« 銀座 ブリッヂのチョコナッツパンケーキ | トップページ | 松戸 スターバックスコーヒーのザッハトルテ »

2012年3月 4日 (日)

湯島 みつばちの鮭雑炊+小倉あんみつ

相変わらずさむ~い日曜日。
今日は、上野というより御徒町(でも住所は文京区湯島)の甘味処みつばちを訪問。
ワタシ、コチラに伺うのは本当に久しぶりで、店の様子もすーっかり忘れていました。
通りに面してハニー焼やアイスクリームの売店があり、横に回ったところに喫茶室があります。
喫茶入口のサンプル。
色とりどりのメニューが美味しそうです。Mitsu00

店内はわりと小ぢんまりとして古びた風情。Mitsu22こちらは前金制で、入口で先に会計して食券代りのレシートをテーブルに出しておくというシステム。
レシートは回収されてしまうのですが、自営業の人なんかでレシートが必要な場合は別に領収書を切ってくれるのかな、と要らんことを考えたりして。

お昼なので、まずは鮭雑炊800円をいただきます。
5分ほどで蓋つきの鉄鍋が運ばれます。
小皿に小梅が2個のってきます。
(別に添えられた平皿は何に使うのか不明)Mitsu01蓋をとりました!Mitsu02おてもとに描かれたロゴマーク(みつばち、というより蝶々の翅のようですが)が可愛いです。Mitsu06ワタシはおじやとか茶がゆが大好き。
甘味屋さんでも雑炊を出してくれるお店は少ないのでこれは嬉しいです~。Mitsu03鉄鍋で煮たたせたごはんの上にほぐした鮭の身、三つ葉、結びかまぼこ、シイタケ。
白ごまぱらり、ワサビが落としてあります。Mitsu04わさびをよ~く溶いて、ごはんに馴染ませて…
お茶碗はつかないので、お鍋からじかにお杓文字ですくいます。Mitsu05素朴な味で美味しいです~
・  ・  ・  ・
美味しいんですけど…
量が…足りない。
小食の女性なら十分なんでしょうけど、(ワタシ♀ですけど)これっぽちでは全然もの足りません。
なんか、食べたのにまだお腹がくーくーいってます…。

さて、コチラは「小 倉 ア イ ス の 発 祥 の 店」だそうなので、
やっぱりこれを食べずに帰るわけには参りませぬ。

で、小倉あんみつ580円。

創業明治42年、氷業から始まる。
当時、冷夏で売れ残ったあずきを当与が桶に入れて保存したところ、周りが少し固まって、食べてみた。
それは何ともいえぬ 美味だった。
たまたま購入したばかりのアイスクリーム製造器で混ぜたところ、偶然できたのが、現在でも人気の 小倉アイス である。
Mitsu10中央に伝説の小倉アイス。
そのまわりにこしあん・求肥、バナナ・缶詰のミカンとモモ・干し杏、寒天に赤えんどう豆。Mitsu11テーブルに備えつけの黒蜜をかけ回して、いただきます。Mitsu12ワタシ、あんまり小倉アイスって食べないんですけど、元祖といわれりゃまあこんなものかな~と。
ふつうに美味しいです。
ただ、このあんみつも果物やカンテンなどいかにも切り方がちいさくてセコい。
入口にあったサンプルはアテになりません。
これが「みはし」さんだったらアンコはもちろん豆やカンテンだってもっとたくさん入ってるのになあ、とつい比べてしまいます。

今日は頼まなかったけど、メニューのなかで気になったのが〈桜あんみつ〉と〈桜しるこ〉。
どちらも桜の花びらと白玉が入っているらしいです。
どうせ量はぽっちりなんだろうけど。

3月の声をきいたら、早くも桜便りが気になります。
しかしそれは同時に決算・予算業務時期への突入を意味することでもあるのですが。

« 銀座 ブリッヂのチョコナッツパンケーキ | トップページ | 松戸 スターバックスコーヒーのザッハトルテ »

文京区」カテゴリの記事