« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月27日 (日)

我孫子 小綬鶏の11月のランチ

3日前、東京では54年ぶりという11月の雪が降りました 。
私はソニアリキエルの傘を失くしました。
週末はなかなか忙しいのだが、隠れ家のようなお店・小綬鶏の11月のランチ2,000円が食べたくてまた我孫子に向かう。
開店時間の12時、コーヒーとお食事 小綬鶏に到着。
雪は、もう消えていました。
Ko01BGMは優雅にモーツァルトの室内楽。
黒服の上品なマダムが席を回って挨拶してくれます。
こちとら、ふだんお金持ちに接する機会がないのでドキドキ。
あとは、娘さんなのかお手伝いの女性が1人と、それに今日は御主人らしき男性も厨房を手伝っている姿が見られました。
お家の中は暖かなストーブが燃えている。
Ko35この日、通された席。
Ko03窓の外に広がるいちめん緑の風景。
この森は、船津の森や武者小路実篤旧宅に繋がっています。
Ko33卓上のお品書きはいつもながら達筆。
Ko0211月のランチ
Ko10
ご飯の蓋を取った光景。
Ko11
 
Ko12
きのこ御飯は舞茸、しいたけ、えのきなどの炊き込みご飯。
お代りしたかったけど、予約のとき「けんちん汁がボリュームありますが、余りがあれば…聞いてみて下さい」とは言われているけど、やっぱり言い出せず。
まあ量的にはたしかに十分でしたし。Ko15
けんちん汁 具だくさんすいとん
豆腐、人参、大根、こんにゃく、ごぼう、里芋、葱、しめじ、あさつきが散らしてある。
Ko17
Ko18 すいとんは3カケ入ってました。Ko19本場のじゃこ天
大きな短冊に切ったのが7、8片。
お醤油ちょっと垂らして、大根おろしで食べた。
Ko21
だし巻き玉子さつま芋の巾着しぼり
ほっこりとしたタマゴ、秋らしいほくほくしたさつま芋の取り合わせ。
Ko23
かぶの即席漬
爽やかな箸休め。
Ko25
デザートはりんごのレモン煮
Ko27
紅葉をイメージしたガラスの器にのせられています。
Ko29
食後のコーヒーはデミタスカップだけど美味。
Ko31
予約なしのフリで玉子サンドを注文した男性一人客もいました。
こんどそういうのもいいな。

今日も食べられなかったケーキたち。
Ko37

さて、これから帰ったらネコにご飯やって掃除して、作り置きおかずを作って洗濯してお風呂掃除して、それから持ち帰った仕事をも少しやんなきゃ。
私も忙しいのよー。

|
|

2016年11月23日 (水)

新橋 香川・愛媛せとうち旬彩館でおかいもの

はと屋の待ち時間の間、香川・愛媛せとうち旬彩館へ行く。
坊っちゃん団子・母恵夢・りんごジャムをお買上げ。
都内にいながらいろいろ地方の物産を手軽に買い求めることができるのは嬉しい。Sai1

ジャムといえば、私はなんといってもりんごジャム!です。
ちょうど切らしたところでもあり、愛媛県のりんごジャムがあったので一瓶買ってみました。
ほんとうは、上田の飯島商店の紅玉りんごジャムが欲しいところですが…。
Sai2湯の街・道後温泉の坊ちゃん団子。
私の大好物。
1人用には手ごろな二本入り。
Sai3

Sai5

久しぶりに食べたらやっぱり美味しかった!
また、買いたいです。

|
|

新橋 とっとり・おかやま新橋館の大山白ばらソフトクリーム

新ふと見たらこの並びにあったはずの鳥取県のアンテナショップが…ない!?
2階のレストランは早くに撤退したけど、先日の震災の影響なのだろうか…
調べたら同じ新橋駅前に、岡山県と合同で新しいアンテナショップが一昨年オープンしていることを知った。
タハ、全然知りませんでしたよ私。
それで、その新しい鳥取(と岡山)のアンテナショップに行ってみました。
その名もとっとり・おかやま新橋館
ホント新橋駅前。
広々としたフロアに鳥取県と岡山県の物産がどっさり並んでいる。
岡山のきびだんごは何種類もあります。
(私はあんまり好まない)
そして2階はレストラン「ビストロカフェ ももてなし家」。
紅ずわい蟹重がいいな!…けど、今日はもうゴハン食べたし。
パンケーキメニューもあるが、ランチタイムは注文不可。
Photoココはまたいつか、あらためて食べに来よようと心に決める。
1階に戻って、フロアの一隅にソフトクリーム売り場があるのに気がつきました。
大山 白バラソフトクリームと、蒜山 ジャージーソフトクリーム。
私は蒜山高原にも行ったことがあります(バスの乗り換え地だった)。
なんとなく蒜山の方が牛乳成分が濃いように気がする。
だけど、ここはやっぱり鳥取バージョン。
Soft2 大山白バラソフトクリーム380円。
これは天辺をぺろりとひと舐めしてしまった光景。
Softまったりとさわやかな甘さがくちに広がる。
寒いけど。

|
|

新橋 はと屋のコロッケナポリタン

今日は勤労感謝の日で祝日。
昨日のうちにはと屋さんに電話したらお昼だけやってますとのことで、満を持してやって参りましたよ。
11時過ぎに到着したらまだ「準備中」の札が出ていて大将が仕込み中だった。
いったん道を引き返してせとうち旬彩館へ行く。
坊っちゃん団子・母恵夢・りんごジャムをお買上げ。

それからあらためてはと屋へ向かう。
今度はちゃんと営業中になっていました。
注文はもちろん、コロッケナポリタン950円
Hato01
二つのコロッケの、揚げた色あいが少し違うのが気になる。
食べたら二つともふつうに美味しかったですが。
Hato02
からっと揚がった芳ばしいコロッケ。Hato03ふっとい麺のナポリタン。
不二家伝来の味という、デミグラスソース系の味わい。
Hato05お味噌汁はわかめとタマネギとお豆腐。
うすい味付けなのは昔から。
Hato06ああ、この味…。
食べたくてたまらなかった、はと屋の味だ。
私にとってはここが外食の原点。
満腹口福。

|
|

2016年11月20日 (日)

ご近所さん 松月庵のたぬきそば

蕎麦が食べたいです。
深大寺か高尾山か日光か、どこかへ行こうと考えてはいるのだけど、休みというと寝坊してしまうので遠出ができない。
で結局、ウチからすぐの松月庵たぬきそば700円。
Tanuki1
いつか母と座ったその同じテーブル。
向かい側にもう母の姿はありません。
Tanuki2細かい揚げ玉、カニカマ1/2、ほうれん草ののったたぬきそば。
刻み葱は別添えで、そこに七味をたっぷり。
Tanuki3こちらのメニューには蕎麦米雑炊があったんだけど、久しぶりに行ったらそれは見当たらなかった。
アレは確か〈冬のおすすめ〉だったんだけど…また復活してくれるといいな。

|
|

2016年11月19日 (土)

新橋 パーラーキムラヤのエビピラフ+プリンアラモード

ピーチーズに行くのをやめたせいもあって、「コロッケ」をさいきん食べてないなあ…。
というわけで新橋に来ましたが、はと屋がやってない!
ビル内の防災センターにも聞いてみましたが不明。
ただ、店を閉めたとかではないそうです…。(そんなことになったら私は)
現在は大将一人でやっているから所用でもできたのかな。

で、代わりにといっては何だか向かったのはパーラーキムラヤ
コチラで熱帯魚を見ながらのお昼ごはん。
Kimuraya エビピラフはコーヒーとセットで1,000円。
Kimuraya1
シンプルだけど、旨みがしっかりついててウマー!
どうやったらこんな味を出せるのだろう。
Kimuraya2
ミニサラダも玉子が付いて嬉しい。
Kimuraya3食後はプリンアラモード700円。
Kimuraya11
セットのコーヒーといっしょに味わう。
Kimuraya12フルーツと生クリームで華々しく飾り立てられたプ・リ・ン。
Kimuraya16
まろいカスタードプリンにアイスクリーム。
メロン、パイン、モモ、ミカン、バナナ、チェリー。
Kimuraya15
お皿の上の小さな満艦飾。

|
|

2016年11月12日 (土)

巣鴨 タカセのデラックスプリン

デザートはタカセ内でフロアを移動して2階のセルフスタイルの喫茶でいただく。
(だって同じケーキでも1階で買って2階で食べたほうが安いんだもん)
大好きなコアントローモカがショーケースにない。
言えば奥から出してくれるだろうけど、たまには違うものをと思ってデラックスプリン370円。
注文すると「デラプリ」と言って出されます。
Takase01
色とりどりのフルーツにかこまれたプリン。
Takase02
セットの場合、コーヒーは50円引きで200円。
Takase031階でパンとコーヒーを買って、2階で食べているお客もいたりする。
いろいろな使い方ができる、気取りのないお店です。

私もお土産にパンを買いました。
私の定番、タマゴサンドとマロンデニッシュ。
Takase05 Takase06

◇おまけ
山手線の車内で見かけた吊り広告。
ビールの広告だけど、お皿の上に乗ってるのはどう見ても“羊羹”、それも栗羊羹だよね。
ビールのアテに羊羹、いいよね。
Yookan

|
|

巣鴨 タカセのカニピラフ

巣鴨に来たら、お昼はタカセ洋菓子店 巣鴨店と決めてきた。
注文もカニピラフと決めています。
3階のレストランに上がったら混んではいたけど、でも席はぽつぽつ空席があり、次の客を通すのに店員の手がなかなか回らない、といった感じ。
ウエイティングボードに名前を書いて、それでも10分くらいで通される。
パンセットを頼めば、籐のバスケットに盛られたパンが食べ放題になる。
でも私はピラフだし…。

最初にサラダが来る。
なんてことない内容だけど、今は野菜の価格が高騰しているからこれ一品付けるのにお店は大変だろうなと余計なことを考えてしまいました。
Takase1出て来ました、カニピラフ850円。
Takase2
思った以上にカニの身がたっぷり。
うん、美味しいな。私はカニが好きなんです。
見本ではゆで玉子スライスなのが、玉子のこまか切れになっているけど…。
Takase3
Takase5
窓の外は狭い道を挟んでお向かいのマンションの狭苦しいベランダに下がっている洗濯物が見えていたりする。
ココは庶民的な洋食が食べられるお店。

|
|

巣鴨の菊まつり

巣鴨中山道菊まつりの季節です。
今日は巣鴨にやって来ました。
Kiku01

Kiku02なかでもお楽しみは江戸六地蔵眞性寺境内の菊人形。
今年のお題は“麒麟”。
Kiku03青い背景を舞台に天に向かって羽ばたく…ところなのか?
紫と木色の小菊が、その周りを彩る。

眞性寺の境内には色とりどりの菊、菊、菊。
中山道を模した箱庭なども出展されて目を楽しませてくれます。
屋台も出て賑やか。
Kiku05 Kiku06 Kiku07 Kiku08 Kiku09_2Kiku10 Kiku11 Kiku12 Kiku14 Kiku15 Kiku16 今年もここの菊を見られて、良かった。

|
|

2016年11月 5日 (土)

菊の季節

父が植えた庭の小菊が今年も咲きました。
Kiku
百合は枯れてしまったけど、菊は今年も咲いてくれた。
両親の遺影にも見せてあげました。

|
|

駒込 ウズナオムオムのおからのパンケーキ

昨夜、ちょっと残業して帰ったら寝たのが深夜1時で、遅く起きた11月最初の土曜日の朝。
ちょっと遠征しようかと思ったりしましたが、ダメでした…。
そんなわけでランチは都内で。向かったのは駒込の初訪問のカフェ ウズナオムオム(変わった名前ね)。
このお店は今年オープンしたそうですが駒込駅からほど近く、背後は六義園園に面している。
ペンシルビルで、ウッカリ歩いていると見落としそうな構え。
U001 中はスタイリッシュでイマ風な洒落た造りになってます。U002お豆腐屋さんから仕入れているおからを使っているという、おからのパンケーキ700円。
U003おからが手に入らないときはできないこともあるそうですが、今日はOK。
陶器のお皿にのった小ぶりな、でも四段重ねのかわいいパンケーキ。
カフェオレ200円といっしょにいただく。
U100
駒込の豆腐店「越後屋豆腐店」さんのおからで作る、「卵・牛乳・小麦粉」を一切使わないビーガンパンケーキ。
今までのuzna omomにはなかった新たなパンケーキです。
添えられたお豆腐ディップ、黒密もすべて自家製。素材の味をお楽しみください。

U101
お皿が運ばれたとたん、たしかにお豆腐やさんの匂いがむわっと立ち上る。
ナイフを入れると焼きたての湯気があふれます。
お豆腐のディップはあっさり、黒糖のシロップはコクがある。
おからだけ、卵など使っていないのでどうしても口当たりがもっさり。
甘さも控えめで、修道院的なケーキといおうか…。U103
カフェオレは泡泡しく、濃ゆい味。
U105こんどはふつうのパンケーキも食べてみたいです。

とはいえ、私はやっぱりこの小ぢんまりとしたパンケーキだけではちょっともの足りなくて、帰りみちでいつか行ったことのある「長寿庵」を覗いてみようと思ったら、正午を過ぎているというのにシャッターが下りていた。
はたして!?

|
|

2016年11月 2日 (水)

八柱 日高屋の野菜たっぷりタンメン

代休を取って精密検査の日。

長く待たされました。
待っている間は不安で辛かった。

やっと順番が来て、呼吸器科の医師からかんたんな問診の後、CTを撮ることになりました。

結果は、

果たして「何もありませんよ」
とのこと。

ああ。
良かった…ほんとうに良かった。
これでまだ猫たちを守ってやれる。

お父さん、お母さん、ありがとう。
5000円以上かかったけど、疑いが晴れて良かった。

ほっとして、外へ出る。
もう正午を回っています。
今日は北風が冷たく感じられて寒い。

何か温かいものが食べたくて、八柱駅前の熱烈中華食堂 日高屋に飛び込みました。
野菜たっぷりタンメン500円。
疑いが晴れて、ほっとしてすするタンメン。
熱々のスープが冷えた体を解きほぐしてくれる。
山盛りのしゃきしゃき野菜が嬉しいな。
Tann01
Tann02
チェーン店のラーメンだけど、その時の私にはほんとうに心に浸みいるほど美味しく感じた一品でした。
私はこれでまだ頑張れる。

時間は遅くなったけど、これから会社に行きます。
先日、中途半端に休日出勤した代休があるから今日はそれをあてます。

頑張ろう、猫たちのために。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »