« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

新宿 某ホテルのランチ

突然ですが新宿の某ホテルのランチの思い出など。

海鮮の前菜。
サーモンとかホタテとか。1パンは丸パンと胚芽パンの二種類。
パンが美味しくて、私はお代わりを貰いました。
だって私、肉とか魚は食べられないし…。2キノコを浮かべた地鶏のスープ。
器の底には、玉子どうふ風のムース?が沈んでいます。3さかな料理は白身魚のフリット…というんでしょうかね。
揚げ衣がついてるみたい。4口直しのシャーベット。6メインのお肉料理。
温野菜はポテト・ブロッコリーの茎のような野菜・インゲン豆・にんじん・長芋(ピンク色のヤツ)
ポテトが美味しかった。7デザートはモンブランムース。8このあとはコーヒーで大団円。

こういう機会でもなければ、決してお目にかかれない一流ホテルのランチ。

今日は、お蔭様で貴重な体験をさせていただきました…。

ご近所さん お菓子工房harukoのケーキ

またまた、ご近所ケーキの話題。
お菓子工房harukoで、本日はロイヤル・モンブラン400円と いちぢくのタルト420円の二品
渋皮マロンを使った、モンブランのトップはマロングラッセ。
いちぢくのスライスが甍のように重ねられた季節のタルト。
Cake
もうすぐ10月とあって、ショーケースにはハロウィンのカップ入りのケーキが賑やかに並んでいました。

これも悪くはないんだけど、サルビアのケーキが恋しいな…。

松戸 ピーチーズのカニクリームコロッケ

今日は夏休みをとって、地元の銀行廻り。
用事が済んだらもう12時半だったのでお昼を食べていきます。

ピーチーズのランチ看板にカニクリームコロッケとあるのを見つけて、久しぶりにこちらに入る。
この日のランチはほかにナポリタンと生姜焼きがあり、どれもコーヒーがついて850円。
こちらのランチメニューは日替わりで、ずっとカニコロが食べたいなと思っていたのに外れ続けていたので今日は嬉しい。

最初にカップでみそ汁が出されます。
本日は、もやしのおみそ汁。
(注 以下、スマホで撮影した写真)Peaches0カニクリームコロッケのランチ
Peaches1
俵型にカラッと揚がったカニクリームコロッケ2個。
(タルタルソースに、ウスターソース別添え)
つけ合わせの温野菜はかぼちゃ・大根・インゲン豆。
極細のケチャップ炒めスパゲティ。
野菜サラダにトマト・きゅうり。

メインのコロッケも、つけ合わせも美味しい。
Peaches2
食後のアイスコーヒーで大団円。
私、ピーチーズに来てアイスコーヒーを頼んだことはないんだけど、この日はなぜかママさんがアイスを出してきました!?Peaches3

渋谷 よーじやカフェのあさりと京水菜のパスタ+よーじやパフェ

三連休の最終日はお彼岸の中日に当たります。
この日は母方の菩提寺、祐天寺へお詣りして来ました。

お昼は西村フルーツパーラーで、と思っていたのですが、渋谷駅前のヒカリエを見たら気が変わり、地下1階にあるよーじやカフェへ行ってみる。

羽田空港まで行かなくても、東京でよーじゃカフェのメニューが味わえるなんて楽しいじゃあーりませんか?

ここの店舗は、渋谷ヒカリエ ShinQs店というそうです。
コスメフロアにあるカフェならではのビューティー&ヘルシーをテーマにしたメニューをご提供…というコンセプトで、よーじやオリジナルの化粧品や化粧道具売り場の一角がカフェコーナーになってます。Youji001カフェはエスカレーターを下りてすぐの場所。
(ガラス窓の外にエスカレーターの手すりが見えている)Youji002ガラス板で仕切られた奥がキッチンです。Youji003ここのおしぼりは、羽田空港店のとはまた違っていますね。
これもかわいいです。
京ことばの書かれた“しおり”がいっしょに出されます。Youji004あさりと今日水菜のパスタ オリーブソース
ドリンクセットで1,350円。
Youji01
あさりと貝柱をからませた、オリーブオイル仕立てのパスタ。
しゃきしゃきとした水菜との取り合わせも乙。
お皿の四方に散らされた黒こしょうをあしらいながら味わう。
Youji02
ちんまりして見えますが、けっこう食べでがある。
さいきん、こういうオイル系のパスタにご無沙汰だったので味わいもひとしお。
Youji03
セットのドリンクは よーじゃアイスカプチーノ
もちろん、この顔。
Youji04
これは…いったいどうしたものかと思ったけど、まあふつうにストローをさし、少しずつかきまぜながら飲みました。
味はふつーのアイスミルクコーヒー。Youji042食後は、人気No.1というよーじやパフェ1,000円を。
パフェにも、やっぱりこの顔。
Youji05
パフェの顔は、カップの表面を覆うホイップクリームの上に抹茶パウダーで描かれています。
Youji06
宇治抹茶を使ったアイスクリームに、宇治抹茶ゼリー、わらび餅、白玉、丹波黒豆、丹波栗、ほうじ茶のスポンジケーキ、抹茶白玉など。
これ一品に京の美味しいものがぎゅっと詰まっています。
遠い京都に思いをはせながら味わう。
Youji07
パスタとパフェを食べて、お腹はいっぱいになりました。
よーじやカフェのメニューは気どっていて、お値段は場所柄もあり高いです。
まあタマにだし…京都に行くよりは安いわけだし…。

先週の三連休はちょうど台風にあたり、ウチでずっと気象関連のニュースを観てましたがふだんは風光明美な渡月橋付近の濁流はすごかったですね。
あれから1週間、嵐山はどうしたろう。
ああ、京都にも、もう長いこと行ってないなあ…。

日光のおみやげ

左甚五郎煎餅のほかにも、自分みやげをアレコレ買い込みました。

日光金谷ホテルのクッキース1,365円。
日光金谷ホテル創業130周年記念缶入。
実はこの「缶」が欲しかった。Cookies1こちらが中身。Cookies2明治の館のスコーン3個入り378円。
スコーンはトースターで温めて、朝食にいいですね。Scone

日光 湯沢屋茶寮の豆乳ソフトクリーム

帰りの電車に乗る前に、湯沢屋茶寮でひと休み。

のどが渇いたので、お茶つきの湯沢屋セットでもいいが、注文したのは豆乳ソフトクリーム350円。
日光湯波「海老屋」の豆乳を使用しているとのこと。
口あたり、とってもなめらか。
冷た~いソフトクリームが、渇いた喉にキーンとキクッ!
Uzawaya
ほとんどとんぼ帰りの、慌ただしい日光散歩。
でも、今日はここに来れてよかった。
久しぶりの日光の町は、新しくできたような店があったりしてちょっと新鮮。
でも、変わっていない風物もあり懐かしかった。

日光の路傍にて

日光には、あちこちに湧水が引かれ“おいしい水”として町を潤しています。
水鉢に散る紫の花びらが涼しげ。Nikko1骨董品屋さんの店頭で見かけたこけし。
こけしの胴(帯)に描かれているのは海老・貝・帆船?
どこか海辺の温泉街のお土産らしく思える。
日光にはなぜか骨董品屋多し。Nikko2この顔がいつも笑える(不気味?)。Nikko3神橋の下を流れる神秘的な青い淵。Nikko4憾満ヶ淵に行く途中で見かけた青い実。
けっこう鈴なりです。Nikko5これも憾満ヶ淵の手前に咲いていたムラサキシノブ。
秋の風情を感じさせる草木。Nikko6石升の道。
近くの湧水を水源とし、自然石をくり抜いた升を石管でつないだ大正時代の水道。
こんなふうに水がほとばしる町がうらやましい。Nikko7

日光 憾満ヶ淵と並び地蔵

大谷川沿いの道をたどり赤い含満橋を渡ると、舗装の道が終わり駐車場に出ます。
そこから上流に向かって「ストーンパーク」と呼ばれる公園が広がり、その中央の道を奥にいったつき当たりが慈雲寺があります。
寺といってもがらんとした敷地に山門や太子堂、並び地蔵といわれる地蔵群が佇むのみ。
このあたりの大谷川の小渓谷が憾満ガ淵です。

憾満ヶ淵の入り口にある含満の茶屋
私、この店が営業しているのを初めて見たような?
(いつもオフシーズンにばかり来ているせい)Kanman護摩壇の跡のある霊庇閣
その対岸の絶壁には弘法大師が筆を投げて彫りつけたという「かんまん」の梵字が刻まれており、「弘法大師の投筆」と呼ばれているそうです。
しかし実際のところはこの地を開いた晃海が山順僧正の書いた梵字を岩に刻ませたもののようです。
以前は、この絶壁に不動明王像もあったということです。Kanman1男体山から噴出した溶岩によってできた奇勝・憾満ヶ淵
晃海僧正によって造立された不動明王の石像の真言(咒文)の最後の句から「かんまん」の名がついたといわれています。Kanman2対岸に、少しだけ色づいた紅葉。Kanman3数えるたびに数が異なるといういわれから並び地蔵またの名を化地蔵とよばれる約70体の地蔵群。
中には頭や体の一部を欠損した痛々しいものもありますが、赤い帽子と前掛けをして大切にされています。
これは天海の門弟が彫ったもので、当時は100体ほどあったと言われています。Narabi1ハンサムなお地蔵さん♡Narabi2お地蔵さんに、父の後世と母の息災を祈ります。

ここは、日光で私の大好きな場所。
いつもはたいてい人気が少なく静かなのですが、今日は散策する人の姿がちらほら見られました。

日光 石田屋の日光甚五郎煎餅

田母沢御用邸記念公園前から閑静な住宅街の石畳の道を下ると右側に石田屋さんの本店があります。
ここへ立ち寄ると、いつもお茶と日光甚五郎煎餅のお接待をいただけます。
東京に比べるといくぶん涼しいとはいえ、まだまだ冷たいお茶が嬉しい。
Jingoro
これにつられて、日光甚五郎煎餅、お買い上げ。
18袋入り平袋が駅前の土産店では530円するのが、本店なら525円で買えますし。
(上野の「のものショップ」でも買えることはさておき)

日光 たくみ庵の天ざる(まいたけ炊きこみごはんセット)

田母沢御用邸記念公園の近くにある日光そば処 たくみ庵
男体山のふもとに開けた日光の街は緩やかな登りこう配で、ここまで歩いてきてけっこう汗をかきました。Takumi00本日、私が日光に来たかった何よりの目的は、こちらのおそば・それも《天ざる》を食べること。
が、フト、入口の黒板に書かれた〈まいたけ炊き込みごはんセット〉というメニューに目がいく。
天ざるそば・かけ天そば・かも南蛮のセットがあり、限定30セットというから思わず目がキラリ。
(限定ということばに弱い)
そんなに食べられるかなあ。
でも、お店の人に聞くとごはんの量はそう多くはないというので、これにしちゃいます。Takumi002天ざると舞茸炊きこみごはんのセット1,450円。
ちなみに天ざるだけだと1,250円です。
Takumi01
ああ、久しぶりのたくみ庵の天ざる…!
この数年間、どんなにかこれが食べたかった…!
しかも今日はまいたけの炊きこみごはんまで。
Takumi02
ここのざるは、この青い陶器のお皿に盛られて出されます。
(おそばの下にはすのこが敷いてある)
Takumi03
たくみ庵のおそばは、北海道幌加内産のそば粉を用いているということですが、日光の美味しい水で手打ちされてみずみずしく、香りよい。
Takumi032
そばといっしょに出される精進揚げ
(海老とか入ってないのが、よい)
本日は、なす・れんこん・ピーマン・かぼちゃ・舞茸の五種。
抹茶塩で食べるのが「たくみ庵」流です。
Takumi04
からっと揚がった天ぷらです。
昔は、まいたけ天が二つついていたのに今日のは小さいのが一つだけですね。
まあ、いちどに二つ食べたら胸焼けがしたもんだし、これでも十分っちゃ十分なんだけど。
Takumi042
まいたけの炊きこみごはん
醤油の味がしみ込んで、風味豊かなまいたけの味わいを引き立てていて旨い。
ん、これぐらいの量なら、あまりお腹に負担かからないです。
Takumi05
小鉢はゆぱこんにゃく
ちょっとクチャっとした、不思議な食感。
きゅうりの千切りがほんの少しあしらわれている。
このゆばこんにゃくはお土産用も販売されています。
Takumi06
拡大写真はないですが、お膳にはこのほか大根の浅漬けもついて口中がさっぱりします。

お蕎麦の美味しさをあらためて堪能。
私は毎年、日光に来るといつもお昼はここの天ざるでした。
ただ、実は私は日光といえば冬~春先のオフシーズンに来ることが多かったのだけど(紅葉時とかの混雑が嫌い)、ある年、お店に着いてメニューを眺めたら「天ざるが、ない」!?
ふつうの〈もり〉とか〈かけ〉くらいしか無いのである。
びっくりしてお店の人に聞いたら「(天ざるは)今はお休みです。また4月からやります」と言われて食べられずじまい。
それが数年前の話で、今日は本当に久しぶりにたくみ庵の天ざるが食べられて感動的に嬉しかったです。

日光 明治の館のチェリータート

日光へやって来ました。

母が身体を悪くしてからずっと控えていた旅行。
こんなに遠出するのは、ほんとうに久しぶり。

以前は毎年訪れていたのに、日光駅に一歩降り立ったとたん、実に懐かしい気持ちになりました。

私にとっては、3年ぶりに見る日光の町。
そのあいだに母が入退院を繰り返すようになり、東日本大震災があり、そして父が亡くなってしまいました。
天気はちょっと冴えない空模様だけど、いろんな思いが胸に迫り、思わず駅前の風景を一枚、パチリ。
Nikko日光へ来たら、私はいつも駅前の明治の館でコーヒーとケーキを食べるのが常でした。
大好きな、定番のチェリータート420円コーヒー315円

1階の売店のカウンターで会計をして、注文の品ののった木製のトレイを受け取り、ぎしぎしと音のする階段を登って2階のセルフサービスの喫茶室へ。

陽のさんさんとふりそそぐ、私のいつもの定位置だとふつうに写真を撮るとこんなふうにちょっと暗くなってしまいます。
(座っていると、とても明るくて和む席なんですけど)
Meiji1
チェリータート
タルトケーキの上には、ゼリーで固めた真紅のルビーのようなチェリー。
ネギ坊主のような、固く絞った生クリームが三つ、縁にきちんと並んでます。
Meiji2
ちょっと深みのあるコーヒーです。
Meiji3
久しぶりに食べたチェリータートは…なんだか、歯が浮くように甘かった。

「明治の館」では、バナナのパウンドケーキを買いたかったのですが、店員さんに聞いたところ、もう製造中止とのこと。
昔、買って帰った記憶があるのになあ、残念。

明治の館の喫茶室。
吹き抜けになったフロアが開放的。
別のお客さん方が座っているほうの窓辺には、日光の山々を遠く望みます。Meiji0

松戸伊勢丹 カフェキャピタルのウェスタンオムレツサンド

9月後半の三連休スタート。
朝方、母の通院の送迎をしてから松戸へ出かけます。
松戸伊勢丹では今日リニューアル工事が終わり、いくつかの新しい店舗がオープンしていました。

今まで紳士服売場にあったカフェ・キャピタルが8階ジュンク堂の隣に移転して、これも本日から営業再開なったそうです。

ま、以前よりも開放的なスペースというか…通路との間に仕切りが全然ありません。Cap00ウェスタン・オムレツサンドのドリンクセット1,134円。
Cap01
こんがりと焼いたトーストに、玉子・トマト・ほうれん草・レタスのサンドイッチ。
(本当はベーコンも入りますが、私はいつもそれ抜きで)
トマトとピクルスのつけ合わせも、変わっていません
Cap02
厚切りトーストのサンドイッチはボリュームもたっぷり。
Cap022
ドリンクはアイスコーヒー
そういえば私、ここでアイスコーヒーを飲むのは初めてかな?
まあ、お味はふつうに美味しいアイスコーヒー。Cap03ふわふわのオムレツに、とろとろのトマトソースがよく合う。
ほうれん草が入ってヘルシーです。Cap04今日は午後から妹が来て、父方のお墓と父のお墓をそれぞれ詣でる。
お彼岸とあって、いろいろ気ぜわしいです。

松戸 ヒヨシのモーニング

大雨降ってるけど、買い物があったので松戸へお出かけしました。

コーヒーヒヨシで久しぶりのモーニング530円。

デジカメを忘れて、またもやスマホの写真です。
(画面が暗い…これでも少し調整したんだけど)
Kimg0006
外の雨を眺めつつ、温かいモーニングにありつく。
Kimg0007
今朝のフルーツはバナナ・パイン・オレンジ・梨。
Kimg0010
飲物はカフェオレです。Kimg0015少し蒸して暑いので、やっぱりアイスカフェオレにすればよかったかな。

雨がいくらか小降りになったところで外に出る。

店の向かい側にある民家の戸袋の下に、一匹のねこが雨宿りをしてもぐっていました。
それを見るとしばらくは立ち去り難く、せつない思いでした。

この子も、それからあの子たちも、あの子たちも、あの子たちも…それから私の知らない全部のねこたちが無事でおりますようにと願わずにいられません。

ご近所さん アルブランのケーキ

この三連休は台風の接近が予想されたりしてあまり出かけられそうにないので、基本ウチで大人しくしているつもり。

というわけでアルブランのケーキを買い出し。

和栗のモンブラン300円とふつうのモンブラン250円、それにサービス品のチョコレートケーキ105円。
Cake
とにかくモンブランが食べたい気分だった。

八柱 日高屋の野菜たっぷりタンメン

全国的に三連休。
初日の今日は午前中ちょっと忙しくって、やっと午後2時過ぎに遅い昼食タイムがとれました。
遠出するにもお腹が空いたので手近なところで、熱烈中華食堂 日高屋 新八柱店へ。
注文したのは、野菜たっぷりタンメン490円。
てっとり早く目についたメニューです。

(デジカメのバッテリー切れで、スマホで撮影した写真)。
Hidaka1
もやし、キャベツ、人参、きくらげ、にら…
大量にのっかった野菜が嬉しい。
野菜の旨味をたっぷり味わっていただきます。
これ一杯で、日ごろの野菜不足が解消できる…かな?
Hidaka2
チェーン店だけど、店は意外に奥行きが広く若いスタッフさんたちはきびきび動く。
ほんとうは生ビールも飲みたかった。

松戸 コメダ珈琲のモーニング

東京五輪が決定した、日曜日の早朝。
珈琲所コメダ珈琲 伊勢丹通店を訪問。
今朝はモーニングがお目当てです。

11時までのモーニングは、ドリンクを注文するとトースト・ゆで玉子が無料でついてきます。
Komeda1
籐のバスケットにトーストとゆで玉子。
食パンは1/2切れだけどけっこう厚切りだし、タマゴも赤玉なのが嬉しい。
Komeda2
今朝はアイスコーヒー400円にしてみました。
アイスというと「加糖ですか?」と聞かれるのでハイとお願い。
汗をかいたステンレス?のコップになみなみと注がれたアイスコーヒーはまろやかでとても軽い口当たり。
このアイスコーヒー…気に入りました。
Komeda3
こんなに厚切りです。Komeda4モーニングを頼んだ場合は豆菓子は付かないので、お土産用の袋を二つ買っていきます。

ご近所さん お菓子工房harukoのケーキ

今日は、ご近所さんでもまた別のお店のケーキを買ってみました。
いつもの駅の、自宅とは反対側の方に下りた側にある お菓子工房haruko
数年前からある店ですが、実は自分でココのケーキを買うのは初めて。
(いただいたことはあり)

ショーケースに並ぶ、色とりどりのケーキのうちから選んだのはこの三つ。
キャラメル・バナナロール320円、季節のショートケーキガトー・ショコラ各380円。
Cake_2
キャラメル・バナナロールは森永キャラメルと同じ香りがして、メレンゲのようなふわふわのスポンジが特徴的。
ボリュームたっぷりなのも嬉しいですね。

季節のショートケーキは、いちじくです。
いちじく・ラズベリー・ブルーベリーがのってて、きめ細かなスポンジの間にイチジク入りの生クリームをサンド。
生クリームも固く絞ってあって上等。

ガトー・ショコラ
はきめの細かいチョコレートケーキにやっぱり固めの生クリームがたっぷり、とり合わせがよい感じ。

どのケーキも大きいので、ニッコリ。
小さな店舗ですがケーキを買いに来るお客が次から次へと訪れます。
人気のほどが伺えます。
私も、また食べたい。

ご近所さん アルブランのケーキ

今日は母の通院のため休み。
家で食べるオヤツは、ノンアルコールビールとケーキ。

「サルビア」が工事中なので(果たして復活するのかは「?」だけど)、アルブランのケーキ。
ここも昔からあるケーキ屋さん。
でもウチはケーキといえばいつも「サルビア」でした。

モンブランとスワン型の生シュー
モンブランはマロンペーストがまろやかでもっちもち。
生クリームだけのシンプルな生シューは爽やかな風味です。
Cake
このケーキも悪くないんだけど、「サルビア」のケーキが懐かしい…。


時どき強い雨が降ってます。
外ねこに気の毒なのであまり降らないでほしいと願う。
でも…もちろん暑いんだけど、この雨はもう“秋の雨”の匂いがする。
季節は徐々に、しかし確実にうつろう。

父がいない年月がそれだけ重なるということ。
もう戻ってこない日々が恋しいです。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »