« 練馬 ちひろ美術館・東京のおにぎりプレート | トップページ | 練馬 ちひろ美術館・東京の安曇野のおやき »

練馬 ちひろ美術館・東京のスイートコーンのシフォンケーキ

食事のあとのお八つ。
スイートコーンのシフォンケーキ480円+アメリカン400円。
(フード+ドリンクのセットで100円引き)
シフォンケーキはオレンジのもありました。
1_3
スイートコーンのシフォンケーキ
ふわふわ、しっとり、素材にこだわり、素朴でやさしい味わいに焼き上げました。
2_3
シフォンケーキはけっこう背高のっぽさん。
粉砂糖が振りかけてあって、ホイップクリーム添え。
3_3
アメリカンはまあ普通っぽいですが。
4_3
フォークをそっと刺すとふわっとしぼみます。
スポンジの中にコーンの粒が混じっていて、甘い香りが夏らしい風味です。
クリームがなくても、それだけでも美味しい。
5_2

えーと、食べるものを食べてからやっと館内を見学。

常設展示ではいわさきちひろ氏のアトリエが再現されていて、ここから作品の数々が生まれたんだなあと思うと感動を覚える。

壁を飾る生前の写真では、愛犬「チロ」と一緒に撮ったものが多く見られ、ワタシも動物好き(ワタシは犬より猫派だけど)なので微笑ましく思いました。

現在開催中の企画展は「ちひろが描いた世界の童話展-アンデルセンを中心に-」というテーマで、氏が描いた童話の原画が実際に出版された書籍と並べて展示されていました。
そのなかでは「人魚姫」とか「マッチ売りの少女」とか、同一の作品について様々なバリエーションで繰り返し描かれたものもあり、興味深く思いました。

あと「こどもの椅子展」として、複数の作家さんが造った可愛い木の椅子が広いスペースに展示され、自由に座れるようにもなっていました。
なかには、思わず欲しくなっちゃうような椅子もありまして、ああ、自分にお金と広い家があったらな~と、思ったことでした。

« 練馬 ちひろ美術館・東京のおにぎりプレート | トップページ | 練馬 ちひろ美術館・東京の安曇野のおやき »