« 松戸 ラ・クレアのボンゴレ・ロッソ | トップページ | 北千住 サロン ド クローバーのモンプランパフェ »

2011年7月 9日 (土)

北千住 りんりんのラーメン+ギョーザ

関東甲信越地方、やっと梅雨明けしたらしいです。
朝から暑い土曜日、今日は北千住へ出かけました。

北千住駅西口からペディストリアンデッキを渡って駅前から続くアーケード街通りを直進、日光街道を渡ってすぐ、りんりんはある。
駅からここまで、7、8分くらい。
店の手前(右側)はテイクアウトを注文するコーナーで、暖簾のかかった左側が食堂。
7人ほど座ればいっぱいの、カウンターだけの店内です。
0
えーと、ここのメニューはというと、
ラーメン300円、餃子200円、焼そば250円、ライス150円、カレーライス300円、チャーシューメン400円、お新香100円、生玉子40円、コカ・コーラ110円、ファンタ・グレープ110円、各大盛100円増、例外的に一番高いのが季節物で冷やし中華450円。
と、信じられないような大衆価格なのです。
ビールがあるだろうと思っていたのに、メニューに無いのが意外でした。

ラーメン厨房にはそのとき3人。
真ん中に立って注文に応じてギョーザを出し、カレーを盛りつけ、壁に面した鉄板で焼きそばを炒める大将。
左手のおばちゃんが麺担当のようで、麺を大鍋で茹で、盛りつけてカウンターに出している。
そして右側にはおみやげコーナー担当のおばちゃんがもう一人。

「餃子とラーメン」と注文すると、おばちゃんから大将に「ラーメンギョーザ」とオーダーが入る。
注文すると餃子がすぐ出てきました。
どうも、作り置きみたいです。
でも見るからに旨そうな焼き色で、羽根も少々ついてます。
一皿6個でちょっと多いんだけど、頑張って食べるしかない。
ハーフが頼めるといいんだけどな。
1_2
細かく刻んだ具がたっぷり詰まった餃子。
皮がモチモチしていてなかなか噛み切れません。
ここの餃子も野菜系なので、ワタシでもいけます。
2_2
ほどなくラーメンも登場。
ちと薄いがチャーシュー2枚(は、食べない)とメンマ、刻み葱も乗ってます。
これで300円とは思えない、マトモなラーメンですよ!?
22
これだけ食べてワンコイン…。
(餃子は、ラーメンが出る前に1コ食べてしまいました)
3_2
ラーメンにはブラックペッパーをたっぷりかけて、いただきます。
あまり凝った感じではなく、さっぱりしたあとくちのスープです。
4_2
…まあ、暑いときに汗をかきながら食べるラーメンも、オツなものですな。
でもこれが冬の寒いときだったら、もっと嬉しいのだろうけど。

お馴染み客も多いようですが、みなパッと食べてパッと出ます。
お昼などは混むだろうと思われますが、回転は早そうです。
そしておみやげを頼むお客さんもひっきりなしにやって来て、商売繁盛のようです。
隣に座った年配のご夫婦がカレーライスを注文したのでどんなものか興味津々に覗き見すると、お肉が多少入り、福神漬けをたっぷり添えたスタンドっぽいカレーでした。

ここなら駅からそう苦にならない距離だし、会社帰りに使えるかも。
いいお店を見つけました。

◇おまけ りんりんに向かう途中、駅前のアーケード街の一角でレトロ風の洋館を発見。
1
「大橋眼科医院」という、何と現役の病院です。
3 2
大正時代あたりの建築?と思いましたが、調べてみると意外や1982年の建築なんだそうです。
でも一部の部材などは古い近代建築のものを再利用して使っているとのことです。
こんな素敵な洋館の目医者さんだったら、ワタシも行ってみたい!

« 松戸 ラ・クレアのボンゴレ・ロッソ | トップページ | 北千住 サロン ド クローバーのモンプランパフェ »

足立区」カテゴリの記事