« 駒込 ボンガトゥの和風きのこパスタ+フルーツロール | トップページ | 川口 メレンゲのパンケーキ  »

川口 奥出雲玄米食堂井上の出雲から来た椎茸と舞茸のフライ定食

今日からGW前半の三連休です。
川口に来ています。
川口なんて…来るのは27、8年ぶり。
もしかしたら西川口だったかもしれないという遠い記憶。

人に道を尋ねながらアリオ川口へ。
三階の奥出雲玄米食堂井上にやってまいりました。
G001「日本の農村」的なインテリア。
G003木の香漂う店内。
天井が高くて開放感があります。
店内中央にほうじ茶と冷水のポット、お茶碗が置かれている。
G005お品書きはこちら。
G007
レジのところにはデザートの木札。
G006
Menu1

Menu2

Menu3

Menu5

Menu6

Menu7
「玄米定食」は八種類ある主菜から一つを選び、小鉢のおかずやご飯が付くというシステムです。
揚げだしもおからコロッケも、それから出雲そばもカレー(お肉は使わず、生姜を炒って作ってあるそうです)も、みんな食べたい。

私がチョイスしたのは、出雲から来た椎茸と舞茸のフライ定食1,188円。G100
献立は1.本日の小鉢3品 2.玄米ご飯 3.主菜 4.味噌汁 5.お漬物 6.ほうじ茶。
ほうじ茶までメニューに載せなくてもいいと思うが…。
G101
小松菜の胡麻和え
G102えのきとほうれん草のおひたし
G103ごぼうと人参のきんぴら
G105仁多米の玄米
小豆も入ってます。
G106メインの出雲から来た椎茸と舞茸のフライ
ししとうも付いてます。
スタッフの人から「古代じょうゆでどうぞ」と口上が付く。
G107
椎茸の軸が…まあごりっぱ。
直立している。
控えめにフライ粉が付いて、さっくり揚げてある。
G108
味噌汁の具は人参、大根、玉葱など。
売店コーナーに麹味噌があったからそれを使っているらしいけど、とっても濃ゆくて甘くておいしいのにびっくり。
G109キャベツと人参の漬物
G110濃厚豆乳
これは「粗塩で」と勧められる。
そのままでも、もちろん美味しい。
G111卓上には出雲から来た古式じょうゆ、粗塩、えごま塩、唐辛子といった調味料の小壺が並びます。
G008えごま塩は玄米ごはんにかけてみた。
G009粗塩は豆乳にちょっと入れて。
G010食後に、えごまと黒胡麻のブラマンジェ302円を。
G200
こしあんと、何かの粒々が散らしてあります。
G202
上がえごま、下が黒ゴマの二層でした。
G207どのお料理も丁寧にできています。

「奥出雲玄米食堂井上」は「サンマルク」が今年に入って出した店で、ここともう一か所、越谷のレイクタウンmoriにもあります。
所要時間はともかく、川口の方が電車賃が安い(日暮里まで定期があるため)のでこっちに来ました。

私は昔から出雲が大好き。
お料理をいただきながら、以前訪れた土地を懐かしく思い出しました。
現地には行けないけど、こうして気軽に出雲の(っぽい)味を楽しめるのは嬉しいです。

|
|

« 駒込 ボンガトゥの和風きのこパスタ+フルーツロール | トップページ | 川口 メレンゲのパンケーキ  »

埼玉県」カテゴリの記事