« デジカメ三代目 | トップページ | 上野松坂屋 トリコロールの手作りプリンセット »

2014年12月21日 (日)

上野 東照宮第一売店のカレーライス

年の暮れが近付くと私は憂鬱になります。
その一因が、大嫌いな年賀状作り。
きのう、やっと重い腰を上げて久しぶりにプリンタを起動したら、なんとインクカートリッジがないことが判明。
仕方なく今日も上野のヨドバシカメラへ買い出しに来ました。

そんなわけでまたもや上野でおひる。
上野公園をずんずんと突っ切って、「新鶯亭」の前を通り過ぎ、上野東照宮の鳥居の手前に掘立小屋のようなお店がある。
肉まんの保温器やアイスクリームの冷蔵庫、ラーメン・甘酒・おでん・焼きそばなどありとあらゆるメニューのノボリ旗をベタベタと掲げた賑やかな外観。
その名も東照宮第一売店という事務的な名の店です。Ichi01中へ入ってみると…
ガタガタのテーブルとイス、適当な布を敷いてちゃぶ台を置いたぞんざいな小上がり席、そしてやっぱりいろんなメニューがベタベタと貼りだされた店内の光景。
席に着くとおばちゃんが熱いお茶を運んでくれます。Ichi03こちらがメニュー(の一部)。
カレー、親子丼、ラーメン、うどん、焼きそばなど。
そのほかおでんや肉まん・あんまん・もんじゃまんなんていうのもある。
何気にカレーそうめん、パンダそうめんも。
ココの名物が、そうめんにカレーをかけた〈カレーそうめん〉。
なんでもフォークで食べるらしいのですが、私は今日はちょっとその勇気がなくて頼んだのはふつうのカレーライス450円。Ichi02数分待ってカレーライスが青いブラコップのお冷やをお供に登場。
Ichi05
お皿、ちっちゃいです…。
ちなみにお皿はプラスチックのペラペラな品。Ichi06TVではお店のおばちゃんがカレーのお鍋をかき回しながら「コツがあるんですよ」とか言っていたが、本当かなー。
具の野菜が小さい角切りなあたり、なんとなくレトルト臭さを感じさせる。
お皿が出てくるまでにあった数分の“間”は、レトルトパウチを温めるのに要していたのでは…?
あと、ごはんはべちゃべちゃです。
これも冷凍ご飯をチンか…。
Ichi07
まあ観光気分を味わえると思って食べれば良いのでしょう。Ichi08
店内に掲げられてあった切り抜き記事によると、

もとはご主人の“大ばあさん”が大正時代頃から不忍池畔で営んでいた茶店の出店のひとつだった。
しかし、時代の変遷とともに本店も姉妹店も消え、東照宮への入口近くにあるここだけに。
“第一売店”の名は、周辺に多くの茶店があった昔の名残なんだそう。
場所柄、店頭には子供のおもちゃも多く並ぶが、サラリーマンが昼食をかきこむ姿は、今に残る“煮売り茶屋”といった風情だ。


…と、あった。
ふーん、なるほどね。
きっとこういう場所で商売するのも代々の世襲制とかで、イロイロ権利とか厳しそう。
ま、カレーは一度食べれば十分てな感じですが、あとはラーメンなんかも気になるところ。
怖いもの見たさに、また行っちゃったりして!?

|
|

« デジカメ三代目 | トップページ | 上野松坂屋 トリコロールの手作りプリンセット »

台東区」カテゴリの記事