« 秋葉原 アカシヤのモーニングセット | トップページ | 松戸 京樽のおにぎり »

秋葉原 フルーフ・デウ・セゾンのチョコレートバナナパフェ

最寄駅は末広町、私はアカシヤから昭和通りを歩いて向かいました。
駅からはやや離れた目立たない路地沿いという立地にもかかわらずお客がいっぱい。
フルーフ・ドゥ・セゾンは季節のフルーツメニューを揃えたカフェ。
かっての神田青果市場の名残を今に伝えるお店。
Parfait001Parfait002お店は思ったよりこじんまりとしていて、私は中央のテーブルに詰めて座るように言われました。
店内にもバナナやブドウ(ビニール製)が生ってる木がある。
Parfait003メニューを渡されるとき「今日のおすすめは桃のジュースです」と勧められる。
クロワッサンサンドなどもあるけど、私は食後なのでデザートだけ。
Parfait005ムムどれも高いなあ…コーヒー・紅茶は2杯までお代わりできるそうだけど。
いちばん安いチョコレートバナナパフェ(それでも1100円)。
Parfait100
Parfait101
Parfait102
Parfait103
大して時間もかかわらず運ばれたパフェは「たいへん高くなっておりますので、倒れないようお気をつけ下さい」との口上つき。
でも、たしかにクリームの量はちょっと多いですが、それほど高いわけではありません。
メニューではイチゴが乗ってましたが、今日のは葡萄がひと粒。
パフェの味は…まあフツー。

この店は、やっぱり季節のフルーツ盛り合わせがついたクロワッサンサンドセットを頼むのがいいんでしょうね。
ただ、サンドイッチはハム・ツナ・フルーツの三種類から選ぶことになっていて、私は必然的にフルーツということになる。
でもフルーツサンドって食事というよりお八つ感覚だなあ。

« 秋葉原 アカシヤのモーニングセット | トップページ | 松戸 京樽のおにぎり »