« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

秋葉原 丸福珈琲店の名物ホットケーキ

本年最後の食べ歩きは、ヨドバシAkiba4階のCAFE 丸福珈琲店にて。
名物ホットケーキ580円とカフェオレ520円をいただきます。
(セットメニューがあればいいのに)
Marufuku1
ガラス張りの厨房で、丁寧に焼かれたホットケーキ。
ナイフを入れると、外側はちょっと固めでカリッとした感触があります。
メープルシロップとバターを添えて。
Marufuku2
カフェオレは可愛い花柄のカップで出されます。
角砂糖が別に添えられますが、ミルクだけでじゅうぶん甘味とコクがあるので使いませんでした。
Marufuku3
内側はふっくらと焼けてます。
ここのホットケーキはたいへん厚みがあるので、バターとシロップをほど良いバランスで加えながら食べるのがコツかな?
Marufuku4

秋葉原 わらびやの冷やし揚げもちそば

2012年大晦日、ヨドバシAkibaの8階レストラン街へ。
そばと酒肴処 わらびやに入りました。

実のところ、いつぞや貰ったドリンクのタダ券(有効期限今日まで)を使うだけのために今日はココへ来たのでした。
タダ券で生ビールをGET。
タマに飲むビールは旨いなあ…。
Warabi1
注文はお気に入りの冷やし揚げもちそば950円。
Warabi2
からっと揚がった一口大のお餅になめこおろし、海苔、三つ葉を散らした冷たいお蕎麦。
別添えの刻み葱と山葵もいっしょに。
徳利に入ったそばつゆをかけて。
Warabi3
さっぱりしていて旨いです。
お蕎麦の量はそれほど多くありませんが、そのぶんお餅が入ってるので、腹持ちも良い一品です。Warabi4これが今年の年越し蕎麦?

東京大丸 イノダコーヒのイタリアン+ココアトルテ

近所のスーパーでお正月用品の買出しを手伝ってから東京へ出かけました。
本当は別に行きたい店があったのですがそんなわけで出遅れてしまったので、手近なところで東京駅で下車。

東京大丸のイノダコーヒーに初めて行ってみました。
8階紳士服売場の一角にその店はあります。
入口からして重厚な英国風の雰囲気で、黒服を着た店員さんに迎えられたりしてちょっと気後れしそう。
案内された店内も天井が高く磨きぬかれた壁板や、真紅のビロード張りの椅子にレースのカバーが掛けてあったりとクラシックなムードです。

とても日当たりの良いカウンター席で、イタリアン945円をいただきます。
Inoda1
イタリアンは最初蓋をした状態で席に運ばれ、「器が熱くなってますのでお気をつけ下さい」と言って出されます。
昔の給食みたいな、アルミ風の器なのです。

太麺にあっさり味のトマトソースをからめた、昔なつかしいスパゲティです。
Inoda2
わりと厚切りのハム、ピーマンに玉葱、マッシュルームの入ったトマトソース炒めのスパゲティ。
関東風にいえばナポリタン。
しかしこのスパゲティが…本当にすごい太麺!
モッチモチのうどんみたい。
そしてトマトソースがもうコテコテで、謳い文句にあるような“あっさり”した味ではなく、とても濃ゆいのである!
Inoda3
タバスコと粉チーズをかけて、ギトギトのトマトソースを中和しながら食べます。
ウム…これが京都風のナポリタンなのか…。Inoda4決してマズイといってるわけじゃないです。
これはこれで、一風変わっていて美味しいです。
ただもっと量が欲しい。
お値段の割には、(ワタシ的には)全然ボリュームが足りません!

本当はイノダコーヒに来たからには、人気メニューだという〈京のブランチ〉など注文したいところだけど、ワタシはハム、ソーセージが駄目だからなあ…。

食事のあとにケーキセット945円を取りました。
10種類のケーキはどれも525円、コーヒーまたは紅茶とのセットで945円です。
Inoda9
これはココアトルテホットコーヒー(ミルク・砂糖入り)のセット。
Inoda5
ココアトルテ
2種のチョコレートクリームとココアテイストのスポンジで仕上げた、定番のチョコレートケーキです。
もうね、こういう外側を乾いた薄いチョコレートでコーティングしたケーキって、昔は巷のケーキ屋さんでよくあったのですが、現在は生チョコがスタンダードで見かけません。
フォークを入れるとぱりっと外側のチョコが割れるのがすごく懐かしい。
層になったチョコクリームもココアスポンジも、それから上にちょこんと絞り出されたクリームもチョコも絶妙に美味しい!です。
Inoda6
コーヒーはミルク・砂糖入りでお願いしました。
「かき回してお飲み下さい。お好みで角砂糖をお使い下さい」と丁寧な口上あり。
スプーンの上には、小さめの角砂糖ひとつ。
これもコーヒのなかに落として、いただく。
少し濃い目の、すっきりとした薫り高いコーヒーです。
コーヒーの風味と、ほど良い甘みがよく合っています。
Inoda7
お会計して出るとき、ふと入口のサンプルケースを見るとパフェを発見。
Inoda8
席でメニューを眺めたときは気がつきませんでした。
イノダコーヒのパフェってどんなだろう?
ちょっと惜しかった。
Inoda10
ただやっぱり京都の本店の雰囲気とはだいぶん違います。
デパートの中だからどうしても雑然としていてお客さんも店員も忙しないといおうか。
本店に流れるあのゆったりとした雰囲気は、ここには無い。
そして店員さんの態度には…慇懃無礼を感じました。
お冷やのお代わりをサッと注いでくれたり、はするのですが。
まあ確かに、ワタシなど大した客じゃないですけどね。
ケーキは美味しかったけど、そうすぐには、また行かなくてもいいという感じです。

