« 上野 モナリザのドライカレー+チョコレートパフェ | トップページ | 松戸伊勢丹 京都展 イノダコーヒのホットコーヒー+ファイゲトルテ »

松戸伊勢丹 京都展 天天有の中華そば

松戸伊勢丹で秋の京都展初開催だそうで、ちょっと覗いて来ました。

イートインコーナーでは、天天有(てんてんゆう)のラーメンをいただけます。
なんて、ワタシは全然存じませんのですが、京都では有名なお店らしいです。

中華そば(並)680円。
たっぷりの鶏ガラで炊いた濃厚鶏ガラ白湯スープで甘味があるのが特徴の〈天天有〉。
京都を代表する細麺の有名店が、今日とラーメンの激戦区「一乗寺」から初登場です。
…というわけなのですが…

まず、器がちいさいなっ、と。
これではまるでミニラーメン。
でもデパートの物産館の催事場じゃあ仕方ないですかね…。
Tenten1
ごく薄いチャーシュー2切れ(は、食べない)、刻み葱(関西だから青葱ですね)、もやし。Tenten2このねっちょりとしたとろみのあるスープが曲者。
ワタシはとんこつラーメンはわりと好きなんだけど、それとは違う生臭みがあるというか。
慣れれば病みつきになるのかもしれませんが、初めてのワタシにはちと馴染めません。
麺は、これも東京ラーメンとはひと味違い、生っぽいとんこつラーメンのようなタイプ。
まあ、これはこれで悪くはありません。
ただやっぱりスープがかなり癖がある味なので、ひと口啜るごとに首をひねるワタシ。
葱ともやしが口の中をさっぱりさせてくれるのに助けられて、麺だけは完食。
珍しいお味を体験させて貰いました…。

てか、まだ11時前なのにこんな脂っこいラーメンを食べてしまったですよ。
ワタシそもそも今日は寝坊して、さっき(7時半)起きたばかりで出て来たんですが。
ああ、お腹が変になりそう…。
早いとこコーヒーとケーキでお口直しがしたい。
イートインコーナーでは「祇園きなな」のケーキなどもいただけますが、ワタシはやっぱりイノダコーヒの喫茶コーナーへ。

« 上野 モナリザのドライカレー+チョコレートパフェ | トップページ | 松戸伊勢丹 京都展 イノダコーヒのホットコーヒー+ファイゲトルテ »