« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

稔台 ハートリブカフェのケーキセット

なんとか免許センターから戻って、それからまた近所へ買いものに出る。
ほんとうのところ、歩いて行くのがいちばんいいよ…。
買ったのは、ねこの缶詰たくさん。

緊張していたので喉がカラカラです。
重たい荷物を抱えて、駅前のハートリブカフェでちょっと休憩。
今の時間、ケーキセットが680→580円とお安くなってます 。
メニューにはないがリンゴのタルトもありますとのことでそれを。
Heart1
リンゴのタルトアイスココアのケーキセット。
Heart2リンゴのコンポートがのったタルトは長方形にカットされたタイプ、ほんのり温めてあります。
Heart3添えてあるカットフルーツはいちご、パイン、フルーツポンチ。
それに生クリーム、バニラアイスに削りチョコ。
温かいケーキに冷たいアイスや生クリームをあしらって食べるのはいいものですね。
Heart4
そして、渇いた喉に冷たいココアがひときわ旨いよ~。
Heart5さて、両手にいっぱいの缶詰を抱えてウチに帰るとしますか。
これだけ買っても、1週間持つかどうかなのである。

流山 昭和厨房の支那そば

免許センターで午後の受付開始までのあいだにお昼ごはん。
ここの2階に食堂があるのは知ってるので、もうこうなったら今日は免許センターグルメを堪能しようと思ったら、何と日曜休み。
仕方ないので外へ出るとラーメン屋さんが2軒並んでいる。
あとすぐそばにハンバーガーショップもあるようですが、どこでもいいやと思って手前のラーメン屋に入りました。
その名も昭和麺房
Showa1外観はラーメンらしからぬ、ふつうの大衆食堂のような店構え。
暖簾をくぐると左手にカウンター4席とキッチン、右手にテーブル3卓ある小上がり席。
奥の方には座敷もあるみたい。
卓上には白ごまがあって自由に使えます。
私は取らなかったけど小梅の入った壺も置かれていました。
店は大将が一人で切り盛りしていて、注文の品が出てくるまで少し時間がかかる。
店の前に出ている看板には“おすすめ タンメン”とありましたが私が注文したのはいちばん安いメニューで支那そば580円。
Showa2
支那そばはスープがこってり濃厚な醤油味、でもくどくはありません。
具は大きなチャーシュー(は、食べない)、メンマ、ナルト、青ネギ、海苔。
Showa3
うん…美味しい、私的に好きな味。
ただ、チャーシューがこんなにでっかくなければもっといいのに。

ラーメン類には杏仁豆腐か小ライスが付き、私は杏仁豆腐をいただきました。
ラーメンのあとのお口直しにはさっぱりとしていてよい。
Showa32こんな(失礼)決して繁華街にあるとはいえないような店でも雑誌に紹介されたらしい。
Showa4しかしここの客層は免許センターへの訪問者がかなりの割合で占めるのではないかと思われます。
美味しいのでまた寄ってもいいが次回、私が免許センターに来るのはたぶん?5年後です。

支那そば→ココの店ではそういう商品名ですから私もそう書きましたが、近ごろはいろいろ問題があってあまり聞かない呼称ですね。

しなそば、シナチク、私は別にいい響きだと思うんだけど。

免許証更新

今日は免許証更新へ行ってきました。
私にとってこれが二度目の免許更新。
前回は初回更新のため無理して平日休みを取ったのですが、今回は優良講習なので日曜日でも大丈夫。

私には野望がありました。
これまでずっと近所の知っている道だけを走ってきましたが、この機会に流山免許センターまで車で行ってみよう!と。
下手な運転でいろいろやらかしているくせに、怖いもの知らずなんだ私。
免許センターへは、教習車で通りかかったことはありますがあれから何年も経つし、私はそっち方面の土地勘は全くありません。

今日はぽつぽつと雨降りで、しかも予報では昼過ぎからは荒れた天気になるという。
日曜日、免許センターは混雑するというが、これぐらい天気が悪い方が空いてていいかもしれない、きっと…。

午前中は一人で六実に行く所用があったので、そこから免許センターへ向けて出発。
カーナビだけを頼りにどこがどこだか全く分からない道を半泣きで走ること約30分、流山運転免許センターに到着。
ああ、とりあえずここまでは来ちゃったよ…。

しかし半端な時間に着いちゃったので午後の受付まで一時間以上ある。
そのあいだに近くのラーメン屋さんで食事を済ませます。

12時50分から総合受付が開始。
更新ハガキと免許証を提示、申請用紙をもらって住所・氏名・二つの暗証番号を記入。
千葉県収入印紙売りさばき場(なんて名称だ)で印紙3,000+100円を購入、申請用紙に貼付して視力検査場へ。
実は私がいちばん恐れていたのがこの視力検査で、私はものすごく目が悪いので、もし前回検査時よりも視力が落ちて運転不適格と判断されたらどうしようかとハラハラドキドキだったのですが、なんとか今のメガネでクリア。
ここでもらった番号札と申請用紙を奥の受付へ提出し、細長い引換証を受け取ったらそこに印字されている氏名・本籍等を確認。
あとは写真撮影です。

それから2階へ移動して30分の優良者講習を受ける。
公安の人から千葉県の交通事故率は全国でもワースト3位であるという話を聞く。
それから道交法の変更点とか、夜間はこまめにライトを切り替えるようにとか。

講習後、交付窓口で順番に新しい免許証を受け取り、ICカードの確認機で確認操作をしたらば本日の手続きはすべて終了。
今回は、晴れて「ゴールド」免許です!

あ、今回は1,500円払って安全協会にも加入してきました。
これに入ると県内各施設の割り引きを受けられるとのことですが、実際に使えるような店はないんだよなあ…。
寄附だと思えばいいか。

帰り道はいよいよ激しくなった雨に加えてすんごい風が出て、走行しながら車が揺れるのを感じる。
やっぱり道がわからなくて、しかも私は時々カーナビの方向指示を見落としたりするので、そのせいか往きと同じ道ですらない。
もー本当にウチに帰れるのかどうか心配で心細くて「おかーさーん」と心の中で泣きながら走ってました。
それでもやがて知った道に出たときはホッと安堵。
結局、免許センターからは30分くらいで無事帰宅できた。

よかった、よかった。
いやー、こんな私でもカーナビだけでなんとかなるもんですねー。
ふつうの人にはこんなこと、なんでもないでしょう。
でも私にしては、とても快挙でした。

それにしても新しい免許証の自分の写真…すごい老け顔に我ながらがっかり。
目はあさっての方を向いてるし。
こんなだったら担当の人、撮り直してくれればよかったのに~。

えっと。
ラ、ライトの上向き、下向きってどーやるの?
ちょっと教習本見てくる。

◇おまけ 講習室で配られたテキストと公安のパンフレット。
ピンク色のは、公安入会時に貰える〈チーバくん〉のイラスト入り免許証ケースです。
(7色くらいあるうちより希望の色を選べる)
Driver

松戸 ダッキーダックのなす・ベーコンのトマトソースパスタセット

昨日、会社から帰った金曜の夜は私的に忙しくて少々グロッキーな土曜日。
しかも明日の日曜もあれこれ用事が立て込んでいてゆっくりできません。

今日は遠方まで足を延ばす気はせず、地元の松戸で増税前にアレやコレやとお買いもの。
おひるはアトレ松戸のダッキーダックにて。
なんとなく、きゅうにトマト味のパスタが食べたくなりました。
Ducky00パスタもさることながら、甘いものが…ケーキが食べたくてたまらない。
セットになる〈本日のケーキ〉は、さくらシフォンかミルクチョコレートケーキか、それとあともう一種類から選べます。 Ducky002私は店頭のショーケースに飾られた、さくらシフォンに一目惚れ。
いちもにもなくオーダー決定!Ducky08なす・ベーコンのトマトソースパスタ
ドリンク・ケーキ付きのセット1,580円。
Ducky01
セットドリンクはアイスミルクティ
今日は初夏のように暑い日なのです。
こないだまで寒い寒い言っていたのにゲンキンなものだ。
Ducky03なす・ベーコンのトマトソースパスタ
ダッキーダックでは、パスタのサイズをLMSから選べます。
これはMサイズ(通常)。
Ducky05
大ぶりに切ったなすとトマトソースの取り合わせ。
まったりとコクのあるトマトソース。
ああ私、久しぶりにナスを食べました…旨いです。
Ducky06
パスタはもちもちで力強い味。
トマトソースがよく合います。
「当店は生パスタを使用していますので、熱いうちにお召し上がりください」とは、ココの決まり文句の口上。
Ducky07デザートのシフォンケーキが登場したところ。
写真には写っていませんがデザートフォークはお皿の手前に置かれています。
Ducky10ちょっとお皿を回してみました。
こうすると桜の花の塩漬けがよく見えます。
Ducky11
ひとくち食べると、うん、桜のよい風味がぷんと漂う。
桜餅のアレですね。
とてもプリティなケーキ、もっと食べたい。
Ducky12

このあと母には桜餅を買って帰ったのですが、返ってきた言葉が「お煎餅を買ってくればよかったのに」。
こんなふうに母と私は十二時半なのです。
合わないのです。(長谷川町子さん風に)

代々木 増田屋のたぬきそば

今日は久しぶりに外ランチします。
増田屋たぬきそば650円。
水曜日は女性100円割引きになるので550円で食べられます。
Tanuki1増田屋のたぬき、久しぶりー。
Tanuki2 Tanuki3うむ、美味しい。
適度に脂みの浮いた、コクのあるツユが何とも言えず舌に心地よい。
「ひとつと家」のたぬきを食べて物足りなさを感じたのに、ココではそれが全くありません。
私がこの味に慣れ親しんでいるというのがあるんでしょう。

増田屋への行き帰り、鳩森小学校の桜がもうきれいに咲いているのに気がつきました。
このところの暖かい陽気で、早めに開花したようです。
今年の冬はあれだけ寒かったのに、桜は春を忘れずもう早くも咲き出したんですね。

桜の花を見ると思いだす情景。
私が雪が凍った道で転んで骨折して二か月入院し、やっと退院したときのことです。
父の車で家に帰ったのですが、怪我をしたのは真冬の厳冬期だったのに、入院中に季節は春になっていました。
それもぽかぽか陽気の上天気の日で、どこもかしこも桜が満開でした。
私は車窓から陽ざしを受けて光る桜の花を眺めながら、桜がこんなに美しいものかとしみじみ思いました。
あれから歳月は過ぎ、桜は季節が廻るごとに花を咲かせるけど、退院する私を車で迎えに来てくれた父はもういません。

松戸伊勢丹 京都展の前田珈琲のふわふわ玉子サンドセット

蒲田から松戸に戻ってきました。
これからやっぱり前田珈琲の、あの玉子サンドを食べたい。
Maeda0

え?

ホットケーキは朝ゴハンですよ。


テイクアウトでも買えるんだけど、
Maeda02イートインならサラダ付きだしー、
サラダにはドレッシングを2本も出してくれるんだもーん。

京都展の会場はやっぱり人が多いけど、昨日ほどではない。
前田珈琲のカフェスペースにもすぐ通される。
待ち時間も昨日より少なく、比較的早く注文のお皿が出てきました。

ふわふわ焼き玉子サンド(サラダ、コーヒー付き)1,155円。
Maeda1 お皿が…大きい!
コーヒーとドレッシングまで置いたらテーブル上はもういっぱい。
Maeda2
ゆで玉子ではなく、焼いた玉子を挟んだサンドイッチ。
それも白いのと茶色のと、2色のパンを重ねてあって芸が細かい。
Maeda3_2
Maeda4
添えられた野菜は、キャベツの千切りサラダとトマト、ポテトサラダ。
Maeda7何と言っても、焼きたてホカホカの玉子が嬉しいです。
テイクアウトじゃこうはいかない。
それにキュウリのスライスも入っているのでふわふわ・とろとろの玉子と合わせ、キュウリのパリパリの食感が楽しめます。
Maeda8テーブル上には、どーんと大きなドレッシングの瓶が2本、用意されている。
すりおろし野菜ドレッシングと胡麻ドレッシング。
Maeda6私がどっちを使ったかとゆうと、 Maeda7両方使いましたよん。
野菜の旨みたっぷりのトマトベースのドレッシング、濃厚な胡麻味のドレッシング。
どっちも甲乙つけがたい。

スペシャルブレンドコーヒー〈龍之助〉とともに…。
Maeda5
玉子サンドはテイクアウト用も買って、3日通った京都展はこれでおしまい。
京都店は明後日の火曜まで開催しているけど平日は行けないだろう。

ああ、京都に行きたいな…。
でも今の私には泊まりの旅行は到底無理。
いっぺん、弾丸日帰り旅行でも実行しちゃおうかしら。 

蒲田 シビタスのフルーツホットケーキ

万惣の流れを汲むシビタスが、東急プラザ蒲田の改装工事により今秋まで一時閉店するというニュースを知ったのは一週間ほど前のこと。
改装前にいちど行くつもりだったのに、お彼岸の忙しさにこのところすっかり頭から飛んでいましたが最終日は3月23日(日)、この連休の最終日!
それを昨夜思い出して、朝いちで(ほぼ)朝メシ抜きで蒲田に出かけました。