松戸 くりこ庵のたいやき

今日のお八つはこれ。
久しぶりにくりこ庵たいやき
定番の小倉あん一匹130円也。
Kuriko2
めで鯛
Kuriko1
自宅でせっせと年賀状作り。
ああ嫌だイヤだ。
年賀状、本当に大っキライなんですよワタシ。
ただ今年はプリンタを新しくしたので、作業的にはさすがにかなり楽にはなりました。

松戸 ピーチーズのカニクリームコロッケ

冬休み、第一日目。
実は夏の人間ドックで再検が出てまして、今日は近くの乳腺外科へ行って来ました。
初めてマンモグラフィーという検査をやったのですが、結果は“良”でした。
ここのところずっと気が重かったのだけど、お正月前にシロと判定されてとりあえずホーッと胸を撫で下ろす。
ああ、生きてるって素晴らしい・・・・!

だけど同時に、人間ドックではほかにも「貧血」でこれは何年も前から要精密検査が出ていたのをずーっと放置していたのですが、ついに観念して同じクリニックの内科に予約を入れてきました。
新年早々、また病院行きです。

検査を終えて、松戸へお買い物に出ました。
ピーチーズの「本日のランチ」メニューにカニクリームコロッケとあったので、本日のお昼はここで。

カニクリームコロッケのランチ850円。
厨房のほうでマスターがコロッケをジューッと揚げる音がいつ聞こえてくるかなと思ってワクワクしていたのですが、気づかぬうちにいつの間にかお皿が出て来ました。
Peach1
俵型のカニクリームコロッケにはタルタルソース。
別にソースも付いてきます。
付け合わせの温野菜は大根の煮物と蒸かしたさつま芋。
ケチャップ炒めのスパゲティ(極細)。
野菜サラダはトマト、キュウリ、それにキャベツ・紫キャベツ・大根などのみじん切り、パセリ。
マヨネーズをベースにしたと思しき、ドレッシングも手が込んでます。
お口直しのフルーツはパイン一切れ。
Peach2
長ねぎのお味噌汁。
食事のときにスープが付くのはとても嬉しいです。
Img_7208
カニコロにソースをたらり。
揚げたてに齧りつきます。
外側はからっとして、内側はとろり。
旨いんだ~!Peach4ランチはコーヒー又は紅茶付き。
食後にコーヒーを貰いました。
Peach5
お値段の割りにこれだけ食べられるのは、さすが松戸ですね。
今度はリゾットを食べてみたい。

◇おまけ その1
もしかしたらこれは桃太郎なんだろうか。
「ピーチーズ」っていうくらいだからやっぱし…?
Peach6

◇おまけ その2
個人的に最高のツボがこれでした。
小指の先くらいの高さの白い容器。
コロッケのソース入れです。
小さくて丸っこくて、超プリティー!
Peach7

代々木 増田屋のカレーライス

明日はもう仕事納めという日、久しぶりに増田屋へ行きました。
お蕎麦ではなく、やっぱりカレーライス750円を注文。
お昼どきの店内は混んでいて、少し(10分弱)待たされました。
と言っても順番に注文の品をさばいて行くので仕方ないですが。
Masu1
ああ増田屋のカレーライス…
ホントに食べたかった!!
Masu2
この適度な辛味のあるカレーライス。
美味しかったあ。

日頃、あんまりケチケチとしてはいますが、人間、食べられるうちが花というものです。

代々木 吉そばのたぬきそば

銀行に行ったついで、お昼はてっとり早く吉そばで。

ちなみに代々木に「吉そば」は2店舗ありますが、ワタシがいつも行くのは「駅前店」ではなく、北参道交差点に近い「代々木店」のほうです。

たぬきそば320円。
氷がいっぱい入ったお冷やも忘れずに。
Yoshi1
揚げ玉と刻み葱だけのシンプルなおそば。
七味は景気よく使います。
揚げ玉がもう少し欲しい気もしましたが、まぁこんなものでしょうか…。
Yoshi2
底冷えがするように寒い日に食べる熱々のおそばは身体が温まっていいです。

でもやっぱり、明治通りの向こうの増田屋が気になるんだよね…。

上野 ギャランのチョコレートパフェ

お口直しのデザートは、久しぶりに「丘」のパフェを食べようと思って年末の人で賑わうガード下の商店街を歩いて行ったら、何と“本日は貸切のため休業させていただきます”との貼り紙が!
がっかり。
それで、道を引き返してギャランへ。
窓際の席に座り、道行く人の姿を眺めつつチョコレートパフェ900円を。
Galan1
何となくオレンジ色が目立つパフェ。
蜜柑がたくさん使われていますからね。(グラスの底にも入ってる)Galan2パフェは美味しいんですが、ココは喫煙率が非常に高い店…
今日も隣に喫煙者の男性が座って、とても嫌な思いをしました。
吸うなとも言えませんが。
ああワタシは煙草のない国に行きたいです。

上野 麻布茶房の北海かに塩ラーメン

三連休の最終日。
風邪を引いて寒気がしてどうにもあったかいものが食べたくて(そういうときは寝てりゃいいのにというツッコミはこの際なしで)、無理して上野に出かける。
久しぶりに、アトレ上野の麻布茶房へ。

いつもお客が多くてけっこう座れなかったりするのですが、まだ早目の時間ということですんなり通されました。
いつぞや食べたはまぐりのラーメンはメニューから消えたようですが、その代わりに冬らしい北海かに塩ラーメン1,000円が登場していました。
Azabu1
あっさりとした塩ラーメンのスープの上には山盛りの白髪葱と青葱のみじん切り。Azabu2スープの中にはたっぷりのカニ身のほかしゃきしゃきと歯ごたえの良い菜っ葉(小松菜かな?)、たけのこ、人参やもやしなど沈んでいて具沢山。Azabu3これぞ冬の味覚・・・うっとり。
Azabu4
かにの塩ラーメン、旨かったです。
今シーズン中に、また食べたい。

◇おまけ 
店内に飾られた、陶器のコレクション。
こういうの見るの好きなんです。
いろいろな模様があって楽しいです。
Azabu5



成田空港 よーじやカフェの丹波産黒豆のゆず風味パスタ特製醬油クリーム仕立て+よーじやカプチーノ+わらびもち

三連休の中日、ちょっと羽田空港へ行きました。
第一ターミナル内のよーじやカフェでお昼を食べます。
Youji1
豆腐ハンバーグサンドというのも気になるところですが、聞けば豆腐ハンバーグにはトリ肉が入っているというのでやっぱりパス。
パスタは30食限定ですってね。
今日は丹波産黒豆のゆず風味パスタ特製醬油クリーム仕立てのパスタセット1,150円を。
Youji1_2

最高級品として知られる京都丹波産の黒豆に、こだわりの醬油クリームソースをからめました。
ゆず風味が豊かな味わいを引き立てます。

Youji2
パスタを覆う葉っぱは…ベビーリーフ?
Youji3
ソースの中には黒豆と赤パプリカ、そして黄色いゆず皮が入っています。
このソースにはゆずビールが使われているんだとか。
Youji4
ドリンクは珍しいところでブラッドオレンジ。
普通のオレンジジュースと違ってすごく濃厚でさっぱりした味わい!
Youji5
えーと…
正直に言うと、ワタシ的には前回食べた〈ドライトマトとブラックオリーブのゆず風味パスタ〉の方が好みでした。
ワタシはやっぱりクリーム系のソースはイマイチ合いません。
醬油が入ってまろやかな味になっていても…食べるのが辛い。
パスタはモチモチとしていて悪くない。
やっぱりこれをドライトマトとブラックオリーブのゆず風味で食べたかったです。
でも、今日のパスタもいちどは食べてみたいものでしたからね。
Youji6
それに、本日のメインはむしろこの後です。

食後のデザート。
よーじやカプチーノ(ホット)600円とわらびもち500円。
Youjii1
よーじやカプチーノ(ホット)600円
Youjii2
よーじやといえば、この顔!
Youjii3
…まあ、飲んでしまえば普通のミルクコーヒー。
シュガーを使わなくても十分甘くて美味しかったです。
髪や目口鼻はココアパウダーかな?
顔の部分(白いところ)はほんのりシナモンの香り。
この顔を崩すのがどんなにか惜しかったことか…。
Youji4
わらびもち

厳選された特上の本わらび粉を使用。
格別の味をご賞味下さい。

Youjii5
ぷりぷりのわらぴもち。
奈良に通っていた頃は、しょっちゅう食べる機会があったんだけど最近は(スーパーで売ってるのは別として)ご無沙汰してました。
Youjii6

わらびもちにはきなこの上から別添えの黒蜜をかけて。
でも、わらびもちはすっごく弾力性があって蜜をはじいてしまいます。
Youjii7
わらびもち…
Youjii8
次回はぜんざいを狙いたかったりして。

ああ、でもやっぱり今にして思えば“12月のおすすめ”とあった〈ほっこりゆず〉を飲めば良かったな。
ワタシちょっと風邪気味なので、熱々のゆずのお茶を飲んで身体を温めたかったです。

ちなみにこのあと松戸に帰ってボックスヒルに立ち寄り、「ラ・クレア」のメニューを見たら本日のパスタは〈ナスとポテトとコーンのトマトソース〉とありました。
こっちのほうが良かったな…。

松戸 ラ・クレアのベーコンときのこのバジルオリーブパスタ

今日から三連休。
でもワタシは自宅でお持ち帰り仕事ですよ。
ええ。

松戸ボックスヒルで2倍ポイントサービス中なのでちょっと買い物に行ってきました。
お昼は3階のカフェ・ド・クレアで。
本日のパスタランチから、ベーコンときのこのバジルオリーブパスタ1,200円を。
Crea1
メインのベーコンときのこのバジルオリーブパスタ。
Crea2
きのこはしめじ、えのき茸。
ただ、シンプルなオイル系パスタなだけに、ワタシにはベーコンの匂いがちょっと強く鼻につきました。
ふつうの人には気にならないんでしょうけど…。Crea21長方形のプレートの半分を占めるたっぷりサラダ
レタスにキュウリ、人参、プチトマト、コーンなど。
ごまドレッシングが美味しいです。
Crea3
デザートはワッフル二切れに生クリームのカラメルソース添え。
願わくは、デザートはプレートとは別に置いて欲しい…。
(サラダのドレッシングでカップの底が汚れてしまうので)
Crea4
食後に出して貰ったホットミルクティー
最近、外では紅茶を取ることが多いです。
(国産レモンを使ってくれるなら、レモンティーでも良い)
Crea5

