« 雨の湯島聖堂  | トップページ | 神田 天野屋の甘酒 »

2012年6月16日 (土)

雨の神田明神

江戸総鎮守・神田明神

正式名称は神田神社。
東京の中心…神田、日本橋、秋葉原、大手丸の内、旧神田市場、築地魚市場…108町会の総氏神様で、「明神さま」の名で親しまれています。
御祭神は大己貴命(大黒様)・少名彦命(恵比寿様)・平将門命の三柱。
それぞれ縁結び・商売繁盛・災厄除けの神様です。

緩やかな坂を登った先に、昭和50年竣工と新しいけど壮麗な随神門が参詣者を迎えてくれます。Kannda2門の左右には左大臣と右大臣の随神が対をなして正面を向いて坐しています。
Kannda21 Kannda22
門の周囲は美々しい彫刻や飾りに彩られています。
なかでも左右の欄間には因幡の白兎とネズミ大黒に因んだ金ぴかのレリーフがあって目を魅かれます。
Kannda23 Kannda24
ちょうど6月ということで、“夏越大祓式”の茅の輪がしつらえてありました。
この輪を正面よりまず左にくぐり、右・左と3回くぐることにより悪疫を免れるという言い伝えがあるそうです。
Kannda1総朱漆塗りの鮮やかな本殿
Kannda3神田明神といえば銭形平次
境内の隅にあった顔ハメ看板にこっそり笑う…(銭形平次の碑もあるそうですが、見落としました)。
誰が呼んだか誰が呼んだか~♪
…ワタシにとっての銭形平次は、やっぱり大川橋蔵さんしかおりませぬ…。Kannda7屋上庭園というのがあったのでちょっと散策。
このころになると、朝方からの雨もほとんど止んできました。
Kannda41ハナモモが緑の固い実を細い枝にしっかりとつけていました。Kannda42足元には小さなせせらぎも作られています。Kannda43紫陽花もふさふさと大輪の花を満開に咲かせています。
人工的ではあるが、都会の中にぽっかりと空いた緑あふれるオアシス、という感じ。Kannda44社務所に戻り、絵馬などを物色。
縁結びの大黒様が一の御祭神ということで、その手のお守りが各種揃っています。Kannda5本日のお土産。
ナマズさんの災難・厄除け守
初穂料500円。Kannda8…しかしこれ、本当にハクション大魔王のあのツボにそっくりですね…(ワタクシ、リアルタイムで観ていた世代でありんす)。Kannda9最近、旅行ができないので近場でちょっとだけ旅行気分、を味わいました…。

« 雨の湯島聖堂  | トップページ | 神田 天野屋の甘酒 »

千代田区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1076998/45689177

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の神田明神:

« 雨の湯島聖堂  | トップページ | 神田 天野屋の甘酒 »