« 松戸 コメダ珈琲店の純栗ぃむ+ミルクコーヒー | トップページ | 巣鴨 甘露七福神のちまきセット+塩あんみつ »

板橋 縁切榎

板橋本町の町なか、とあるマンションの陰になった一画にひっそりと繁る木立ち。Ennkiri1これこそ、交差点にもその名を留める、縁切榎Ennkiri7縁切榎(板橋区登録文化財)
 江戸時代には、この場所の道をはさんだ向かいか側に旗本近藤登之助の抱屋敷がありました。その垣根の際には榎と槻の古木があり、そのうちの榎がいつの頃からか縁切榎と呼ばれるようになりました。そして、嫁入りの際には、縁が短くなることをおそれ、その下を通らなかったといいます。
 板橋宿中宿の名主であった飯田侃家の古文書によると、文久元年(1861)の和宮下向の際には、五十宮などの姫宮下向の例にならい、榎をさけるための迂回路がつくられています。そのルートは、中山道が現在の環状七号線と交差する辺りから練馬道(富士見街道)、日曜寺門前、愛染通りを経て、板橋宿上宿へ至る約1キロメートルの道のりでした。
 なお、この時に榎を菰で覆ったとする伝承は、その際に出された、不浄なものを筵で覆うことと命じた触書の内容が伝わったものと考えられます。
 
 平成18年3月 板橋区教育委員会

菰で覆われたのが縁切榎。
木陰に造られた参道を進むと、鳥居の先に小さな祠が祀られています。Ennkiri2現在の榎は何代目かに植え替えられたもので、以前ここにあった木の幹がコンクリート詰めされた石碑として保存されています。Ennkiri3社前には縁切祈願に訪れた人たちの願文を記した絵馬が奉納されています。Ennkiri4絵馬に記された縁切祈願の内容は、男女関係、職場関係、家族問題とさまざま。
これの絵馬の一枚一枚に深いドラマがあるんですかね…。
(ちなみに、縁切榎の絵馬は根付と一組で千円、お隣のお蕎麦屋さんなどで頒布されているとのこと。)Ennkiri5
代替わりこそすれ、昔から人々の縁切祈願をじっと聞いてきた榎。Ennkiri6私にも縁を切りたいものがあります。
それは後ろ向きな姿勢。
明日のことを考えて、まっすぐな姿勢で前向きに生きていきたいと思う。



|
|

« 松戸 コメダ珈琲店の純栗ぃむ+ミルクコーヒー | トップページ | 巣鴨 甘露七福神のちまきセット+塩あんみつ »

板橋区」カテゴリの記事