« 長瀞の岩畳 | トップページ | ご近所さん ハートリブカフェのオムライス »

長瀞 寳登山神社にて

長瀞駅に降り立つと、まず目に飛び込んでくるのが少し離れた国道沿いに聳える白亜の大鳥居。
そこから緩やかな坂道を10分ほど登ると寳登山神社に突き当たります。
山火事に遭遇したとき山犬に導かれて無事山頂にたどり着いたという日本武尊の伝説から火止(ほど)神社と呼ばれ、火防、災難防けが御利益とされています。
権現造の本殿は三国志や儒教の「二十四孝」の物語を図案化した壮麗な彫刻で彩られ、目にも鮮やか。Hodo01境内で見つけた萩の花。
今日は陽射しが強くて真夏並みに暑いけど、確実に秋は近づいていますねえ。Hodo02寶登山参道にて。
“かきごおり”の旗の下に木彫りのお犬さま。
誰の作?Hodo03唐辛子の無人販売。Hodo05くり!
私は栗が大好きだ。
この無人販売を出しているお宅では、栗拾いもできるらしいです。Hodo06こちらの参道にも美味しそうなお店がそこかしこに立ち並ぶ。
有名な阿左美冷蔵には数十人の行列ができていた。
私はあの行列を見ただけでめげますが…。

長瀞で見かけたマンホールは、ライン下りのデザインでした。Hodo07長瀞駅のホームにて。Hodo08
今回、秩父鉄道の寄居⇔長瀞間は、この『ながとろ満喫きっぷ』890円を利用しました。
同区間の運賃は片道470円なので、往復するだけでもおトク。
ちなみに秩父鉄道ではSuicaは利用できず、私は寄居駅の乗り換えの際ちょっとまごつきました。
(オモテ面)Kippu1(ウラ面)
長瀞ライン下りやガーデンハウス有隣などで割引が適用できたことに後で気がついた。
くやしい。
でもまた今度行くんだ。Kippu2ウチを出て片道約3時間。
長瀞は遠いなあ…。

おしまい。

« 長瀞の岩畳 | トップページ | ご近所さん ハートリブカフェのオムライス »