代々木 山水楼の蟹チャーハン

三連休前に夜の10時前まで会社に居残り。
普段は家事やねこの世話があるので早く帰りたいですが、休前日は少し頑張らないと。

腹ペコなので、ラストオーダーを気にしながら代々木駅前の中華風レストラン山水楼に飛び込む。
そしたら、どうでしょう。
店内は大入り満員の盛況で、しかも賑やかに歓談する人たちの口からは中国語が飛び交う異様な空間となっていました。
ラストオーダーどころか皆さん飲んだり食べたり、大いに盛り上がってます。
そ、か…、こういう店は、まさに今が繁忙タイムなんだろうね。

ワタシはいつもの蟹チャーハン850円。
Sansui1
プリプリしたカニ身がたくさん入ったチャーハン、旨いです。
ボリュームもあります。
Sansui2
チャーハンは、一週間頑張った自分へのご褒美。
来週はいよいよ年末を迎えます。

代々木 吉そばのちくわ天そば

年末進行で忙しい毎日です。
やらなきゃいけないことは山ほどあるのに、あああ…。

慌しいお昼は、吉そばちくわ天そば340円。
寒いけど、細かい氷をいっぱい入れたお冷やは欠かせません。
Soba1
ちくわ天は丼からはみ出すボリューム。
それに若布、刻み葱が入ってワタシにしてはゴーカ版!?
Soba2

新井薬師前 門のカレーピラフ

昼間、所用があって新井薬師前まで出かけました。
ワタシはこの町は全く初めてで、西武新宿線の駅を出てどこか食事する店がないかと探して目についたのがCoffee Shop 門
いかにも昭和風の駅前喫茶です。
少々古めかしい店内は年季が入っています。
入ったフロアは2~4人掛けテーブルが4卓あるうち、空いていた1卓に腰掛けました。
Mon0
お食事メニューはなかなか豊富。
まず、〈門のおすすめ〉としてオムライス、チキンカレー、しょうが焼き丼、焼きそば、焼きうどんとあります。
また、ピラフがカレーピラフ、たまごピラフ、ウィンナーピラフ、エビピラフ、ミックスピラフ、中華風ピラフ、じゃこと野沢菜のピラフ。
スパゲッティーはナポリタン、ミートソース、カルボナーラ、タラコスパゲッティー、カレースパゲッティー、ねぎとチャーシューのスパゲッティー。

ワタシはカレーピラフ730円に魅力を感じる。
それと、お食事ドリンクセット300円としてメロンソーダをとりました。

入って気がついたんですが、この店、地下もあるんですね。
昼どきだけど混んでないと思って入ったら地下にもけっこうお客さんがいたようで、先客の注文をさばいてからワタシの注文が出されるので少し(10分くらい?)待たされました。
厨房を一人で切り盛りするのはマスター、地下と1階の接客担当は奥さん?
厨房のほうからジューッとフライパンで炒める音が聞こえるので、それなりにちゃんと料理を作ってはいるようです。

カレーピラフメロンソーダ
Mon1
ハムとピーマン、玉葱なんかが入った素朴なカレーピラフ。
お皿に平たく盛りつけられています。Mon2そんなに辛くはないけど、まあまあ旨い、と思いました。
ゴハンの量はもっと欲しかった。Mon3このお店には〈じゃこと野沢菜のピラフ〉とか〈中華風ピラフ〉、それに〈ねぎとチャーシューのスパゲティー〉など、面白そうなメニューがありますね。
ただ、ココは店頭で煙草やさんも兼業しているくらいなので当然店内は全席喫煙可。
ワタシが行った時はまたあっちでもこっでもスパスパ煙草を吸う人ばかりで、煙がモロにこちらに流れてくるのがとてもイヤだった。
再訪は…ちときついなあ。

北千住 デカンターレ ロッソのマルゲリータ

そういえば久しぶりにピザが食べたいな~と思って調べたら、北千住に窯焼きピッツァのお店があるっていうじゃないですか。
で、二日連続で北千住マルイのレストラン街「千寿万彩」へ来ることになりました。

今日はDECANTARE ROSSO(デカンターレ ロッソ)へ。
店内に本場ナポリの窯職人が作った石窯があるという南イタリア料理店です。
De001
店内の広く取られた窓からは北千住の街並みを一望。
De002
ここのランチは3種類でして、Amore(アモーレ)¥1,200、Bella(ベッラ)¥1,575、Cuore(クオーレ)¥3,150。
高いコースにしても食べられない前菜など加わるだけなので、ここは基本の〈アモーレ〉を。
本日のサラダ、本日のパスタ又は本日の窯焼きピッツァ、イタリアンジェラート、コーヒー又は紅茶という内容です。
メインはパスタとピッツァがそれぞれ3種類ずつ用意されていますが、ワタシはマルゲリータをチョイス。

先にサラダが登場。
De003
サニーレタスに人参・大根の千切りにゆで玉子のみじん切り。
ミモザサラダですね。
De004

ドリンクはアイスミルクティー
寒いけどー、やっぱりピッツァには冷たい飲み物を合わせたい。
本当はコーラとかがあればいいんだけど。
De005
ピッツァが登場。
赤、白、緑の三色の取り合わせがきれいなマルゲリータです。
De006
赤い液体は辛いソース。
イケメン店員のお兄さんが何も言わずにピッツァのお皿と一緒に持ってきました。
「お好みでどうぞ」くらい一言あっても良さそうなものだが…。
De007
ピッツァの生地はカリカリの薄いクリスピーなタイプ。
ワタシは辛いのが好きなので、ビン入りのねっとりとした辛いソースをたーっぷりかけます。
De008
んー、旨い!
ピッツァの端がところどころ焦げて炭っぽくなっているのが、また絶妙。De009顔を油だらけにしてピッツァを完食。
美味しかった!
これなら、もう一枚くらい食べたいくらい。

デザートはヨーグルトのジェラート
ワタシはヨーグルト自体は食べるけど、ヨーグルト味のアイスというのはイマイチなので、これは残念。
でもピッツァのあとの口直しには、さっぱりとしていいです。
De010
ピッツァはとても美味しかったので、また行きたいです。
ただ、店員さん(特に男性)があんなに取り澄ましていなければ、もっと感じがいいのですが。

北千住 梅園の湯葉ぞうに

ワタシの場合、ほっとけーきだけじゃ、ちょっと物足りないの。
「ええ!?」
でも巨大ホッケーキといってもワリと普通のボリュームだったと思う…。

で、順番が前後しますが、久しぶりに北千住ルミネの9階レストラン街へ上がる。
あまり重いものもアレなので、梅園でお雑煮を食べていくことにしました。

ここのお雑煮メニューは3種類。
 ○梅園ぞうに 787円(餅3枚、筍、蒲鉾、椎茸、鶉3個、銀杏、海老、紅白)
 ○湯葉ぞうに 787円(餅2枚、蒲鉾、椎茸、湯葉2枚、手毬麩、花麩)
 ○玉子ぞうに 682円(餅2枚、蒲鉾、椎茸、玉子)

ワタシはかねがね、玉子雑煮じゃないお雑煮を食べたいと思っていました。
本来は、店名を関した梅園ぞうにといきたいところだけど、うずらたまごとか海老が入っているのがナンなので湯葉ぞうにをいただきます。

湯葉ぞうには平たい陶器のお椀で出てきます。
Zouni1
蓋を開けたところ。
Zouni2
お椀の表面積をほぼ覆うのが、平たく畳んだ大きな湯葉2枚。
それに蒲鉾、椎茸、手毬麩、花麩に三つ葉…と彩り良く。
Zouniue
Zouniup_2湯葉をめくると、小ぶりの四角いお餅が2枚もぐってました。
気持ちていどに焼色がついてます。Zouni3浅草の老舗だけど、上品にダシをとったすまし汁仕立てのお雑煮。
ゆずの香りがきいて美味しかったです。

もうすぐお正月ですねえ。
どーしよう!?

北千住 cafe CONVERSIONのチョコバナナほっとけーき

今日のお目当ては、北千住にあるcafe CONVERSION(カフェ コンバーション)千住2丁目店
ずっと行ってみたいと思っていたホットケーキのお店です。
以前、土曜朝に放送している『ぶらり途中下車』という番組で草加のホットケーキ屋さんが取り上げられたことがありましたが、こちらはその姉妹店になるらしい。
今年の3月、震災の直後にオープンしたそうです。
古民家をリノベーションしたお店は、北千住の小さな商店街からちょっと入った路地にあります。
Con1Con2
土間から靴のまま板敷きの店内(というか屋内)に上がると、そこには2~4人掛けのテーブルが四つ。
Con8Con10
それもどこからか持ってきたような不揃いの椅子とテーブルです。
Con5Con9
店内のインテリアもアンティークで素敵。
ビンのコレクションが多く目につきました。
Con3Con7
野の花が飾られた入口ドアのディスプレィ。
Con6
レジの横に置かれた大きなガラスの壺の中には、ツリーを象ったクッキーが。
砂糖衣でアイシングしたもので1コ¥100。
Con4
ノートパソコンの横に、昔の道具が並べて置いてあったりします。
何に使ったものかしらん?
Con11
店内のランプ二題。
Con12Con13

ほっとけーきのメニューは次のとおり。
○プレーンほっとけーき ¥550
 (メイプルシロップ・ホイップクリーム・バター)
○米粉ほっとけーき ¥650
 (メイプルシロップ・ホイップクリーム・バター)
○クリームチーズほっとけーき ¥780
 (クリームチーズ・メイプルシロップ・ホイップクリーム・バター)
○抹茶ほっとけーき ¥880
 (抹茶生地・ホイップクリーム・バター 自家製小豆・自家製黒蜜)
○チョコバナナほっとけーき ¥880
 (チョコ生地・ホイップクリーム・チョコソース・バナナスライス)
○BLTCほっとけーき ¥880
 (ベーコン・レタス・トマト・チーズ・サルサディップ)
○チリビーンズほっとけーき ¥980
 (自家製チリビーンズ・チェダーチーズ・サラダ)

ほかに日替わりのケーキもあります。
でも、やっぱり今日はほっとけーき!

お昼どきではありますがお食事系のメニューだとワタシは残念ながらベーコンとかチーズが駄目なので、チョコバナナほっとけーきを。
飲み物はおりじなる珈琲・みるく珈琲・紅茶がセットで300円だというので、みるく珈琲にします。

お店を切り盛りしているのは若いお姉さん一人。
「ほっとけーきはお焼するのに時間がかかります」と言われましたが、ワタシはもとよりそのつもりで時間潰し用の本など持参してきましたよん。

みるく珈琲が先に出てきました。
カフォオレボウルのような手作り感あふれるカップに入っています。
Hot010
(左)珈琲に添えられた砂糖は、一つ一つ紙で包まれていました。
(右)包み紙を開くと、茶色いフランス砂糖が出て来ました。
オシャレですね。
別添えのミルクはちゃんと温められています。
Hot015Hot016
それはいいが、肝心のほっとけーきが中々出てこない。
その間に珈琲が冷めちゃうので、ワタシはついヤキモキします。
珈琲が出てから5分ほどして、やっとほっとけーきが登場。
オーダーしてから、実に25分ほど経っていました。

チョコバナナほっとけーき
これが噂の巨大ほっとけーき…
…が、それよりもメニューをよく読んでいなかったワタシは、出てきたお皿を見てビックリ。
生地が…チョコレート色!
Hot020

チョコレートの生地なんですね。
フライパンいっぱいに焼かれたと思しき、ふっくらと膨らんだほっとけーき。Hot030ホイップクリームにチョコソース、バナナスライス。
別の小皿にバターも添えられます。
ほっとけーきの熱でホイップクリームがどんどん溶け出しています。
Hot040
ほっとけーきを一片切り取ると、ぷうんとチョコレートが香ります。
ホイップクリームとの相性が悪かろう筈はありません。
バターと合わせても、またよろし。
Hot045
小さな店内には次々にお客さんが入って来ました。
忙しい時間帯でも、あのお姉さん一人でホットケーキを焼くのかな。
ちょっと心配。
ただワタシは、やっぱり飲み物はタイミングよく出して貰いたいです。
ホットなら尚更、まして冬だしね。
それに、気がついたらお冷やが出ませんでした。
これはほかのお客さんのテーブルも同様みたいでしたが、食後の口直しにお水の一杯くらいは飲みたかった。
でも、プレーンほっとけーきと米粉ほっとけーきも気になるので、またそのうち再訪したい。
お肉を使っていないなら、チリビーンズのもいいな。

いつか、草加のお店にも行ってみたいです。
草加店には食事メニューもあって、パンケーキももうひと回り大きいそうなので興味津々。

代々木 全国ラーメン党 木久蔵ラーメンの正油ラーメンセット

またラーメン(カップ麺じゃないヤツ)が食べたくって、久しぶりに代々木駅前の全国ラーメン党へ足を運びました。
地下の店は相変わらず狭くて窓が無いため圧迫されそうな空間。
コの字型のカウンターにはお客さんが数名。
美人のママさんも健在です。

お昼の木久ちゃんらーめん正油セット600円をオーダー。
セットはお茶碗によそった半チャーハン付です。
先にラーメンが出され、それからチャーハンが出て来ます。Kiku1

チャーシュー、玉子、海苔、メンマ、刻み葱を浮かべた正油ラーメン。
もうちょっとスープの量が欲しいところだが…。
麺も中太くらいのツルツルっぽいタイプのヤツで、あまりワタシのお好みではない…が、お値段を考えればこんなものね。
Kiku2
チャーハンは既に作ってあったのを、注文があるとママさんが人数分だけ鍋であっため直してお茶碗によそって出してくれます。
タマゴと葱だけの、シンプルだけどやさしい味。
Kiku3
近年、代々木駅前には何だかラーメン屋さんが林立しています。
(あ、中華じゃないけどゴーゴーカレーもできた)
でも、ドコも肉食系男子をターゲットにしていそうな感じの店ばかりでワタシなどはちょっと入る気が起こりません。
こういう昔ながらの店もいつまでも続けてくれるといいと思います。

上野 UP CAFEのモーニング

今日は会議とそれに続いて関係者の忘年会があるので、準備のためいつもより早目に出勤。
それにしても朝食抜きで出て来たので上野に着いたところでUP CAFEへ立ち寄り。
いつものモーニング1番420円を食べて行きます。
Up2
ふかふかのトーストが嬉しいです。
急いで食べたので喉がつかえそうになりましたが…。
Up
これくらい食べて行かなきゃ、やってられないですよもう。

代々木 さらだでりばのお弁当

会社からちょっと歩いたところ、共産党本部ビル前に面した通り沿いにある小さなお弁当屋さん。
店名はさらだでりばというらしい(あとで箸袋を見て初めて知った)。
オープンは5、6年前だと記憶していますが買うのは初めて。
500円で買えるのり弁
お菜として、今日はカニ爪フライが付くというので思わず手を出しちゃいました。
先にのり弁をレジに持っていくと別容器に入ったオカズを一緒に包んでくれるというシステムです。

プラスチックの四角い容器にずっしり御飯の詰まったのり弁。
玉子焼きと鮭が一カケずつ、それにキュウリの漬物がのってます。
オカカをまぶした上に海苔を敷き詰めてありますが、御飯の量に比してオカカはもう少し欲しいところ。
別に添えられるカニ爪フライは練り物でしたが、その下に敷いてあった茄子のラタトゥイユ風が美味しかった。

会社の電子レンジでちょっとチンして食べました。
Sarada
何しろ御飯の量が多くて容器を持った感じもずっしり重いので、とりあえず腹だけは満ちるというところです。

上野 みはしの豆かん+ソフトクリーム

さて、ラーメンのあとのお口直しは、もういちど「みはし」のほうじ茶アイスを食べたいと思いました。
でも、上野アトレ内のみはしで聞いたところ、ほうじ茶アイスはもう全店で終わってしまったそうで残念。
先週末にはまだお品書きが出ていたのにな。
それにしても先日の豆かんが美味しかったので、今日はこのままみはし 上野アトレ店で食べて行きます。
ワタシはアトレ店に入るのは初めてで、意外に小ぢんまりとした店内…
中央に5、6人が座れるくらいの大テーブルがあり、ほかに二人掛けのテーブルが7、8席散らばっています。
席に着こうと思ったら、「こちらで先にご注文とお会計をお願いします」と呼び止められました。
人の出入りが多いエキナカのためか、こちらでは入口のレジのところで先にお会計するシステムなのですね。
気がついたら、入口とは別の通路に面したガラス窓の横に出口がありました。
注文の品はスタッフさんが席まで運んでくれます。

豆かん450円にソフトクリーム100円をトッピング。
Mihashi1
Mihashi2
赤えんどう豆とカンテンがたくさん。
アン抜きのシンプルさがいい。
ほうじ茶アイスではありませんが、ソフトクリームでも美味しいです。Mihashi3こちらは出口側の自動ドア。Mihashi4アトレのポイントもなかなかたまりません…。

さて今夜はNHKBSで、『安城家の舞踏会』が放映されます。
ン十年前にいちど観て、とても心に残った映画です。
この日が来るのがほんとうに待ち遠しかった…。
ずいぶん古い映画で、もちろんモノクロ。
細部は忘れてしまったのですが、伝説の名女優・原節子がヒロインの没落華族令嬢役。
そのお姉様を慕う成金青年(安城家の元運転手)の思いが悲しく切ない。
「お嬢様、お幸せにー」と言って悲しそうに去って行く青年。
なりふり構わず、そのあとを「○○さーん!(役名忘れた)」と叫びながら必死に追いかけるお嬢様。
ラストシーンは原節子の笑顔のアップでした。
近年、この映画を監督した吉村公三郎さんの著書(氏が育った京都の暮らしに関する随筆)を読んだこともあって今夜はとても楽しみです。
しかし今のワタシが観たら、どんなふうに感じるのかなあ。
若い頃の感想と違って夢が壊れないかと、それがちょっと怖かったりして。

上野 洋食やたいめいけん三代目のバターラーメン

寒い日が続いて、熱々のラーメンが食べたい気分。
上野ecuteの洋食やたいめいけん三代目のバターラーメンを食べに行きまっす。

バターラーメン780円。
この店では卓上に調味料の類は一切置かれていませんが、ラーメンを注文したときのみ胡椒を持ってきてくれます。
Taimeiken1
シンプルな東京ラーメン。
Taimeiken2
ココのラーメンは麺の細さといいスープの味加減といい、ワタシ好み。
微塵切りの葱と絹さやがさっぱりとしています。
これでチャーシューが乗っていなければ、なお良い。Taimeiken3さあ、ぐずぐずしていると食べる前からバターがスープに完全に溶けてしまう!

松戸 ダッキーダックのずわい蟹と蕪のトマトソースパスタ+チョコバナナパフェ

松戸のボックスヒルで2倍ポイントセールを開催中。
そこで今日はお昼を食べに出かけました。

ダッキーダックでもカニを使ったパスタを出しているというので興味津々。
“冬の休日ランチ”から〈ずわい蟹とかぶら カプチーノ仕立てのクリームトマト〉
“Bijou Christmas Menu Farir”の〈ずわい蟹と蕪のトマトソース〉の二種です。
パスタ以外では〈ずわい蟹とサツマ芋のドリア〉というのもありました。

今日はずわい蟹と蕪のトマトソースパスタをいただきます。
前シーズンも食べたけど、12月25日までの限定メニューだというので、この機会に。
ドリンク・スイーツ付1,380円。
この店ではパスタの量はS・M・Lサイズから選べるんでした。
今日はカニ!を心ゆくまで堪能したいと思って、Lサイズいきます。
Sサイズだと100円引きになるらしいけど、何たってカニですもの。
Ducky1
ずわい蟹と蕪のトマトソースパスタ
Lサイズはどーんとさすがのボリューム。
Ducky2
ぷりぷりのカニ身がたくさん。
ちょっと小ぶりながら、カニ爪も入ってます。
蕪も冬が美味しい野菜。
ワタシはカニも蕪も大好きです。
先週食べた「ハーブス」に負けず劣らず美味しい冬ならではのパスタです。Ducky3食後のスイーツとドリンクを用意して貰います。
Ducky4
ホットミルクティーは透明のガラスのカップに注がれます。
ちょっと変わってますね。
Ducky5
デザートは、苺のクリームケーキ
こういうセットだとどうしてもハーフサイズになってしまうのが残念。
Ducky6
紅茶には、ミルクとシュガーを入れて。
琥珀色の、いい色!
…ミルクが卓上備え付けのコーヒーフレッシュなのがちと残念。
あとペットシュガーが、ダッキーダックオリジナルの包装紙ではなくなってました。
Ducky7
ランチセットは以上ですが、もうひとつ、チョコバナナパフェ766円を追加しちゃいました。
Ducky8
たっぷりのバナナとチョコシフォンにバニラとチョコレートのアイスを使った人気の組み合わせ。Ducky9分かりづらいですがバナナのスライスは生クリームの山の向こうに二切れ。
グラスの底にも輪切りにしたのがもぐってます。
二色のアイスと生クリームは美味しいです。

今シーズン中に、〈ずわい蟹とかぶら カプチーノ仕立てのクリームトマト〉もいただいてみたい。

代々木 吉そばのたぬきそば

北参道交差点に近い吉そばが最近リニューアルしてきれいになりました。
郵便局に出たついで、寒いので温かいおそばを食べていこうっと。
いつものたぬきそば320円ですが。

明治通りを望む明るい席にて。
白木のカウンターはまだ新しくて清清しい感じです。
Yoshi1
七味をたっぷりとね。
Yoshi2
あれ?
なんかおそばの感じが変わったかしら。
以前よりも細っこい、ワタシ好みの麺ですよ。
それとも久しぶりだから、そんなふうに思えただけかしらん。

こういう店はどうしてもイートインして行くのは男性ばかり。
たまに女性が入って来ても、みんなお持ち帰りしています。
でも、ワタシは持ち帰りなんて面倒だから食べて行っちゃう。
次回はちくわ天ぷらそばが気になっています。

余談ですが冷水機に「氷」「氷+水」「水」という切り換えボタンがあるのに気がつきました。
前からあったのか、リニューアルで機械が新しくなかったのかは分かりません。
でもワタシは氷が大好きなので、氷を好きなだけたっぷり注げるのがいい!
寒いのも何のその、おそばを啜る合い間に氷をジャリジャリ噛むのがたまりません。

代々木 ココイチのポークカレー

最近、平日の外ランチといえば
Coco1
CoCo壱番屋ポークカレー450円。
量も辛さも普通。
一番安いメニューです。Coco212月に入って寒くなりました。
外ねこの寒さ対策に悩んでいる毎日です。
何とかなついてくれて、ワタシの部屋に入れられればいいのですが…。
(お誘いはしているのに、入ってくれない。)

上野松坂屋 ハーブスのランチサービス

上野松坂屋南館1階のハーブスで、カニ!のパスタが始まったというのでさっそく行ってみました。

前面ガラス張りの窓から日が差し込む明るい店に来るのも久しぶりです。

ランチサービス(11:00~15:00)1,400円の構成:
 ・季節のサラダ
 ・お好きなパスタ一品
 ・本日のデザートケーキ
 ・コーヒー又は紅茶又はジュース

注文をするとすぐに出される季節のサラダ
パプリカと大根の千切り、サニーレタス
Harbs1
メインのパスタ かにと小松菜の有機トマトソース
Harbs3
かにの旨味が凝縮された一品。
フレッシュトマトに加え、さっぱりとした味わいに仕上げました。

Harbs2
プリプリしたかにの甘さ、小松菜のシャキシャキ感がたまりません。
カニを堪能できる季節になったんだなあ…。Harbs4食後のデザートは三種選べるうちからストロベリーケーキ、それにホットミルクティー
Harbs5
きめ細やかなスポンジに、国産イチゴと生クリームを贅沢にサンド。
おいしいがハーフサイズなのが残念。
セットのケーキはそのとき店員さんが指定する三種類のうちから選ぶことになっているのですが、ほかのテーブルの注文を聞いていると、一つのケーキが品切れになるとまた別のケーキが「本日のデザートケーキ」になるのだった。
こうして商品を(古いものから)回して行っているのね…。Harbs6紅茶にミルクと砂糖を投入していただきます。
美味しい紅茶が嬉しいです。
紅茶の表面に天井の電灯が映っています。
Harbs7

松戸 ひとつと家のたぬきそば

もう12月、師走です~。
この年になると、1年のなんと短いことか。
今日は“光陰矢のごとし”って良く言ったもんですわね。

さて、今日は休日出勤の土曜日でした。
休日出勤は苦ではありませんが、せっかく出社させて貰っても仕事が捗らないのは辛いです。

7時頃に会社を出て、帰りは上野で夕ごはんを食べていこうかと思って総武線に乗ったところ、まさかの人身事故で電車は水道橋でストップ。
都営地下鉄三田線で巣鴨まで出て、そこから山手線に乗り継ぎ。
もう上野まで出る気はせず、大人しく日暮里で常磐線に乗り換えて松戸へ帰りました。

お腹空いた…お昼はコンビニめしだったし、御飯物が食べたいけど、もう考えるのが面倒なので松戸でボックスヒル7階レストラン街へ。
ひとつと家で、てっとり早くたぬきそば600円!
Tanu1
色が変わるほど七味をかけて食す。
ああ…たぬきそばも久しぶりです。Tanu2ひとつと家の隣りは9月に閉店した「新宿らーめん亭」でした。
未だにそこは新しい店は入らず、ぽっかりと空いたままです。
灯が消えた暗いスペースを眺めながらの食事は寂しいものがありました。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »