« 亀戸 にし田のたぬきそば | トップページ | 亀戸 すずしろ庵の福わけ »

亀戸香取神社にて

スポーツの神さまとして有名な亀戸香取神社
こちらで私が見たかったのがコレ。
亀戸大根之碑
みごとな大根型。
亀戸じゃなくても大根ってたいていみんなそうですが。

江戸・東京の農業 亀戸大根
このあたりで大根づくりが始まったのは、記録によると文久年間(1861~64)の頃とされ、当香取神社周辺が栽培の中心地で、以来、明治時代にかけて盛んに栽培されてきました。
当地は荒川水系によってできた肥沃な粘土土壌であったため、肉質が緻密で白く冴えた肌の大根づくりに大変適していました。
亀戸大根は、根が30cm程度の短い大根で、先がクサビ状にとがっているのが特長。
明治の頃は「おかめ大根」とか「お多福大根」といわれましたが、大正初期になって産地の名をつけて「亀戸大根」と呼ばれるようになりました。しかし、宅地化が進んだ大正時代の終わり頃から産地は江戸川区小岩や葛飾区高砂などに移っていきました。
秋から冬にかけてタネをまいて早春に収穫となる亀戸大根は、当時は他に大根などの全くない時期で、新鮮な野菜の出始めの頃なので根も葉も浅漬けにして美味しいことから、江戸っ子から大いに重宝がられました。
平成9年度JA東京グループ 
農業協同組合法施行五十周年記念事業
Katori1境内で見かけた「亀戸」の看板は亀さんの“亀”に大根の“戸”をイメージ。Katori2亀戸の地名の起こりとされている亀が井戸
両脇に立つのは恵比寿様・大黒様の石像です。Katori3社前の参道はその名も「亀戸香取勝運商店街」。
「勝運」の名を冠した特産品がいろいろと売り出されているようです。

« 亀戸 にし田のたぬきそば | トップページ | 亀戸 すずしろ庵の福わけ »