« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

松戸 関やどのおかめそば+わらび餅

松戸の商店街から路地に入ったあたりに風情ある佇まいを残す蕎麦処、関やど
店内は四人掛けテーブルが二列、それに小上がり席もあり12席くらい?
窓の外には小さな祠のある狭い庭、というか細長い路地。
日陰なので先日の雪がまだ消えずに少し残っていました。
10分ほど待って通されたのは窓側の一番奥のテーブル席。
この席に、私は入口を背にして座りましたが、これだと御手洗いのドアを窓越しに見ることになるので、反対に座った方がよかったかも。

席に着くと運ばれる桜湯
Seki01 こちらのメニューには私の大好きなたぬきそばがナイ。
Seki001
酒のつまみになるような一品料理は種類が多く、昼間っから一杯やっている御仁も。
私も、かにみそなんかちょっと心を引かれました。
Seki002
たまごとじそばとどっちにしようか悩んだ挙げ句、おかめそば950円、わらび餅550円を注文。
わらび餅は卓上のお品書きには載っていませんが店内に貼り紙あり。
Seki004 若竹そばなんかもいいなあ。
Seki003窓の外には小さな祠のある狭い庭Seki005Seki006店の中にはつくばいもあります。Seki007おかめそば
刻み葱の小皿にはわさびものってます。
Seki03
小丼くらいの、上品な量のおそば。
Seki05
結びゆば、三つ葉、かまぼこ。
嬉しいことに、松茸スライスも一枚発見。
おそばは更科系というのか、白っぽい細く繊細な蕎麦でした。
Seki08わさびが付いてるのは冷たいおそばと兼用なのでしょうが、せっかくなのでかまぼこにちょっとのせて板わさ風に食べたりしました。

寒い日、熱いおそばをふうふう言って食べると身体が温まります。
しかしこの量だと、やっぱりお酒のあとの〆にやりたいような感じかも。
ここは温かいおそばでもそば湯を出してくれるのがいいですね。
あまりトロリとしてない、さっぱりしたそば湯でした。

食べ終わる前から わらび餅を持ってきた。
Seki11 ぷるるんとしたわらび餅が5切れ。
Seki12
うすくきな粉がまぶしてあり、黒蜜を添えていただきます。
Seki14ぷくぷくの口当たり。
うん、いいね!

あのそばだと足りないかもと思いましたが、あとになってお腹にかなりの満腹感。
これは…わらび餅のでんぷん質が効いたかな?

|
|

常盤平 フルーツパーラーポポの和風きのこパスタ+プリンアラモード

こころぐ新京成常盤平駅の南口を出て、駅前ロータリーから続くけやき通りを歩いて5分くらい。
青い看板が目印のフルーツパーラーポポPp001 Pp002昭和のまま時が止まったような、地元の人あいての喫茶店です。
店内に一歩入ると、ぷーんと強烈に漂うカレーの匂いが鼻をつく。
赤いビニール張りの椅子とテーブルが並ぶ店内は全体的に煤けていて、年季の入りようを物語る。
Pp0000奥のほうのカウンターに腰かけているおじさんが店主と見えますが、接客は奥さんの担当らしい。
手作り感あふれるメニュウ(クリアファイル入り)
Pp003 Pp004 Pp005 Pp006 Pp007 Pp008 Pp009 Pp0010 のむヨーグルトまであったりする。Pp0011メニューの最終頁には、アルコールも。
夕方などここで一杯やっていく人もいるのでしょうか。 Pp0012 カレー美味しそうだけど、今日(というか昨日から、そして明日も恐らく明後日も)、ウチのごはんがカレーだし…。
ナポリタンにしようかとも考えましたが思い直して注文したのは和風きのこパスタ650円。
スパゲティを作ってくれたのは奥さんです。
Pp01
お出汁のきいた醤油味。
スープパスタのようにたっぷりと和風ソースが張られ、寒い日には身体が暖まって嬉しい。
粉チーズとタバスコが添えられましたが、そのままでいただきました。
Pp03
きのこはシイタケ、しめじ、エノキダケなど。
竹の子なんかも入っていたり。
そこに松葉海苔をたっぷりのせて和風の香り。
Pp05
パスタはクタクタで口の中ですぐブツッと切れてしまうタイプだけど、まあ家庭的と言おうか。

食事メニューは、プラス250円でドリンク(コーヒー・紅茶・カフェオレ)を付けられます。
セットでもカフェオレが選べるのはいいな。
Pp06まろやかなミルクの味わい、カフェオレ
Pp07
雑然としたカウンターにパックに入ったままの果物が無造作に置かれているのを見たら、フルーツを使ったデザートが食べたくなって、プリンアラモードを追加注文。
カウンターのフルーツを探っていた奥さんがバナナを一本むしったり、「あらリンゴがなかったわ…今朝カレーに入れちゃった」とか話している気配。
そうか、私のところにはリンゴなしのプリンアラモードが来るんだわ、私リンゴそれほど好きじゃないからいいけど…なーんて考えているところに登場したのがこちら。
プリンアラモードです。
Pp08
満艦飾のように華々しい。
イチゴ・オレンジ・バナナ・グレープフルーツ・キウイ、そしてリンゴもちゃんと入ってますし。
そこにバニラアイスと生クリーム添えて。
Pp10プリンはどこに?と思いきや、お皿をちょっと回してみるとフルーツの下にもぐってました。
ちゃんとカスタードの味がするプリンです。
Pp12
バニラアイスはスーパーで売ってるカップ入りのアイスみたいな味でしたけど、まあまあ。
お店のおじさんもおばさんも親切で、なんともアットホームな喫茶店でした…。

ほかのメニューも食べてみたいので、また、ぜひ行きたい。
なかでも、私が気になるのはリンゴ入りのカレーなのである!

常盤平といえば、私が御幼少のみぎり母に連れられてよくお出かけした街。
父の勤務先の系列店があったので割引でも効いたのだろうか。
父の車で駅前通りを走ったこともあったっけ…。
西友ができるころになると全然足を向けなくなって、早幾年ー。
この数年間は、母が入院していた病院があるので反対側の北口は通っていましたがこちら側に出たのは本当に何十年ぶりでした。

あのパスタが、業務用の和風きのこソースを使ったものだとしてもいいです(注 これは例えばの話)。
今日は、思い出とともにひっそり年を重ねたような味わい深い喫茶店に出会えて、遠い昔の記憶が懐かしくも蘇りました。

|
|

上野 ほんのり屋のおむすび

上野駅ecuteの旬米むすびほんのり屋
お弁当やさんやスープストックトーキョーなどの並びにあるお店。
選んだのは、季節限定かにめし270円とおかか150円。
Musubi
かにめしは高いがボリューミー。
会社のデスクでお昼ごはんに食べると、かに味噌の風味がぷうんとして芳ばしい。
以前、丹後のあたりで食べたかに料理を思い出しました。
ごはんは少しモソモソだったけど、作りたてなら違うのだろう。
寒いのは日曜までの我慢で、来週からは少しずつ春の暖かさが感じられるようになるそうです。
ああ、かにのシーズンもあと少しだなあ…。

|
|

松戸 ベックスコーヒーのモーニングプレート

松戸駅のベックスコーヒー
いつものモーニングプレート①390円。
Becks1今日は玉子が少なめ?
Becks2
定番のホットカフェラテ。
Becks3 家を出るのが遅くなった朝に限って、寄り道したくなってしまう私の悪い癖。

|
|

ご近所さん 習志野茶房の窯焼きパンケーキ

今日は父の月命日で、お墓参りに行ったりして午前中は忙しくしてまして、午後からふらりと買い物に出ました。
駅前の習志野茶房に寄って行きます。
Narashino000
フリーペーパーにここの百円割引券がついていたので、有効期限の2月中に使いたいと思っていました。

