« 神保町 さぼうる2のナポリタン | トップページ | 日比谷にて »

虎ノ門 レストランケルンのカニクリームコロッケ

土曜日、今年初めて日傘を差して出かけます。

本日は、霞が関の官庁街にほど近い虎ノ門の街角に佇む昔ながらの洋食店、レストランケルンを訪ねました。

入口にはメニューボードや当店をご推奨という岸朝子さんの記事などが張り出されています。
本当に「ビジネスビル」という雰囲気で味も素っ気も無い階段を下りて地階へ。
0 02
ドアを開けた所に置かれたディスプレィ。
ワインの樽がどっしりと据えられ、その上にウェイターとニワトリ、ブタさんのスタンド式の外国製の?玩具が置かれています。
何となく「ドイツの修道院風」といった感じの、質実剛健な店内。
05  03
ワタシの座った席から、入口の方を振り返ったところ。
右上の金属製の装飾が何故だか気に入りました。
04 06
ホールにはイケメンのお兄さんが二人。
まだ早い時間だったので、このあと混雑時間帯にはもっとスタッフが増えるのかもしれません。

ワタシは特に聞かれなかったけど(煙草を吸いそうに見えない?)、後からやって来たお客さんには「おタバコお吸いになりますか?」と聞いて、喫煙を希望した場合には入口寄りの一角に通していたようでした。
但し、所詮は禁煙席と同じフロアなので、混んでくるとあまり分煙の意味はないな…。

ランチに付くスープ。
コーンポタージュですが、小さなデミタスカップでサーブされます。
もっとたくさん飲みたい!
1_2
ワタシの注文は、〈ランチタイムのおすすめメニュー〉より、カニクリームコロッケ(スープ・ライス付)840円←安っ!!*
2_2
カニクリームコロッケはわりと大き目の小判型が2個。
レモンスライスとタルタルソースが添えられます。
付け合せは人参・玉葱を混ぜ込んだポテトサラダと、人参入りのコールスロー。
5
どこから手をつけようか迷う…。
6
レモンのスライスをちょっと押して染み込ませてから、フォークを入れる。
コロッケのとろっとした中身が現れます。
ベシャメルソースで和えられた赤いカニ身、それにマッシュルームも入っていました。
卓上にペンギン印のウスターソース(ユニオンソース)が用意されていたので、最後のひと口だけソースをかけて食べてみました。
ソースでもgood!
4
場所柄にもかかわらず、庶民的な味とお値段に感激。
コロッケはもちろん、添え物の野菜も美味しかったです。
ごはんもちょうど良い量でした。
7_2
次回は、有名らしいウィンナー入りナポリタンか、ドライカレーを狙ってまた行きたい。

« 神保町 さぼうる2のナポリタン | トップページ | 日比谷にて »