« 我孫子 小綬鶏の11月のランチ | トップページ | 飯田橋 紀の善の田舎しるこ »

2016年12月 3日 (土)

新宿 坂内食堂の喜多方ラーメン

とうとう、12月になっちまった天気のいい土曜日。
今日は新宿まで買い出しに来ました。
新宿駅の西口を出て、探したのは坂内食堂 思い出横丁店
カウンター9席のみの小さい店。
案内係の女の子から「食券をどうぞ」と指示あり。
単品の喜多方ラーメン650円のところのボタンを押す。
食券を渡すと「太麺と細麺、どっちにしますか」と聞かれる。
喜多方ラーメンといえば太麺だが…私は細麺が好きなのでそれにする。
Ban01代々木にも10年くらい前まで坂内食堂があって、お昼によく行ってました。
ここの狭い厨房に立つのは二人の若いアジア系の男性で、何か分からない言葉で会話しながら喜多方ラーメンを作っている。
まあ、スープは工場から仕入れて、麺を茹でたり餃子にちょっと焼き色を付けるくらいのシゴトだもんね。
「キタカタラーメン、ホソメン」と、待つほどもなく出てきた喜多方ラーメン
Ban02
ああ、これだ…この味。
コショーをたっぷりかける。
この黄金色のスープが旨いよぉ。
Ban03
サービスのライスはいかがですか?と聞かれて、つい貰ってしまった半ライス。
Ban05土曜日だから、サービスのご飯は付かないと思ったのに。
ラーメンと、しょっぱい漬物とで合間に食べます。
このご飯も懐かしいな。

ご飯は少し残してしまったけど、久しぶりに食べた喜多方ラーメンの味に大満足。
しかし、いつも歩いている道なのに、あんがい気がつかないもんだわね。
これで場所は覚えたので、また食べに行きたいです。

◇おまけ 
 ラーメン丼のフチに実は描かれていた起き上がり小法師。
Ban06

« 我孫子 小綬鶏の11月のランチ | トップページ | 飯田橋 紀の善の田舎しるこ »

新宿区」カテゴリの記事