前回と違って、禁煙席を希望したら駅前通りに面したガラス張りのスペースではなく、奥の方のカウンター前の席に案内されました。
こちらでも席はゆったりしてるので別にいいですが。
Narashino02 Narashino04Narashino00 Narashino03 Narashino01Narashino05
お昼は済ませて来ましたが狙って来たのは窯焼きパンケーキ
パンケーキに添えるソースはブルーベリーかチョコレートを選べるので私はチョコレート。
ドリンクとセットで880円(クーポン利用でここから100円引きになりました)。Narashino1円筒形のパンケーキはこんがりキツネ色。
その上には、バニラアイスと生クリームがたっぷり。
缶詰チェリー、苺、バナナ、りんご、オレンジのスライスが添えられてます。
Narashino2 Narashino3 Narashino4 Narashino5
見た目はとても素敵なんですけれども…肝心のパンケーキはちょっと。
いかにも出来合いのスポンジを温めただけのような味にがっかり。
まあ、“手焼き”などとは謳ってないワケなのですが…。
チョコレートソースも甘味がくどくて閉口。
Narashino7セットドリンクはアイスコーヒー
今日は何となくホットコーヒーを飲むと胸焼けしそうな気がしたので、アイスでさっぱりと。
でも、美濃焼のカップはでいただくホットコーヒーも魅力的だったなァ…。Narashino6お店の名誉のために付け加えるとアイスと生クリームはふつうに美味しかったです。
それをたよりにまあ何とか食べちゃったけど。
トシのせいで私の体が昔みたいにやたら甘いものを受け付けなくなっているせいもあるのだろうな。
チョコレートのムースか抹茶のモンブランとか、ふつうのケーキだったらまた違った感想だったかも。

ここの〈彩り野菜カレー〉をいちど食べてみたいけど、どんなだろうか?
業務用の袋入りカレーに野菜を添えただけだったらがっかりしちゃう。

|
|

ラ・メゾン アンソレイユターブル 伊勢丹松戸店のモンブランのタルト+ダージリン

去年、伊勢丹がリニューアルした時に一階南館にオープンした新しいカフェ。
え…と、店名はラ・メゾン アンソレイユターブル(私はどうも、こういうカタカナのこじゃれた名前が苦手なんですが)。
いつも混んでいることもあり、何となくこれまで入る機会がなかったのですが、まだ時間が早いためほかにお客はいませんでした。
En20小部屋風に仕切られて落ち着いたスペース。
En21何の本が並んでいるの?
En22壁面にはお菓子とかお花とかの大小の額が掛けられています。
En23ショーケースに並ぶ色とりどりのタルトが美味しそう。
どれも旬のフルーツやクリームを使って華やかなデコレーションに目を奪われます。
こちらのお店は、ケーキといえばスポンジ系はなくて、“タルト“だけなのです。
別にフレンチトーストとかはありますが。
En24今の季節なら苺なのでしょうが、私の選んだのはこちら。
モンブランのタルト
タルト&ドリンクセットで1,050円(おお、いいお値段)。
En25
ドリンクはダージリンでお願いすると、白い清楚なティーセットが運ばれます。
En03紅茶は嬉しいポットサービス。
「茶葉は抜いてありますので、そのまま召し上がれます」との心遣い。
En05華々しいモンブランのタルト
私、こんな豪華なモンブラン初めてです!

カスタードのタルトにマロンと甘さ控えめのホイップクリーム、
風味豊かなマロンクリームをたっぷりと絞りました。
栗の優しい甘さを楽しめる上品なモンブランです。
En06

En07紅茶はポットにたっぷり四杯分。
ミルクも温められてほかほかなのが添えられます。
En08マロンクリームに生クリーム、タルトの中にはカスタードクリームが詰まってる。
クリームの中には刻んだ栗が入って風味豊か。
トッピングは削りチョコに、モコモコしてるのはチョコで固めたポン菓子ふう。
あと彩りにハーブのちっちゃい葉っぱ。
En10
モンブランのタルトを上から見てみました。
マロングラッセも乗ってますよ。En11こちらのお店には食事メニューもあるけど、あいにく私の嗜好には合いません。
(好き嫌いが多いもので…普通の人には御馳走だと思います)
だから、また美味しいタルトが食べたくなったら行ってもいいかな。
ただ店の前の店員さんの呼び込みはちと耳障りだと思った。
私は、入店前にゆっくりショーケースを見ていたいんだから…。

贅沢なケーキを味わって優雅なひとときを過ごせました。
いいよね、タマにはこれくらい…。
雨も上がったことだし、今日はこれから帰ったら家の前の雪かきだ!

|
|

松戸 ヒヨシのモーニング

昨日の金曜日、またもや関東に記録的な大雪が降り、会社帰りの電車は遅れ気味で混雑して大変でした。

一夜明けると外はまたまた銀世界、そして雪は冷たい雨に変わっていました。
雨なので近所の道路はまだ誰も雪かきをしていなくて、ちょっとゴミ出しに行っただけで足が凍えるように冷たかった。

