|
|

大手町 ダーリントンホール高裁店のプレートA

8月も今日でおしまい。
まいにち暑くてバテ気味なのですが、夏休み最終日なのでムリして出かけます。
ダーリントンホール高裁店のランチは日替わりなので「今日は何かな~?」と、店内に入って入口のメニューボードを見るのが楽しみです。
Dar001
プレートA720円はそら豆とソーセージのトマトソーススパゲティサンドイッチ(ポテト)
Dar100
Dar101
大きなぷっくりしたそら豆とソーセージ(は、食べない)が入った、トマトソースのパスタ。
カンタンそうな一品、でもこの美味しさを出すのはなかなか大変なんだろうな。
Dar102
黄色いのは、にんじんのパン?
ポテトサラダをうすく塗って、サニーレタスと一緒に挟んであります。Dar103
パスタでもうれしい一杯のお味噌汁。
Dar105アイスコーヒー100円。
Dar106お会計はしめて820円でしたが、満杯になったポイントカードを提示して500円引きになりました。
頑張ってココに通ったものねー。

ケーキの仕入れ先が変わったら、ココでケーキを注文する楽しみが無くなりました。
ああ…あのケーキたちには、もう会えないのか…。

|
|

日本橋 たいめいけんのカニクリームコロッケ

夏休みなので頑張って平日ランチに出かけます。
たいめいけんの《特選ランチメニュー》よりカニクリームコロッケ980円にボルシチ50円。
Tai10
大きなカニクリームコロッケが二つにケチャップ炒めのスパゲティ、コールスロー。
レモンスライスとタルタルソース添え
Tai11
キャベツ、にんじん、ポテトなどが入った名物のボルシチ。
Tai12ランチはライス付きです。
Tai14コロッケを割ると、クリーミーなカニ入りソースがとろっとして現われます。
Tai15

◇おまけ
デザートはこれ。
松戸のマクドナルドでマックシェイクもも3種入れちゃいましたMサイズ180円。
Macうん、もも!

|
|

永田町 国会図書館フェリカのカレー

今日も国会図書館に来ています。
お昼は新館1階の喫茶店・フェリカで。
(新館3階の「ノースカフェ」とここは、土曜日は交代で休み)
T001
T002
カレー(サラダ付)580円。
T003
ミニサラダはマカロニ・キュウリ・千切りキャベツ。
T005プラス200円でアイスコーヒー
T006具はお肉のかけらがほんのちょっぴり。
サラサラでほとんど具の入ってないカレー。
レトルトでもカレーってたいてい美味しいですよね。
T007
少なくとも、先日のナポリタンよりもずっとマシ。
(まああのときはスマホの不具合というハンデがあったけれども…)
アッチと違ってドリンクがセット価格になるのも良心的。
どうも「ノースカフェ」は以前と経営が変わってからはなんだかなあ。

|
|

築地 rasaのヤサイカリー

今日も夏休み。
午後から菩提寺でお彼岸の法事があるのですが、その前にお昼を食べに出かけます。
平日のお昼しか食べられない店ということで、久しぶりにインドカリーrasa
この、カウンターにずらりと並ぶ薬味が壮観。
名物のキャベツの漬物も山盛りいっぱい。
Rasa1
ヤサイカリー(甘口)850円。
Rasa2
薬味もとって、いただきまっす。
じゃがいも、にんじん、玉ねぎと、ここのカレーは具が、大きい。
男性的な味。

そういえぱ、ここで女性のお客さんはあまり見たことがありません。
カレー自体は甘口と謳っているとおり、私的にはもうちょっとピリ辛さがあってもいいかな。
Rasa3
築地に住んでたら、もっと頻繁に行きたいカレー屋さん。

|
|

大手町 ダーリントンホール高裁店のAプレート+ミルクレープ

今日は、人間ドックに行って来た。
1年で一番イヤでイヤでしょうがない日。
この日が来るのが怖くて2か月前からノイローゼ気味でした。

本日のAプレート:
ほうれん草とベーコンの和風パスタタマゴサンド720円。
Dar1
 
Dar2
 Dar3 Dar5お豆腐とワカメだったかな?のお味噌汁。
Dar6食後にミルクレープ450円とアイスコーヒー100円。
Dar7
 
Dar8
Dar9

|
|

国会図書館ノースカフェの豚肉のナポリタン

数年ぶりに国会図書館に来ています。
入館がいろいろ面倒になって、前に作ったはずのカードを失くしたりして大変でした。
複写待ちの間に、本館3階のノースカフェを覗く。
3種類の日替わりランチのほか、単品メニューがありますがあまり食指が湧かない…。

実はこのとき、私のスマホがちゃんと動かなくて頭が真っ白になっていたのです。
なんか、スマホが初期状態に戻っちゃってる!?
でも画像データはちゃんとあるし???
でもせっかく来たんだし…何か食べないと…。

日替わりランチのうち、何とか食べられそうな豚肉のナポリタン630円。
North1
無理に注文してはみたものの、豚肉という時点ですでにナポリタンからは遠いような…。
いちおう、ケチャップ味、なのだが…。
正常に作動しないスマホを手にしながら食べるナポリタンは、信じられないほどまずかった。
残すのはもったいない一心で必死に食べたけど全部はダメだった。
North2
ランチに付くうっっっすいスープにレタスとキャベツだけのサラダ
別に頼んだアイスコーヒー290円(ランチと一緒なのにセット価格にならない!)で、胸につかえそうなボソボソのナポリタンを何とか飲みこみました。
North3
スマホは結局、帰りの電車の中で再起動したら何事もなく直りました。
見慣れたホーム画面が出てきたときの嬉しさ、ありがたさ!
ホッ!
(どうもロッカーでスマホを手に持った時に「別のアカウントに切り替える」設定を誤って押してしまっていたっぽい)

ふつうに正常心でいられたら、さっきのナポリタンももうちょっと味わって食べられたかも。
残念なランチでした。
でもなんか、ここではもう食べたくてもいいかな。

|
|

金町 トックの季節の野菜カレー

私はお盆は出社して、お盆明けの16日にお休みを貰いました。
お昼は金町のトックへ。
ずっと、ここの野菜カレーが食べたかった
季節の野菜カレー930円。
いつものミニスープと自家製プリン付きのCセット。

なんとビジュアルが変わっていました。
Toque1
あれ?
カレーがソースポットに。
Toque2
ライスの上にお花のように散りばめられた、色とりどりの温野菜。
じゃがいも(茹で・揚げ)・なす・パプリカ・ズッキーニ・にんじん・コーン。ブロッコリー・かぼちゃ…。
Toque3
ミニスープ
これもいろいろな野菜が入ってよい香り。
Toque5カレーは、自分で少しずつ取ってライスにかけて食べる。
福神漬とラッキョウも添えて。
Toque6
お店も考えてのことでしょうが、なんかやりにくいなー。
私的には、前のようにあらかじめカレーはごはんにかかっている方が食べやすい。

食後に自家製プリンも食べて大団円。
Toque7
夕方から妹夫婦がやって来て少し話しました。
がーん!
お盆の送り火は16日に行うものなのですね。
考えたら京都の五山送り火も8月16日だった。
私、きのう会社から帰宅して急いでおがらを燃やしちゃいましたよ。
今までずっと毎年そうしていました。
お父さん、お母さん、ごめんなさい。
早く帰って欲しいとか、そういうわけじゃなかったのよー!

|
|

新橋 はと屋のコロッケナポリタン

8月11日は「山の日」の祝日。
残念ながら土曜日なので振替休日はなし。
つまらないなあと思うけど、あまり休日ばかりだと銀行とか病院とか、行く用事のある人が行けない機会が増えるからね…。

足の調子は、今日はだいぶんいいです。
というわけで、頑張って新橋まで出かけました。
はと屋コロッケナポリタン1,000円を食べに。
Hato1
なんか、コロッケ的なカリッとした味が食べたかった。
コロッケは、何だか一回り小さくなったような?
太麺のナポリタン、うまい旨い。
Hato2  
豆腐とわかめと玉ねぎの味噌汁。
Hato3私が入店したときは先客が1人だけ、でもお昼近くになると次々にお客が入って来てカウンターは満席になりました。
はと屋のマスターは一人でてきぱきと料理をさばいていく。
見事なお手並みは見ていてほれぼれ。

せとうち旬菜館で「母恵夢」三種類と「坊ちゃん団子」の小パックをお買い上げ。
新橋に来たのは、コレがお目当てでもある。

いい気になっていたら、足が痛くなってきました。
デザートは何も食べず、びっこを引くようにして帰ります。
松戸まで戻って少し気が楽になったのでマクドナルドでストロベリーのシェイクだけ飲んでく。
Mac_2治るまで、まだなかなかだなあ…。

|
|

松戸 星乃珈琲店のフレンチトーストモーニング

今日は整形外科の通院で夏休み。
この足で遠出ができません。
今日こそ金町のトックにと思って事前にHPを確認したらまさかの臨時休業。
行く前に分かってよかったけど。
松戸の銀行で所要を済ませ、星乃珈琲店に入ります。
ここも階段なしの2階だからしんどい。
こういう身になるとエレベーターとかエスカレーターって本当にありがたいと思う!
フレンチトーストのモーニング626円。
Hosi01
バタークリームとシロップを添えたフレンチトースト。
Sサイズのゆで玉子、ベビーリーフのサラダ。
Hosi03
Hosi02
カフェインレス珈琲。
Hosi05これから電車で戻って整形外科に行きます。

|
|

松戸 ジャンクな日

土曜日の食べ歩き。
たまに無性に食べたくなるコレ。

Mac

|
|

後宮デイズ

ただいまこの漫画にドはまり。
すもも ももさんの『後宮デイズ』(秋田書店)。
そんなわけで、あんまりブログを更新する気も起きません。
まず、ヒロインの翡翠が純情でピュア、とっても健気な可愛い子。
幸せになって欲しいと思わずにいられません。

相手役の流星はイケメン設定ですが、5巻の「廉貞へ行け」がやっぱり気に入りません。
枕営業してこいなんて命令する男なんか最低。
ホントに武曲の反乱で負けて海の魚の餌になっちまえ、と言いたいところだよ。

あと私は飽くまでも翡翠が好きでこの漫画を読んでるんだけど、物語が進むにつれて主人公の割にあんまり主体的に動かないのよね。
後半部分にさしかかると翡翠は好きな人(流星)からガーン!な仕打ちを受けるわ、
命がけの危ない目に遭うわ、殺されかけるわと辛い展開の連続。
武曲の反乱のときもただ捕らわれてるばかりでまったく活躍の場がありません。
ナイフ投げとか剣舞とか、翡翠の設定を生かしてもよかったのでは。

作者は翡翠が好きじゃないのかな。
作者のインタビューを読むと連載前、翡翠の設定はくるくる変わったみたいで、男装の麗人というのは一番最後に決まったそう。
そこへ行くと流星は初期の設定からあんまり変わってないとか。
思うに作者さんがこの作品で一番描きたかったのは流星で、翡翠はその相手役という立ち位置にすぎないのではないか。

そんな流星だけど、7巻あたりからおかしくなります。

翡翠に対してなんかこう、病気みたいな…。
最初はクールだったのに。
あんまりやせ我慢も過ぎるとこうなってくるんでしょうか。

「父さんと母さんは俺のせいで死んだも同然だ」(まったくもってその通りだ)と落ち込む流星に、「でなければ二人が出会うこともなく、私もこの世に生れてません」と翡翠が語る場面が印象的です。
貴方が、私に命を下さったのよと、流星に負い目を感じさせることなく励ます翡翠の言葉は、流星の心の傷に深く浸みこみ、癒されたことだろう。
翡翠は流星なんかよりもよっぽど度量が大きくて、本当に優しいいい子なんだ。

いつもいつも翡翠に追いかけてもらうのを待ってばかりなのもね。
禄存で唐突に「俺は七星国を出ようと思う」っていうのも、皇都を出る前に言えよなって感じ。
あんなニッチもさっちもいかないところまで来て「おまえはどうする」なんてさ。
流星は、黄道から「お前は城を出て、二度と戻って来てはならない」と言い渡されていた。
それは血を分けた肉親の情からかけられた言葉ではあったが、とりあえず流星はこのとき、どこにも行くところがないのである。
いかに行動力があるとはいえ、本音では「俺といっしょに、ついてきてほしい」と言いたかったに違いない。
それに対して翡翠は「えっ、お兄ちゃん皇帝やめるの?もう後宮でいい暮らしはできないわけ?そんなら、さよなら、バイバイよ」とは、言わない(言ってやればいいのに)。
まっすぐ流星の目を見て、「行きます。流星様と一緒に」
翡翠は決して揺るがない。
流星の目には、武曲の反乱に出兵するときに従ったきらびやかな軍隊よりも頼もしく映っただろう。

そこへ行くと、石榴様は大人だわ。
石榴様が流星にパンチを食らわせる場面をスマホの待ちうけにしたいほどです。
惚れてしまう~♡
翡翠が流星でないと駄目なので仕方ないけど。

しかし婚前旅行までしていながら手を出さない流星様は何なの!?
いかに陰の気にうとい翡翠でも、旅の間ちっとは
「私ってそんなにオンナの魅力がないんだろうか。
それともひょっとしてこの人、“できない”のでは?」
とか、思わなかったのだろうか。
翡翠でさえ実に1年以上手を出せなかった出さなかったヘタレな理性的な流星様が、皇帝を引き継いだからといって「今日は銀宮、明日は珊瑚宮…」なんて考えただけでクラクラしてしまったであろうことは想像に難くない。

かように流星は、翡翠に対しては実にちっちぇえ男なのである。
しかし10巻でついに居並ぶ諸臣を前に高らかに宣言します。
「何があっても翡翠だけは誰にも渡さない」
とね。
もう、物語中盤までの流星は私がグーで殴りたいくらいなんだけど、この一言に免じて辛うじて我慢ですよ。

で、結婚してからの二人は…。
翡翠はせっかくの夫婦タイムというのに一人でグーグー寝てしまうわ、陛下の心配をよそに
お城を抜け出して危ない橋を渡ってるわ、苦いお粥を無理やり陛下に食べさせるわ…。
やりたい放題やってます。
でも、翡翠は何たって天然なのです。
決して本人は皇帝たる夫を尻に敷いてるとか、そんなつもりは夢にも思っていない。
男装の麗人だったかっての面影はいずこですが、まあ翡翠が幸せならめでたい。

最後の「翡翠の一大事」っていうのは…やっぱり二人に赤ちゃんが生まれたんでしょうかね。
だといいな。

しかしこの漫画にはシスコンの兄しかおらんな。

|
|

ダーリントンホール高裁店のAプレート+チョコレートケーキ

ダーリントンホール高裁店のランチは、平日休みのお楽しみ。
本日のプレートAはインゲンとベーコンの和風スパゲティ、サンドイッチ(タマゴ)でした。
Dar01

Dar02
インゲンとベーコンの和風パスタはあっさり風味、でもしっかり味が染みていて美味しい。
Dar03
玉子サンドとサニーレタスをはさんだサンドイッチ。
パンはにんじんのパンかな?
Dar05
プチトマト1/2切れを添えたグリーンサラダ。
Dar06お豆腐とわかめのお味噌汁。Dar07さて、食後に美味しいケーキを…と期待していました。
いつも、ここに来るとケーキは午前中で売り切れてしまっていることもあり、今日はあるかな?と入口を入ったところにあるショーケースを覗きこみます。
ケーキはあった、何個か。
しかしそれは、これまでとは違うものだった。
どうも、暫く来ない間にケーキの仕入れ先が変わったみたい。
あの、上等のケーキたちではなく、なんかいかにも「冷凍でございます」みたいな、ぺしゃっとした感じの…。
でもせっかくだから注文した。
Dar08
チョコレートケーキ450円。
お値段は以前と変わりません。
Dar09
チョコレートのクリームとスポンジが層になったケーキ。 
Dar10
ランチに100円プラスで付けられるドリンクはアイスコーヒー
Dar11以前のケーキを知らなければ、まあこんなものかと思うんだろうけどな。
このお店に来る楽しみが半減してしまった感じは否めません。

|
|

妹の不思議な話

8月ということでちょっと涼しい話を。
妹がお世話になった知人の方が最近亡くなったのですが、その一週間ほど前に妹が不思議なことがあったと話しました。
妹のマンションは立地はいいけどあまり広くはありません。
その日、妹がソファに寝そべっていたらドアの方からカチヤリと音がして、誰か入ってくる気配がしました。
引っ越しを予定していたので工事の業者でも来たのかと思ったけど、それにしても勝手に入ってくるはずはないし…ドアの方を見に行こうとしてもなぜか身体が動かない。
と、キッチンカウンターの向こうに白髪混じりの頭と、緑のシャツが見えたのだそうです。
それは一瞬のことで、妹がお父さんにしては白髪混じりの頭の感じがちょっと違うなと考えていたら、翌週に訃報があったとのこと。
亡くなったという方は私も知っているのですがとても親切で、この数カ月は入院中と聞いていました。
生前から、妹のことを自分の娘のように思ってくれていたそうです。
その方は妹のマンションの下まで来られたことがあるだけで、部屋まで入られたことはなかったということです。
なお、妹が言うには緑のシャツには心当たりはないけど、きっとしっかりやるんだよと見守りに来られたのではないかと。

妹から聞いたお話。
私も亡くなった方のご冥福をお祈りします。

|
|

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »