« 新宿 グループのホットケーキ | トップページ | ご近所さん お多福のマルガリータ »

2016年7月17日 (日)

御嶽 やお九の御岳だんご膳+きな粉かんてん

三連休の中日。
ちょっと足を伸ばして青梅線の御嶽駅までやって来ました。
ずっと行きたかった甘味とごはん処 やお九がお目当てです。
Q001暖簾の下がった細い通路を入った先にお店の入り口があります。
Q002店頭のお品書き。
Q003
私がお目当てにしてきた、御岳だんご汁膳の看板!
“本日は枝豆ごはんです。”の張り紙あり。
Q005ココのお店は、渓谷を臨む自宅を改装してやっているようです。
Q006渓谷に面したテラス席が空いていたのでそちらに陣取る。
Q210
Q212 Q213眼下の多摩川では、カヌーの人が。
(この人は、岩礁の周りを何度もくるくると回転する練習をしてるみたいでした)
Q211仏間をそのまま解放した和室もあったりします。
Q007和室を見守る、古い招き猫。
Q008がんばっているねこさん。
Q009レジの横にもねこが!
Q200店内のお品書き。
Q010

Q011

Q012

Q014

Q015

Q016

Q017

Q018

Q019

Q020

Q021

Q022
こんなおススメの食べ方のアドバイスもあったり。Q023野菜だけの「御岳だんご汁」と、お肉(鶏だんごまたはおうめ豚)の入った「鶏だんご汁」があるというので私はもちろん前者。

御岳だんご汁膳セット1,200円。
セットの場合、あんみつも選べますが私はアイスコーヒーをチョイス。
コーヒーはあとで出して貰うことにしました。
お膳は大きなお盆でいちどきに運ばれます。
Q101
すいとんみたいな“だんご”・大根・油揚げ・ごぼう・しめじ・人参・白菜、刻みネギと三つ葉の天盛り。
Q102枝豆ごはん。
でも枝豆は3、4粒。
Q103もずくときゅうりの酢の物。
皮つき新じゃがの煮っころがし。
枝豆の煮浸し。
Q105香の物(大根・昆布・梅干し)。
Q106渓谷を望みながらのランチタイム。
Q107
Q108
残念だったのは、一人客の私のところには、ご飯が茶碗に一杯盛りきりで出されたこと。
メニューの写真では木製のお櫃だし、ほかのお客さんにはちゃんとお櫃を出してるのに。
お櫃だと少し余分にご飯がついてるのだろうか?
それとも所望すればおかわりをくれたのだろうか?
まあ、もっとも一膳で十分お腹は足りたのですが。

だんご汁には七味をたっぷり使う。
Q109 Q110
そぼくな“おだんご”。
Q111おススメの食べ方をしてみる。
最後に残ったお汁にごはんを入れて、雑炊風にかっ込む。
お味がよくしみて、おいしい。
Q112美味しかったけど、身体が暖まって、汗をかいてふうふう。
季節が秋~冬だったら、もっと格別だったろうなと思いました。

デザートは別注できな粉かんてん380円を頼みました。
セットのアイスコーヒーといっしょにいただきます。
Q201
Q202 Q203この、かんてんはすごくコリコリとしていて歯ごたえが良い。
きな粉の控えめな甘さとあいまって最高!
Q204

Q205 Q206 Q207

さて御岳のお土産は?
駅前の小さな案内所兼お土産や兼喫茶室のような店で、去年は小さなころころとしたジャガイモが袋にどっさり入って100円で売ってたので今日も期待して行ったら、袋は小さくなって150円であった。

御嶽駅の周辺の木立では、もう気の早いセミが鳴いてました。
ウグイスの声も聞こえました。
ああ、奥多摩には自然が溢れている。

|
|

« 新宿 グループのホットケーキ | トップページ | ご近所さん お多福のマルガリータ »

奥多摩」カテゴリの記事