« 谷中 和栗やの栗薫ソフト | トップページ | 谷中 茶遊亭の抹茶オーレとフルーツタルト »

2011年10月 9日 (日)

谷中 一寸亭のかにチャーハン

実を言うと今日は〈レタスうどん〉というのを食べてみたいと思って来たのですが、谷中銀座の中ほどにあるというその「かみや」という店が見当たらない。
地図と見比べて、その場所には「畔上」というそば屋さんができていることに気がつきました。
まだ新しく、開店したばかりのようです。
そ、そんな…
ワタシにとって、〈レタスうどん〉は永遠に幻になってしまったのね…。

で、跡地の「畔上」さんの入口に出ているメニューを見てもどうも食べる気がしません。
それならがあるので気を取り直してサットとそっちへ移動。

そこで谷中銀座から一本細い路地に入った住宅街の中にある中華料理 一寸亭へ。
二番手みたいな書き方をしてしまいましたが、コチラも以前から行きたいと思っていたお店です。
狭い路地に向かい合って二軒の「一寸亭」と看板のある店舗が建っていますが一軒は旧店舗で現在は倉庫になっているとのこと。
11時半の開店と同時にワタシがいちばん乗り。
自動ドアの向こうは向かって右側にカウンター、左側にテーブルと小上がりがあります。

メニューはなかなか豊富。
でも本当は、今日はまずシンプルに「ラーメン!」と行くつもりだったのですが“御飯類”のメニューを見ているうちに気が変わりました。

カニチャーハン950円
Chiyotto1
カニの身と玉子、葱だけが入ったシンプルなチャーハン。
チャーシューなど入っていないのがよろしい。
Chiyotto2
迫力のボリューム!Chiyotto3炒めたご飯のなかにはカニ身がたっぷり。
Chiyotto4
食べ終わったときはかなり満腹になりました。

お昼近くになると次々にお客さんが入って来て、店内はカウンター席まで満員飽和状態。
ほかのお客さんの注文を聞いていると〈もやしそば〉というのを頼む人が多いです。
5人のうち実に3人まではもやしそば。
あとで知りましたが、もやし入りのあんが乗ったそはでここの名物なんだそうです。
ワタシはとろみのあるあんがそれほど好きじゃないので、大して魅力を感じません。
ただ、麺を食べているお客さんを見ると、やっぱりラーメンを食べたくなっちゃった。

でもココだったら乗換駅だし、駅からも近いので会社帰りにも行きやすくていいですね。
行き方は覚えたので、これから少しずつ気になるメニューを制覇してみたいです。

|
|

« 谷中 和栗やの栗薫ソフト | トップページ | 谷中 茶遊亭の抹茶オーレとフルーツタルト »

台東区」カテゴリの記事