« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月30日 (日)

松戸 カフェ・ド・クリエのケーキセット(白桃のショートケーキ)

カフェ・ド・クリエ プラーレ松戸店でデザートタイム。
色とりどりのケーキたちが並んでいるけど…
Crie0今日のお目当てはコレ!
Crie02白桃のズコットアイスカフェでケーキセット600円。
Crie1  
白桃の果肉が入った爽やかな仕立ての色鮮やかなケーキです。
というところのケーキ。
ぷるんとした桃と生クリームの取り合わせは瑞々しくて夏らしい。
私は桃が大好きなのでこういうケーキは嬉しいです。
もっと大きかったらもっと嬉しいのだけど。Crie2
ココではアイスコーヒー→アイスカフェとなる。
Crie3私が好きな夏の果物はスイカとモモと、メロン。
もっともっとスイカとモモを買いたいけど、いま家には梨がどっさりある。
父の代から親交があった市川の梨屋さんが母のお香典代わりに送ってくださった。
とても忝いのだけど…ほんとうはスイカが食べたいのー。

松戸 日高屋の中華そば

雨の日曜日。
こんな日はてっとり早く松戸でランチ。
熱烈中華食堂日高屋松戸東口店で、「ラーメン」と注文したら「中華そばですね」と訂正されました。
ハイ、スミマセン…。

というわけで中華そば390円です。
Hidaka0メンマ、刻み葱、海苔、チャーシュー(は、食べない)がのったシンプルな醤油ラーメン。
私はとくに海苔がのってるのがいいな。
Hidaka1
こしょうを思いっきりぶっかける。
湯気でカメラが曇るんです…。
Hidaka2
お味は魚のダシを使ったような感じで、なんとなく生臭みを感じました。
悪くはないですが、まぁなんたって390円だしね…。
まあまあ、ということで。

2015年8月29日 (土)

本郷 ルオーのセイロン風カレーライス

今日は喫茶店カレーライスの殿堂、喫茶ルオーにやってまいりました。
私は実に20年ぶりくらいの訪問。
Rouault00今日はデジカメのバッテリー切れにつきスマホで写メ。
Rouault01
セイロン風カレーライス(デミタスコーヒー)980円。
Rouault02
大きな肉とジャガイモがごろん。

そのほかにもバラ肉がいっぱい。
お肉を除けながら食べます。
ほどよい辛さのうまいカレー。
Rouault03
食後のデミタスコーヒー。
ほんとにちょびっと。
もっと飲みたいよ~。Rouault05東大前のアカデミックな喫茶店。
店内には静かにモーツァルトが流れる。Rouault06このあたりは心魅かれる昔ながらの喫茶店が点在。
またほかのお店も訪問したいです。
ただこのところ週末はちょっと予定が続いてすぐには行けない状況です。

2015年8月23日 (日)

我孫子にて

我孫子は来てみるとウチから近いのに今日が初訪問。
(あ、むかしむかし会社の飲み会があった帰りに常磐線で寝過ごして隣の席のオジさまに起こされて慌てて降りたのが我孫子駅だったということはあるが…)
駅を出たところにはこんな案内看板があったりしますが、私は我孫子の地理がトンとわかりません。
駅前に「アビシルベ」という案内所があったのでそこで地図を頂いて歩き出しました。
Abiko01
駅前の停車堂碑
「アビシルベ」でいただいたコースガイドによれば、
明治35(1906)年頃建立。
第8代町長に就任した飯泉喜雄が駅前の整備に尽力し、停車場道を造成して道路の両面に桜苗木を植えた。
緑・香取神社境内に桜樹植付金記念碑がある。

…とあります。
駅前のバス停横には、蒸気機関車を模した飯泉喜雄顕彰碑もありました。
Abiko02小綬鶏までの道は分かりにくいのですが、所々に武者小路実篤邸跡への案内板があるのを頼りに歩いていきます。
案内図に書かれていたこのリュウゼツランのところで左折。
(写真では分かりにくいが巨大な植物で地図に目印とされているのが納得)
Abiko03この辺りは静かな住宅街が続きます。
住宅街の突き当たりの森は根戸船戸緑地。
その森の入り口に「小綬鶏」があり、隣接して旧武者小路実篤邸となります。
ひっそりと静まり返った森の奥に佇んでいます。
現在は門が閉じられ、なかを窺うよしもありません。
Abiko05 門前の記念碑。
Abiko06記念碑のそばには案内パネルがあり、写真にはそうそうたる面々が並んでいます。
武者小路実篤(大正5年~7年住) 
小説家・劇作家・詩人。
明治43(1910)年文芸雑誌『白樺』刊行。
主な作品に『ある青年の夢』『日本武尊』『不幸な男』『新しき家』他。
昭和26(1951)年文化勲章受章。
敷地南側の道を「ハケの道」といい、昭和の半ばまでは手賀沼畔であり、農道程度で、志賀直哉邸跡の前を通り高野山
こうのやままで続いていた。
志賀と武者小路等は沼上を小舟で行き来したという。

Abiko07 表札の字は「我孫子山荘」。
現在は三共フロンティアという会社が所有しており、予約すれば内部見学もできるらしい。Abiko08 塀越しに広い庭を覗き見る。
当時の家はもう残っていないそうですが、茶室などが復元されているとのことです。
Abiko09根戸船戸ねどふなと緑地の案内板。
常緑樹・落葉樹間を散策できる、市民憩いの場。
野鳥観察も楽しめる。
崖下に湧き水あり。

Abiko10
船戸の森の坂道。
Abiko11森の下にひっそりと湧水がありました。
Abiko12屋根囲いが作られたなかに、こんこんと水が湧き出しています。
Abiko14水神宮
鳥居の向こうは、農地を挟んで遠く手賀沼が微かに望めます。
Abiko15船戸の森の入り口に咲いていた赤い花。
Abiko16森のなかの東屋
白山古墳公園にも足を伸ばしてみたかったけど暑いし、そろそろ12時になるので、予約した小綬鶏さんへ戻ります。
Abiko17我孫子を歩いてみて気がついたのは、駅から少し離れると大きくて立派な家が多いこと。
私、我孫子がこんな高級住宅地だなんて知りませんでしたよ。
我孫子に住みたい!

我孫子はまた、亡くなった父が一時務めていた会社があったところです。
もしかしたら父がこのへんをクルマで通ったかもしれないと思いながら歩きました。

我孫子 小綬鶏の月替わりランチ

今日は我孫子の隠れ家レストランへやって来ました。
我孫子駅から15分ほど歩いた閑静な住宅街のつき当たり、森の中に佇むコーヒーとお食事 小綬鶏
開店時間に少し早かったのでまだ門が閉まっています。
Kojukei00しばらく近所を散策して戻ってくると扉が開いていました。
Kojukei02玄関までの素敵なアプローチの途中には、こんなスペースも設けられています。
Kojukei03シックな玄関のたたずまい。
Kojukei05森に面したウッドテラスにもテーブルが設けられています。
気候のよい季節なら、こんな戸外席もいいですね。
Kojukei06小綬鶏の素敵な店内。
落ち着いた木目調のインテリアが上品で清楚。
Kojukei08こちらからテラス席に出られるんですね。
Kojukei09こんな絵が飾られていました。
これが小綬鶏?
Kojukei10八月のランチ2,000円のお品書き。
月替わりランチは予約制で、私も二日前に電話で予約をお願いして来ました。
Kojukei07こちらは恐らく自宅の一部を改装してレストランにされたと思われますが、お店を切り盛りしているのはたぶんお母様と娘さんと思われるお二人。
しかし、席についてからも暫く待たされます。
20分ほど経ってようやくお膳のランチが運ばれました。
Kojukei11ご飯茶碗の蓋をとった光景。
Kojukei12
お膳の上の料理は、見ただけでどれも丁寧に作られたことが分かります。
使われている器もそれぞれ趣向を凝らしてあってきれい。
Kojukei15
とり五目ごはん
ごぼう、椎茸、こんにゃく、にんじんなど…それに、トリ肉少々入った炊き込みごはん。
お味がよくしみて美味しいんですが、お代わりできないのかなー?
このお上品な雰囲気のお店のなかで、さすがの私も優雅なマダムにそんなこと聞けませんでした。
Kojukei21ふしそうめん
マダムは「ふつうのそうめんと違って、こういうそうめんなんです」と、いろいろ説明してくれるのですが奈良に何度も旅行した私は知ってます。
そうめんを干すときに竿にかけた、ふしの部分だけをお徳用に袋詰めして売っているんですよね。
さらっとした醤油味のだしに浸してあって、それに大葉と大根の千切りがのせられています。
暑いときはツルツルとしたのど越しが心地よく、いくらでも入りそう。
ただし、ここのは“ふし”の部分がちょっと固めで噛むときにちょっと引っかかりました。
ふしそうめんってこんな感じだったっけ?
Kojukei22冷なす
味のしみ込んだ、なすの煮びたし。
美しい翡翠色のおなす。
たまに自分でもなすを煮るけど、こんなふうにきれいな色が出せないんですよね。
唐辛子も使って味のアクセントにしているようですが、舌の上にはほとんど辛さは感じません。
きんと冷やしてあって、爽やかななすの味わいをいっそう引き立てています。
Kojukei23だし巻き玉子
秋さつまいもレモン煮
まだ温かいだし巻き玉子は丁寧に何層にも筋が入ってグリーンピース入り。
ほくほくしたさつま芋は微かに香る酸味でさっぱりといけます。
Kojukei24きゅうりとみょうがの酢の物
ワカメも入ったきゅうりとみょうがの酢の物たっぷり。
こういうお菜は、体のなかの悪いものが全て洗い流されるような気がします。
Kojukei25お膳の上のものをゆっくり味わったあとは甘味とおのみものが出ます。
Kojukei26
黒みつ寒天(白玉入り)
三温糖と小豆だけで作ったというこだわりの餡子は上品な味。
アンコ、特につぶ餡が苦手な私もこれはイケル。
Kojukei27コーヒー
おのみものはコーヒーか紅茶を選べます。
あ、デミタスカップで、お上品な量なんですね…。
カップの絵柄は雀のようです。
Kojukei28このランチは本来は予約制なのですが、あとから入って来たお客には「今日は予約が少ないので少しお待ちいただければご用意します」という説明をされていました。
確かに、予約状況によってはそういうこともあるよね。
私のために手間をかけさせて悪いことをしました。

店内に置かれていたケーキのサンプル。
Kojukei30今日はデザートも付くと思って取らなかったけど、ケーキや、予約不要で頂けるほかのお料理も食べてみたいです。

2015年8月22日 (土)

上野 丘のたまごサンドセット

きのう高尾山まで遠征したので、今日はてっとり早く上野のさん。
シンプルなたまごサンドが食べたいと思いました。
たまごサンドアイスコーヒーのセット830円。
Oka0うす焼き玉子と胡瓜のスライスをはさんだサンドイッチ。
Oka1
たっぷり注がれたアイスコーヒー。
Oka2パンはしっとりフワフワ。
玉子と胡瓜がマヨネーズとベストマッチ。
Oka3シンプルだけど安心できる味。
あのお兄さんはいないけど。
サービスで玉子をつけてくれたお兄さん、どうしてるかな…。
 

2015年8月21日 (金)

高尾山 喫茶小坊一服の力ソフト

薬王院のそば膳は美味しかったけどデザートが付きません。
それで目をつけたのが境内にあるお休み処・喫茶小坊一福(きっさこぼういっぷく)ソフト(りきそふと)350円。

紫色のソフトクリーム。
お寺限定ブドウ酢を使ったということですが、言うなればファンタグレープ。
Riki1私、グレープ味苦手なんだ…酸っぱくてさ。
ぶどうは好きですが。

お店のメニューは、こんなん。
Riki2「喫茶小坊一福」という名前は仰々しいですがほんの屋台です。
ただ、そばに幾つか縁台などが出ているのでソフトクリームを食べるのには便利でした。
店名から推すに、お寺で経営しているのかな。

高尾山 薬王院のそば御膳

高尾山薬王院には、むかーし母と妹の三人で予約して精進料理を食べに来たことがあります。
あの頃は母も高尾山に来れるくらいピンピンしていたのにな…。
その後は社用で麓まで立ち寄ったことがあるくらいで高尾山にはずっとご無沙汰でした。
それが2、3年前、テレ東の旅番組を観ていて高尾山薬王院で予約なしに精進料理が食べられることを知りました。
ただ期間限定の平日だけということで、なかなか行く機会がありませんでした。
8月も終盤に差しかかった金曜日、満を期してやって来ました。

仁王門への石段手前にこのような立て看板が。
夏のこの時季、予約なしでいただけるお料理は「そば御膳」といいます。
Takao001
その先にもこんな看板が。
Takao002
看板に導かれてまっすぐ進んだ先に大方丈があります。
ここが食事会場とのことです。
Takao003立派な建物の玄関先で受付のおじさんに案内を乞うとすぐなかへ通されました。
Takao005ここにも大天狗のお面。
京王電鉄の寄進なのね。
Takao006黒光りのする階段を上がって2階へ案内される。
Takao0072階の廊下を進んでいちばん奥の部屋へ。
Takao008大きな座敷の入り口にある受付にお坊さんなのか分かりませんが担当の男性が現われ、ここで代金を先払い。
この担当者さんは作務衣のような服を着て髪は短く刈っていますがお坊さんかどうかは分かりません。
受付のところにはちょっとしたお土産コーナーがあり、高尾山の薬王茶やお酒、精進料理の本などが置いてあります。
Takao200天狗さんが抱えているのが薬王茶のペットボトル。
Takao201お飲み物のお品書き。
まあお茶は出るだろうと思って別には取りませんでした。
Takao202お食事会場になっている大広間。
水引を使った展示などが飾られています。
Takao009お座敷には冷水と薬王茶のセルフサービスのコーナーがあります。
私はまず暑いので冷たい水をぐいぐい、ひと息ついたところで薬王茶もいただきます。
薬王茶はすっきりとした飲みごこち。
Takao010受付でわたされた、本日の「そば御膳」のおしながき。
ホームページとも、外の看板の献立とも微妙に違ってます。
季節ごとに、また毎日の仕入れによって食材も変わりますからね。
Takao011
受付で献立表といっしょに渡された記念のしおり。
書かれている言葉や色はいろいろあるみたいで、私のところに来たのは“負けて勉強をする”というピンクのしおり。
はて、そのココロは何と心得たらよいのか?
Takao012ちなみに薬王院のホームページに載っている「そば御膳」のお品書きは次のとおり。
そば御膳 献立
竹篭 桜豆腐 のらぼう菜浸し 新じゃがいもと小蕪のボルシチ風
箱   田舎そば 桜そば 大豆めん 昆布出汁のそばつゆ
平鉢 とろろ汁
揚物 葉山葵 クレソン 大豆ハムカツ
飯   玄米雑穀ごはん香 ふきのとう甘酢漬けで

で、15分ほど待って女性スタッフさんの手で運ばれたそば御膳1,800円がコチラ。
Takao100
竹篭と御飯の蓋をとった光景。
Takao101
美しく整えられたお膳。
食べるのが惜しいようです。
Takao102
私は受付開始の11時に一番乗りしましたが、続いて5、6組のお客が入って来ました。
1人で来る人もいます。
Takao103
それでは本日のお品書きに沿ってお膳の上のお料理をみていきましょう。

小鉢 ピーナッツ豆腐
つるんとした涼しい口当たり。
ただ、特にピーナッツのような味はしません。
Takao104角皿 豆腐蒲焼き 伏見唐がらし じゃが芋
豆腐の蒲焼きはあんがいさっぱり風味。
意外だったのがジャガイモで、甘辛のたぶん味噌で炒り煮したような素朴な味つけ。
Takao105小平 生芋こんにゃく トマト寄せ
こんにゃく刺しはぷるぷるとした舌触り。
それ自体に味はないので、添えられたお醤油と、そのそばにある海藻を似たような茶色っぽい薬味といっしょに食べる。
赤いのはトマト寄せ、甘くないトマトゼリーみたい。
夏らしい一品。
Takao106箱 田舎そば へぎそば 大豆めん 昆布出汁のそばつゆ
ひきぐるみというのか少し色の黒い田舎そばに海苔の風味がつるつるとしたへぎそばと、珍しかったのが大豆めん。
大豆めんというのは初めてですが、その名のとおり大豆をすりつぶして練り込んであるらしくボソボソとした食感。
すぐにはなじめないけど、珍しいですね。
Takao107竹篭 とろろ汁
揚物 大豆ハムカツ にがうり いんげん おくら
大豆ハムカツは、野菜と分かっているから私は安心して食べられます。
確かにハムを思わせる、ゴムのような噛みごこち。
とろろ汁はゴハンにかけるのか、おそばにつけるのかどうしようかと思いましたが、ごはんにかけていただきました。
あとで受付の人が別のお客さんに「とろろはごはんにかけてもお蕎麦に入れてもお好きに」と説明していました。
それなら私も説明してほしかったなあ。
Takao108飯 玄米雑穀ごはん
玄米にいろいろな雑穀が混じったご飯。
ふだん食べてるご飯と違って田舎っぽくておいしい。
Takao109香 胡瓜ぬか漬け 芽れんこん梅酢漬け
美味しい漬物はごはんのいい箸休め。
Takao110受付をしてくれた男の人が「そば湯が来ますのでしばらくお待ち下さい」と言うので、食べ終わった後もしばらく待っていました。
よほど経って、別の女の人に「そば湯はまだですか」と声をかけましたが「いま取りに行ってますので」
取りに行く?
もう少し待って、やっと男の人がそば湯の入ったポットを持って来てくれました。
Takao111〆のそば湯はうすかったです。

このそば御膳は8月末までで、もうすぐ終了。
秋の観光シーズンの平日はまた季節の精進料理が予約なしで食べられるそうです。
ただ、秋は中間決算もあるしイロイロあって平日休むのは難しいんだよなあ。
でも、機会があれば秋のお料理も食べたいです。

高尾山にて

突然ですが高尾山に来ています。
新宿から京王線を乗り継いで1時間ちょっと、高尾山口に到着。
Takao001ここから高尾山ケーブルに乗り換え。
ケーブルカーなんて何年ぶりだろう!?
Takao002ケーブルカーの往復きっぷ。
硬券、とまではいかないがしっかりした紙質。
失くしたら大変なので帰りまでしっかり持っていなきゃ。
Takao003高尾山ケーブルは麓の清滝駅から日本一急勾配の坂を登る。
中間地点で対向車とすれ違います。
ちなみにケーブルの名は「もみじ号」「あおば号」といいます。
約6分で高尾山駅に到着。
Takao005高尾山駅舎内ではカー○おじさんと動物たちがお出迎え。
Takao006夏は「高尾山ピアマウント」となる展望台を過ぎるとほどなく十一丁目茶屋がある。
よくTVに登場するお店ですね。
Takao007道の所々にはこういった童子像が立ち、登山者をこの先の薬王院まで導いています。
Takao008さる園・薬草園…は、パスだな。
この看板のおさるさんは可愛いけど。
Takao009たこ杉 盤根の形がタコにそっくりな杉の巨木。
Takao010推定樹齢450年という古木で、樹高約37m、幹囲約6mというご立派さ。
Takao011開運・ひっぱり蛸の像。
Takao012この蛸でどうせよというのか…。
ちなみに近くには蛸供養碑もあり。
Takao014高尾山の山中では、下界ではとっくに終わった紫陽花がまだ可憐な花をつけています。
(写真はボケボケですけど)
Takao015「霊気満山」の額を掲げた浄心門。
この先は薬王院の聖域となります。
参道の両側に延々と連なる赤い燈籠は京王電鉄の寄進によるもの。
Takao016男坂と女坂の分岐点。
Takao017私はショートカットして男坂へ。
人間の煩悩と同じ108段の石段を一気に登ります。
Takao018薬王院の山門。
Takao019薬王院境内には天狗がたくさん。
Takao020カッコイイ!
Takao021こちらの角度からも、もう一枚!
Takao022手水舎には法螺貝を持った山伏の像が。
Takao023天狗のうちわ。
Takao024石段上の仁王門の先に薬王院の大本堂がおわします。
Takao025開山本尊の薬師如来と中高本尊の飯縄大権現を祀る大本堂。
Takao035大本堂にも天狗さんがあちらこちらに。
Takao026 Takao027
大本堂の軒下に懸かる大きな天狗面。
Takao028 Takao029
向かって右手は鼻高の大天狗、左手は烏天狗。
Takao030仁王門の内側にも天狗が。
Takao033 Takao034
突如、山内に荘重な法螺貝の音が響き、お坊様たちが大本堂に上って来られました。
これから定例のお護摩が行われるようです。
あたりにはドン、ドンと太鼓の壮麗な音が鳴り響きます。
Takao031薬王院の授与品は天狗尽くし。
Takao032高尾山で見かけたマンホールの蓋。
都の無形文化財に指定されている江戸末期から八王子に伝わる文楽に似た人形を用いる 「車人形」と言う人形劇の演目の一つ「三番叟」を踊る人形をデザインしたものだそうです(『八王子市のマンホール』サイトより転載させていただきました)。
Takao55麓の参道で見かけた修験者の一向。
法螺貝を鳴り響かせ、錚々たるいでたちですが参道のお店の人たちが親しげに声をかけています。
実は地元の人?
Takao56明治33年、高尾山薬王院御用達として開業した老舗和菓子店、有喜堂の店内にて。
紅白の…のしもち?おまんじゅう?
茶と白の二色ある高尾山まんじゅうをお店で食べて行こうかなと思ったけど、そのときはそんなにお腹空いてなかったのでパス。
でも惜しかった。
Takao57

2015年8月19日 (水)

上野 珈琲家のおはようセット

今日は年に一度の人間ドック。
いつも同じ上野のクリニックで受診しています。
今日は割合空いていてさくさく進み、10時過ぎには終了しました。
もちろん会社は1日休みを貰っています。
朝ゴハン抜きだったのでお腹空いた~。

せっかくの平日だし、東上野の珈琲家へ行きました。
アイスコーヒーフロートに100円プラスしておはようセットをオーダー。
Coffeeya1
ハムエッグとトースト、付け合わせにレタスの葉を一枚敷いた小皿にケチャップ炒めのスパゲティ。
Coffeeya2
アイスコーヒーフロート。
冷や冷やのアイスコーヒーに、甘いバニラアイスがとろりと溶けてウマー。
Coffeeya3食べるものを食べて、やっと人心地つきましたよ、ハー。
好きな物を好きな時に好きなだけ食べられるっていいな。

これでお会計は550円でしたけど、メニューには「アイスコーヒーフロート」がないです。
ふつうのアイスコーヒーはたしかに450円でメニューに載ってるんだけど、このアイスはサービスということでいいんだろか。

人間ドックの診察室で、お医者さんに「何かダイエットしてるんですか?腰まわりとかずいぶんほっそりになりましたが…」と、言われる。
えっ、そう!?
母が亡くなってアレコレはあったけど、私、食べるのはちゃんと食べてるんだけどな。
正直、この年になると人間ドックで痩せましたねと言われても嬉しくない。

2015年8月15日 (土)

ご近所さん ハートリブカフェのシナモントースト

お盆の土曜日。
今日は午後から妹一家が来ることになっています。
ブランチは駅前のハートリブカフェで簡単に。

まだモーニングも注文できる時間帯だけど、今日は単品でシナモントースト300円とアイスコーヒー390円。
Heart1
シナモンコーヒーは生クリームとミニサラダ(ごまドレッシング)付き。
まろやかで美味しい!
Heart2
アイスコーヒーはやっぱりトーストよりも先に出される。
Heart3思いがけず、プチデザートのサービスをいただきました。
スイカのゼリー寄せです。
冷ゃっこくて美味し~いい!
Heart5
今日、ココへ来てよかったァ!
現金な私、でも、本当に美味しかったんですよ。

2015年8月14日 (金)

大手町 ダーリントンホール高裁店のパスタランチ+ワッフルアラモード

お盆です。
きのうは少し残業になり、帰宅してから急いできゅうりの馬となすの牛などを用意して玄関先で迎え火を焚きました。
今日は夏休みを貰っています。
母の新盆ということで朝から親戚が何件か来てくれて対応し、かたじけないやら忙しいやら。
1人なので、こういう応対はぜんぶ自分でやらないといけません。

お昼はダーリントンホール高裁店へ行きました。
ところが、ここもお盆のためか本日の営業は午後2時までで早仕舞いということでケーキはありませんでした。
残念!

とりあえずパスタランチ720円。
本日のメニューは彩り野菜とベーコンのトマトクリーム
Dar1
パプリカ、ピーマンの夏野菜で色とりどりのパスタ。
カリカリのガーリックトーストがやっぱり旨い。
Dar2
 
Dar3
トマトベースのミネストローネ風スープ。
パスタがトマトクリームなので違う味つけの方がよかったかな。
Dar5食後はアイスコーヒーと、ケーキの代わりにワッフルアラモードを注文しました。
セットで660円。
Dar6
アイスコーヒーはまあふつう。
Dar7バニラアイスとフルーツ、生クリームといちごソースを添えたワッフル。
焼きたてとはいわないけど、ぱりぱりした食感がよく思ったよりは。
Dar8

2015年8月 9日 (日)

土浦にて

土浦の思い出あれこれ。

土浦駅前(東口)にて。
土浦といえば「れんこん」!
Tsuchiura01土浦の町にはねこがいっぱい。
Tsuchiura02この古風な木造の建物は天ぷら屋さん。
お昼時になるとかぐわしい油(たぶんごま油)の匂いが漂ってきます。
Tsuchiura03ねこだって天ぷら。
ほたてが好きらしいです。
Tsuchiura05ねこはがん晴る!
手前のプランターには何も植わってないので、そこもがんばって欲しいなァ。
Tsuchiura12土浦まちかど館「野村」にはいろいろ展示品が飾られていますが、そのひとつ。
こんな郷土玩具が土浦には残っているんですね。
Tsuchiura06この人形は「喫茶 蔵」にも飾ってありました。
よく見ると巻き貝(たにし?)が使われています。
霞ヶ浦に舟を漕ぎ出して漁に出る姿を模しているのかなあ。
土浦まちかど館「大徳」で販売しているのを見たもののそのまま出てしまい、あとで土浦駅に戻って観光物産店「きらら館」を覗くも、そこには置いてありませんでした。
Tsuchiura10市街の中ほどにある亀城公園(土浦城址)。
櫓門(太鼓櫓)は当時のままで、本丸にある櫓門としては関東で唯一現存するものだそうです。
Tsuchiura07お濠には色とりどりの鯉が群れ泳ぐ。
Tsuchiura08なんたって亀城公園ですから亀もいます。
Tsuchiura09ものすごくどうでもいいことですがキャノン美容室って…。
Tsuchiura11駅前通りで見かけたモニュメント?
夜はこれに照明が灯るらしい。
帆かけ舟と花火がテーマみたいです。
Tsuchiura14観光物産館きらら館にて。
毎年10月上旬に「土浦全国花火競技大会」が行われ、大正14年からの歴史があるのだそうです。
Tsuchiura15きらら館にておみやげ(ツェッペリンカレーと亀城饅頭)を買って、本日の土浦探訪はこれでおしまい。
霞ヶ浦も行きたかったけど、ねこが待ってるのでまた今度でいいや。

土浦 蔵のツェッペリンカレー+シフォンケーキ

中城通り(旧水戸街道)の一角には古風な蔵造りの建物が点在し、雅な姿を見せています。
そのひとつが土浦まちかど蔵「野村」。
江戸時代後期から明治時代初期に建造された蔵だそうです。Kura01 土浦まちかど蔵「野村」を横から見たところ。
石畳の通りは後ろの神社へと続き、そこを通り抜けて亀城公園の方へ行けるようになっています。
背後の蔵の入口に小さく喫茶店の看板が出ています。
Kura02蔵の中には民芸品などが展示され、ちょっとした憩いのスポットになっています。
なお、ここの袖蔵は蕎麦打ち体験などを行う多目的工房として利用されているとのこと。
Kura03蔵の中の通り道を進む。
Kura05突き当たりのレンガ蔵が喫茶 蔵
Kura06赤いレンガが瀟洒な蔵のカフェ。
Kura07 駐車場から見た感じ。
Kura08 カフェの入口です。
客席はあんがい少なく、四人掛けテーブルが八卓?くらい。
Kura082 天井が高い。
Kura09 奥の客席から入口の方を望む。
Kura10 壁の高いとこにはステンドグラス。
帆掛け舟…は土浦らしい風景、鳥もきっと土浦にゆかりのある種類なんでしょうね。
Kura11 喫茶 蔵のメニュー。
Kura12コーヒーとか…軽食はトースト、エビピラフ、オムライス、ドライカレーにパスタ各種。Kura15カレーとスイーツ。
Kura14 アド街で紹介されたツェッペリンカレー800円。
具は、土浦ならではのれんこん!にじゃがいも、ポーク。
福神漬の代わりに甘酢漬けのれんこん。
Kura20
ツェッペリン飛行船型のライス(写真では分かりにくいですけど…)。
Kura21
お味のほうは…よくできたレトルト。
Kura22
食後に、シフォンケーキ(紅茶)300円とアイス珈琲フロート450円→セット割引で350円。
Kura30
ふんわりとしたシフォンケーキは天使のようにやさしい味。
Kura31
冷たいアイス珈琲に冷え冷えのアイスを浮かべて…う~たまらん。
Kura32
土浦でこんなオシャレなカフェに出会えるなんて…。
『アド街』を観てなきゃ分からなかったなァ。

土浦 城藤茶店のお餅ワッフルのはちみつ醤油がけアイス添え+ブレンドコーヒー

先週放映された『アド街』を観て、さっそく土浦へ行って来ました。
松戸から常磐線快速電車に乗って小一時間。
その気になれば近い土浦は湖畔の城下町。
亀城公園のお堀に面した城藤茶店(しろふじのちゃみせ)は昭和初期の古民家を利用した喫茶店。
建物は古いが、去年オープンしたばかりの新しいお店なんだそうです。
Shirofuji01それと気づかず通り過ぎてしまいそうな古風な家に紺の暖簾が印象的。
門前にはしっかりお品書きが出ています。
Shirofuji02モーニングもありなんですね。
Shirofuji03小さな前庭を挟んでコの字の家の造り。
Shirofuji05引き戸を開けてなかを伺う。玄関の右側(本棚の手前)に厨房があり、意外にもまだ比較的?若いお兄さんが1人で店番をされています。
Shirofuji06左側のお部屋がテーブル、カウンター、座卓ととりどりある入れ込み式の客席になっています。
Shirofuji07家の中から正面の前庭を望む。
左側が玄関ですが、右側はお手洗いになっていました。
Shirofuji08古風な屋内のインテリア。
このお家は築80年ほどの昭和初期の建物で、その昔は海軍のお偉いさんの住居だったそうです。
Shirofuji09テーブルの上に無造作に置かれたおしながき。
(ペラペラのコピー用紙)
Shirofuji10
軽食、スイーツのメニューはこちら。
茨城ならではの素材を使ったメニューなどもありますね。
Shirofuji11
注文はホットコーヒー450円とお餅ワッフルのはちみつ醤油がけ アイス添え450円。
和風のお席でほっとひと息。
Shirofuji15
コーヒーのカップは笠間焼かな?
いっしょに添えられるのは何故か、かりんとう。
…砂糖とかミルクはつかないです。

「あたたかいお飲み物」をご注文の方には、前島製菓のかりんとう「九万五千石」ついてます
Shirofuji16
しっとりとした生地にザラメをまぶしたかりんとう。
懐かしい味。
ふだん、かりんとうなんて食べませんからね…。
Shirofuji17お餅ワッフルのはちみつ醤油がけ アイス添え
紫沼醤油「紫峰の滴」をつかって

Shirofuji18
お皿が出された瞬間、ぷーんと焼き餅と醤油の混ざりあった匂いが漂う。
磯辺焼きのアレです。
一枚のお餅を、ワッフルメーカーでほぼ二倍くらいの表面積に伸ばして焼かれています。お餅はうすく伸ばされて、ぱりぱりになっています。
Shirofuji19
ぱりぱりのワッフルをひとカケ、アイスを添えていただきまっす。
添えられたお醤油のソースが芳ばしい風味を引き立てる。
これは…思いがけないコラボですわ。
Shirofuji20れんこんとひよこ豆のカレーも今度ぜひいただきたい!!
お飲み物につく無料のモーニングも!!

2015年8月 8日 (土)

松戸 ピーチーズのカニクリームコロッケ

そろそろお盆に入るという土曜日。
午前中は家でダラダラしていましたが、出かけないと他人とコンタクトしないのでこれじゃいけないと思い、やっぱりお昼は外に出かけました。
お腹が空いてわけじゃないのだけど、遅めのお昼なので(私にしては)てっとり早く松戸で済ませます。
ピーチーズのランチメニューにカニクリームコロッケと出ていたので今日もここ。
さいきんピーチーズさんではたいていランチタイムにカニコロを出しているようです。

カニクリームコロッケのランチ900円。
Peaches1
揚げたてのカニコロに、温野菜といろいろな小鉢の取り合わせがつくのが楽しい。
Peaches2
俵型のカニコロはタルタルソースがけ、ウスターソース別添え。
ナスとにんじんの温野菜、サラダ付き。
Peaches3
この日の小鉢はキュウリとワカメの浅漬け、千切りじゃがいもとパプリカ・キュウリの酢の物、冷や奴。
Peaches5
ワカメのみそ汁。
Peaches6ごはんはお代わりできるらしい。
Peaches7アイスコーヒー。
Peaches8時おり店内にはママさんと常連さんの楽しそうなやりとりが響く。
それを許容できるかどうかでこの店の感想は決まる。

2015年8月 6日 (木)

松戸 カルガモコーヒーのサンドイッチランチ

今日も私は呑気にお休みであります。
今日は地元・松戸で平日ランチ。
カルガモコーヒーサンドイッチランチ800円です。
お好きなサンドイッチにサラダ・デザート・ドリンク(一杯)付き。
Karugamo1
流山街道を見下ろす窓側の特等席にて。
Karugamo2
オムレツとベーコンのサンドイッチ。
かわいいピクルス添え。
Karugamo3
にんじんとキャベツのサラダ。
Karugamo5
コーヒーゼリー。
Karugamo6
アイスコーヒー。
Karugamo7サンドイッチには、トマトケチャップで味つけした玉子焼きとベーコンとレタスを挟んで。
Karugamo8サンドイッチのパンはペラペラだし、コーヒーはお代わりできない。
少し高めのお値段だとは思うけど、たまにしか来ないんだから、まっいいか。

近くの古めかしい雑貨店では、店頭にお盆用品を並べています。
その中に白い提灯を見つけました。
今年は母の初盆なので白提灯を用意したいのですが、ふつうのスーパーに出ている盆提灯はどれも柄入り。
思いがけない発見をしたのでチェックしておこう。

父と母が健在のころ、私にとってはお盆は無縁の行事でした。
父が亡くなってからは母と一緒にお盆を迎えました。
母とスーパーでお盆用品をみつくろって買い、少しばかりの盆棚を飾りつけて迎え火と送り火を焚いてきました。
でも、今年からは1人でお盆の準備をしなければならない。
大したことはできない(しない)けど…。

2015年8月 5日 (水)

東銀座 樹の花の豆と野菜のカレー

今日は相続の手続きのため休みをとって妹と歌舞伎座前で待ち合わせしました。
お昼は妹の案内でflor de Café 銀座 樹の花へ。
ビルの2階にあるお店はうっかり見過ごしてしまいそうな佇まい。
店内は思ったより小ぢんまりとしていますが趣味良くすっきりと整えられています。
ランチメニューをつらつら見るに、カレーもオムレツも食べたいな…。
Kinohana1
豆と野菜のカレー(Sサイズ)&イギリスパンのシナモントースト(はちみつ添え)のセット1,350円。
Kinohana2
大豆やグリーンピース、なす、パプリカと具がごろごろ入ったカレーはとてもスパイシーです。
とてもマメマメしいカレー。
Kinohana3
ふんわりと厚切りのイギリスパンのシナモントースト。
これに蜂蜜を好きなだけかけて食べます。
これも芳ばしくてとても美味しい。
「お母さんはシナモン(母ふうに言えばニッキ)が好きだったね」などと話しながら食べて、ひと切れは妹にあげました。
Kinohana5
セットのアイスコーヒー。
Kinohana6まあ銀座価格ですね。
こんどはオムレツプレートも食べてみたいです。

ココはその昔、ジョン・レノンが来店したとかで店内にはジョンとオノ・ヨーコのサインや直筆だという絵(お絵描きみたいなの…)が飾ってありました。
私はソッチの方はどうでもいい人間ですが、妹は先日ポール・マッカートニーの後楽園ホールコンサートに行ったので少なからず感慨深そうでした。
この辺りはまた、「アメリカン」とか「チョウシ屋」とか平日限定の魅惑のグルメスポットでもある…いろいろ買いたいけど、「アメリカン」のサンドイッチは私一人じゃ1パックでも3、4日がかりだしなあ。

2015年8月 2日 (日)

八柱 Gelateria Sumi-ya(ジェラテリア スミヤ)のジェラート

八柱のデザートは、やっぱりGelateria Sumi-ya(ジェラテリア スミヤ)のジェラート。
今日はマスクメロンのソルベ豆乳・紅芋のグラッセにしました。
ダブル450円ですが割引券持参で50円値引き。
Ice
静岡のメロンがたくさん入っているというソルベは爽やかな味。
紅芋グラッセは豆乳入りでまろやか風味。

八柱 ファウンテンヒルの特製カレーライス

日曜日は八柱でお手軽ランチ。
ファウンテンヒルのランチより、特製カレーライス(サラダ/スープ/ドリンク付)900円。
Fh01
カレーには豚バラ肉と、玉ねぎのみじん切りがたくさん入ってます。
Fh02
暑いときはやっぱりカレーだ。
Fh03
ランチのサラダはトマト・サニーレタスとキャベツの千切りの和風ドレッシング。
本来はこれにツナがたっぷり付いてくるのですが、私はツナ抜きにしてもらいました。
ツナの代わりにチーズが添えられています。
Fh05とろっとした、濃厚なコーンスープ。
Fh06〆はアイスコーヒー。
Fh07実は、母が亡くなって葬儀社との打合せがあった日、妹夫婦を案内してここでランチを食べたのでした。
妹たちは「こんなところにこんなお店があるんだね」と感心することしきりでした。
そういう思い出の店でもあります。

2015年8月 1日 (土)

新盆会

午後から菩提寺で母の新盆会がありました。
妹が来れないので私一人で参列しました。
このお寺では午前と午後にそれぞれ法要が行われるのですが、午前中は世話役の檀家さん、午後は一般の家が時間を指定されて集まります。
午後集まった新盆を迎える家は私を含めて八家。
親戚一同、お孫さんまで何人も連れて賑やかに参加されるお家もあったので、私などはちょっと決まりが悪かったです。
でも、仕方ないね、お母さん…。
お母さんがいいところに行っていますように。
お父さんと、ゆっくりしていますように。

◇おまけ 仏前にお供えされていた仏さまのごはん。
Gohann

ご近所さん ハートリブカフェのピザトーストモーニング

8月になりました。
今日はいろいろ忙しい日です。
あと、ちょっと体調が悪いんですが、無理して駅前まで出かけました。
駅前のハートリブカフェピザーストのモーニング550円。
Heart1



ソーセージとハムのピザトースト。
ヨーグルトはサービスです。
Heart2
アイスカフェオレ。
Heart5玉子とキャベツのスープもサービス(太っ腹♡)。
Heart6

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »