« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

上野 みはしの豆かん+ほうじ茶アイス

デザートを食べに、みはし上野本店へ行きました。
「みはし」はアトレ内にも支店があるんだけど、やっぱりつい本店へ行ってしまう。
あの震災の夜もお世話になった、商魂逞しい思い出深い店だからねぇ!

もう一度、ほうじ茶アイスを食べたい。
でも餡はいまいちだなあ…というわけで、本日のご注文は「豆かんにほうじ茶アイストッピングでお願いします!」
豆かんは450円、ほうじ茶アイスは150円也。

シンプルなかん 付 ほうじ茶アイス
Mihashi1
実はワタシ、豆かんは初めてです。
本当に豆とカンテンだけの食べものだった。
(宇野亜由美さん風に)
Mihashi2
豆とカンテンがざっくざく。Mihashi3枯れた味わいのほうじ茶アイス、渋いねぇ!

…気に入りましたよ、ワタシ。
アン抜きのあっさり加減がさっぱりしていて実にいい。
というか、上の方は本当に豆とカンテンばっかりで味がないくらい。
でもワタシはカンテンのふるふる具合が大好きなので平気。
しかしいくらか蜜っぽいシロップがかけられているらしく、器の底の方には甘い蜜が溜まっていて、少ししつこかった、かな。
無理にあんみつを取らなくても、豆かんにソフトクリームとかいいねえ!

|
|

上野 プラッスリー・レカン・キャフェスペースの温玉入り野菜カリー

カレーがとっても食べたい気分の日曜日。
今日は「ギャラン」に行ってカレーを食べるつもりが、上野駅に着き中央改札口を出てグランドコンコースを歩いていたとき、ふとカレーの看板が目に留まりました。

上野駅アトレ1階レトロ館内に位置するブラッスリー・レカン。
ここはかって上野駅の貴賓室だったところを改装したフランス料理店だそうで、もちろんワタシなどにはこれまで縁がないけど、銀座レカンの姉妹店に当たるそうです。
レカンはなかなか高級なフレンチですが、その入口手前、右側にあるキャフェスペースで軽食を出しているのです。
こちらは気軽に入れるようなので、タマには違うお店に行こうと急遽予定変更。

プラッスリー・レカン・キャフェスペースの外観。
赤い外壁がシックな感じ。
この左奥がフレンチの本店です。
Lecrin7
小ぢんまりとした店内は外国映画に出てくるようなカフェバー風。
ちなみに全席喫煙可。
煙草をくゆらす美女が座っていそうな布張りのソファを背にしたテーブル席…は近くに煙草を吸いながら雑談しているオジサン二人連れがいるのでパスして離れたカウンター席に着きます。
ここのカウンターと椅子が、まるで外人さん用みたいに背が高くて、身長157cmのワタシなどはちょっと苦労して足乗せ台に足を引っかけながらやっとこさ座りました。
奥の本店はサービスのスタッフが何人もいるようですが、こちらは壮年の男性スタッフさんが一人で会計、調理、配膳を切り盛りしています。
ワタシのときはたまたま他に注文待ちの先客がいなかったのですが、ワタシのすぐ後に来店した奥さんはサンドイッチを注文して「10分くらいかかります」と告げられていました。
12時前後になってお客が増えたらどうするのだろう。
本店から助っ人が来るのかしら、と余計な心配。

16:30まで注文できる〈おすすめランチ〉は3種類、各680円。
・柔らか牛すじ入りビーフカレー(サラダ付)
・温玉入り野菜カレー(サラダ付)
・ポークと大根のスープ バルサミコ風味(パン・サラダ付)

注文は前金制で、先にレジでお支払い。
「お飲みものはよろしいですか?」という男性店員さんの言葉につられ、ついアイスコーヒーなんかを頼んじゃう。
ちなみにおすすめランチ注文の場合、コーヒー・紅茶・アイスウーロン茶は250円です。
ドリンクを付けてもギャランのランチ950円よりは微妙に安いわけだ…

料理は店員さんがこちらの席まで持って来てくれます。
温玉入り野菜カレー(サラダ付)とアイスコーヒー。
Lecrin1
温泉玉子と、じゃがいも、まいたけ、玉葱、人参、ブロッコリーと野菜がたくさん入ったカレー。
Lecrin3
カレーはビーフカレーをベースにしたもので、お肉のこま切れが少量混じっていました。
スパイシーで香りは良いですが、ワタシには少し甘口?に感じられました。
ご飯は国産米使用とありましたがちょっと炊き加減にムラが…(固いところがあった)。
カレーのルーがやや少な目、そしてもうちょっと熱々なのを食べたかった。
ラーメンを食べてるのじゃないし、これくらいでいいのかもしれないけど。
決して悪くはないんだけど。Lecrin2レタスと紫キャベツのサラダ。
マヨネーズをベースにしたようなとろっとしたソースがかけられているのですが、このソースが…後味が何とも言えず“苦い”のである!
でも仮にもフレンチが本業のお店で出しているんだし…ワタシが単にこういう味を食べつけないだけなんでしょう。
きっと…。
Lecrin4
福神漬けの代わり?に付くキュウリの浅漬け。
Lecrin5
カレーと一緒に出してもらったアイスコーヒー。
それ自体は別に特筆することもないお味。
ガムシロップとミルクはキーコーヒーのもので、ミルクがいかにも小さい!
もっと大きいミルクにして!
Lecrin6
なんか文句めいたことばかり書きましたが、お手軽に食べるにはいい店だと思います。
また今度ミックスピザとかデザートととか…怖いもの見たさで試してみる?


|
|

松戸 伊勢丹のジェラート・・・ネロ(黒五)

伊勢丹で食料品のお買い物ついでに、ジェラートショップでデザートをいただきます。
気をそそられたのは、その名もネロ(黒五)という真っ黒いジェラート。
シングルコーンで320円。
メニューの説明書きによると、黒ゴマ、黒米、黒カリン、黒豆、黒松の実…と、黒い素材が五種類、使われているということなんですね。

ほんとに黒やわ~sweat01
Nero
食べてみた感想ですが・・・

ゴマの味しか感じられない!!

これならチョコレートとかマロンにした方が良かったか…
しかもシングルとはいえけっこうボリュームがあるし。
(隣に居合わせた奥さんがシングルコーンを注文し、「こんなにボリュームがあるの!?」と絶句して途中で挫折して食べかけをゴミ箱に捨てていったくらい)
ワタシはもちろん完食しましたが。
嫌いな肉・魚以外、残すなんて勿体なくてできません!

まあ話のタネとしてはいいけど、一度食べれば十分でした。

そして翌日、大変なことになるのですが推して知るべし。

|
|

松戸 カフェ・ド・クレアのオマールエビとほうれん草のトマトソースパスタ

松戸のボックスヒルでポイント2が倍セールをやってるので、本日発売の雑誌を買いに行きがてら早目のランチをいただきます。

3階のカフェ・ド・クレアにて、本日のパスタプレートからオマールエビとほうれん草のトマトソースパスタをチョイス。
デザート・ドリンク付で1,200円。

どうでもいいが今日のスタッフさんは何だかシニア…いやワタシと同年代くらいだと思うけど、年季のいった人が入っていたのがちょっと驚きでした。

こちらが注文のオマールエビとほうれん草のトマトソースパスタ
Crea1
パスタは丼のような深いお皿に入って出てきます。
Crea2
ブツ切りにしたエビ(ワタシは食べませんが)とほうれん草を、たっぷりのトマト入りのソースで和えたパスタ。
仕上げにみじん切りパセリをぱらり。
ソースはたっぷたっぷで、ちょっとスープパスタっぽい。
このトマトソースがコクがあって美味しいんです!Crea3プレートの半分を占める、どっさりサラダ
レタスいっぱいにキュウリ、プチトマト、人参、紫キャベツ、コーンなど彩りよく散らして。
ただ葉っぱの量に反比例してドレッシングが少なかったので、底のほうは味なしで食べることに。
ドレッシングもっといっぱい欲しかった。Crea4デザートはカットしたワッフルに苺ソースを落とした生クリーム添え。
ワタシはワッフルってそれほど好みませんが、クリームは美味しいです。
Crea5
食後にホットコーヒーを出してもらいました。
これはミルクをたっぷり入れた光景。
Crea6
今日買った雑誌ですが、お目当ての連載については盛り上がりに欠ける展開。
おまけに来月から2回休載という発表でした。
まあ、これは発売日前からネットの情報で知ってはいたのですが、がっかりです。

文庫のコーナーで北杜夫さんの本を二冊購入。
『母の影』と、生前最後の著作という『マンボウ家族航海記』です。
“追悼 北杜夫”という帯の文字を目にしたら、本当に亡くなられて、この世からいなくなってしまったんだなあ…と、今になって実感が胸に迫ってきて、急に切なくなってしまいました。
北さん(などと書くといかにも馴れ馴れしくて恐縮ですが)にはもっともっと長生きして欲しかったです…。

|
|

代々木 山水楼の蟹チャーハン

ハナキンの夜は、いつもお持ち帰り仕事を作らなきゃ!と思って遅くまで会社に居残ってしまう。
〔モーツァルトの顔〕展の最終日なので、今日は早く上がってもう一回モーツァルトに会いに行こうと思っていたのに結局ダメでした。

当てが外れて遅くなった会社帰り、久しぶりに外食して行きます。
中華風料理 山水楼蟹チャーハン850円。
これを食べるのも久しぶりです。
Sannsui
フカフカのカニ身がたっぷり詰まったチャーハン。
Sannsui2
このチャーハンで元気を出して、おうちに帰ろう…。
そしてまた来週も頑張りましょう。

|
|

日比谷 紅鹿舎の元祖ピザトーストセット+チョコレートパフェ

〔モーツァルトの顔〕展を出て、珈琲館 紅鹿舎へ。
まだモーニングの時間で、元祖ピザトーストのモーニングセット1,100円をいただきます。
Beni1
セットドリンクはアイス豆乳カフェオーレで。
ワタシはふだん、モーニングには断然ホットコーヒー!なのですが、やっぱりピザトーストだとアイスドリンクに合わせたいしぃ…。
Beni2
これぞ元祖!ピザトースト!の貫禄。
厚いイギリスパンを使っていてボリュームもたっぷり。
具はサラミ、玉葱、ピーマン、マッシュルーム各少々がのってます。
チーズのこんがり具合がいい感じ。
ワタシはさらにタバスコをたっぷりかけて食べます。Beni3トマトとキュウリのスライス、千切りキャベツのサラダ付き。
ドレッシングはオーロラで。
Beni4
食後はやっぱりパフェをいただきたい。
今の時期、季節限定メニューとかはないようなので、いつものチョコレートパフェ800円を。
Beni5
こんなモーニングの時間帯にパフェを注文する客というのも珍しいかもしれません。Beni6

|
|

日比谷 モーツァルトの顔展

勤労感謝の日の祝日。
有楽町駅前の第一生命ギャラリーで、 〔モーツァルトの顔〕展を開催中というので行ってみました。
第一生命本社入口にあった立て看板。
Mozart1
こちらが展示ギャラリーの入口です。
Mozart2
今回の目玉は、ポスターにもなったランゲ作の有名な『クラヴィーアに向かうモーツァルト』の肖像画。
日本初公開だそうです。
原画はけっこう小さいのが意外でしたが、とても丁寧なタッチで緻密に描かれていて、今にもモーツァルトの息づかいが聞こえてきそうです。
画面の左下にはピアノや両手の下線がうっすらと描き込まれていますが、彩色はされないまま未完となっています。
この肖像画が完成されなかったのはモーツァルトの早世が関係しているのでしょうか。
あと、これも有名な『レオポルト・モーツァルトと子供たち』の銅版画(オリジナル)が見られたのも良かった。
こうして見ると、モーツァルトって横向きの肖像画ばかりですね…
正面顔にコンプレックスでもあったのかな。
それから「トルコ行進曲」「キラキラ星変奏曲」の自筆譜の展示。
どれも繊細な筆で、署名も細いきれいな筆跡だし、伝えられるモーツァルトの人となりとは正反対に、制作活動にあっては真摯でストイックだったことを感じさせました。

休日だし、あまり混まないうちにと思って早目に来訪したせいで、ギャラリーはまだ人も少なくてゆっくり観覧できたのは幸いでした。
ワタシはとにかく人ごみが大嫌いなので…。
もっとも展示品はそう多いわけではないのですぐに見終わってしまいます。

ワタシの部屋にはモーツァルトの肖像画の拡大複製パネルを飾ってあるのですが、あまり画質が良くないのでずうっと残念に思っていました。
今回、その原画をこの目で間近に見られたことは、ワタシにはとても幸せなことです。

|
|

代々木 ココイチのポークカレー

今日は久しぶりに外ランチ。
とは言っても忙しいから、てっとり早くCoCo壱番屋にて、いつものポークカレー450円。
Coco
今日は卓上に用意されていたソースをひと垂らし、してみました。
まあ…ちょっと変わった味のアクセントでした。

ああ、タマには増田屋さんのカレーライスが食べたいなあ…。

|
|

入谷 Iriya plus cafeのハミングバードパンケーキ

いつぞや、不味いホットケーキを食べたのがずっとトラウマになってました。

今日こそは美味しいパンケーキが食べたくて、上野から入谷へ歩くこと約10分。
久しぶりに Iriya plus cafe へやって来ました。

日曜日のお昼過ぎとあって店内はだいぶんお客が多く、今日はワタシがいつも座っていた本棚横のテーブルは塞がっていましたが、土間の中央にどっしりと置かれた大テーブルの一角に座ることができました。

ふと、店内奥のホワイトボードに目をやると、本日のパスタとして〈カボチャとなすのトマトソース〉とあります。
おお、お昼はこれでも良かったねぇ!
でも今日はナポリタンを食べてきてしまったから…無念。

注文したのはハミングバードパンケーキ750円とアイスティー450円。
(お会計はドリンクセットで100円引きになります)
Iriya1
そこそこ混んでいたわりには、そんなに待たされずに出てきました。
薄いパンケーキだから早く焼けるのカナ…?
Iriya2
Iriya3
アイスティーを注文したとき、ミルクティーで、と言ったら「フレーバーティーで、香りが付いてますが大丈夫ですか?」と念を押されました。
聞けばベルガモットを使っているそうです。
アイスミルクティーはやってないというので、別にミルクを付けてくれました。
飲んでみるととてもすっきりと爽やかな飲み口で、今日みたいな暑い日にはまずピッタリ。
これはストレートで飲むべきです。
というわけで、ミルクピッチャーはお返ししました。
Iriya6
ハミングバードパンケーキ
たっぷりの生クリームが嬉しい。
ペカンナッツ(ピーカンナッツ)の歯ざわりの良さが、また。
ワタシはナッツ系が大好きなんです。
パンケーキ2枚の上に、自家製パイナップルソース&ホイップクリーム、バナナ、ピーカンナッツのおいしい組み合わせIriya4薄焼きのパンケーキは、口の中でほろほろと崩れて溶けます。
優しい味わい。
Iriya5

|
|

上野 マドンナーのナポリタン

日曜日のランチは、またもや上野の喫茶マドンナー(しつこいようだが「マドンナ」ではなし)へ。
だってここのランチ、600円ととっても安くてお得!なんだもん…。
今日はナポリタンのセットにします。

ドリンクはまたもやアイスコーヒーで。
Madonna1
「ザ・喫茶店」なナポリタン
Madonna2
ハム、ピーマン、玉葱、マッシュルームが各少々入ったケチャップ炒めのナポリタン。
あまり油っこくないタイプでワタシ好みではあります。
Madonna3
粉チーズとタバスコをたっぷりとね…。
ハズレのない、懐かしい味のナポでした。Madonna4若布スープ付き。
ちなみにスパゲッティー類はランチじゃなくてもスープ付きのようです。
Madonna5
またパフェというのも芸がないので、今日のお口直しはちょっと河岸を変えましょうかね。

一日中雨降りだった昨日とうって変わって、今日はお昼過ぎから晴れて気温も10月並みに高くなりました。
ただ午前中はまだちょっとパッとしない天候だったので、ワタシはライナー付きのジャケットなんか着てきちゃって暑いの何の…。
三寒四温と言いますが、季節の変わり目は暑くなったり寒くなったりです。
でも外ねこに気の毒なのであまり寒くならないといいと思う。

|
|

神楽坂 紀の善の田舎しるこ

神楽坂へ来たとあっては、やっぱり紀の善を素通りできません。
というわけで、食後はこちらで一休み。
(本当は別の店に行くつもりだったけど、傘なしで歩けないほどの雨が降っていたのでめげた)

席に着くと出されるこの緑茶が美味しいんです。
Kino1
ぷたせん…pig
Kino2
この季節は名物の〈粟ぜんざい〉もいいのですが、最近ずっとおしるこが食べたかった。
それも、ココのでないと駄目!
他店の餡では、どうも甘さが胸につかえてしまって…。
ワタシはおしることいえば、〈御前しるこ〉よりも断然〈田舎しるこ〉派です。

紀の善の田舎しるこ850円。
Kino3
蓋を開けたところ。
このむらさき色の餡がもう…。
Kino4
ほど良い焦げ目がついた小さめのお餅が二切れ。
あのおそばと野菜天とけんちん汁を食べた後にこのデザート…。Kino5お口直しの塩昆布は箸休めに有難いです。
Kino7
ふっくらとした小ぶりのお餅は案外するりとお腹に入ってしまいました。
Kino6

ワタシのお腹も大したものですが、やっぱりココの餡はひと味違います。
他店の餡では、こうはいかない。

3月の震災以来、「紀の善」さんは節電のため暫く短縮営業をされていたため、ワタシもなかなか仕事帰りに途中下車してちょっとあんみつでもいっぱい、というわけにはいきませんでした。
現在は通常営業に戻っているみたいだし、今度は季節の粟ぜんざいをいただいてみたいと思います。

帰りに上野で下りて、東京文化会館内の雑貨店で軽量タイプの折り畳み傘を購入。
今日は傘を壊しちゃったけど、いいんだ…。
前に見かけたこの傘がずっと欲しいと思っていたから…。

|
|

神楽坂 志な乃のざるそば+野菜天+けんちん汁

雨降り土曜日。
え~と今日は、本当は御茶ノ水の某レトロ喫茶に行くつもりだったのですが、店の前まで行ったらなんと耐震工事で来年1月まで休業中との貼り紙が!
が、ガックリ…せっかく雨のなかを出てきたのにさ。

そんなわけでまた総武線に乗って、飯田橋にやって来ました。
通勤沿線でありながらなかなか平日は降りる機会がありません。
飯田橋駅で降りた途端にちょっとしたアクシデントがあり、折り畳み傘を壊してしまった。
ヤレヤレ…。

お昼は、久しぶりに民芸風手打ちそば 志な乃へ。
店頭には“新そば”のノボリが出ています。
新そば、食べられるんでしょうかね、わくわく。

席に着くと出されるお茶とお菓子。
Shinano1
砂糖を少しまぶした、甘いそばかりんとう(かな?)。
Shinano2
ただワタシは手元が狂って一つ落としちゃいました。
ああもったいない…。

ワタシは欲張って、ざるそば(小)1,000円と小野菜天ぷら450円とけんちん汁200円をいっぺんに注文。

注文すると出されるそば徳利とそば猪口と薬味の小皿。
Shinano3
最初に出されるけんちん汁
小さめの丼になみなみ注いで出て来ます。Shinano5ワタシは手前のひょうたん型の容器に入った七味を使いましたが、奥の「ゆず七味」にすれば良かったな。
この「ゆず七味」は新潟のメーカー製で、角柱型の容器には水原の三角達磨が描かれています。
Shinano12
けんちん汁には七味をたっぷり。
三つ葉、木綿豆腐、大根、人参、牛蒡、コンニャク、しめじ、舞茸と具沢山。
熱々のお汁で身体が温まります。Shinano6続いてざるそば小野菜天ぷらが登場。
Shinano7
重たい大皿にどーんと盛られたざるそば
これで小盛り!?
考えずに普通盛りを頼んでいたら大変だった…。
(ちなみに小盛りは100円引き)Shinano8小野菜天ぷら
ピーマン、椎茸、南瓜、いんげん、人参、茶筅茄子の五種盛り。
奥の方にみぞれが見えています。
どれも豪快な大きさで、〈小〉にしておいて本当に良かった…。Shinano9茶色くてぶっとい、野趣あふれる感じのおそば。Shinano10そばの薬味皿。
葱の小口切り、みぞれ、わさび、おろし生姜になぜか白ごま。
いろいろな味のバリエーションが楽しめます。
Shinano4
ただワタシはとち狂って、お蕎麦の最初の一箸を天つゆに入れて食べちゃいました。
…まあ、別に食べられないことはなかったです。
今日はどうもやることなすこと、みんないけません。

さて、お味のほうですが、お蕎麦じたいはともかく、ここのそばつゆが薄いんです。
辛い味付けが好きなワタシには全然物足りない。
そこに薬味なんか入れて食べるもので、よけいつゆの味が薄まっちゃって…。
野菜の天ぷらもなんか大味に感じました。
ただ、味がしみた熱々のけんちん汁は文句なしに旨かった!です。
ざるそばとけんちん汁だけでも十分でした。

そば湯は急須に入れて出してくれます。
Shinano11
ちょっと夢敗れた感のある再訪でしたが、いつもご贔屓の「増田屋」とはちょっと違う感じのお蕎麦なのでそう思ったのかもしれない。
しかし、あのそばつゆは絶対薄いよなぁ~。
まず色が普通の蕎麦屋で出されるように黒くなく、茶色なんだもの。

でもまあ、次回は〈そばがき雑煮〉をいただいてみたいと思います。
近くのテーブルに座っていた御仁が食べていたのが美味しそうで、これからの時期は身体が暖まって良さそうですしね。

|
|

上野 マドンナーのオムライス+チョコレートパフェ

今日は上野の喫茶マドンナー(マドンナではなし)へ。
ココは土曜定休なので日曜日を狙って来ました。
Madonna0
2階か1階に行ってみたかったけど、入店すると正面奥のキッチンに立つマスターから1階席を指し示されたので已む無くまたそこへ。
ホールはパートっぽい女性が一人で受け持っています。

ランチサービス(11:00-15:00)は全品(ごはん類・めん類)ドリンク付(コーヒー・紅茶・ミルク)で600円という、よく考えたら超破格値。

少し気温が高い日なので、セットドリンクはアイスコーヒーを先に出して貰います。
Madonna1
こちらにはいろいろ食事メニューがありまして、ど・れ・に・し・よ・う・か・な~と迷いますが、とりあえず今日はメニューに写真が出ていたオムライスにしてみました。
Madonna2
厨房のほうからジューッと炒める音が聞こえたと思ったら、もうオムライスの登場です。
タマゴはツルツルでもフワフワでもなく、お母さんがフライパンで作ってくれるような厚ぼったい焼き加減。
とっても家庭的な感じのオムライス

Madonna3付け合わせのサラダは千切りキャベツ、トマトとキュウリのドレッシングがけ。
なぜかたくあんが2切れ添えてあるのが泣ける!?
Madonna4
メニューには出ていませんが、一緒に出された若布スープ
ワタシはスープが大好きなのでたとえインスタントぽくても嬉しいです。
Madonna8
玉子の中にはケチャップライス。
それも具はほとんどなくて、玉葱がほんの少々、ハムは1カケだけ見つけました。
もったりした感じのケチャップライスで、こういうところも気取らない感じ。
Madonna5
食後にはですね、やっぱりチョコレートパフェ600円をですね。Madonna6やっぱりこういうパフェっていいですね。
生クリームたっぷり、コーンフレークなし。
ついでに言うとワタシの場合、缶詰ミカンもあまり要らないが、まあそこは置いといて。
生クリームの舌触りが、「丘」や「古城」に比べてンン?という感じがしないでもないが、いつぞやの「モナリザ」のパフェよりもずっといい。パフェメニューはこのほかに、バナナパフェ600円、フルーツパフェ650円がありました。
でもワタシはやっぱりチョコパ!Madonna712時になるとスタッフさんが急に3人増えました。
その一人は先日の朝見かけたお兄ちゃんで、地階で食事を終えたみたいでお皿を持って階段を上がって来て姿を現しました。
あとは外から入って来た、赤い制服を身につけた女の子が二人。
入れ替わりにパートのおばさんが2階に食事を摂りに行ったようです。
私が出るとき、お会計はたまたまレジ台に座って伝票整理をしていたマスターがやってくれましたが、喫茶は出してもお愛想は売らないよという感じの人だった。
でもほかの食事メニューも食べたいので、また行っちゃう。

|
|

上野 古城のホットケーキセット

翁庵のすぐ近くにある高級喫茶 古城にてお口直し。
二週連続での訪問です。

地下の店に下りて、席に着こうとするとスタッフさんから「お客様、こちらへどうぞ」と制止がかかり、別方向の席を指定される。
店内にはほかに誰もいないというのに…。
ワタシ、どうもこの店とはあまり相性が良くないのかもしれません。

今日は、密かに気になっていたホットケーキセット850円をいってみます。
(ちなみにホットケーキ単品はなく、コーヒーか紅茶のドリンク付きのみ)

厨房の方からチンという音が聞こえてまもなく、お皿が登場。
Kojiyo1
ここのホットケーキさんはチンするタイプでした…。
Kojiyo2
チョコレートソースに生クリームが添えられてはいますが、メープルシロップはパックだしキャラメル包装のマーガリン…。Kojiyo3コーヒーは美味しいんですが。
Kojiyo4
贅沢を言って悪いんですけど~冷凍品をチンしたホットケーキって、パサパサで味も素っ気もありゃしないんですよね。Kojiyo5これはこれで手軽に食べられる一品なんでしょうけど、ほかで焼きたてのホットケーキとかパンケーキを食べていると、チンというのはどうもね…。

今日はほんとうは、久しぶりにイリヤプラスカフェに行こうかなとも考えたのですが、ひと駅移動するのが億劫で近場で済ませようとしたのが間違いでした。

古城さんには、やっぱりしてやられましたねぇ。
これであともう一品、気になる〈カレーライス〉を食べたら古城さんは打ち止めにしましょうか。
(何だかんだ言ってワタシもまだ懲りてない)

|
|

上野 翁庵のおかめそば

さいきんの食べ歩きはすっかり上野近辺に片寄ってます。

そういえばこのごろ、お蕎麦を食べてないなあと思い、今日は上野の翁庵へ。

お昼なので、入口のレジに座ってるおっちゃんからまず食券を求めます。
頼んだのはおかめそば800円。
渡された食券(紙片)には、“岡目”と書かれていました。

混雑時なので相席でテーブルに着く。
注文のお蕎麦はすぐに出てきます。
但し、ランチタイムは緑茶が出されないのがちょっと残念。
お冷やは付きます。

こちらが翁庵のおかめそば
なかなか豪華です。
Okame1
ナルト、出し巻き玉子、ほうれん草、かまぼこ(白板)2切れ、竹の子、麩、椎茸の含め煮、海苔。
“岡目(傍目)八目”に引っ掛けてか、具が八種類。
柚子皮も一片入って香りがよろしい。
それに別皿に刻み葱…と、わさび!?
冷たいおそば用の薬味と兼用なんだろうけど、わさびはどうしろと…。Okame2

卓上に備え付けの七味をふって、刻み葱を入れて…。Okame3翁庵の蕎麦は増田屋さんで食べる茶色いお蕎麦と違い、少し緑色がかってツルツル、細めで均一です。
いかにも機械製麺という感じ。
まあこのご時勢、この場所で大量のお客さん相手なので仕方ないのでしょう。
そばつゆは普通に美味しいです。

わさびは、かまぼこに少しのせて板わさのようにして食べました。
なかなか乙なものです。
卓上にはお酒のアテ用に「鈴廣のかまぼこ」のメニューがあるので、これも鈴廣かまぼこだと思う。

ところで後からそば湯の入った湯桶を出してくれるのはいいのだけど、温かいお蕎麦を食べたワタシのところにはそば猪口とか湯呑とか、そういう類の器が無いのである!
そば湯をいったいどうやって飲めと…。
Okame4
お冷やのコップに注いで飲みましたよ、ええ。

|
|

上野 みはしのほうじ茶あんみつ+ソフトクリーム

半休を取得したのは、4時から上野でインフルエンザ予防接種の予約があったためです。
ワタシはいちど風邪を引くと、特に咳が長引いて周囲に迷惑をかけるため、できることはやっておきたい。
でも先日、北杜夫さんが予防接種の直後に亡くなられたんですよね…ワタシとしては、まだ悲しいです。

予防接種を終えて、みはし上野本店へ行きました。
昨日からほうじ茶あんみつが出ているはずなのでさっそく賞味して行きたいと思います。

ワタシは2階席に着きましたが、平日だというのに午後も夕暮れ時が近づいた時分の店内はけっこう混み混みで入店待ちの人も出るほどでした(ワタシはすぐ座れたけど)。
さすが老舗の甘味店。
少し寒い日でしたが、店内は暖房が効いてかなり暑く感じました。

ほうじ茶あんみつ600円 付クリーム100円をいただきます。
ほうじ茶あんみつにソフトクリームをトッピング。 
Houji1
ほうじ茶アイスは舌の上で枯れたような少し苦味のある味がほろっと感じられます。
甘過ぎず、これぞ大人の味わいと言おうか。

四角い餡子、みかん、求肥、赤えんどう豆にカンテン。
まあこないだの栗クリームあんみつとはトッピングが違うだけで、基本的要素は同じなのですが。
Houji2
なお、上の写真でアイスが少し溶けてしまっているのは、ワタシが上着のボタンをつけるのに夢中で、出されてからしばらく放っておいたせいであります。

|
|

新宿 京風スパゲティー先斗入ル(ぽんといる)の蛤と九条葱のだし仕立て生姜風味スパゲティー

今日は午後半休、でも3時頃までお仕事をやっていきます。
休み扱いなのでお昼は外でゆっくり。
新宿へ出て、京風スパゲティー先斗入ル(ぽんといる)新宿サブナード店へ行きました。

“秋の「京味。」”と銘打った秋のおすすめスパゲッティーのうちから、蛤と九条葱のだし仕立て 生姜風味をチョイス。
これをドリンクセットにして、お値段は1,230円です。

最初に出てくる京風切り昆布の小皿。
白ごまが混じったのがほんのちょっぴり。
Pont0
ドリンクは宇治上辻園の冷たい抹茶ラテにして、さきに出してもらいました。
きれいな翡翠色。
爽やかな甘味で、なかなか美味しい飲み物です。
Pont1
そしてやっと、蛤と九条葱のだし仕立て 生姜風味のスパゲッティーが登場。
Pont2
蛤と旬のきのこを使用し、風味豊かにおダシで仕上げました。
香り高い生姜や京都産九条ねぎと一緒にご堪能下さい。
Pont3ハマグリは8個くらい入っていたかな?
Pont4
きのこはしめじ、まいたけ。
九条ねぎ(青いねぎ)のザク切りと生姜の千切りがのっています。
にんにくと唐辛子もきいたスープが美味しい。
ワタシは食べ終わった後のスープを、ハマグリの殻ですくって飲んじゃいました。
Pont5
このスパゲッティーはお肉など入っていないので、全部平らげることができて気持ちが良かったです。
今日は久しぶりの再訪でしたが、また今度、別メニューもいただいてみたい。

|
|

新宿 モンスナックのポークカレー

久しぶりの外ランチ。
新宿に出たついで、紀伊国屋ビル地下のモンスナックへ。
一番安いポークカレー550円を。
具が少ない(ワタシはお肉は除けますから)のは、いかにも身体に悪そうな赤と緑の漬物で補って。
このごろカレーが食べたくって仕方ないんです。
Mon
同じフロアにあったもう一軒のカレー店「ニューながい」が閉店したようで、今月中旬に新しいカレー店がオープンするらしく工事中でした。
閉じられた工事現場を覆う仕切り板には店名は出ていませんでしたが、“野菜とスパイスのカレー”と謳い文句が書かれてあります。
ニューながいの閉店には個人的に何の感慨も湧きませんが、新しくオープンするお店には大いに期待したいところです。

|
|

上野 みはしの栗クリームあんみつ

お口直しは、「みはし」でほうじ茶あんみつを食そうと思ったらば、11月9日からなんですって!
がっかりでしたが、せっかくなので今日はみはし上野本店でこれも季節限定の栗クリームあんみつ680円をいただいていきます。
Kuri1
人気のクリームあんみつに2種類の栗をトッピング。
栗の風味豊かな渋皮煮と食感を楽しめる甘露煮で異なる栗の味わいを1度に楽しめます。
季節限定商品です。

何を隠そう、ワタシは栗が大好物。
ちょっとほろ苦い大人の風味の渋皮煮とほろほろと舌の上で崩れる甘露煮。
ワタシは…渋皮煮のほうが好みかな。Kuri2ただちょっと、今日は餡の甘さがとてもキツく感じました。
最近こってりとした和菓子系の甘いものがあまり食べられないワタシです。
そこいくと、「紀の膳」の餡のすっきりとした甘さは他店の追随を許さないものがあるんですよね…。

今日は、「みはし」で面白いものを見つけました。
ただいま東京国立博物館 平成館で開催中の法然上人八百回忌・親鸞聖人七百五十回忌 特別展「法然と親鸞 ゆかりの名宝」にちなんだメニューが紹介されていたのです。
記念おすすめメニューとしておでん、そして記念新メニューの粟もちしるこです。

法然上人は豆腐が好きだった。
親鸞聖人はあずきが好きだった。

そうなんですか?
Mihashi01Mihashi02
…調べた(ググった)ら、本当みたい……というか実際にそういう伝説があるですね、これが。
なーるほどねえ。
知らなかったです…かく言うワタシは無宗教。


法然は、豆腐が好きだったという言い伝えがあります。
香川県まんのう町の浄土宗の寺、西念寺には、「法然水」と呼ばれる井戸が残っています。
専修念仏が禁じられ四国へ流罪となった放念が滞在したところで、法然を慕う村人たちが毎朝、法然の好物の豆腐をこの井戸に浮かべたそうです。
西念寺では、現在も5月と11月の法要の際には、さいの目に切った豆腐のお吸い物を檀家にふるまい、法然の威徳をしのんでいるのだそうです。



親鸞は、小豆が好きだったようで、浄土宗のお寺では、親鸞の命日前後に行われる法要「報恩講」などの折に小豆を使った料理を食べるところがたくさんあります。
東京都中央区の築地本願寺では、元日をのぞく毎月一日と十六日の朝のおつとめの後と、報恩講の折に、小豆がゆがお参りした人々にふるまわれます。



あら、ワープロを打ったら親鸞と法然でちゃんと“聖人”と“上人”が自動変換されましたよ。
大したもんねえ。

それにしても、ほうじ茶あんみつを食べ損ねたのは返す返すも残念。
これは…来週の食べ歩きも上野と決まった?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

上野松坂屋 ファミリーレストランのタンメン

どうしても、タンメン気分だったわけです。
それで、久しぶりに上野松坂屋南館7階のファミリーレストランへ。
タンメン735円。
Family1
野菜たっぷり入ったタンメン。
しゃきしゃきのもやし、にら、人参、きくらげ、キャベツ、玉葱、青菜はチンゲンサイかな?…
これ一品で普段の何十倍も野菜が摂れます。
豚肉の薄切りも何枚か。Family2たっぷりの野菜をかき分けると、やっと麺が顔を出します。
Family3
なお、アイスコーヒーは携帯のメールクーポンでGetしました。

|
|

上野 古城のナポリタン+チョコレートパフェ

土曜日しか行けないお店はどこかな、と考えて上野の高級喫茶 古城を再訪(ココは日祭日休みなので)。
Kojyo0
“高級”というだけあって、どうしてもいろいろ写真に撮ってしまう店内。
先日から気になっていたツタンカーメンの黄金のマスクとか。
Kojyo01Kojyo02
床を飾る色タイルだって店名入りのオリジナル。
Kojyo03Kojyo04
今日いただいたのはナポリタン
サラダ、ドリンク付きで1,150円です。
注文すると厨房のほうからジャージャーと勢いよく炒める音が聞こえ、程なくして登場するナポリタン
Kojyo1

ピーマン、玉葱などの入った喫茶店風ナポなわけなんですが…

野菜たっぷりの懐かしい昔ながらのナポリタンです。
お好みで粉チーズをかけてお召し上がり下さい。
《お得なサラダ付き》

Kojyo2
野菜も写真ほどではなくホンのちょっぴり。
偽りのあるメニューは訂正したほうがいいんじゃないですかい?
でも、ここのナポリタンはふつうのトマトソースではなく、多分デミグラスソースやワインなど使ってコクを出したとっても濃厚なソースで炒めてあります。
ハムがすこーし入ってますがこれも細切れでソースと交じり合って一見判別不能…でもそこはプロのワタシのこと、お肉はチャント除けていただきました。Kojyo3トマト、キュウリ、人参入りのコールスローのサラダ
それほどお得感はありません。Kojyo4ここのコーヒーはすっきりとした香りでたいへん美味しいです。
それは最初に言っておきます。
Kojyo5
…が、苦情を少し。
「コーヒーは食後に」とお願いしたにもかかわらず、ナポリタンを食べ終わる前に出されたので、カップに手をつける頃には少し冷めてしまっていました。
砂糖やミルクもまだワタシが使う前だというのに「もうよろしいですか」と、さっさか下げようとするし。
土曜日の店内はそんなに混んでいない、というかガラガラなのに、どうして?

まあまあ、何にしても今日はパフェが食べたかったので。
食後にチョコレートパフェ730円を追加注文。
Kojyo6
ミカン、パイン、チェリーの乗ったチョコレートパフェ。Kojyo7ここの生クリームは美味しいです…「丘」や「ギャラン」と同じくらい。Kojyo8が、一つ挙げるとすれば「丘」ですけどね。
他店よりも安くて、同じくらい美味しいですから。
ああ、今度は「丘」のモーニングが食べたくなっちゃった!

|
|

谷中 カヤバ珈琲のモーニング+抹茶のガトーショコラ

今日は、文化の日でありがたいお休みです。
遅く起きた朝は、ゴハン抜きで(パンを切らしていたの)谷中のカヤバ珈琲へまたまたモーニングを食べに行きました。

やっぱり、たまごサンドのモーニング700円。
注文すると、「タマサンひとつ」と厨房にオーダーが伝えられます。
Kayaba1
…どうしても、このアングルから撮ってしまうのよね。
休日のモーニングって好きです。
陽がさんさんと差し込む、あかるい窓辺の席でいただくのはまた最高。Kayaba0マヨネーズ味の、ふわふわのたまご焼きをはさんだサンドイッチ
Kayaba2
本日のスープはキャベツのほか、しめじ、舞茸、椎茸…といろんなきのこが沈んでました。Kayaba3サニーレタスと紫キャベツ、水菜、コーンなんかのサラダもたっぷりめに添えられます。Kayaba4金縁のすっきりとしたコーヒーカップで出される薫り高いコーヒー
ただし、量は少ないです。Kayaba5今日は、食後に抹茶のガトーショコラ500円をいただいてみます。
あとコーヒーおかわりは200円で。
Kayaba6
レールの断面のような形のパウンドケーキ風。
そこに生クリームとうす焼きのクッキーをトッピング。
お皿の周りには、カラメルソースでデコレーション。

宇治抹茶とホワイトチョコレートをたっぷりと使用した濃厚なガトーショコラです。

ホワイトチョコが入っているというだけあり、しっかり・ねっちょりとした食感のケーキ。
パリパリとしたクッキーは生クリームといっしょに食べるといい味のアクセントです。Kayaba7ちなみに〈本日の手作りスイーツ〉はティラミスでした。

◇おまけ カヤバ珈琲の少し手前の道端にて。
黄色い夏みかんが鈴なりになっていました。
実はここ、先日きれいな桔梗を軒先で咲かせていたのと同じお宅です。
こちらのお宅の方は植物がお好きのようで、季節ごとに通る人の目を楽しませてくれます。
Kayaba8
日暮里から向かった場合、このすぐ先の左側に愛玉子があり、さらにちょっと歩くと上野桜木交差点に突き当たり、その右手がカヤバ珈琲です。

|
|

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »