« 2018年4月 | トップページ

2018年5月

2018年5月12日 (土)

八柱 松戸甲羅本店のかにセイロランチ

妹が来たのでいっしょにお昼を食べに行きました。
どこに行こうかと話して、ほんとうは「東東」に行こうとしたのですが駐車場がいっぱいだったので、少し車を進めて私は先週も来た松戸甲羅本店へ。
広い駐車場は今日も車がたくさん止まっています。
今日はかにセイロランチ2,030円をいただきます。
(二人とも同じ注文)
かにセイロ、サラダ、茶碗蒸し、お椀、香の物、デザートがいっぺんに運ばれます。
Kani01
お吸い物の蓋をとった光景。
Kani02
ほっかほかの、かにセイロ。
赤いのはとびっこ(妹が食べてくれた)、絹さや、錦糸玉子が散らしてあります。
Kani03
お茶碗によそう。
かに身と人参、椎茸などが入ってます。
Kani05
ご飯をよそったところです。
Kani06
カニと青ネギのおみそ汁。
かにの風味がぷうんと香ります。
Kani07
とろとろの茶碗蒸し。
Kani08
ミニサラダもパプリカなど入って彩りがきれい。
Kani09箸休めに添えられる、キュウリのお新香としじみの佃煮。
Kani10 デザートは若紫色の抹茶のババロア。
Kani11
GWに食べた、半額のかに釜めしよりもずっと美味しかった。
ウン、かにを食べた!という感じでした。

2018年5月 4日 (金)

川口 奥出雲玄米食堂井上の石田さんのおからを使った手作りコロッケ定食

また、川口へ来ちゃいました。
アリオ川口3階の奥出雲玄米食堂井上です。
愛用のコンデジを忘れたので、今日はアローズM03で撮影。
G001店内はけっこう奥行きがあって、高い木の柱が落ち着いた雰囲気を醸し出しています。
G002今日のごはんはこれ。
石田さんのおからを使った手作りコロッケ定食1,188円。
G050
実物がコチラ。
G100
石田さんのおからを使った手作りコロッケ。
G101
玄米ごはん。
G102
はくさいとかの濃ゆくてあまいお味噌汁。
G110 副菜は先週とほぼ同じ。
これは白菜と人参のお新香。G103水菜と油揚げのお浸し。
G105小松菜の胡麻和え。
G106きんぴらごぼう。
G107濃厚豆乳。
G108おからコロッケに、さっくり箸を入れまする。
G109
うーん、なんて言おうか…。
まさに“おから”で、コロッケにしてあっても口当たりがゴワゴワ。
いまいちかなー。
意外に(?)旨かったのは食後のデザートに頼んだ仁多米餅古代醤油のみたらし餡302円。
G200
お餅に薄く衣をつけたのをさっと揚げて、温かいみたらし餡をかけた一品。
G201
素朴な味わい。
G202
甘さも程よく、これはもう一回食べたくなるかも。
そのうちね…。
G210

2018年5月 3日 (木)

くぬぎ山 いちごやさんのカフェテラスひらおかのいちごパフェ

車をもう少し走らせて、いちごやさんのカフェテラスひらおかへ。
お店の前にはいつも、色とりどりの花が咲いています。
H001看板も温かみがあって、かわいい。
H005お目当ては、旬のいちごを使ったメニューです。
Ichigo1
ちなみにランチメニューはこちら。
私は今日は食後なので、デザートだけです。
H002女王様の王冠のような、華々しい姿で登場。
いちごパフェ972円。
Ichigo001
大粒のいちご、いちごアイス、いちごゼリー、いちごソースといちご尽くし。
往々にして、写真メニューと比べて実物はだいぶん見劣りがする場合がありますが、ここに限ってはそんなことはないです。Ichigo002
いちごだけでお腹がいっぱいになる幸せ♡。
Ichigo005
隣接する「オランダ屋」のケーキを買ってご帰還です。
駐車場にあったランタンも可愛かった。
Ichigo6母が入院中、本当はダメだったろうけど、私は毎日果物の差し入れを持って行きました。
春先だったので、もっぱら持っていったのはいちご。
亡くなる数日前、母は「あのいちご、おいしかった…」としみじみと言ってくれました。
病院食が味気なかった分、喜んでくれたのだと思う。
この季節は、仏前にいちごを欠かしません。
いちごを見ると母を想います。

お母さん、ごめんね。
お母さんにも、食べさせてあげたかったなあ…。

八柱 松戸甲羅本店のたらば釜飯+蟹鉄砲汁

GWです…今日から夢の四連休。
しかも持ち帰り仕事なし!
朝方までは強い雨と風だったのですが、次第に止んできました。
最近、休日というと風が強くて洗濯干しに気を使うんですよね。 
一人で引き籠っていると暗くなっちゃうので景気づけにお昼を食べに出かけます。
うちからクルマでちょいと走り、広大な八柱霊園沿いの松戸甲羅本店
いつも、車から眺めてはいたものの、入るのはこれが初めて。
広い駐車場には車がいっぱい止まって商売繁盛のようです。
1階ロビーにはカニがうごめく生け簀がどーんと据えられています。
Kani001一人だけどスタッフの人に言われるがまま番号札を取り、すぐカーテンを引いた半個室風のテーブルに通されました。
ただいまGW特別企画でたらば釜飯が半額(1,944円→972円)というのでそれを。
あと、お汁はつかないというので蟹鉄砲汁526円をいっしょに頼むことに。Kani002
注文すると着物姿の仲居さんが下に固形燃料を置いた釜飯が運んできて、「炊き上がりましたら声をかけます」と言い置かれる。
Kani11820分くらい待って、釜めしが炊きあがる時分になると仲居さんがまたやって来て、蟹鉄砲汁を出してくれます。
釜めしの蓋をとったところですが…。
Kani103
見本写真とはけっこう違うじゃん…。
Kani105
彩りからして寂しい。
カニ身は二切れ(だけ)、わかめと竹の子と油揚入り。
ごぼうのごく細かな切れはしも入っていたような…。
Kani106
ご飯も少量で、お茶碗に、控えめによそってせいぜい二杯分。
Kani108
蟹鉄砲汁はカニ足に緑の細ネギが散らしてある。
まあ蟹らしい味ではある。
Kani107
小皿にはきゅうりとしじみの佃煮。
このしじみ佃煮はレジ横のお土産コーナーにも置いてありました。
Kani110いただきます。
Kani111
底の方に出来たお焦げが美味しい。
カニ用フォークも用意されているので、カニの身をせせってできるだけ食べます。
Kani200
蟹鉄砲汁といっしょに食べ終わっても、お腹が空いてました。
キャンペーン商品だからこんなものかなあ。

ああ、丹後へ行ってカニを思い切って食べたい。
場所的に、法事の食事会にいいけど義弟が甲殻アレルギーなので駄目なんですよね…。

« 2018年4月 | トップページ