« 松戸 ビストロコキャンの栗カレー | トップページ | 高尾山にて »

2015年10月29日 (木)

高尾山 薬王院のもみじ膳

急に秋めいてきた10月下旬。
代休を取り、妹を誘って高尾山薬王院へ精進料理を食べに来ました。
秋の平日は、予約なしで2,800円がいただけるのです。
Takao015
この夏、〈そば膳〉はいただきましたが秋に来るのは初めて。
数年前、テレビ東京の旅番組で初めてその情報を知って以来、ずっと来たいと思っていたのですがやっと念願が果たせました。
Takao020
精進料理は夏と同じ大本坊でいただけますが、今回は1階が会場となります。
入り口で代金先払いするシステムは同じ。
Takao001のお品書き。
Takao999
【もどき弁当】
 煮物 豚角煮(車麩)
     造り まぐろ赤身(トマト)
 いか刺し いくら(蒟蒻)
 焼き物 うなぎ蒲焼(大和芋) とろろ
 浸し ほうれん草浸し つみれ(おから)
【揚物】 とり唐揚げ(小麦グルテン)
 ウィンナー(大豆)
 マヨネーズ(豆富)
【鍋】    湯豆富 ポン酢
【酢杯】 権現力(ブドウ酢)
【前菜】 大根サラダ
【飯】    大豆のご飯
【汁】   きのこ汁 赤だし仕立て あみ茸 なら茸
【甘味】 そばの汁粉

広い会場の一隅にはご飯・お汁・サラダ・飲み物(薬王茶と権現力)そしてお汁粉のセルフサービスコーナーが用意されている。
妹は「たいそうな料金取ってるのにセルフサービスなんて…」とブツブツ言っています。
私は、好きなものを取り放題なのだからむしろ太っ腹だなと思って抵抗はありませんでしたが。
Takao005パットに山盛りの大根サラダ
Takao010別にお膳が出てくるのだが、居合わせたお客さんたち(ほとんど女性)がみな我先にご飯やお汁を取りに行ってるものだから、つられて私も「早く早く」という気持ちになってついこんなに。
(ちなみに妹は私と違ってこういう時はドライでマイペース)
Takao100
大きな炊飯器にどっさりと入った、大豆の炊き込みご飯
ごくうすい塩味であっさりと炊きあがってます。
Takao200いろいろな種類のきのこ、大根、ニンジンなどが入った赤出し仕立てのきのこ汁
Takao201大根サラダ
桂むきの大根に水菜、ひよこ豆、赤えんどう豆、青えんどう豆などお豆たくさん。
和風ドレッシングを添えて。
Takao202酸っぱい権現力のジュース。
妹は「ソーダで割ればいい感じだね」と言ってました。
Takao203これではまるで大根サラダ定食ですが、メインのお料理がなかなか出てこないのでつい食べ始めてしまう。
メインが出てくる前にお腹いっぱいになりそうな危機感。

15分ほども待ったところで、ようやく赤いお盆に乗ったお膳が運ばれました。
お弁当箱に入ったもみじ膳、湯豆腐、揚物。
Takao105
もみじ膳の蓋をあけると松花堂弁当風なのですが、右下のスペースが空いている。
何だろうと聞いてみたら煮物を入れ忘れられていたことが分かり、取り替えてもらいました。
Takao204すでにご飯とお汁はけっこう食べていたので、写真撮影のため急きょ追加盛り。
あとサラダもお代わりを貰いました。
Takao217
お弁当箱の箱を取った光景。
目にも綾な精進料理ですね~。
Takao205
豚の角煮に見立てた車麩の煮物
さいきん自分でもよく車麩を煮ているのですが、やっぱりプロが作ったのはとろっとしてお味が染みていて美味しいな~。
Takao206まぐろ赤身はトマト、いか刺しいくらは蒟蒻。
茶色いとろとろしたのは海藻だと思う。
紫色のツマが口に入れるとぷちぷちした食感で、妹と何だろうねと言いながら食べていたのですがもしかして色付けした春雨の素揚げとか?
Takao207うなぎ蒲焼に見立てた大和芋とろろ
蒲焼きは芳ばしく、とろろはごはんにかけていただく。
Takao208ほうれん草のお浸し
ほうれん草の白和えにトッピングされた松の実がパリパリとして心地よい食感。
お品書きにはつみれ(おから)とありましたが代わりにムカゴが添えられていました。
Takao209小麦グルテンのとり唐揚げ大豆のウィンナー
マヨネーズまで豆富で作ったという凝りよう(本物よりやや固まった感じ)。
この揚物が本当に肉としか思えない出来で私は食べていて何だか不気味なほどだった。
知らないで食べたら分からないのではないか。Takao210
紙鍋でコトコトと煮える湯豆富
Takao211
湯豆富の薬味はポン酢とスダチを添えた大根おろし。
Takao212お豆の旨みが感じられて美味しいおとうふでした。
Takao213ご飯は何とか食べ切ったものの、お汁とサラダは食べ切れませんでした。
欲張ってお代わりまでしたのに…自分の意地汚さが恨めしい。
夏に来た時と違って今日は精進料理を食べに来るお客さんがひっきりなしに訪れて大賑わい。
日本人の奥さんを連れた外国さんもいたし、チベットのお坊さん風のグループもいた。
ご飯はあとで追加補充されていましたが、私たちが大本堂を出る頃には『完売』の札が出ていました。
やはり秋の方がお客さんも多いんですね。

さて、お腹は一杯だけどデザートは別腹。Takao214
白玉団子の入ったお汁粉が最高。Takao115
このお汁粉が今日いちばん美味しかった!!なんて。
(どこにそばが入っているのか分からなかったけど…)
Takao216秋の高尾山を堪能した贅沢ランチでした。
Takao307

|

« 松戸 ビストロコキャンの栗カレー | トップページ | 高尾山にて »

八王子市」カテゴリの記事