« 新橋 香川・愛媛せとうち旬彩館でおかいもの | トップページ | 新宿 坂内食堂の喜多方ラーメン »

我孫子 小綬鶏の11月のランチ

3日前、東京では54年ぶりという11月の雪が降りました 。
私はソニアリキエルの傘を失くしました。
週末はなかなか忙しいのだが、隠れ家のようなお店・小綬鶏の11月のランチ2,000円が食べたくてまた我孫子に向かう。
開店時間の12時、コーヒーとお食事 小綬鶏に到着。
雪は、もう消えていました。
Ko01BGMは優雅にモーツァルトの室内楽。
黒服の上品なマダムが席を回って挨拶してくれます。
こちとら、ふだんお金持ちに接する機会がないのでドキドキ。
あとは、娘さんなのかお手伝いの女性が1人と、それに今日は御主人らしき男性も厨房を手伝っている姿が見られました。
お家の中は暖かなストーブが燃えている。
Ko35この日、通された席。
Ko03窓の外に広がるいちめん緑の風景。
この森は、船津の森や武者小路実篤旧宅に繋がっています。
Ko33卓上のお品書きはいつもながら達筆。
Ko0211月のランチ
Ko10
ご飯の蓋を取った光景。
Ko11
 
Ko12
きのこ御飯は舞茸、しいたけ、えのきなどの炊き込みご飯。
お代りしたかったけど、予約のとき「けんちん汁がボリュームありますが、余りがあれば…聞いてみて下さい」とは言われているけど、やっぱり言い出せず。
まあ量的にはたしかに十分でしたし。Ko15
けんちん汁 具だくさんすいとん
豆腐、人参、大根、こんにゃく、ごぼう、里芋、葱、しめじ、あさつきが散らしてある。
Ko17
Ko18 すいとんは3カケ入ってました。Ko19本場のじゃこ天
大きな短冊に切ったのが7、8片。
お醤油ちょっと垂らして、大根おろしで食べた。
Ko21
だし巻き玉子さつま芋の巾着しぼり
ほっこりとしたタマゴ、秋らしいほくほくしたさつま芋の取り合わせ。
Ko23
かぶの即席漬
爽やかな箸休め。
Ko25
デザートはりんごのレモン煮
Ko27
紅葉をイメージしたガラスの器にのせられています。
Ko29
食後のコーヒーはデミタスカップだけど美味。
Ko31
予約なしのフリで玉子サンドを注文した男性一人客もいました。
こんどそういうのもいいな。

今日も食べられなかったケーキたち。
Ko37

さて、これから帰ったらネコにご飯やって掃除して、作り置きおかずを作って洗濯してお風呂掃除して、それから持ち帰った仕事をも少しやんなきゃ。
私も忙しいのよー。

« 新橋 香川・愛媛せとうち旬彩館でおかいもの | トップページ | 新宿 坂内食堂の喜多方ラーメン »