松戸に買い物に出て、コーヒーヒヨシでモーニング。
ここの、カフェオレがむしょうに飲みたくなりました。

いつものモーニング530円。
トーストにスープ、ゆで玉子、コーンにフルーツ、コーヒーの嬉しいセットです。
(なんか寒いせいか?カメラのレンズが結露してるみたい…)Hiyoshi1窓の外では、奥さんが一生懸命道路の雪かきをされていました。
Hiyoshi0
フルーツは四種類。
バナナ・パイン・オレンジは不動で、あとの1つは季節により変わります。
今はリンゴですが、季節によってメロン・梨・柿など。
Hiyoshi2
みじん切り玉ねぎ入りのコンソメスープ。
寒い季節、熱いスープは身体が温まってありがたいです。Hiyoshi3コーヒーはトーストと玉子を食べ終わる頃に運ばれます。
やさしい甘さのカフェオレ。
果物と一緒にいただきます。Hiyoshi4蝶ネクタイのマスターをはじめお店の人は丁寧だし、禁煙であれば言うことなしなんだけど、こういうお店の性格上致しかたないです。

|
|

松戸 カルガモコーヒーのケーキセット(ガトーショコラ)

流山街道沿いのコーヒー屋さん、カルガモコーヒー

ちらつく雪を眺めながらコーヒーを飲みたいと思ったのだけど、休日のお昼どきの店内はわりと混んでいて残念ながら窓側の席には先客あり。

でもいいんです。
このこに一目惚れしたから!Kamo01陶器製のねこ。
つんとおすまし顔です。
持ち上げた感じはとても軽い。
底部には、Swedenと書かれていました。Kamo07このこが気に入ったので勧められた別の席を断り、カウンター席に腰掛けてのティータイム。
ガトーショコラブレンドのケーキセット700円。
Kamo05
生クリームとチョコレートソースを添えたガトーショコラKamo06まったりとしたチョコレートケーキです。
(小さいですが…)
Kamo08
Kamo09小さめのコーヒーカップで供されるブレンドコーヒー
一杯目はミルクを使いました。
Kamo10
セットの場合、一杯お替わりできるというのを今日は忘れません。
しかもお好みも聞いてくれるのが嬉しいです。
とはいえ私はコーヒーの銘柄なんかよく分からないので、〈今月のおすすめスペシャリティー珈琲〉というコスタリカ ラ カンデリージャ ハニーを。

お代わりのコーヒーは、また別のカップで出してくれます。
でもミルクはつかない。
ミルクは一杯目で全部使ってしまい、ミルクピッチャーは空っぽ。
(お願いすれば出してくれるだろうけど)
そのままブラックで頂いてみました。
ブラックでも飲みやすい、軽い味わいのコーヒーでした。

私のお気に入りのこのこに棚から降りて出演してもらいました。
Kamo15

Kamo12

カルガモコーヒーさんのデザートmenu。
この次は何を頂こうかしらん。
Kamo17
すっきりした北欧風?のインテリアが素敵。Kamo18やっぱりご機嫌が悪そうに見えるカルガモさんでした。Kamo20

|
|

松戸 ピーチーズのカニクリームコロッケ

またもや雪のちらつく建国記念日。
ただ、今回は先日のような大雪にはならないようです。

松戸に買い物に出たら、ピーチーズが営業中しているのに目がとまる。
本日のお得なランチは生姜焼き・メンチカツ・ミートソース。
カニコロのランチじゃないけど…いいや、今日の私のおひるはピーチーズ

カニクリームコロッケ950円。Peach1ピーチーズのカニコロ、久しぶり。Peach2さっくり揚がったカニコロ。
最初はタルタルソースで、あとからはやっぱり別添えのウスターソースでいただきました。
Peach6
ピーチーズのごはんは、つけ合わせも豪華です。
ケチャップ炒めのスパゲティ、さつま芋の甘煮、大根の煮物。
ニンジン、紫キャベツ、キャベツなどたっぷり野菜サラダにトマト・きゅうりのスライス。
お口直しにグレープフルーツ一切れまで。
Peach4
わかめの味噌汁。
今日はちょっと、トロリとした感じ?Peach3カニクリームコロッケにお箸を入れると、トロトロ~の中身が流れ出します。
アツアツをふうふういって食べるんよ。
最高!Peach5ごちそーさまでした。
これがランチだと850円で食後のコーヒーつきですが、今日は単品なので河岸を変えます。
(私はどうも昔からここのママさんが怖い…マスターの方は愛想がいいおじさんです)

|
|

五香 カフェ・コロラドのカフェ・クレーム+ゴンドラ

本日の五香のデザートは、アーケード街をちょっと歩いた先にあるカフェ・コロラドにて。
星野珈琲の斜め向かい側の場所にあたります。
純喫茶店のような古びた外観だけど、ドトール系のチェーン店だよね。
Coro0ここの、店頭のショーケースのケーキが美味しそうだな~と思って、いつも星野珈琲への行き帰りに気になっていました。
ドアを開けるとすぐ手前のカウンターで食事中の老婦人が1人。
年配のおじさんがマスターで、カウンターにいたおばさんは奥さんらしく、よたよたした足取りで、お冷やを出してくれる手つきも危なっかしいので見ているこっちがハラハラしちゃう。
メニューは玉子サンド480円やモーニング、ワッフルなど。
ハヤシライス730円もある。

注文しましたのはカフェ・クレーム(カフェ・オレ)500円。
雪のせいかケーキの種類は少なめでしたか、ゴンドラ290円を。
Coro1
ゴンドラはバナナのオムレットCoro2
Coro3
〈まるごとバナナ〉みたいな食感を予想していたら、ナイフを入れると外側のスポンジが思いのほか固い。
でも固いのは表面の、とくに盛り上がった部分だけで、開いてみるとなかはほろほろ。
内側はバナナが一本包まれていて、みずみずしい果物のいい香り。Coro5カフェ・クレーム(カフェ・オレ)は表面にホイップクリームを浮かべたコーヒー。
ヒヨシのカフェオレのようにミルクが溶け込んでまったりと甘いタイプではないのね。
砂糖を使えばいいのですが、そのまま飲みました。Coro4ほかのケーキは、いちごのスポンジケーキ〈ローゼ〉やプリン、あとマドレーヌがショーケースに並んでいました。
エッグサンドなども食べてみたいが、マスターはともかく、おばさんの方が私みたいな一見客には無関心ぶりを隠そうともしないのがちょっと再訪をためらわせるところ。

|
|

五香 マルシェのビーフカレー

大雪の一夜が明けて外は一面の白景色。
旅行先じゃなく、ウチの方でこんなに降ったのは実に久しぶり。
心配していた外ねこは何とか一夜を過ごせたようでほっとします(懐いてくれさえすれば、ウチに入れたいのですが)。
朝食を食べてから家の周りの雪かきにせいを出す。
今週は母の診察予約があるため、少しでも車を出しやすいようにしておきたい。
それから足元に気をつけて、雪をかき分けながら出かけます。

今日も五香に来てしまった。

やっぱり昨日のビーフカレーが気になって、2日連続でコーヒーショップマルシェさんを訪問。
実はちょっと危ぶんでいたのですが、マルシェさんは大雪の今日もしっかり営業されてました。

ここの値段づけは変わっていて、フード類はドリンクに一定価格がプラスされるシステム。
ビーフカレーは単価800円とありますが、コーヒー400円を一緒に注文した場合はプラス400円で、セットにしても単品と同価格で頂けるのです。
ならば、セットにするしかあるまい?

というわけで念願のビーフカレー
前述のように400円のコーヒーと合せて800円というわけです。Maru1ひと匙めはわりあい甘口、しかしあとから辛みを感じるスパイシーなカレー。
Maru2
青い縁取りのお皿に紅一点のような福神漬けが映えています。Maru3きのうと同じ付け合わせのサラダ。
甘みのあるオーロラソースが美味しいです。Maru6カレーの中にはビーフのこまかい枝肉が入ってるけど、このさい気にしない。
塊はさすがに無理だけど…。
玉ねぎなどの野菜は見当たらず(溶けちゃった?)。
Maru5
ごはんは少し多めと見えましたが、ぜんぶ食べちゃいました。
メニューに野菜カレーがあるといいのにな、残念。

食後に出していただいたコーヒー
今日は、青いツタの絵柄のカップです。
Maru4
この次は、エビピラフかピザマルゲリータがいいな。

本日、店内に流れるBGMは“アロハ~…♪”という歌詞が切れ切れに聞き取れる、ハワイ民謡?のような音楽でした(アロハオエ~ではナイ)。
ちなみに昨日は“ラブ・ミー・テンダー”…プレスリー?

|
|

五香 マルシェのモーニングセット+チョコレートパフェ

関東甲信越に十数年ぶりという大雪警報の出た土曜日。
未明から降り出した雪の中、新京成の下り電車に乗って、降り立ったのは五香。
本日は、コーヒーショップマルシェさんを訪問します。Maru00こちらは自家焙煎珈琲がご自慢の店ですが、本日は店頭の看板も拭き付ける雪に濡れています。Maru002マルシェさんのおしながき、いろいろ。
こちらのお店、調理担当は初老のマスター、ホールは奥さん(たぶん)が担当しておられます。Maru50
Marumenu1

Marumenu2

Marumenu3

Marumenu4

Marumenu5

Marumenu6
もし、モーニングのメニューを出されなかったら、私は絶対ビーフカレーを注文していたのだけど、もう11時過ぎというのに「モーニング、いいですよ」と言われて、つい。
モーニングセット500円。

トースト、ベーコンエッグ、サラダ、コーヒー。
ワンコインで目玉焼きのモーニングが食べられるのがうれしい。
Maru01
小花の模様のカップで出されるコーヒー。Maru02ワンプレートのモーニング。
Maru05
トーストを、こんな風にカットするのは珍しい。
よく焼いてあるので縮んで見えますが、これで小ぶりの食パン1枚か。Maru10絶妙な焼き加減のたまご。Maru15刻んだトマトを散らしたレタスのサラダ。Maru25私は目玉焼きといったら醤油派です。Maru20食後にチョコレートパフェ680円。
私、前回はチョコパフェはメニューから消えたと思ったのですが、よく見ると1頁ぶち抜きで写真使ってメニューに載ってるじゃないの。
Maru30
バナナを放射状にあしらった(しかも、ちゃんと客の目線を意識)華々しいパフェ。
たっぷり生クリームには削りチョコがふりかけてあります。
グラスの中はバニラアイスとコーンフレーク。
うーん、美味しい!
Maru35
パフェののっていた18世紀ロココなお皿。Maru40Maru41降りしきる雪を眺めながらのコーヒー店のひととき。

今日は大雪という予報だし、遠出して電車が止まったりしてエライことになったら困ると思って、絶対止まらないという噂(絶対ないわけでもないby松戸に生まれ育って数十年の沿線住民)の新京成沿線での食べ歩きでした。

雪は昼過ぎからさらに激しくなり、風も強まって地吹雪のような様相を呈してきました。
首都圏の交通機関にもかなり影響が出て、会社が休みで本当によかった(実は、ウチの会社はさる業務で出勤している人もいるのだが)。

私は外ねこが気の毒で、早くこの雪がやんで欲しい。

|
|

鎌倉にて

JR北鎌倉駅に降り立つと、目についたのはつるし飾り。
街角や商家の店先などでも見かけました。
Tsurushi1
色とりどりの千代紙で作られたつるし飾りは、古都の冬を彩る風物詩なのだそうです。Tsurushi2Tsurushi3赤い椿白い椿
いずれも鉢の木北鎌倉店にて。TsubakiTsubaki2とてもかわいらしかった椿の小花。
巨福呂坂を下りたあたりで見つけました。Tsubaki3豊島屋本店にて、小町おふく。
甘酸っぱい白桃あんのお菓子だそうです。
Ofuku

|
|

鎌倉 風の杜のロールケーキ+ブレンドコーヒー 

お口直しのデザートは、本当は別のお店(甘味)を考えていたのだけど、コーヒーが飲みたくなって結局ここ。
鶴岡八幡宮境内のカフェ風の杜Kaze0平家池を見渡す窓側席に腰を下ろします。
「本日のロールケーキは、いちごです」とのおすすめ言葉にそそられて、今日はロールケーキ700円を。
Kaze1
大粒の苺がゴロゴロと入ったロールケーキ。Kaze2生クリームたっぷり、嬉しいなheart04Kaze3Kaze4どうやったらこんなに切り口を美しくカットできるのだろう。
Kaze5
ケーキのお供にはブレンドコーヒー400円(200円引きでこのお値段なので高い)。
Kaze6
コーヒーメレンゲの小さいお菓子つきです。Kaze7観光地価格だし、もうちょっとメニューの幅も拡げて欲しいけど、ゆったりと落ち着いて過ごせる穴場のカフェです。
なお、ココは鶴岡八幡宮の経営というわけではなく、境内の土地を借りて営業しているとのこと。

レジ横で売っていたパン。
おやき餡パンは粒あん・抹茶・スウィートポテトの三種一組で、八幡宮のハトの焼き印が押してあります。
私は甘いパンはあまり好まないので、朝食に手ごろなフランスパンをお買い上げ。
1本200円也。Kaze8カフェから眺める池の光景はとても素敵。
今度は、いつか蓮の花が咲く季節に来てみたいと思う。

|
|

北鎌倉 カフェ鉢の木の北条セット

今日は鎌倉に来ています。
北鎌倉駅から徒歩15分ほど、建長寺に隣接するカフェ鉢の木Hachi00精進料理の「鉢の木」本店がリニューアルしてお昼だけ営業するカフェに生まれ変わったというので前からぜひ来たいと思っていました。Hachi002席に着くと出されるほうじ茶セット。Hachi001おしながき
Hachimenu1

Hachimenu2

Hachimenu3

Hachimenu4
寒い季節のおすすめは湯豆腐のようです。
Hachimenu5

Hachimenu6

Hachimenu7
鎌倉ビールが気になるんだけど、最近は全然飲んでからなあ…。
Hachimenu8
北条セット2300円。
基本の北条のお膳に胡麻豆腐と自然薯のついたセットです。
朱塗りのお椀がいいですねぇ。Hachi01お料理の内容は、ホームページに出ているとおり。
Hachi02
窓のすぐ外は建長寺の駐車場。Hachi022水菜の海苔わさび和え、若布と分葱のぬた、小松菜の油炒め、筍、厚揚げ、大根、玉蒟蒻、菜花、梅麸、京人参、春姫金柑、空豆蜜煮、菊花蕪。
Hachi03
建長汁Hachi04胡麻豆腐Hachi05生麸しぐれ煮Hachi06香物Hachi07自然薯Hachi08とろろ汁の薬味に刻み葱と山葵。Hachi09一膳目Hachi10二膳目Hachi11おてもとに描かれたかわいい絵。Hachi003色とりどりのお菜が、少しずつきちんと詰められてあって目にも鮮やか。
建長汁はちゃんと手で崩したお豆腐が入っていて、ごぼうなどの根菜類がひなびた、いい香り。
みずみずしい青菜は一足早い春を味わっているよう。
生麩のしぐれ煮はお店のおすすめどおり、ご飯にかけて。
まろやかな中にも、しっかりとお醤油で炊き込まれて濃厚な風味。
胡麻豆腐はぷるんとしてきめ細やかです。
ご飯はお代わりできるので、二膳目は自然薯のとろろ汁で頂きました。
それにしてもとろろが多めなので本当はもう一膳欲しかったけど、恥ずかしくて言い出せず…。
とろろはそれだけでスルスルと食べたりしました。
『美味しんぼ』で山岡士郎が「鎌倉は宝の山じゃないか」と言って山芋を掘る話があったけど、これはまさか地産品じゃないだろうな。
以前は鶴岡八幡宮の門前にとろろ料理のお店がありましたが今はもうないみたいですね。
ご飯二膳でも、あとでお腹に十分ずしりときました(当たり前だ)。
気軽に頂ける精進ランチ、前に、京都や奈良で味わった精進料理を思い出して懐かしかったです。

お店は内も外も端正な佇まいできれいです。
厨房はいざ知らず、客席に出てくるスタッフさんたちは女性ばかり。
皆さん親切で、お料理の説明など丁寧にしてもらいました。
和装の方が1人いらしたのが女将さんかな?
こちらのお店は季節ごとにお料理の内容が替わるので、いつか再訪するのが楽しみです。Hachi004

|
|

有楽町 紅鹿舎のチョコレートパフェ

珈琲舎 紅鹿舎で、大好きなチョコレートパフェ800円。
Beni1
今年の初パフェでございます。
Beni2
ここのパフェは、生クリームたっぷり。
グラスの上部に出ている部分は、全部生クリームというのが私には嬉しい。
グラスの中にはバニラアイスが詰まってます。
Beni3
だけど何か…胸ヤケがする。
特に、チョコレートソースがいけない感じ。
おかしいな、今までこんなことはなかったのに…。
まあでも、まだモーニングのメニューが出てる時分からパフェなんか食べてりゃ、そら食傷気味にもなるわな。
紅鹿舎さんは、以前は土曜日のモーニングはなかったと思ったのに、今日は元祖ピザトーストをはじめ何種類かのモーニングメニューを見せられました。
どんなんか、気になるところ。

余談ですが禁煙席を希望して座ったところの隣席の人たちは宝塚ファンらしく、会話の中に「私のご贔屓の〇〇さん」とか「お茶会」とかいう言葉が聞こえてくるのが場所柄らしい。そのなかで私のすぐ隣にいた男性(この人は別にヅカファンというわけではないらしい)のポマードがキツくて気になりました。
それもこの日、パフェを楽しめなかった理由かも。

|
|

新橋 ブラボオのモーニングサービス

新橋駅から徒歩7、8分(けっこう遠く感じる)、オフィス街の谷間にある洋食と喫茶の店ブラボオ
一間間口くらいの地味な外観。Brabo00モーニングサービスのメニュー。Brabo002こちらはグランドメニュー。
※ただし平日のお昼時オムレツ類は注文不可とのこと(土曜日はOKだそうです)。
Brabo003
“おかげ様で創業42年”と自ら謳う店内はモノが雑然と置かれ、決しておシャレではない。
店はおじさんとおばちゃんの二人でやってられます。
私が入店したとき、お父さんのようなマスターが一人でモップを持って掃除中、あとからママさんが買い物袋を手に提げて「寒いですね」と言って帰ってきました。

モーニングサービス500円
タマゴ料理は日替わりとあったけど、マスターは「何でもいいですよ」と言って下さったので、オムレツでお願い。Brabo012オムレツ、トースト、サラダ、フルーツ、ジュース。
Brabo01
オムレツにサラダ・フルーツ・ジュースまで付いてなんて健康的。Brabo02Brabo03ホテルのレストランみたいに小ぎれいじゃないけど、家庭的なオムレツ。
添えてあるトマトソースは自家製だそうで、甘さ控えめのあっさり味。
Brabo05
サラダはレタスの葉っぱを敷いた上にポテトサラダ(ニンジン・きゅうりなど入り)を盛りつけ、トマトときゅうりのスライスをトッピング。
フルーツはバナナ・キウイ・イチゴの三種盛り。
Brabo06
トーストの食パンは6枚切りくらいかな?
一片はイチゴのジャム塗り、もう片方はシンプルなバタートースト。
Brabo07
コーヒーはあとから出てきました。
(単にママさんが忘れていた)
如雨露が描かれた可愛いカップは、けっこう年代物みたいだけどWood&sonsの品(英国製)。Brabo04ワンコインで頂ける朝ゴハン、いいですね~

…なんですが、実はさっきっから店内にはカレーの香ばしい匂いがプーンプン。
何時間も煮込んで作るというカレーは、なんとモーニングもやってるのです。
ああ私、今度はカレーを食べに来たいっ!!Brabo004こちらのお店はマスターとママさんがとってもフレンドリーです。
お二人は毎朝3時半起きで杉並の自宅から始発でやってきて7時に開店するそうです。
メディアの取材などは、常連さんを大事にしたいし、「年だから」のんびりやれる程度でいきたいからと断っているそうです。
食事メニューではオムライスのほかハヤシライスなども人気。
オムライスは普通のトマトソースとオムハヤシオムライスが人気を二分しているそうですが、ママさんはトマトソースがお好みだそうです。
うーん、そう聞くとオムライスもぜひ食べてみなくっちゃ。

あああ、ほんとうに家が近所だったら毎週でも食べに寄りたいな。
いいお店を見つけたときは、とても幸せな気分になれます。


◇おまけ
JR新橋駅の近くで見つけたマンボウのイラスト。
工事現場の仕切りボードより。Manbow

|
|

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »