« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

上野松坂屋 トリコロールのナポリタン+手作りプリン

先週みたオムライスのランチが忘れられなくて、再び上野松坂屋へやって来ました。
4階のトリコロールへ行ってみると、何ということでしょう。
Tric01
ランチメニューが…変わっている
そんな殺生な、ここまで来て~。
しょうがないのでもう一つのスパゲッティランチを注文しました。
(こちらは定番メニューのようです)

ナポリタンです。
Tric11
ベーコン、マッシュルーム、玉ねぎを入れてケチャップで炒めたナポリタン。
輪切りにしたピーマンが三つ、ちょこんとのせられています。
Tric12ランチにつくサラダ
フルーティーでほんのり酸っぱいドレッシングでしんなりとしたキャベツにきゅうりとキウイが添えられる。
Tric15よく見るとキャベツの上には押し麦みたいな粒々がぱらり。
Tric16ふつうに美味しいナポリタン。
Tric14
ドリンクはカフェウィンナ
たっぷりの生クリームを浮かべたコーヒーで味わい深い。
「クリームの下にザラメが入ってますので、よろしければかきまぜてお召し上がり下さい」と口上が付く。
セットドリンクでウィンナーコーヒーが選べるなんて素敵です。
Tric24もう一つ気になっていたのが、手作りプリン
フルーツなどを添えたゴージャスなプリンアラモードもありますが、シンプルな手作りプリンならランチにお得な値段で付けられるのでそれにしました。
Tric02
ランチを[手作りプリンセット]にしたのでお値段は1,544円ナリ。
Tric03食後にカフェウィンナー手作りプリンをいただきます。
Tric21

Tric22 手作りプリンは、スプーンを入れた感触がかたく感じられるほどにしっかりと作られている。
カスタードの香りが馥郁として、苦いほどにコクのあるカラメルソースがあわさってプリンの味をいっそう引き立てる。
Tric23

Tric23_2  Tric25先週のパンケーキも美味でしたが、このプリンは素晴らしかった。
オムライスは残念だったけど、このプリンはその失望を補って余りある美味しさでした。

また、ぜひ食べたいと思うけども、次に行くときにはやっぱりランチメニューが変わっていたりするのかしら?

|
|

北千住 茶香の栗っくりパンケーキ

北千住の珈琲 茶香へやって来ました。
今月末まで季節限定の栗ッくりパンケーキがどうしても食べたかったので。
お店に到着すると開店前から早くも5組ほどの待ち人の姿あり、人気のほどが伺えます。
開店と同時にカウンターに案内されまして、注文はもちろん!
栗っくりパンケーキと、それにコーヒー1,450円。

Chyaka14

Chyaka01

Chyaka02
三段重ねのふっくらパンケーキ。
Chyaka03別にグラスに入ったマロンクリームが添えられます。
マロンクリームの中には生クリームとバニラアイスがもぐっていました。
Chyaka05ここのコーヒーは初めて飲みましたがごくフツーだなあ…。
Chyaka06卓上に用意された角砂糖は英文が印刷された紙に包まれていてオシャレ。
(使わなかったけど)
Chyaka07 このホットケーキの場合、シロップは付きませんが、なぜかバターがひとカケ添えられます。
マロンクリームや生クリーム、アイスを乗せたり、バターを付けたり好きにして食べました。
Chyaka08茶香のパンケーキは生地がほんとにふわっふわ。
お皿に一枚ずつ下ろしてナイフを入れ、一片を切り取って口に運ぶと、ごくなめらかな舌触りが何とも言えない。
天使のホットケーキ…!

ああ、北千住でこんな極上のホットケーキが食べられるなんて。

|
|

池上 浅野屋本舗のくずもち

池上といえばくずもちの発祥の地だそうです。
本門寺門前にはくずもちのお店が何軒かありますが、今回はすぐ駅前の浅野屋本舗でくずもちをいただいてみました。
外観からして緑豊かなくずもちの老舗。
Asano00
Asano01
Asano02店頭ではもちろんお持ち帰り用のくずもちを販売していますが、喫茶室では小さな坪庭を眺めながら軽食や甘味を味わえます。
Asano03
Asano05
Asano06
Asano07
Asano08
Asano09注文したのはくずもちとアメリカンコーヒーのセット600円。
Asano10}
Asano11
つるんとして、ぷるぷるのくずもち。
Asano12コーヒーもこうやってティーコジーをかぶせてポットサービスで出されると見構えちゃいますね。Asano14だけど、セットの場合はくずもちが二切れしか付かないので、食いしん坊の私はもっとたくさん!食べたかった。
Asano15久しぶりに食べたくずもちは美味しかったです。

こう言ったら何だけど、
トリ肉いっぱいの釜めしより、こちらでお雑煮とくずもちなど食べたほうが良かった?のかも…。

|
|

池上 にれの木の釜めし

池上本門寺に近い食事処にれの木
ここは釜めしが美味しいとのこと。
お店は初老のご夫婦でやっておられるようです。
五目釜めし
Nire1_2



お値段は赤だし付きで890円?

たけのこ、椎茸、えび、トリ肉のそぼろどっさり。Nire2
三つ葉のおみそ汁、は印象薄い…。
Nire3おしんこも特筆すべきこともなし。
Nire5お肉はなるべくをよけて食べましたがなかなか取りきれない~。
このトリ肉が甘辛く煮つけてあってかなり味が濃い。
釜飯のご飯じたいがこういうダシで炊いているのか、トリ肉の味がご飯に染みているのか分かりません。

ちなみにお肉とエビはこっそり紙ナプキンに包んで持って帰り、たいへん美味しく食べました。

私のねこたちが。

かに釜めしもあとから炊いてもらってお土産に持って帰りました。
Nire6



お土産のかに釜めしはとても味がうすすった。
五目釜めしはやっぱりトリの濃い味が染みていたんだな。
あ、お店の名誉のために言っておくとココは釜めしとともにやきとりがウリらしいので、普通の人ならとても美味しく感じると思います。

|
|

上野松坂屋 トリコロールのホットケーキ

久しぶりの上野松坂屋。
美味しいホットケーキが味わえるという4階にある喫茶トリコロールへ行ってみました。
Triclore01期間限定 ホットケーキ~マロン~ ドリンクセット1,296円
Triclore02ほかのメニューはこんなラインナップ。
ホットケーキのほか、アップルパイやプリンも。
Triclore03
ナポリタン、ビーフシチュー、サンドウィッチ。
どれもいいお値段ですけど。
Triclore05
お、ランチが美味しそう!!
オムライスがあったんだ…知らなかった。
Triclore06
ホットケーキ~マロン~
焼きたてのホットケーキに和栗クリームを添えました。
上品な栗の味と甘さをお楽しみください。

Triclore11
うすく焼きあがったホットケーキの2枚重ね。
粉砂糖がサラサラとふりかけてあります。
和栗クリームと栗のシロップ煮を添えて。Triclore12
セットドリンクはカフェオ・レを選びました。
ミルクたっぷりのまろやかなコーヒー。
Triclore15シロップをたらーり…。Triclore16和栗クリームの中からはしっとりとした生クリームが現れました。
ふんわり、ほっくりとした風味のホットケーキに添えるとこれまた絶妙な美味しさ。Triclore17寒くなると、やっぱりあったかいデザートが食べたくなりますね。

お店の感想としては、店内は思ったよりも狭くて、窓もないので圧迫感がある。
広い席に座れればあまり感じないのかもしれないけど。
でもホットケーキとコーヒーはどちらも美味しかったです。

上野松坂屋がリニューアルしてから初めて訪れましたが、レストランはほとんど変わってしまいました。
「ハーブス」や「みはし」など、よく行っていたお店がみんな無くなってしまったのは寂しいな(ほかに本店・支店があるとはいえ)。

