« 練馬 ちひろ美術館・東京のスイートコーンのシフォンケーキ | トップページ | 秋葉原 ナポリの下町食堂のミックスピッツァ »

練馬 ちひろ美術館・東京の安曇野のおやき

もう小腹が空いちゃいました。

帰りみち、どこかで軽く食べてもいいんだけど、せっかくここまで来たんだから…。
午前中から気になっていた〈具沢山のおかずタルト〉を食べようかな。
豆や野菜のほかにエビが入っているというのでさっきは敬遠したのだけど、少しくらい取り除けばいいんだし…
と思ったら、「ただいま切れてしまって…あとでまた入るんですけど」と言われてガッカリ。

それで、安曇野のおやき600円+りんごジュース450円にします。
(フード+ドリンクのセットで100円引き)

カフェのカウンターの人に何度も注文しに行くわけなので、さすがに恥ずかしかったですけど…。

お昼どきで館内のカフェ席が混んでいたので、ガラス窓を開けたところの庭に面したテラス席に陣取りました。
自然の風が入ってくるのはいいですが…あ、暑い!!
上にはちょっとした日除けはあるのですが、猛暑の東京で外に出るのはしんどい。
でも信州・安曇野の自然の情景を思い浮かべながら、何とか頑張りますワタシ…。

1_4
安曇野のおやき
(長なす、きんぴらの2個セット)
りんごジュースは信州・松川村産。

信州はいわさきちひろ氏の両親の出身地。
安曇郡松川村は安曇野ちひろ美術館のある土地ということから、こちらのカフェも信州にちなんだメニューがあるというわけですね。
安曇野の美術館にも行ってみたいけど…家のことやねこのことを考えると、今は、駄目だな…。

「おやきは中のほうが熱くなってますので、お気をつけてどうぞ」と言ってトレイを手渡されます。

ちひろの心のふるさと、信州安曇野の「文化財」
手作りのおやつをどうぞ。
信州味噌と大葉を挟み込んで焼き上げた、長なすときんぴらごぼうの2個セット

おやき2個だとちょっと多過ぎるんだけど、頑張って食べるしかない。
ほんとうは、おかずタルトくらいがちょうど良かったのですが。
ほかの人が食べているのを見ると、標準的な三角形のケーキよりも少し大きいくらいのサイズで、思いきり平べったかった。
やっぱりさっき、思い切っておにぎりプレートと一緒に取るのだった…

2_4
丸いおやきは、人参・ごぼうのきんぴら。
ワタシ、いつも物産展などではもっぱら野沢菜おやきばかりを買っているので、こういう具は珍しいです。
小麦粉の皮がモチモチしてしつこく、芳ばしい。
4_4
さて一方、こちらのおやきは…どーんと長い
ワタシ、こんなん初めて見ましたよ。
こりゃ本当にボリュームあるなあ…。
3_4
こちら、長い方のおやきの具は丸のままの長なす。
だから長いんですね。
それに香りのいい大葉の千切りが入って、味付けはお味噌。
おやきをガブッと齧ると、中から熱々のお味噌がトロけ出します。
こぼさないように食べるのが大変。
5_3
おやき2個を何とか平らげて、もうお腹いっぱい。
ああ、く、苦しい~。
でも、これで夕食は抜きなんだから、二食分と思えば…(と、自分の中で正当化)

今日はおかずタルトを食べられなくて残念でした。
残念といえば、事前に美術館のホームページにあった割引情報をプリントしてくるのを忘れちゃいました。
ちゃんとチェックしておいたのに…うっかりしたなあ。

カフェのメニューは、少し高いとは思うけど丁寧に作られてあってまあ美味しかったです。
また興味のある企画展などの機会があれば、行ってみてもいいと思います。

« 練馬 ちひろ美術館・東京のスイートコーンのシフォンケーキ | トップページ | 秋葉原 ナポリの下町食堂のミックスピッツァ »