« 浅草 アンヂェラスのいちごパフェ+ブレンドコーヒー | トップページ | 代々木 増田屋のカレーライス »

日暮里 一力のラーメン

日暮里駅から夕焼けだんだんに向かう途中の路地裏に佇む一力さん。
金曜日の夜、会社帰りの閉店間際にお邪魔しました。

入るのにちょっと勇気が要るほどの小さな店構え。
でも正面に見えるカウンターに腰掛けて新聞を読んでいる男性がいたからお客さんがいるみたいだし…。
意を決して引き戸を開けると中にいた人が振り向いて立ち上がり、「いらっしゃい」。
お客さんじゃ、なかった。
お店はこのおじ(い)さんとおば(あ)さん、二人でやっているのであった。
五人分ほどのカウンターのほかは四人がけのテーブルが2卓のみ、狭いです。
しかし壁にはさりげなく池田満寿夫のサイン色紙(写真入り)が飾られているのを私は見逃さなかった。

カウンターには芸者さんの後ろ姿が艶っぽい暖簾がかかる。
Ichi03
メニューの裏・表。
Ichi01 Ichi02注文は、ラーメン600円。
おじさんとおばさんがカウンターの向こうで何やらしているのだけど、そのあいだ全くの無音。
鍋を沸かす音とか丼を用意する音とかしてもいいと思うのにそれらしい気配がなく、店内にはTVの音だけが響いている。
そしてほかにお客はいない。
途中、「家で焼きたいんですけど生のギョウザありませんか?」と女の人が聞きに来たけど、おじさんたちは「すみません、生はないんですよ」と断っていた。
しかし、生がないとは?…軽く焼いてでもあるのだろうか?

じきにラーメン一丁、できあがり。
Ichi05
おばさんが持ってきてくれた丼は口径が広く浅い。
内側に何気に店名が入ったオリジナルなのね。
Ichi06小さなチャーシュー、ナルト、メンマ、ホウレン草に刻み葱少々がのったシンプルな東京ラーメン。
Ichi07
透きとおった醤油味のスープはすっきりとしてコクがある。
細めのちぢれ麺もツルツルして美味しいです。
何度食べてもいいと思わせるラーメン。
こういうラーメン、大好きです。
私、丼を持ち上げてスープも全部平らげちゃった。

ただし量的にはあまり多くないです。
でも私はどうせ帰宅したらまたおやつを食べるんだから、いいです。

私が会計を済ませて店を出て振り返ると、おばさんが外に出て外看板の灯りを消すところでした。
本日は、早めの閉店時間となったようです。
おじさん、おばさん、遅い時間に来ちゃってごめんなさい。
そしてチャーシューを残してすみませんでした。

« 浅草 アンヂェラスのいちごパフェ+ブレンドコーヒー | トップページ | 代々木 増田屋のカレーライス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 浅草 アンヂェラスのいちごパフェ+ブレンドコーヒー | トップページ | 代々木 増田屋のカレーライス »