その中でこの「トリコロール」は新しく入った喫茶店。
実はいまランチメニューのオムライスとナポリタンが気になって気になってたまりません。
ああ、どーしよ!?

|
|

増上寺 芝縁(しえん)のおばんざい

今日からうれしい三連休。
東京のど真ん中のお寺で、おばんざいをいただけるお店があると聞いて浜松町へやって来ました。

徳川家の菩提寺として知られる浄土宗大本山増上寺
ここの境内にあるのがお休み処芝縁(しえん)
春は桜がよさそうな風情。
Cien01
Cien09 外看板のおしながき。
Cien05今日は日射しが暖かいので野外席でも良さそうだけど、メニューなどをよく見たいので中に座りました。
店内にはテーブルが10卓ほど。
お店は女性の店主さんが1人で切り盛りされているようで、お冷やはセルフサービス式。
Cien07卓上に置いてあったおしながき。
あとから来たふた組のお客さんはどちらも〈ころころダンゴ〉を注文していました。
一番人気みたいです。
Cien02こちらはお食事メニュー。
Cien03おばんざい1,000円
Cien11
玉子焼き・ごまめ・香の物・大根葉とじゃこの炒め煮。
香の物はたくあん・大根・梅酢で漬けたみょうが。
Cien12ポテトサラダ・椎茸の醤油煮・菊花ともずくの酢の物・ナスの含め煮。
Cien14お揚げと三つ葉のお味噌汁。
大豆の粒々が残っているお味噌で味わいがある。
Cien15この味噌汁はオーナーの手作とあり、自慢の一品みたいです。
Cien06山椒煮をぱらりと散らしたごはん。
Cien16やっぱりおみそ汁がいちばん美味しかった。

でも、おそばがどれも1,000円以上、おだんごなども煎茶付きだと900円と、ずいぶん高いですね。
煎茶は小さな筒入りのお茶っ葉とお湯のポットが用意されて自分で自由にお代わりできるにしても、です。
おばんざいのおかずだって、出来合いの品っぽい。
まあ決して手の凝んだものではないが、小さなおかずがちまちまと何皿も並ぶのが楽しいです。

この「芝縁」の店内にただ一つだけあった飾りもの。
これ以外はお品書きがペタペタと貼られているだけで素っ気ないインテリアです。
Cien08
◇おまけ
増上寺の大殿(本堂)と東京タワー。
1974(昭和49)年再建の大殿では、聖徳太子奉讃法要が行われていました。
Zoujyoji1紅葉の下の千躰子育地蔵尊。
Zoujyoji2

|
|

上野 珈琲家のホットケーキ

上野に着いたら外は雨が降り出していました。
やばい、私、傘を持っていないのに…。
まずは予約したクリニックでインフルエンザの予防接種を受けて、午後の予定を済ませる。
それから、せっかくなので平日しか営業していない喫茶店、珈琲家 東上野店へ寄り道していきます。
雨の中を歩いてお店に到着しました。

ホットケーキ(1枚)300円とコーヒー420円。
Hotcake1
見事な焼きあがりのホットケーキHotcake2この厚みである。
Hotcake3食後にはやっぱりコーヒーが飲みたい。Hotcake5サラサラのシロップは、ホットケーキのつるつるしたお肌を玉のようにころころとすべり落ちる。
お皿の上に流れ落ちたシロップをすくうようにあしらって、別に添えられたバターを少しつけて、ぱくっ!
うん、美味しい!
ここのホットケーキはハード系というか、しっかりと焼き上げられている。
食後だし、1枚でもオヤツとしてはじゅうぶんすぎるくらい!Hotcake6雨はけっこうな降り方で、傘も差さずに歩いていたら髪までずぶ濡れになってしまいました。
さいきん、私はこういうことついてないです。
しかし傑作だったのは、あとでバッグの中を改めたら持ってないと思った折り畳み傘が底の方に入っていたことでした。

忙しいのに、今日も半日休んでしまった。
そのぶん時間外にもなるべく仕事をするようにしていますが、これから年末にかけて本当に忙しくなるんです。
無事に年を越せるか、今から不安…。

|
|

新宿 スンガリーのボルシチランチ

ちょっと用事があったので午後半休をとりました。
お昼は、新宿西口はスバルビルB1にあるロシア料理店スンガリーへ。
平日はお得なランチを出しているということで前から行ってみたかったお店です。
到着すると3組の待ち客の姿あり。
噂には聞いていたけど、平日でこれって、ほんとうに人気店なんだねえ~。R000 時刻は12時半でしたが、この時点で4種類あるボルシチランチのうちすでに一部は売り切れで、AかBセットのいずれかになるということでした。
Bセットもじきに売り切れたようで、あとから来たお客さんは「Aセットでご案内します」と言われていました。
もっとも私は最初からAセットがお目当て。
これ以外は私の食べられないお肉料理などがついて品数が多くて高いセットだし。R001 R002 このお店は加藤登紀子さんの御両親が始めたそうですね。R00310分ほど待って店内のカウンター席へ案内されました。
(この椅子がバーのそれみたいで高くて座りにくい。)
これでも今日は比較的はやい方で、日によってはもっと待たされることもあるらしい。R005Aセット1,010円
・ボルシチ(牛肉と野菜の旨みをいかした赤かぶスープ)
・グリビー・ヴ・スミターニェ(マッシュルームとアスパラガスのつぼ焼きクリーム煮)
・ミニサラダ
・自家製ライ麦パン


まずはサラダが来ました。
レタス・リンゴの薄切りにココナツを散らして、うすいフレンチドレッシングがかかっている。
量はほんのちょっぴり。
R101ライ麦パンはトーストもしてないしちょっとボソボソだなあ…。
バターがひとカケ添えてあります。
R102ボルシチ
寒い時にはうれしい、熱々のスープ。
牛肉・じゃがいも・にんじん・玉ねぎ入りのトマト味。
R103食べ慣れた「たいめいけん」のより強烈に!濃ゆい味。
バターが落としてあって、いっそうコクを加えている。
大地の赤を食べているという感じ。
外は寒いけど、体が温まります~。
ちょっと素っ気ない味のライ麦パンもこのボルシチと一緒に食べると、うん!
味が引き立つわ~!
R105
ボルシチを食べ終わる頃、グリビー・ヴ・スミターニェがやっと登場。
(混んでいるので時間がかかり、途中で聞くと「いまパンを焼いていますから」と言われ、だいぶ待たされました。
あとから来たお客さんは、同じAセットでもスムーズに提供されていました。)
R106マッシュルームとホワイトアスパラガスのパンをかぶせたつぼ焼クリーム煮。
(私のところにこれを持ってきたお兄ちゃんは食べ方を説明してくれず、先輩らしい女性のスタッフさんの接客をそばで聞いて食べました。)
R107きのこと野菜を煮込んだとろっとしたクリームシチュー。
ふたのパンをつけながらいただきます。
クセのない風味で食べやすい。
R108午後1時以降の入店ならロシアンティーかコーヒーがお得価格で注文できるとのこと。
知っていれば時間調整して来たのになあ。
ジャム入りのロシアンティーも飲んでみたいけど、それはまた今度にしましょう。

|
|

巣鴨 タカセのオムライス+プリンパフェ

先週、巣鴨へ来た時に地蔵通り商店街でタカセ洋菓子店を発見!
あれ、こんなとこにタカセがあったかしら?と思って店員さんに聞いてみると、今年の4月14日にオープンしたそうです。
1階がパン・ケーキ売り場、1階の一部と2階がセルフ形式のカフェ、3階がレストランになっているらしい。
タカセ…そういえば、しばらく行ってないなー。
その日は玉子サンドと渋皮マロンデニッシュを買って帰ったものの、どうにも気になって今週も再び巣鴨に来ちゃいました。
レストランはエレベーターでしか上がれません。
行ってみると客席は本店ほど広くはなくファミレスっぽい感じ。
メニューや価格は本店とすこーし違うようです。
Takase01
Takase02
Takase03
Takase24
カニピラフやビーフカレーなども心魅かれますが、今日はオムライス900円を注文。
Takase11

