« 雨の神田明神 | トップページ | お茶の水 画廊喫茶ミロのナポリタン+自家製プリン »

神田 天野屋の甘酒

神田明神に参拝したら、どうしても行きたいお店がありました。
“明神甘酒”でその名を知られる天野屋さん。
店頭には〈かうじ〉と旧かなづかいで大書された看板が下がる。
左側がお休み処、右が甘酒や糀、味噌などを並べた売店になっています。Amano0店頭のかき氷の吊り看板がまたレトロ…。
というかコレ、もしかして昔の氷かき器の一部ですよね。Amano4時が止まったようなレトロな店内で、ガタピシいうテーブルに着席。
まず冷たい麦茶が出されるのが嬉しい。
名物ということで、甘酒をいっぱい400円。
温かいのか冷たいのか聞かれますが、ここは基本の温かいのをお願いしました。
ちなみにお盆が出されたらその場で会計するシステムです。Amano1甘酒はまろやかで濃厚、胸にじいんと沁み入る味…。
店の地下6mに土室があり、そこで作られる糀を使ったというさすがの逸品です。Amano2お口直しに添えられるのは久方味噌
麹の味噌漬けのようですが珍味。
お味噌のいい香りが舌の上に広がります。
飲める人だったら、酒の肴にもよさそう。
(ちなみにワタシは若いころは酒豪と言われましたが、今はもう駄目ですわ…)Amano3天野屋さんには甘味やかき氷のほか、磯辺餅や安倍川餅、味噌おでんなどもあるので軽食をとることもできます。
ただ一皿の量が多いんですよね…グループならいざ知らず。

天野屋さんの店頭に、←旧中山道と書かれた表示板が立てられていました。
(↓の写真、木製の燈篭下)
エッ、ココ中山道だったの!?
初めて知ったこの事実でした。Amano5_2

« 雨の神田明神 | トップページ | お茶の水 画廊喫茶ミロのナポリタン+自家製プリン »