« 松戸 ヒヨシのモーニング | トップページ | 松戸伊勢丹京都展 イノダコーヒのフォンダンショコラ »

松戸 一刻堂の野菜タンメン

アトレ松戸でWポイント中なのでお昼は7階レストランでいただきまっす。
向かったのは極旨醤油ラーメン一刻堂
注文はしかし、店名を冠した醤油ラーメンではなく野菜タンメン800円です。
ラーメンなら602円だけど…今日はタンメン気分なの。
Ikkoku00
卓上には冷たい麦茶のポットが置かれ、自由にいただけるのが嬉しい。
Ikkoku01
野菜タンメンは変わった形の深鉢で登場。
Ikkoku02
陶器製で、碧色がかった彩りのお洒落な器です。
ラーメン丼と呼ぶのは憚られるようなスタイリッシュな器。
Ikkoku03

Ikkoku05
キャベツ、人参、もやし、にら、キクラゲ、ネギ、天盛りの水菜…と、これ一杯で野菜をもりもりと摂れちゃう。
白ごまもたっぷり使ってあります。
Ikkoku06
たっぷりの野菜の下をお箸でまさぐるとやっと麺が現れるという感じ。Ikkoku07
アサリも入ってました。
正確には数えなかったけど、10粒以上も入って太っ腹(貝は好き)。
アサリは少し焦げ目のついたのもあったので、油でさっと火を通してからスープに放り込んであるのかもしれません。
Ikkoku08
タンメンだから塩味のスープなのですが、細かく刻んだ脂みたいなのが入っているのがコクを加えていて、とろりとして力強い旨みがある。

ただ、主役はやっぱり野菜。
はっきり言って麺より多かった…。
幸せな満腹感。

« 松戸 ヒヨシのモーニング | トップページ | 松戸伊勢丹京都展 イノダコーヒのフォンダンショコラ »