Takase12

Takase14
Takase15

Takase16
Takase17 これこれ、この苦みばしったデミグラスソースがタカセのオムライスの身上なのよねー。
うす焼きタマゴに包まれたケチャップライスはトリ肉ならぬウィンナー(!)、玉ねぎ・人参・ピーマンなどが入ってます。
懐かしい味わいでとても美味しい。

食後はコーヒー100円とプリンパフェ700円を頼みました。
Takase18ところが、パフェのほうが待てど暮らせど出てこない。
ここはオープンキッチンになっていて、(一部の)客席から調理の様子が見えるのですが女性の店員がボウルに生クリームを泡立てている。
おいおい、そこからかよ~。
コーヒーが出てから5分くらいして、やっとプリンパフェが登場。
Takase21

Takase22
カスタードプリンを中心に、缶詰のモモ・ミカン・バナナ・チェリーに生クリームがあしらわれたパフェ。
そこにオレンジ色のアプリコットソースがたら~り。
グラスの中にはバニラアイスと砕いた焼き菓子(アーモンドチュイル?)が詰まっている。
Takase23
ただ私にはプリンやフルーツはともかく、焼き菓子とアプリコットソースの甘さがちょぃとくどく感じました。

味には関係ないですが、女性のスタッフが、テーブルの上にペーパーも敷かず、じかにスプーン(それもパフェ用の長いスプーンじゃなくふつうのティースプーン)を置いていったのは、どうかと?

この巣鴨店ではパン100円を頼むとお代わり自由。
注文した人には、店員さんが籐の籠にパンを入れて客席を回ってサービスしていました。
いいなー、私も次回はパンが食べたいなあ。

この日も同じく玉子サンドと渋皮マロンデニッシュを買って帰ります。
Takase31スコーンを探したのですが見当たらず、店員さんに聞いてみると本店でないと買えないらしいのが残念でした。
Takase25

|
|

ご近所さん ハートリブカフェのナスとベーコンのアラビアータ

今日は母の通院のため会社は休み。
私って休んでばかり…ほんとうは忙しいので不本意ながら、仕方ないのです。
病院が終わると妹が来ていたので母のことは任せて、ちょっと駅前へ出かけました。
もう1時を過ぎてお腹がペコペコです。

せっかくなので平日ランチをと思っていたのですが、遅くなってしまったのでお昼はてっとり早く駅前のハートリブカフェにて。
もう、お腹がペコペコです。
ランチメニューより、ナスとベーコンのアラビアータをチョイス。
通常はサラダ・スープ・ドリンク付で850円のところ、ランチなら700円とリーズナブルなのです。
Heart1
トマトと、ナスをトマトソースで煮込んであって美味しそう。
久しぶりのナスだわ♡
Heart2付け合わせのサラダ。
コーン・キュウリ・レタスのごまドレッシング。
Heart3
スープも白ゴマを浮かせてあって芳ばしい。
Heart4セットのドリンクは、キャラメルオレ(アイス)にしました。
まろやかな甘さで美味しい。
ここはいろんなドリンクが選べるのがいいですね。
Heart5タバスコと粉チーズをあしらって、いただきまっす。
アラビアータといってもそんなに辛くないです。
Heart6私、このパスタは初めてと思って注文したのだけど、なんとなく味に憶えがありました。
前に食べたのを忘れていました。
でも美味しかったのでまた食べたい。

ああ、食べた食べた…美味しかった。
さて、腹ごしらえができたところで、これから郵便局と銀行を回って、それから買い物をしなきゃ。
休日だからって、忙しいんですよホント。

|
|

すがも中山道菊まつり

秋深まる巣鴨ではただいますがも中山道菊まつりを開催中。
Sugamo5 楽しみにしてきたのは、眞性寺境内の菊形作り。
今年のお題目は因幡の白うさぎだそうです。Kiku1大国主命や八上比賣などが色彩豊かに描かれたパネルを背にして、白菊で形作られたうさぎが飛び跳ねています。Kiku2よく見るとうさぎの下には、かぱっと口をあけたワニが!Kiku3わにー!Kiku5色とりどりの菊。Kiku7 Kiku10Kiku8こちらは高岩寺(とげぬき地蔵)境内で見つけた扇形の菊。 Kiku6_2露を浴びた小菊が愛らしい。
Kiku9とげぬき地蔵ではこんなのを見つけました。
宙飛ぶこけし?
Sugamo3これ何だろう、提灯なのかな?
Sugamo6地蔵通り商店街には、チンドン屋さんも繰り出している。
Sugamo1すがもんと…もう一つのキャラクターは何だろう?
Sugamo2今日は雨という予報でしたが、降りそうで降らないきわどい天気です。
最近、週末になると湿っぽい天気でずっと布団が干せません。

|
|

巣鴨 アルプスカフェの五目かまめし+アルプスカフェ

日曜日、巣鴨の「すがも中山道菊まつり」を見に行って来ました。

お昼は、とげぬき地蔵高岩寺のそばにあるアルプスカフェにて。Alps01ヨーロッパで修業したというマスターが作るイタリアン中心のカフェですが、ここではなぜか本格派の釜めしが味わえるという。
Alps02

Alps03

Alps05
ランチは11:30からだけど、炊くのに20分くらいかかるというので先に注文を受けてもらえることになりました。
土日祝ランチの〈わたりがにのトマトソースパスタ〉にもちょっと心魅かれたのですが…。

店内の一角にあるバイキングコーナーにはスープ・惣菜・パンが用意されていて、ランチを注文すると好きなだけ取ることができます。
Alps10
Alps11
Alps12
タマゴ焼き・ひじき・かぼちゃ・さつま芋・金平・野沢菜・浅漬け・沢庵。
パン三種(クロワッサン・セサミ・チーズパン)Alps15スープは玉ねぎやニンジン、それにキャベツの芯の堅いとこをみじん切りにしたような野菜入り。
クルトンも用意されています。Alps14釜めしはキッチンで炊きあがり、厚い木蓋ののった羽釜で登場。
五目かまめし1,300円。Alps20釜めしは細かく刻んだニンジン・竹の子・こんにゃくがとっさり。
それにトリ肉と小海老各一カケも発見。Alps21
Alps22
薄いお醤油味でダシがよくしみてほこほこで旨い。
ワタリガニの味噌汁はとうふと青ネギが入ってます。
カニ、うまうま~。Alps23釜めしは茶碗にたっぷり三倍以上あり、お腹いっぱーい。

なんと、ここのランチにはデザートまで付くのです。
ほんのちょっびりだけど透明なルビー色が美しいぶどうゼリー。Alps24 食後のセットドリンクはミルクティー
デザートはアルプスパフェ770円をいただきました。
Alps30
アルプスパフェはミカン・バナナ・チェリー・生クリーム・チョコレートアイス・バニラアイスと盛りだくさん。
Alps31

Alps32
巣鴨の釜めし、美味しゅうございました。

ただ、私がまだ釜めしを食べ終わっていないそばからコーヒーやパフェが運ばれるので忙しかった。
客入りもそんなにアレだったのに…。

まあでも、次はやっぱりイタリアンを食べてみたいなァと思います。

|
|

お茶屋さんの思い出

行きつけのお茶屋さんが今月で店じまい。
いつものお茶を何本かまとめ買いしてきました。
そのついで、店内にあったこの湯呑みを記念にいただいてきました。
掌にすっぽりと収まってしまうくらいのかわいい湯呑み。
山とロープウェーの絵が描かれています。Nagatoro1宝登山神社のお土産らしいです。Nagatoro2この手のお土産はたぶん一対であったのではないかと思いますが、今はこれ一つしか残っていないようでした。
先日、長瀞に行ってきたときのことを思い出して懐かしい品。

|
|

上野 丘のナポリタンセット+チョコレートパフェ

三連休の中日ですが、いろいろありまして家にいてもクサクサしてしまう。
外出してみても、あれやこれやうまくいかないことばかり。
こんな日は、無理して遠出して初訪問の店を新規開拓に行くよりもホッとできる憩いの場へ行こう。
私にとって、それは上野のさん。
今日はオーソドックスに看板メニューのナポリタンを!
コーヒーとセットで830円。Oka1顔なじみのウェイターさんは心得たもので、ちゃんとハム抜きにしてくれます。
Oka2タバスコと粉チーズをたっぷり。
(写真には写っていませんが、粉チーズの種類が変わっていました)
Oka3うん、…うまい。
久しぶりの丘さんのナポリタン。
新鮮ではないけど、ほろほろと身にしみいるような懐かしい味だ。

食後はもちチョコレートパフェ650円。Oka5わーん、パフェも久しぶりだな~。
美味しいよ、美味しい。Oka6そして、丘さんの味わい深いブレンドコーヒーOka7今日は、ホントは別のお店に行くつもりだったのですが予定変更してここへ来ました。
顔なじみのウェイターさんと交わす何気ない会話。
それだけで、ちじこんでいた私の心にぽっと温かい灯がついたよう。
私は、まだ歩いて行ける。
自分を覚えていてくれる人がいるんだから…それだけでも。

|
|

北千住 茶香のホットケーキ太陽

千代田線で北千住まで出て、駅前通りを直進して最初の四つ角を左折。
風情あるレンガ敷きの商店街の外れに珈琲 茶香があります。。
久しぶりの訪問ですが、何でも最近パンケーキの焼き方を変えたんだそうで、どんなものか興味あり。
Chyaka11
Chyaka14
Chyaka15
Chyaka16
Chyaka17
土日祝のみ・季節限定の〈栗っくり〉もいいが、私は生クリームが食べたかったので、今日は〈太陽〉1,080円にします。
Chyaka12
珈琲の店というからには、コーヒーを頼みたいところですが、今朝の朝刊に11月1日は「紅茶の日」であるという記事が載っていました。

日本人として初めて紅茶を飲んだ日1791年、大黒屋光大夫らがロシアの女帝・エカテリーナⅡ世の茶会で紅茶を楽しみました。

というのが由来だとかで、そんなわけでパンケーキのお伴にはホットミルクティーを220円でプラス。
パンケーキが出てくるまで少々待ち時間があり、先に紅茶が来ました。Chyaka05私は、前に食べたのが小型で薄いパンケーキだったから、食後のデザートにちょうどよいわ~てな感じで来たのだけど、「お待たせしました」と運ばれたお皿を見てびっくり。Chyaka01
太陽
Chyaka02
直径10㎝・厚さ2㎝くらいあろうかというパンケーキが三段重ねですごいボリューム!
Chyaka03
添えられた生クリームとバニラアイスはとろとろでとろけそう。
メイプルシロップを垂らすと、弾かれたようにツルツルとパンケーキの表面を玉のように転がって下に落ちてゆく。
砕いたパイ皮みたいなのが散らしてあって、カリッとした舌触りが味のアクセント。
Chyaka06
フォークを入れてまたびっくり、すごくフワフワでフォークを入れたところがそのままフワッと沈んでしまうほど弾力性がある。
そのまま口に入れるとホロホロ、ふんわりで優しい甘さが舌の上でとろけてゆく。
私、こんなパンケーキ食べたことありません!
小さくてうすいパンケーキを想像していた私はすっかりアテが外れましたが、おいしかったのでペロリと完食。
うれしい誤算というべきでしょうか。

このお店は、焼き方を変えてから人気が出たそうですが、確かに以前はアレだったのが今日は次から次へ入ってくるお客さんで賑わっていました。
パンケーキを丁寧に焼く眼鏡をかけた端正な感じのマスターは健在で、そのほかに女性スタッフも3人に増えて商売繁盛のようでけっこうなことです。
限定のホットケーキは季節ごとに変わるみたいで、また近いうちに栗っくりを食べに来たいなあ。

|
|

堀切菖蒲園 アルーの野菜カレー

早いものでもう11月。
今年のカレンダーがあと1枚になってしまいました(1枚に2か月載ってる版なら)。
私はさいきん、ずっと「カレー」を食べたいと思っていまして、それも「カフェやレストランの出すメニューの一つではなく、専門店のカレーが食べたい!」。
というわけで、休日を待ち兼ねて今日やっと訪れたのは堀切菖蒲園駅からすぐのカレーショップ アルーAl00庶民的な黄色い暖簾をくぐるとおばちゃんがカウンターの隅でタバコをプカー。
私がいちばん乗りのお客です。
カウンターだけ、きれいとはいえないっけない店内ですがメニューの種類はこんなに豊富。Al01カウンターの上には福神漬けとらっきょ、二種類の薬味が紅白の彩りもよくたっぷり盛りつけられている。
カレー専門店らしい、この用意がうれしい。Al02私は、もちろん野菜カレー580円を注文。
おばちゃんが「今日はたまごがサービスになるんです」と言い、「ゆで・生・温泉、どれがいい?」と聞いてくれるので「じゃ、ゆで」とお願いします。
おばちゃんはまた、平たいお皿にごはんをたっぷり盛りつけて「ごはんの量、もっと多い方がいいですか」と私に見せてくれるのがじゅうぶん多めなので「もう充分です…」とお答えしました。

野菜カレーが出てきました。
おお、すごい!
コーン、いんげん、ブロッコリー、じゃがいも、にんじん、玉ねぎ…。
カレーが見えないくらいに野菜ばっかし。
Al10
ゆで玉子は殻をむいて細かく刻まれたのがごはんの上にトッピング。Al11福神漬け・らっきょを好きなだけとって…
おお!
なんて豪華な野菜カレー!Al12ここのカレーは2階でご主人が仕込んでいるそうですが、お店には出てこないんだとか。
下町のざっけない店にあって、味わい深い本格派のカレー。
まったりとしたコクが旨いで~す。
カレーはほどほどに辛いので、時おりゆで玉子で中和しながらいただきました。

カウンターの上には、サービス用の玉子が積まれている。Al03そのうち若い男性客が入ってきて「チーズ、トッピングできるやーん、どうしよ」と、おばちゃんと話してオーダーを決めている。
気さくなおばちゃんは町の人に慕われているんだなあと思いました。
あと、メニューの中で気になる〈アルーカレー〉ですが、おばちゃんと件の男性客の話を聞くところによるとお豆とひき肉の入ったカレーだそうです。
おばちゃんはまた「お口直しにどうぞ」と、お会計時にアメ玉をサービスしてくれました。
決してキレイではないけどカレーは美味しく、とてもあったかい気分になれるお店。
おばちゃん、またカレー食べにいくよ!

このへんは、亡くなった父の現役時代の会社近くのエリアです。
なんだか父の匂いがちょっとだけ感じられるようでもあり、懐かしく、また少し悲しい思いのする町でした。

|
|

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »