« 上野 マドンナーのオムライス+チョコレートパフェ | トップページ | 神楽坂 紀の善の田舎しるこ »

2011年11月19日 (土)

神楽坂 志な乃のざるそば+野菜天+けんちん汁

雨降り土曜日。
え~と今日は、本当は御茶ノ水の某レトロ喫茶に行くつもりだったのですが、店の前まで行ったらなんと耐震工事で来年1月まで休業中との貼り紙が!
が、ガックリ…せっかく雨のなかを出てきたのにさ。

そんなわけでまた総武線に乗って、飯田橋にやって来ました。
通勤沿線でありながらなかなか平日は降りる機会がありません。
飯田橋駅で降りた途端にちょっとしたアクシデントがあり、折り畳み傘を壊してしまった。
ヤレヤレ…。

お昼は、久しぶりに民芸風手打ちそば 志な乃へ。
店頭には“新そば”のノボリが出ています。
新そば、食べられるんでしょうかね、わくわく。

席に着くと出されるお茶とお菓子。
Shinano1
砂糖を少しまぶした、甘いそばかりんとう(かな?)。
Shinano2
ただワタシは手元が狂って一つ落としちゃいました。
ああもったいない…。

ワタシは欲張って、ざるそば(小)1,000円と小野菜天ぷら450円とけんちん汁200円をいっぺんに注文。

注文すると出されるそば徳利とそば猪口と薬味の小皿。
Shinano3
最初に出されるけんちん汁
小さめの丼になみなみ注いで出て来ます。Shinano5ワタシは手前のひょうたん型の容器に入った七味を使いましたが、奥の「ゆず七味」にすれば良かったな。
この「ゆず七味」は新潟のメーカー製で、角柱型の容器には水原の三角達磨が描かれています。
Shinano12
けんちん汁には七味をたっぷり。
三つ葉、木綿豆腐、大根、人参、牛蒡、コンニャク、しめじ、舞茸と具沢山。
熱々のお汁で身体が温まります。Shinano6続いてざるそば小野菜天ぷらが登場。
Shinano7
重たい大皿にどーんと盛られたざるそば
これで小盛り!?
考えずに普通盛りを頼んでいたら大変だった…。
(ちなみに小盛りは100円引き)Shinano8小野菜天ぷら
ピーマン、椎茸、南瓜、いんげん、人参、茶筅茄子の五種盛り。
奥の方にみぞれが見えています。
どれも豪快な大きさで、〈小〉にしておいて本当に良かった…。Shinano9茶色くてぶっとい、野趣あふれる感じのおそば。Shinano10そばの薬味皿。
葱の小口切り、みぞれ、わさび、おろし生姜になぜか白ごま。
いろいろな味のバリエーションが楽しめます。
Shinano4
ただワタシはとち狂って、お蕎麦の最初の一箸を天つゆに入れて食べちゃいました。
…まあ、別に食べられないことはなかったです。
今日はどうもやることなすこと、みんないけません。

さて、お味のほうですが、お蕎麦じたいはともかく、ここのそばつゆが薄いんです。
辛い味付けが好きなワタシには全然物足りない。
そこに薬味なんか入れて食べるもので、よけいつゆの味が薄まっちゃって…。
野菜の天ぷらもなんか大味に感じました。
ただ、味がしみた熱々のけんちん汁は文句なしに旨かった!です。
ざるそばとけんちん汁だけでも十分でした。

そば湯は急須に入れて出してくれます。
Shinano11
ちょっと夢敗れた感のある再訪でしたが、いつもご贔屓の「増田屋」とはちょっと違う感じのお蕎麦なのでそう思ったのかもしれない。
しかし、あのそばつゆは絶対薄いよなぁ~。
まず色が普通の蕎麦屋で出されるように黒くなく、茶色なんだもの。

でもまあ、次回は〈そばがき雑煮〉をいただいてみたいと思います。
近くのテーブルに座っていた御仁が食べていたのが美味しそうで、これからの時期は身体が暖まって良さそうですしね。

|
|

« 上野 マドンナーのオムライス+チョコレートパフェ | トップページ | 神楽坂 紀の善の田舎しるこ »

新宿区」カテゴリの記事