« 築地 インドカリーRASAのヤサイカリー | トップページ | 松戸 ひとつと家のたぬきそば »

有楽町 おかめの蔵王あんみつ

お口直しのデザートは、交通会館地下1階のおかめにて。
名物の蔵王あんみつ730円をば。
Okame1
暑い日だったので涼しげなカンテンが嬉しい。
ここの餡はかなり甘いので、添えられた黒蜜はほんのちょっとだけ使いました。
Okame2
この蔵王あんみつの雄姿を撮っていましたら、お店の人が「すみません、クリームが曲がってしまって…」と声をかけて下さいました。
いえ、美味しそうでしてよ。

しかし、この餡はやっぱり強烈に甘かった…。
こういうとき、どこよも「紀の善」の餡の上品な香りを思い出さずにいられません。
これはこれで昔から馴染んできた味なんですがね…。

今度は「おかめ弁当」(おでん・赤飯・茶めし・焼きそば)とか「栗おこわ弁当」(栗おこわ・おでん)といった軽食を食べてみよう!

« 築地 インドカリーRASAのヤサイカリー | トップページ | 松戸 ひとつと家のたぬきそば »