東急プラザのオープンと同時にエスカレーターで4階へ上がり、いちもくさんにシビタスへ。
私は3番目か4番目くらいに入店してすぐ席に案内されました。
そのあとも、朝も早い時間なのに店内には続々とお客が到来、ほぼ満席の状況。
みんなホットケーキが好きなんだなぁ。

市美多寿
Civitas01シビタスのホットケーキのメニュー。
このうちスナックケーキ(ハム・フランク)は売り切れとありました。
私はフルーツホットケーキとコーヒーのセット950円にします。
Civitas03
ホットケーキ以外のデザートもありますがやっぱり…ねえ。
Civitas05
まずコーヒーが出てきます。
シビタスでは、セットのコーヒーといえばエスプレッソ
泡が口当たりよく、そんなに苦味はないので飲みやすいタイプのコーヒー。
Civitas11フルーツはモモ・メロン・いちご・バナナにバニラアイスと生クリーム。
Civitas12
ここでやっとメインのホットケーキが登場。
Civitas15うつくしい焼き色…。
Civitas16

Civitas17
メープルシロップをホットケーキにたらり。
手前にも取って、バターをあしらいながら一片ずつ切り取っていただきまーす。
Civitas18 ナイフを入れたときのカリッとした感触、口に運んだ時のふんわり感がたまりません。
付け合わせのフルーツやアイスと交互に食べるのも忘れないように。

美味しかった~♡
今は亡き万惣の面影を偲ぶ、味わい深いホットケーキ。

コーヒーのミルクもホットケーキのメープルシロップも、大きめのピッチャーでたっぷり出してくれるので良心的。
できればカウンターに座って銅板で焼かれるホットケーキの光景をかぶりつきで眺めていたかった。
シビタスは秋になって東急プラザがリニューアルオープンした暁には戻ってくるそうなので、その日を楽しみに待ちたい。

あともう一つ言わせてもらえば再開後は禁煙になるとのことでこれは喜ばしい決定。
この日は、隣席の婦人が煙草を吸っていて不快だったから。
それを除けば幸せなひとときでした…シビタス

松戸伊勢丹 京都展の前田珈琲のぷるぷる抹茶&チョコパフェ

続いて伊勢丹へやってきました。
京都展でやってる前田珈琲のカフェコーナーへ。

デザートに、ぷるぷる抹茶&チョコパフェ840円を食べまっす。
Maeda0
体調が…とか言いながら。
今回の京都展のコンセプトである“和洋の融合 宇治抹茶×チョコレート特集”をテーマにした特別企画品ということでこれは食べてみなければ。

土曜日とあって会場は混んでいてカフェコーナーもお客がいっぱい。
厨房では先客の注文が立て込んでいたらしくかなり待たされてる。
10分くらいして、背の高いグラスに入った注文のパフェがてようやっと登場。
Maeda1
上から宇治抹茶ゼリー・生クリーム・ココアシフォン・チョコフレーク・抹茶アイス・ビスコッティ・白玉&あずき。
これを、添えられた長~いスプーンで食べるのです。
Maeda3
てっぺんに乗ってる、半球形の宇治抹茶ゼリーが名前のとおりぷるぷるで面白い。
その宇治抹茶ゼリーのまわりに表面張力のよに張りついているココアパウダーがくせ者で、スプーンでゼリーをつつくそばからぼろぼろ下に落ちてしまふ。
グラスの周囲はココアの粉だらけです。
ビスコッティはチョコクランチみたいにサクサク。
グラスの底には白玉三つと小豆が詰まっていて、これがかなり甘・甘だった。
やっぱり宇治抹茶ゼリーがいちばん美味しかったです。

松戸 ひとつと家のたぬきそば

連休3日目の土曜日。
昨日いちにち忙しかったせいか、朝からアタマは痛いし胸はムカムカするし…と、何だか体調はいま一つ。
せっかくの連休ですが遠出はせず、買い物は松戸へ出かけました。

蕎麦汁が飲みたかった。
気分が悪いのも、お蕎麦を食べれば治ると思いました。

アトレ松戸7階レストランへ上がり、ひとつと家へ。
おかめそばが良いなーと思っていたのだけど、ここのメニューにはない。
なので、やっぱりいつものたぬきそば650円。
Tanuki1
揚げ玉、かまぼこ、わかめ、三つ葉。
Tanuki2七味をたっぷり。 Tanuki3ここのおそばは、代々木の「増田屋」に比べてあっさりしています。
これも決して悪くはないですが。
ただ残念なことに、今日の体調だと何を食べても味が上すべりしてしまうようなー。

ひとつと家さんのたぬきそばがとてもお上品だったので、その反動で久しぶりに増田屋のアブラがギトギトに浮いたたぬきそばが食べたくなりました。
あ、ひとつと屋さんも美味しいんですよ、美味しいんですが。

八柱 紅龍のチャーハン

今日は朝いちで祐天寺へお墓参りに行ってとんぼ返り。
途中どこにも寄らず、お昼ごはんは八柱駅から歩いてすぐの中華料理店・味の紅龍で。
これまで入ったことはないですが、前から気になっていたお店。
店名はこうりゅう、と読むんでしょうね。
China00ここは前金制で、注文は店内の券売機で食券を求めるシステム。
チャーハン580円。
なんか中華っぽいものが食べたかった。
China02玉子と葱とチャーシューこま切れしか入ってないチャーハン。
やや薄味で、大衆的かな。
でも、豪華じゃないけど、こんなざっけない一品が嬉しい。
China03
スープにはアサツキのみじん切りが入ってます。
China04キュウリの醤油漬けは卓上に備え付けの容器から好きなだけとれます。
こんなところも嬉しいですね。
China05
セットメニューも各種用意されています。
チャーハン・ギョーザ(3ヶ)680円…ということは、こっちの方がおトクだった。
China01お持ち帰りのお客も多いみたいです。
こんどギョーザでも買ってみようかな。

今日はお彼岸の中日とあって八柱霊園にお墓参りに行く人で駅前は混雑してました。
紅龍で隣に座った老夫婦も「早く終わってよかった。早く帰れるわね」と話していたから、墓参帰りだったもよう。

午後からは家事の合間にクルマを出して同じ八柱にある父方のお墓と父のお墓を廻って忙しかった。
夕食後は持ち帰った会社の仕事(パソコンのデータ持ち出しは禁止されているのでペーパーベースのチェック作業だけ)を少しやって…と、もうクタクタです。
休日とはいえ、出勤してるより疲れるんだな全く。

松戸伊勢丹 京都展の前田珈琲のケーキセット

ただいま松戸伊勢丹では、“春の大感謝祭”として伝統とモダンの競演 京都展を開催中。

カフェスペースではこれまでずっとイノダコーヒが出展してましたが、今回は前田珈琲が出ています。
私は知らないお店ですが、イノダのように東京進出はしてないけど京都で創業40年になるチェーン喫茶を展開している企業らしいです。
新聞の折り込み広告にはパフェなどが載っていましたが、メニューにはほかに玉子サンドやロールケーキもある。
Maeda1
知っていたら、おひるに玉子サンドを食べたのになぁ。
でも今日はデザートなので、前田の珈琲ロール(コーヒー付き767円)。
イノダのときと違って先に食券を買うシステムです。Maeda3ロールケーキは写真ではお皿に立ててあるんだけど、横にして運ばれました。
Maeda2
濡れたようにしっとりとしたコーヒースポンジでコーヒークリームを巻き込んだ、珈琲屋さんらしいケーキ。
真ん中にちょこんと見えている黒いのは、コーヒーゼリーです。
スポンジがすごくきめ細かくて美味!!
Maeda4
セットになるコーヒーはスペシャルブレンド珈琲〈龍之助〉

苦みを抑え、過度な酸味があるのでスッキリと飲みやすいブレンドです。
セットドリンクはこの珈琲になります。

これもイノダみたいな背の高いカップで出されるのね。
ふつうに旨いコーヒー。
卓上に砂糖壺は用意されていますがミルクだけで飲みました。
でも、なんで〈龍之助〉よ?
Maeda5

ああ、玉子サンドを食べられなかったのは、返すがえすも残念。
でも今日は、伊勢丹の京都展ではいつも常連の「祇園おくむら」の玉子サンドを買って帰るから、いいんだ。
Sando

松戸 コキャンのカレーライス

せっかくの平日休みですが雨だし、遠出するのがつい億劫になります。
こんなときは地元グルメを堪能に限る。

松戸の伊勢丹通りの途中、一本路地に入ったところにあるビストロ コキャン
ずっとフランス料理店だったのが、さいきん欧風カレーの店に変わったというのはタウン情報誌を見て知っていたので、今日はそこへ行ってみました。
小さなビルの二階にあるお店はカウンター7席のみの小じんまりしたスペースです。

10年フランス料理をやってきましたが、この度 欧風カレーの店にリニューアルしました。
ルーの特徴はオニオンを何時間も炒めキャラメル状にしオニオングラタンスープにカレー粉、スパイスを入れて作った当店のオリジナルカレーです。
肉類には甘口のバルサミコソースとの相性が抜群です。
お持ち帰りには缶コーヒーが付きます。
早い、安い、旨い、一人客歓迎、ビールとワインおいてます。

Coquin00
注文は基本のカレーライス500円。
お冷やは卓上の所々にタッパがあるし、福神漬けも容器から自由に取れます。
紙オシボリも十分にあってまずまず。
Coquin1それほど量は多くないですが…。
Coquin2まず舌の上に感じるのは、玉ねぎのとろっとした甘み!
それでいてあとからけっこう辛さが効いてくる。
この味はオニオングラタンスープを煮つめて作っているとのことですが、これまで食べたほかのカレーとは違う、まったりとした旨みを感じる。
これは…私が今まで知らなかった味の世界。
ちょっとクセがあるかもしれない。
でも悪くはないです。
シンプルながら、不思議とやみつきになりそうなカレー。
(こうして書いていて、また食べたくなる)
Coquin3
ほんとうは基本のカレーライスにいろいろトッピングを加えて楽しむのがここの醍醐味なんでしょうね。
私はお肉はダメだけど、コーンとかグリーンピースとか?
このメニューには載ってませんが、デザートもありました。
今日はハートリブカフェのモーニングを食べた後だし、実はこのあとお茶する予定もあるからこれくらいでちょうど良い。
Coquin0
ずっと地元の松戸に美味しいカレー屋さんがあればと思っていました。
カレーが食べたくなったら、またふらりと行くのもいいな。

稔台 ハートリブカフェのスクランブルエッグトーストモーニング

雨降り木曜日、駅前のハートリブカフェで朝のひととき。
Heart01
ココはセットドリンクのメニューが豊富で嬉しくなります。
Heart02
〈Caféの朝食セット〉のうちから、スクランブルエッグトーストのセット480円をチョイス。
セットドリンクはショコラオレHeart1トーストにタマゴ・ハム・ソーセージ、サラダ付き。
ヨーグルトはお願いすればサービスしてくれます(太っ腹♡)。
Heart2
ショコラオレはほどよく甘いコーヒー。
沸かしたミルクで淹れてるのかな、優しい味わいです。
Heart3ケチャップを落としたスクランブルエッグ。
ハムをはさんだバタートースト。
コーン・きゅうり・レタスのミニサラダ。
茹でソーセージ3本(マスタード付き)。
サービスのヨーグルトにはパイン一カケとブルーベリーソース添え。
このセットが、ワンコイン以下でいただけるんですよ!
Heart4
トーストはバターがしみしみでほんとに美味しい!Heart5ああ…落ち着く、いいお店だなぁ。
丁寧にコーヒーを淹れてくれるマスターも、ホールの女性も親切。
内装などもほんわかとして安らげます。
私は、駅前にあるもう一軒の喫茶店よりこちらが好き。

ところで今日はこんなメニューがあるのに気がつきました。
〈本格パスタフェア〉とあります。
Heart03
こんなパスタメニューがあるなんて知らなんだ。
いいね、いいね、美味しそうですね。
スタンプカードを貰ったけど、ウッカリ前のとだぶっちゃった(私の場合、よくある)。
スタンプを早く集めるためにもまた来なくっちゃ。

ちなみに、なぜ平日なのに私がココでこうしているかというと家事都合により一日休みを取ったから。
おかげで明日から四連休です!
我ながらこの時期なのにいいんかな!?

くぬぎ山 いちごやさんのカフェテラスひらおかのいちごパフェ

よく晴れた暖かい日曜日。
今日は午後からくぬぎ山のいちごやさんのカフェテラスひらおかへ行きました。
お昼は済ませて来たので、お目当ては旬のいちごを使った季節限定のデザート。
〈いちごのデザート盛り合わせ〉がお休みということなので、いちごパフェ850円を。
大粒の新鮮ないちごをたっぷり使った、贅沢なパフェ。
Strawberry1
いちごのアイスクリーム、いちごソース、いちごゼリー、フローズンストロベリーと、とても贅沢な取り合わせです。
Strawberry2
フレッシュないちごは格別に美味しい。
口いっぱいに季節を味わっている感じ。
あとは、やっぱりふるふるのいちごゼリーが素敵で、これだけをもっと食べたいくらいでした。

考えたら、私はここではモーニングとデザートしか食べたことがないので、今度はパスタとかカレーとか、お食事メニューを食べたいなあ。

西荻 こけし屋本店のクレームショコラ+コーヒー

お口直しは河岸を変えてこけし屋本店2階喫茶室にて。
JR西荻窪駅を出てすぐ前にあるビルです。
Kokesi20この喫茶室に来るのは十数年ぶり。
洋菓子のショーケースを横目に、階段を上った2階が喫茶室になっている。
カギ形の店内は思ったより席数は少なく、ビニール張りの椅子や暗めの照明など、全体に茶色く古さびていて昭和なレトロ喫茶という感じ。

ここにも店名のこけしが! (1F ) 
Kokesi26(2F )
Kokesi24こけしは3Fのレストランにも当然いるものと思われます。

ケーキの種類やドリンクの価格は別館と変わらないようです。
ただし食事系はパンメニューしかありません。
Kokesi21 Kokesi22 Kokesi23 お得な〈本日のケーキセット〉はまっちゃのババロアまたモンブラン、コーヒー・紅茶(ホット・アイス)630円。
でも私は別に目星をつけてきたケーキがあるのでそれを。
クレームショコラ265円とコーヒー420円。
Kokesi30セロファンをとったところ。Kokesi31クレームショコラ
ココアのスポンジにガナッシュをサンドしました。Kokesi32こけし屋さんのケーキはどれも上品なサイズ。
クレームショコラは、ぱりぱりのチョコレートでチョコスポンジをコーティング。
生チョコとかではなく、こういうぱりぱりのチョコレートのケーキって今はあまり出会えないのよ。
昔、子供のころに食べたクリスマスケーキを思い出しました。
懐かしい、郷愁の味わい。
Kokesi33
ケーキのお共にホットコーヒーを。
クレームショコラが小さいけれどけっこう濃厚な味わいのケーキなので、コーヒーがすごく美味しく感じました。
Kokesi34砂糖は白いのと茶色のと二種類が用意されています。 Kokesi25フランボワーズも美味しそうでした。
Kokesi35黒服に蝶ネクタイのおじさま店員が慇懃に迎えてくれる、古き良き時代の喫茶店です。
卓上には灰皿が常備され、ちょっとケムいしね。

ただ、カウンターの向こうに立つ店員同士で業務上の話をしているのだが、そのなかで高いコックさん帽を被った若い男性が「それは俺が持って来たんだー」というふうに、カン高い声でしきりに俺俺と連発していたのが耳障りだった。
客もいるところなんだからもそっと静かに話をしたら如何。

ところでこの、こけし屋の紙ナプキンの絵。
ふざけてるんじゃないのと思うくらい、カンタンな絵なのですが…。Kokesi06「こけし屋」さんといえばやはりこの絵ですよね。 Kokesi27

西荻 こけし屋別館のカニクリームコロッケ

西荻といえば、洋菓子とフランス料理のこけし屋
今日は駅前からちょっと回り込んだところにある別館でランチをいただきます。
ウチの方からだとけっこう時間がかかり、到着したのはちょうど正午。
明るく、広々とした1階のテラスレストランは満席で少し待たされましたが、順番に空いた席に案内されました。

カウンターには店名由来の こけし が!
Kokesi05ここはあんまりメニューの数は多くないです。
Kokesi02 Kokesi03

ランチなら安く上がりますが本日は〈若鶏のチーズ入りカツレツ サラダ添え ライスまたはパン コーヒー〉1,050円で、私は食べられないメニュー(好き嫌いが多いから…)。
注文したのはカニクリームコロッケ880円、ライス210円、コーンポタージュ450円。
セットではないので高くつきます。
ちなみに〈本日のスープ〉はかぼちゃだそうです。

まずカップに入ったコーンポタージュが来た。
Kokesi10みじん切りパセリとクルトン入り。
やさしい味のスープです。
Kokesi11
カニクリームコロッケはポテトフライと野菜サラダ添え。
Kokesi12
ぎゅっと身の詰まったカニコロ。
ポテトフライが付くのはかなり嬉しい。
Kokesi14たっぷりしたトマトベースのソースに浸っているのだけど、トマトの酸味がきいた濃厚な味わいながらさらっとした口当たりで、とても美味しい!
トマトも一片添えられたサラダにはオレンジ色のドレッシングがかかっていて、これがまた美味。
Kokesi15
ライスは少ないかな?と思いましたが食べてみたらちょうどよい量でした。
Kokesi16混んでいたときなのでスタッフの人たちも忙しそうでしたが、その最中としては精一杯よい対応をしてくれたというべきでしょう。

こけし屋さんというと毎月1回の朝市が有名ですね。
朝市の会場となるのがここ別館の駐車場だけど、実際に来てみるとそう広くはないです。Kokesi01噂に聞く朝市は魅力的ですが、当日の混雑を考えるとちょっとな。

浅草 ミチクサのオムライスセット+クラシックパンケーキD X

浅草寺を抜けて言問通りを横断、さらに北へ進んだあたり、通称「観音裏」に佇むカフェミチクサ
いつも人で賑わう浅草寺界隈の喧騒もここまでは届かず、あたりは静かな住宅街です。
Michi00 Michi001
Michi002 Michi003
白を基調にした、すっきりシンプルな店内。
いつも混んでいるという噂のお店だけど、今日はけっこう空いてるじゃない?
店内に並ぶ四人掛けの白い木目卓は4・5卓あり、テーブルサイズは大きくて間隔も広く取られています。
私はカウンターに着きましたがこちらもテーブル幅はゆったりしています。
Michi01ランチの半熟卵のオムライス デミグラスソース(セット880円)
Michi11
カウンターの窓の外に広がる小さな公園を眺めながら(私にしては)ちょっと遅めのランチ。
(なぜ遅めかというというと、そのわけは後ほど…)
Michi12お皿が運ばれたとたん、生のバジルの香りがふわあっとたちのぼります。
Michi14
付け合わせサラダはトマト、グリーンリーフ、紫キャベツ、レタス。
白いドレッシングに粉チーズが混ぜこんであるみたい。
Michi16しめじ、玉ねぎなどが散見されるデミグラスソースに、小山のようなオムライスが浮かぶ。Michi15
ふんわり、とろとろのタマゴに包まれているのはトマトソースで炒めたライス。
ほんの少ーし、ハムが混じってました。
ライスは薄めの味つけなので、コクのあるデミグラスソースとよくマッチ。Michi17オムライスを食べ終えたら、実はここからが本日のメイン・エベント。
デザートにパンケーキをいただきます。
こちらのお店はランチタイムはパンケーキのオーダーを止めていて13時から注文可。
この頃からお客が次々に入ってきて店内は満席に。
さてはパンケーキを狙って皆さん遅めの入店のようです。

私もあらためてメニューをもらいます。
Michi03 Michi04
基本のクラシック・パンケーキは680円。
それにお好みでホイップクリーム・アイスクリーム・メープルシロップ・カルピス無塩バター(そんなのがあるのね)各100円をトッピングできるとある。
バニラアイスとホイップクリームを添えたクラシック・パンケーキDXが850円とおトクなのでこれを。
Michi02先にランチセットのコーヒーが来ました。
Michi18あとでパンケーキを注文すると言っておいたのにさっさとコーヒーを出すなんて…もうちょっと考えてくれても(と、ブツブツ)。

数分後、登場したクラシック・パンケーキDXのお皿はとても素敵な焼きあがりでした。
私がオムライスを食べている途中にやって来て注文したお客さんのランチを出してから焼いたようなので、やっぱりコーヒーは少しさめてしまったけれども。
Michi19パンケーキに相性ぴったりのバニラアイスと、ふわふわのホイップクリームを一皿で演出しました。デラックスなトッピングはきっと大満足のボリュームです。
Michi20キツネ色のお肌の上には、粉雪のようなシュガーパウダー。 Michi21 Michi22 Michi23 Michi24Michi25ほど良くふんわり、さくっとナイフを入れるとなかはモッチモチ。
Michi26シロップを少しずつ垂らして、たっぷり添えられたホィップクリームと球のようなバニラアイス、そしてフレッシュなバナナスライスと交互に食べると至福の味わい。
ほわあぁ、美味しかったぁ!

若いカップル?が頑張って二人でやっているお店、接客も料理も丁寧です。
あまり混んでいるときでなければ、またいつかあのパンケーキを食べに来たい。

「みちくさ」さんのメニューには、スコーンセットもあります。
お持ち帰りは1個150円。
この日はクランベリー、メープル、チョコレートの3種類が用意されていました。
クランベリーを買って帰りましたが口当たりさくっ、甘さほんわかでこれも美味でしたよん。
Michi27

◇おまけ
浅草寺の境内では寒桜が満開。
つがいのメジロが花蜜を吸いにきていました。
もうじき春なんですね。
Sakura

町屋 みどり園のメロンパフェ

町屋駅前のCOFFEE & TEAみどり園
店名のとおり、グリーンのテント庇が目印です。
入口は2ヶ所あり、どちらにもメニューのサンプルケースが置かれています。

町屋駅前から一本路地に入ったほうの入口。
私は最初、こちら側から入りました。
Midori01313号線(尾竹橋通り)沿いの入口。Midori02食玩サンプルなどが飾られた、かわいいディスプレィ。 Midori03昭和29年創業というかなり年季の入った町の喫茶店。
歴史を物語るかのように店は内外とも煤けて決してお洒落とは言い難い。
でも気取りのない、庶民的なお店です。
店内には常連だった作家さんの手になる切り絵が飾られていますが、これが「みどり園」の外観や町屋の風景を描いたもので見ていると楽しい。

鈴木製作所さんでガトーショコラを食べ損なったので、デザートはこちらで。
ずらりと並ぶパフェの写真が魅力的(細長いけど)。
Midori05いちごパフェとメロンパフェは季節限定とある。
でも聞けば「今日は全部できます。メロンも入荷ありました」とのことなので、ゴージャスにメロンパフェ800円!を。
注文するとホールのお姉さんが冷蔵ショーケースから小ぶりのメロンを一個取り出し、厨房に渡します。
少しお時間かかります、と言われましたが実際はそんなに待たされず、すぐ出てきました。
Meropa01
カットメロンを華々しく飾りつけたパフェ。
Meropa02
生クリームにメロンアイス、バニラアイス。
生クリームのてっぺんには真紅のチェリーをトッピング、パフェグラスのいちばん底には、缶詰ミカンが一粒。
Meropa03
メロンはまだはしりで色が淡く、少し固い?という感じ、もしましたがこんなものでしょうか。
Meropa05
生クリームもアイスも、とくべつ上等で美味しい!というわけではないですが、メロン半個分くらい使った贅沢なパフェをこうして手軽に味わえるのがいい。
甘い幸せをじゅうぶん堪能。
「みどり園」さんでは、次回はぜひ食事を食べたいです。

「みどり園」さんのメニュー。
オムライス、かに雑炊、かにピラフ、ナポリタン…どれも美味しそうですねぇ。
Midori06
ランチメニューはとてもお得。
Midori07 町屋は松戸から千代田線に乗って直通20分足らずで行ける街。
また、そのうちふらっと訪れたいなあ。

町屋 鈴木製作所のカレーライスセット

千代田線の町屋駅を出て、都電荒川線沿いから住宅街の路地に入ったところにある小さな喫茶店、カフェ鈴木製作所
店名は、もと工場だったときの名をそのまま残したものだそうです。
Suzuki01「鈴木」の「木」の字が★形みたいでかわいい。
Suzuki02吊り看板の上に小鳥が! Suzuki03内部はきれいにリフォームされていて、白い漆喰の壁に木枠を生かし、すっきりとしたインテリア。
Suzuki05高い天井に吊り下げられたランプや天井扇が素敵。
美術書やカフェ本などが並ぶ書棚もあります。
Suzuki04明るい陽の差し込むテーブルにはキャンディーが。
Suzuki06奥さんが一人でやっているみたいで、メニューはそう品数が多くありません。
Suzuki07Suzuki08ママさんは「まだモーニングもいいですよ」と言って下さいましたが…。
Suzuki09自家製カレーのランチセット800円に、50円アップでカプチーノを付けてもらいました。
「いま、ごはんのスイッチが切れたばかりで、少しお待ち下さい」とのことで待つことしばし。
奥さんが「すみませんねえ」と、コーヒーをサービスしてくれました。
これって、かえって悪いなぁ…。
Suzuki10コーヒーを頂きながら待つほどに、「お待たせしました」と、サラダとカレーのお皿が登場。
Suzuki11
角切りの人参と細切りの玉ねぎ、そしてバラ肉入りのカレーはとても家庭的な味。
Suzuki12 整えられたライスの上に乗っている茶色いのは、玉ねぎのカリカリ揚げ…かな?
Suzuki15丸い形に添え物の温野菜は茹でたいんげん豆のマヨネーズソースがけ、チーズのせボイルドポテト。Suzuki16赤パプリカ入り、レタスのサラダ。
胡麻ドレッシングが美味しい。
Suzuki19とても美味しいカレーだけどお肉が(それも細かいのが)いっぱいなんだ。 Suzuki18
お肉がけっこうわんさか入っていて、何とか避けながら食べました。
こんなにニクが入っていなければ、どんなにか嬉しいのに!
(ふつうの人はもちろん嬉しいと思います)

バラの花が開いたような、あでやかなカプチーノ
まろやかで溶けるようなやさしい味わいのコーヒー。
Suzuki20
いっしょにガトーショコラを食べたかったけど、本日は用意がないとのことで残念…。

カウンターの上に無造作に置かれていた食パン。
この次は、パンメニューも食べてみたいです。
Suzuki21

上野 みはしの桜アイス+豆かん

会社帰りの みはしアトレ上野店
店内はニューアル工事が終わって奥までスペースが拡がったぶん席数が増え、会計も後払いになりました。

豆かん450円に、季節限定桜アイス130円をトッピング。
Mihashi1桜の葉の塩漬けを混ぜこんだとおぼしき、きれいなピンク色のアイス。
口いっぱいに、さわやかな桜餅の風味が広がります。
つるんとした寒天と、ころころの赤エンドウ豆の取り合わせも舌に心地よい。
Mihashi2
みはしの桜アイスが出るころになると、あの日のことがひしひしと胸に迫って思い出されます。
東日本が大混戦になった、でも父はまだ生きていたあの日。
Mihashi3

松戸 ピーチーズのストロベリーパフェ

今日は休みを取って、朝から車検に行って来ました。
2年前は父がいたけど、今はもういないから。

うちでお昼を食べて、午後から松戸へお買い物。
気分はとってもパフェ!。
狙っていたお店は本日定休日。
丘さんもいいが、今から上野に出るのもな…。
というわけで駅前のピーチーズ。
(季節限定)ストロベリーパフェ730円。
強面のママさんが「ストパいち」とオーダーを通す。
Pafe2
盛りのいちごとストロベリーアイスの華やいだ取り合わせ。
いちごソースと生クリームが味わいと色彩をいっそう引き立てます。
グラスの底には生クリーム。
(ちょっと隙間が空いてますね…)
Pafe1
美味しいですがちょうど居合わせた女性グループの煙草の煙がまともに当たるので食べたら間髪入れず退散。

ストロベリーパフェは前にも食べたので次回はフルーツパフェか、バナナチョコパフェがいいかな~。
お店のほうで私を受け入れてくれれば、ですが。

浅草 天国のホットケーキセット

さて、カレーの後のデザートは何にしようか。
「梅むら」の豆かんとか「アンヂェラス」のパフェなどを考えていたのですが、今日は寒いので温かいデザートがいい。
来た道を少し戻って、小さな飲み屋さんが立ち並ぶあたり(ホッピー街というそうですが)にある一間間口ほどの小さな構えの珈琲天国へ。
Tengoku000浅草ではホットケーキで有名な喫茶店です。
それと、この長ーいソーセージを使ったバイキングの兜のようなホットドックも。
(私はホットドックは食べられませんが)
Tengoku003
私は初訪問だけど、ここのホットケーキは小さめだと聞いていたので、そんならランチ後でもイケるだろう。
どうでもいいけど私、最近お腹がやばくて…。

いつも混んでいるという噂だけどこの時は空席がありすぐに座れました。
有名なわりにはびっくりするほど小さな店内で四人掛けテーブル2、二人掛けテーブル3(しかもうち2卓は横並び)のみ。
ホットケーキは単品500円、コーヒーor 紅茶のセットで900円。
ホットケーキだけ注文するのはダメで、必ず一人一品ドリンクを一緒に取るのがこのお店のルール。
Tengoku001
メニューには食べ物のみならず、コーヒーカップとか金魚グラスとかTシャツとか手ぬぐいとか果てはペナントまで、天国グッズがてんこ盛り。
商魂たくましいねぇ。
Tengoku002
「レイラ」でコーヒーを飲んできたばかりなので、紅茶のセットにしました。
直後に思い直してやっぱりコーヒーにします、とオーダー変更を申し出ましたが「すみません、もう作っちゃいましたので…」とのことでそのままに。

狭い店内にはちょうど大学生?くらいの男女6人グループがいて時おり立てる笑い声がかしましい。

こちらでは生地の作りおきはせず、注文を受けてから生地を作り始めるとのことで、少々時間がかかります。
先客のグループがいたし、これはだいぶん待つだろうなと覚悟しましたが、それでも10分くらいで先に紅茶が運ばれ、ややあってホットケーキが出てきました。
Tengoku02
おままごとのフライパンで焼いたような、小さくて薄いホットケーキTengoku05ま国?
Tengoku06焼き印は二枚とも押されています。Tengoku08バターをのせて、シロップをちょっと取って、パクっ。
Tengoku10しっとり、ふんわりとした焼きあがり。
軽くペロリと平らげ。
うん、これなら食後のデザートにぴったりでした。

紅茶も天国のロゴ入りカップでいただきます。
Tengoku09たまに、このカップの底に“大吉”の文字入りのものがあり、同席したグループの中の一人がこれをあててはしゃいでいました。
ただし大吉でも、割引になるとかのサービスはない…みたい。

お店は二人の若い女性で切り盛りしているようで、なかなか手の回らないときもある。
私のところにも砂糖壺が出てこなかったりしました(そのときは片方のスタッフがいなかったのだけど)。
もっと落ち着いて食べられるなら、再訪もしたいと思います。

浅草 レイラのカレーライスセット

浅草寺近く、ウィンズを過ぎたアーケード街「ひさご通り」入口にあるCOFFEESHOPレイラ
Layla001席数は四人掛けテーブルが7、8卓、二人掛けテーブル1卓とこじんまり。
創業30年以上になるそうですが地元の人あいての、どうってことはない庶民的な喫茶店です。
客層は、男性率高し!!
当然テーブルには灰皿が常備(このときはそんなに煙くなかったのですが)。
Layla005
12時までやっているモーニングサービスも魅力的だけど… 。
Layla006ここのご自慢の、自家製カレーライスが今日のお目当て。

キッチンの方からジャッジャッという音が聞こえるのは、先客の注文したモーニングのトーストにバターを塗る音と思われる。
そのあと、ぷーんと芳ばしいカレーの匂いが漂ってきました…。

カレーライスセット850円。
セットはサラダ付きで、コーヒーor紅茶orミルクが選べます。
先にサラダが来て、続いてカレー皿が登場しました。
Layla02セットのミニサラダ
キュウリのスライスと千切りキャベツのオーロラソース。
Layla01湯気の立つカレーライス
Layla03ポークと玉ねぎが見えるだけの、シンプルカレー。Layla05旨い、です!
単純ながらまったりとした深みのある、スタンド風のカレー。
私はこういうカレーが大・好きなんです。
Layla04
食後にホットコーヒー
ちょっと薄いかな?とも感じましたが、ミルクと砂糖を入れてちょうどよい味わい。
Layla06
お値段的には、やや観光地価格ですかね。
でも、あのカレーはまた食べに来たいな。
それにモーニングもいいし~、ああ悩ましい。

矢切 結花のひとり鍋+シフォンケーキ+コーヒー

松戸駅前から市川駅行きのバスに乗って約10分、下矢切バス停で下車。
住宅街を歩いて行った所に蔵のギャラリー 喫茶結花はあります。
埼玉県所沢市で築130年という蔵を移築したという風雅な構えのお店。
松戸にこんなお洒落なカフェがあったなんて驚き!

Yui101入口で靴を脱いでスリッパに履き替えて上がる。
風雅な趣の店内は暖房が入って温かです。
様々な雛人形やつるし雛が飾られて華やか。
Yui102

Yui103

Yui105

Yui106

Yui107

Yui150
お食事メニューのおしながきはこちら。
Yui200
ひとり鍋1,200円。
地の白菜の収穫期間のみ(およそ11月~2月)の木金土曜日
魚介、豆のちからのお豆腐、鳥取県から取り寄せた五種類の餅しゃぶ入り。
Yui001白菜、ネギ、春菊、花形ニンジン、葛きり、えび、トリ肉。
餅しゃぶはゆず、よもぎ、えび、ごま、栃餅の五種類。

こちらの奥さんは、鳥取を訪れたときに倉吉でこの餅しゃぶを食べたそうです。
そして、「この山の下のほう」で美味しい野菜を作っている人がいるので、何とかそれを料理に使いたいと思い、餅しゃぶと合わせてこの鍋を始められたとのこと。

結花の奥さんが食べたという倉吉のお店とは、たぶん「町屋 清水庵」。
私も数年前のGWに食べたことがあります。
あと、三朝温泉の旅館の夕食のお膳にもちょっと付いたかな。
とても珍しく、美味しかったことを覚えています。
あの餅しゃぶを、松戸でも味わえるなんて!
鍋は地の野菜があるときだけで、今日でおしまい。
(矢切の白菜の収穫は3月第一週までなんだとか)
だから今日は、ぜひともココに来たかった。

ただ「ほんとうはこれに椎茸が入るんですけど、今日はちょっと切れちゃって…」と、奥さんが言うのを聞いたら何だか半端モノを掴まされたような気がしなくもない。
Yui002
上本郷の障害者施設で作っているというお豆腐。
ポン酢(と、奥さんは言ったが容器には“醤油”と書いてあった?)をかけて食べましたが、すごく弾力のある、コシの強いおとうふ。
お豆腐はけっきょくお鍋には入れず、そのままポン酢(醤油?)で食べちゃいました。
Yui003奥さんがお鍋に金色の澄んだダシを張って、「最初にエビと人参を入れて、お餅は最後です」と食べ方を説明してくれるので、ダシがふつふつと煮えてきたら順々に具を投入。
エビと丸いトリ肉と人参、それに白菜の固いところを先に。
火の通った具から食べ始めます。

しかし、お鍋ってけっこう食べるのが忙しいな。
食べながらまた次の具をお鍋に入れなきゃならんし、先に入れた具とごっちゃにならないよう気は遣うし…。
葛きりはお箸で掬いにくい。
餅しゃぶはごく薄いので、お鍋に入れるのはほんの一瞬。
すぐに火が通ってクタッとなります。

奥さんは「食べ方はお好きなように、美味しいダシが効いているのでそのままでも、ポン酢をつけてもいいですよ」と言われます。
最初は、ダシが薄いかな?と思い、ポン酢(醤油?)を使ったりしましたが、煮詰まってくるとなかなかよい加減になりました。
食べ終わる頃になって「ダシ、足りますか?ダシだけお代わりする人もいるんですよ」と声をかけられるが、いま言われても…。
もう具がありませんがな。

ほんとうにお鍋だけで、別にごはんや小鉢が付くわけではないのでお腹が膨れるか心配だったのですが、お餅のほかうどんも入っているので満腹感は十分でした。

お鍋を食べ終わったところで出されるお茶。
Yui004食後にシフォンケーキコーヒーをいただきました。
ケーキセットだと650円ですが、コーヒーはひとり鍋に追加扱いで300円、ケーキも単品300円にしてくれました。
Yui005
シフォンケーキはアイスクリーム付き。
注文のとき「何のシフォンケーキですか?」と聞くと奥さんは「分からない。…忘れちゃった」と鷹揚な受け答え。
このシフォンケーキは、稔台の人が個人で作って卸しているそうです。
Yui006
すっきりとした飲みくちのコーヒー。
奥さんはお店を始めるにあたって、市川で有名な「麻生珈琲」で修業をされたそうです。
Yui007シフォンケーキのうしろ姿。
食べた感じ、レモンではないと思う。
ココアのマーブルシフォン…かな?
家庭的な味わいのケーキでした。Yui008
こちらは私の心引かれた、大正時代のおひなさま
Yui130
いわゆる御殿雛というのでしょうか。
お内裏様とお雛様、それに三人官女が御殿に収まっています。
でも、どう見ても三人官女(とくに真ん中)が奥に控えるお内裏様とお雛様よりも目立っています。
この中央のお人形さんは立派なお召し物といいほかと不調和なので、他所から到来したものなのかもしれないと思いました。
Yui151
このスペースは来週からつるし雛の展示に変わりますが、ふだんはお皿などが置いてあるそうです。
二階はギャラリーになっていて、展示会などのイベントが開催されるとのこと。

奥さんは親切でいろいろとお話を聞けて楽しかったのですが、正直なところ、食事中は放っておいてもらった方がありがたかった、かも。
いやその、写真を撮ったりするしね…。
だいたい私は、美容院でも美容師さんにあんまり話しかけられるのは苦手なんですよ。

でも、機会があれば今度はごはんメニューなどもいただきたいな(特に秋は土瓶蒸し付きだというし)。
お話を伺うと、やはり立地の問題などお店をやっていくうえでいろいろ難しいこともあるみたい。
奥さんは予約制にすることも考えているようですが、この先もずっと頑張って欲しいお店です。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »