« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

松戸 サーティワンのアイスクリーム

脂っこいチャーハンを食べたあとは、松戸でお口直し。
サーティワンのアイスクリーム。
〈チャレンジ・ザ・トリプル〉のキャンペーン中で、ダブルを頼むとトリプルになるという。
お値段はダブルのまま、ワタシはダブルコーンにしたので400円。

ベリーベリーストロベリージヤモカアーモンドファッジ杏仁豆腐
4
店員さんが失敗して、渡された2度目のコーン。
ワタシが上手く受けなかったせいなんだけど…ごめんなさい。
トリプルはさすがに食べごたえあり。
どれも美味しかったけど、やっぱりワタシ的には〈ベリーベリーストロベリー〉が一番でした。

代々木 山水楼の蟹チャーハン

早目に退社した後、電車に乗る前に駅前の中華風レストラン山水楼にて、久しぶりに?蟹チャーハン850円。
1
帽子形に整えられたチャーハン。
カニと玉子とグリーンピースに葱がいっぱい。
最近、これが食べたくてしょうがありませんでした!
2
刻み葱を浮かべたスープ。
3
今日は、これだけで何だかとてもお腹が一杯になってしまった…。

2011年6月29日 (水)

日本橋 花時計のホットケーキセット

とうめしはかなりお腹にたまりましたが、折角なので平日しか行けないお店をもう一軒。

日本橋で平日のデザートといえば、花時計

ちょうどお昼の時間帯とあって、店内は日本橋のOLやマダム・デジュネなどで大賑わい。
高女性率ですが、男性客の姿もちらりとお見受けします。

ワタシは食事は済ませてきたので、ホットケーキセット880円を。

このお店では、暑い時期には凍りおしぼりを出してくれます。
3_3
ドリンクはアイスコーヒー
2_3
ここのホットケーキにはサラダの小皿が付くのがいいです。
レタス、胡瓜にかわいくフルーツ(キウイ、二色のオレンジ)も入っています。
1_3
目の前の鉄板で焼かれるホットケーキ
ふんわりとした焼き加減は絶妙。
4_3
この美しいホットケーキの形を崩すのを惜しみながら、一片を切り取る。
シロップをかけて、バターを少し取って…いただきます。
ああ、口の中に幸せな甘さが広がる…。
5_3
食べているときは夢中だったけど、かなりお腹にたまりました…。
でも久しぶりに食べた花時計のホットケーキ、やっぱり美味で嬉しかった!

あまりお愛想の(少)ない強面の?マスターですが、お会計のとき50円割引券をいただけましたよ。
これから暫くは代休と夏休みが取れるから、有効期限内にまた行きたいです。
今度は、スクランブルエッグ付きのホットケーキランチがいいな♡

日本橋 お多幸本店のとうめし定食

本日は代休なり。
もう関東は事実上、梅雨明けしたんじゃないかと思わせるほど朝から晴れて強烈な暑さ。
久しぶりに午前中のうちに布団を干して、お洗濯もバッチリ。
んで、今年初めて日傘を差して出かけます。

今日の平日ランチは、日本橋のお多幸本店
開店時間の11:30を少し回ったばかりだというのに、店内はもう食事をしている人の姿がいっぱい。
去年はおでん定食を食べたんですが、今日は名物に挑戦します。
よせばいいのにランチビール280円を取ってしまった…。
0_2
お多幸本店といえば、とうめし定食690円。
1
とうめし

注文が入るとお運びの人がお茶碗に茶飯をよそって、カウンターに持ってくる。
カウンター奥の大鍋ではおでんだねがぐつぐつ煮えていて、若主人?っぽいお兄さんが豆腐をすくってご飯の上にのせて一丁上がり。
お豆腐はよく味が染みていて、お箸を入れるとすぐぼろぼろと崩れるほどに煮込まれてあります。
しっかり炊かれた茶飯にはおでんの汁がかけられていて、お椀の底の方になると汁だくでお茶漬け状態…これがまた味が濃ゆいのだ。

お膳の中央に付く刻み葱は、店の人によるととうめしにのせるのが一番のおすすめらしいのでワタシもお豆腐の薬味にして食べました。
2_2
煮物は大量の大根と牛すじ肉、ごぼうも少々。
中まで味の染みた煮玉子が半分添えられます。
3_2
若布を和えた大根の千切り
あらかじめお醬油がちょいとかけられています。
濃い味付けのお皿が並ぶ中で、爽やかな存在といえます。
別に大根のはりはり漬も。
4_2
しじみのお味噌汁
しじみは7~8コ潜っていました。
おつゆはちゃんとお味噌の味がして美味しかったです。
5_2
去年から気になっていたランチビールを飲んじゃいましたが、本当のところ大きな湯呑みで出される冷たい麦茶だけでも十分でした。
名物のとうめし、美味しかったです~♡
しかし大鍋でぐつぐつ煮えているおでんを見るにつけ、これも美味しそうで…。
次回は、おでん定食にしよう。

本当は、寒い時季に来れるといいんですけどね。

2011年6月28日 (火)

北千住 ラケルのいろどりオムライス

ちょっとだけ居残った会社帰り、北千住マルイ9階のラケルへ。
先日、オムレツを注文して失敗したので今日こそはオムライスを食べよう、というわけで。

ラケルといえば、このビンに入ったお冷や。
いいんだけど、ビンには氷が入ってないのですぐぬるくなってしまう…。
0
いつもプレートばかりなのでタマには違うものを食べようと、であまりよく考えずに、季節メニューを頼みました。

いろどりオムライス ~たっぷり野菜の煮込みソースオムライス なすのグリル添え~セットで1,323円。
とろーり卵のかぼちゃと十穀米のオムライスにラケル特製煮込みソースをかけました 新鮮ななすのグリルが煮込みソースとよく合います

このオムライスは鉄板で出て来ます。
「鉄板が熱くなっておりますのでお気をつけ下さい」と言われますが別に触ってもそれほどのことはありません。

1_2
煮込みソースはかぼちゃも入っているが、こま切れのお肉もいっぱい入っている。
ハヤシ風でそれ自体は美味しいんだけど、ワタシはお肉キライなので参った。
さっと焼いたナスとクレソンが添えられているのが、さっぱりとした味のアクセントになってます。
2
ふんわりと焼かれたタマゴの中には十穀米のごはんが包まれています。
これも悪くはないけど、本当はカレーピラフのオムライスの方が良かったな…
でも、このところカレーが続いているから、いいや…。
こってりとしたソースと食べるとまあ美味しいし…。
3
セットドリンクはアイスコーヒー
4
ワタシ、オムライスにはコラーゲンスープが付くのかと思ったら、このメニューは
スープまたはサラダまたは季節のデザート+ドリンク付き
というセットだったのですね。
ワタシはよくメニューを見もしないで季節のデザートをチョイスしてしまったのです。
ここのデザート、大したことないんだよなぁと思いつつ…。

季節のデザート:マンゴーヨーグルトサンデー
5
小さめのグラスの中にはヨーグルト味のクリームとキウイが詰めらてあって、マンゴーの果肉とキウイ、バニラアイスがトッピング。
ワタシ、ヨーグルト味はそんなに好みじゃないんだけど…まあタマにはこんなのもいいか。
6
いつものようにパンやポテトまで付くプレート料理ではなかったのに、これだけ食べたら何だかとてもお腹が苦しくなってしまいました。
もうダイエットという文字を捨てたワタシですが、夜の食べ過ぎは自省したいところですね。

それにしてもやっぱり次回は、ラケルパンとポテトの付いたプレートのオムライスにしましょう。

2011年6月27日 (月)

霞が関 ダーリントンホール高裁店のスパイシー野菜カレー+ショートケーキ

今日は、ありがたくも代休をいただきました。

久しぶりの平日休みがとれたので、ダーリントンホール高裁店へ向かいます。
今日の日替わりランチメニューがいまいちだったので、定番のスパイシー野菜カレー600円。

ランチにつくスープ。
本日は人参・玉葱・インゲンなどの野菜を浮かべた味噌スープ。

ここのカレーはナンがついてるのが嬉しいです。

丸くくり抜いたポテトと人参、インゲン豆、スイートコーンの温野菜が入ったカレー。
もう何度も食べているけど、適度に辛みが効いててホッとする味。

今日のナンは厚くてふっくら。
もっちもちです♡

食事orデザートとセットで50円というお値段のドリンクはアイスミルクティー
月曜日の今日は、ケーキはわりとたくさん種類が揃っていました。
久しぶりにショートケーキ450円にします。

生クリームもスポンジも、苺も美味しいショートケーキ。

でも、モンブランも良かったな…。

去年からさんざ通いつめて、やっとココのスタンプカードが満杯になりました。
飽きっぽいワタシにしては珍しい。
これで次回、ランチorデザートをゲットできます。
楽しみ!

2011年6月26日 (日)

伊勢丹松戸店 キャピタルコーヒーのブルーマウンテンブレンドソフトクリーム 

伊勢丹でお買い物。
B1Fの食料品売場のキャピタルコーヒーに寄る。
本館6階にあるカフェキャピタルと同経営と思われますが、上と違ってこちらはスタンド形式で気軽にコーヒーを飲めるようになっています。
焼き菓子などは置いてありますが、食事のメニューはありません。

コーヒー屋さんのブルーマウンテンブレンドソフトクリーム(コーンソフトクリーム)367円を食す。
店員さんが「ちょっとゆるいので気をつけて下さい」と言いながらスタンドに立てて出してくれます。
コーヒー味のソフトクリームはなめらかで美味しかったけど…。
Photo
目の前の厨房では、店員さんがコーヒーカップをお湯に浸けて温めている。
それを見るにつけ、ワタシも本当は肌寒くてしょうがないので、熱いコーヒーが飲みたかった…。

しかし、このソフトクリーム、お持ち帰りにすれば294円。
カウンターに座り、スプーンと氷入りのお冷やが出されるだけでお値段がはね上がってしまうのね。
お持ち帰りにして、外のベンチで食べれば良かったかしらん?
(次回はそうしましょう)

松戸 ラ・クレアのパスタプレート(エビとほうれん草のトマトソース)

梅雨どきでパッとしない天気の日曜日。
ボックスヒルで今日までポイント2倍セール中なので、お昼は松戸で摂ることにします。
久しぶりにラ・クレアに入りました。
本日のパスタプレートは、みつせ鶏と長ねぎの和風パスタorエビとほうれん草のトマトソースパスタ。
エビといってもそんなに大量に入っているわけではないだろうというわけで後者をチョイス。

エビとほうれん草のトマトソースパスタ1,200円。
12
セットドリンクはアイスミルクティー。
1_5
パスタはスープ鉢のような深いお皿で供されます。
エビは四カケ(は、食べない)、そしてほうれん草とトマトもたっぷり。
トマトソースは少しとろっとしていてコクがあります。
2_4
プレートのほぼ半分の面積を覆いつくす大量のサラダ。
レタス、胡瓜、プチトマト、パプリカ、コーン、そして千切りの紫キャベツや人参、大根。
サウザンアイランドがベースと思しきドレッシングが旨い。
3_5
プチデザートは苺ソースと生クリームを添えたワッフル。
ワッフル以上に美味しかったのは苺ソースでした。
4_3
本当はワッフルではなく、別のデザートが付けばいいんだけどな…と無いものねだり。

うう…梅雨寒のところに薄着をしてきてしまったワタシは、館内の冷房と冷たい飲み物ですっかり身体が冷えてしまいました。
さぁ、少し頭痛がするし、お持ち帰り仕事をしなきゃならないから買い物をして帰りましょうか…。

2011年6月25日 (土)

上野パンダ

やっちまいました…。
1
上野の街で、ふと見かけたパンダ。

先週、「丘」の隣の雑貨屋さんの店の前のワゴンに転がっているのを見かけて、一目惚れ。
でも、年甲斐を考えたらさすがに買う勇気は無かったの。

今日またお店の前を通りかかったら店頭になかったもんで、お店の人に「あのう、このあいだここにあったパンダのテレビ枕は…?」と聞いたら、「ああ!」と、狭い店の壁面に造りつけられた棚の一番から下ろしてくれました。

そこまでされたら、どうして要らないと言えようか?
いや言えない(反語)。

パンダ枕を買ったら、パンダチョコを貰いました。
2
もったいなくてビニールを外せない…。

上野 喫茶丘のバナナパフェ

給食メニューを食べたあと、JR御徒町方面に戻る。
電車には乗らずに、そのまま上野駅に向かって歩いて途中の喫茶 丘へ。
お腹はいっぱいだけど、またここのパフェを食べようと思っちゃったわけですよ。
今日のホールには女性スタッフの姿もあり。

さて本日は、バナナパフェ700円を。
生クリームをたっぷり絞り、バナナとミカン、バニラアイス。
パフェグラスの底には緑色が美しいペパーミントソース(意外やこれが美味しかった!)。
1_4
パフェを上から見ると、こんなふうにバナナのスライスが美しく組まれています。
2_3
シャンデリアをバックに。
3_4
地下の店では、先週もお見かけしたご老人が同じ席に座って同じように新聞を読んでいました。
きっと近所の商店の会長さんとかで、何年来ものお馴染みさんなんだろう…。
こんなところも老舗らしさを感じました。

御徒町 給食当番の給食セット

JR御徒町駅から歩いて10分足らず、住所表示が「元浅草」に変わったところで、そのお店に到着。
お店の名は、給食当番
店名のとおり、懐かしの学校給食を食べさせてくれるというお店です。
ワタシが到着したとき、11:30の開店に僅かに早く、入口にはまだ“ま~だだよ”という看板が掲げられていましたが、じきにスタッフの人が出てきて“やってるよ”という看板に架け替えたところで入店。

学校給食の思い出:
ワタシは今でも卒業校のすぐ近くに住んでいるのですが、給食の時間になると1階の調理室から各フロアに大きな寸胴の鍋に入ったお菜が運ばれたこと、アルミの食器の匂いなどを今でも懐かしく思い出します。
で、当時どんな給食だったかというと、何しろあまりにも昔のことなので記憶が曖昧…sweat01
ただワタシの時代はまだ御飯給食は始まっていなくて、副食はパンだけでした。
例の〈ソフトめん〉も、ウチの学校では確か出なかったと思うんですよね。
食パンに袋入りのジャムがついたこと、そして〈揚げパン〉や〈ミルメーク〉の日は確かに楽しみだったことなどは覚えています。
そしてそして、現在はこんなに好き嫌いの多いワタシですが、無知とは恐ろしいことに、メンチカツなど平気で食べていたのです!
0
さて、ウナギの寝床式に奥に長細い店内。
手前に8人掛けのテーブルが二卓ありここが禁煙席。
その奥のカウンターが喫煙席になってます。
店内には赤いかわいいランドセルやジャポニカ学習帳が飾られ、黒板にはおすすめメニューがいろいろ書き込みされてます。
有名人のサイン入り色紙もベタベタと貼ってありました。
女性のスタッフさんがピンクの割烹着を着てるのが、笑えます。
1_3
給食メニューは4種類あり、ワタシはそのうち給食セット パートⅠ750円をオーダー。
あげぱんはさとう・きなこ・ココア・シナモン・カフェラテから選べますが、ワタシはオーソドックスにさとうをお願い。

それと、やっぱり外せないのがミルメーク牛乳ですね。
というわけで、200円出して別に注文。
単品の場合、ミルメークの種類はコーヒー・ココア・いちご・メロン・バナナ・抹茶きなこ・キャラメルがあります。
ワタシがリアルタイムで給食の時間に飲んだのは、たぶんコーヒーだと思う。

さらに「サービスでご飯をお付けできますが」と聞かれて、つい「じゃあ…少し」とお願いしてしまいました。

アルミのトレイで給食セットのお膳が登場。
あげぱん・カレーシチュー・冷凍みかん。
2_2
ちゃんと先割れスプーンが付いてきます。
揚げパンの包み紙には“たいへんよくできました”という桜のマークが描かれてます。
10
とろとろのカレーシチュー。
じゃがいも、人参、玉葱が入ってみじん切りパセリを散らした、素朴な味。
3_3
じゃーん!
揚げパン(さとう)です。
な、懐かしい…。
揚げたてでフワフワ。
優しい甘さが口いっぱいに広がって、美味し~い!!
…だけど、さとうがぽろぽろとこぼれて、ちと食べにくいの。
それに、油で手がベトベトになってしまう…
あ、丁寧にひと口ずつちぎって食べたりせず、包装紙ごと両手で持ってそのまま齧りつけばよかったのね。
4_2
ビン入り牛乳と、冷凍ミカン。
牛乳は、ワタシの学校で出されていたものよりも小さめ、な気がする。
冷凍ミカンはまだ少し凍っていて、シャリシャリとした歯触りが楽しめましたよん。
5_3
ミルメーク!
大島食品工業㈱製(愛知県名古屋市)。
それ自体は松戸のダイソーでも売っているので、全然見かけないわけじゃないのですが。
6_2
ミルメークを溶き入れたところ。
(見た目では全然、使用前と変わりありませんね…)
ウン十年前の、小学校時代の給食を思い出して本当に懐かしかったです。
7
サービスのご飯はお茶碗に軽く一膳。
カレーシチューに合って、美味しくいただいちゃいます。
8_2
このお店には給食以外にもいろいろなメニューがありますが、ワタシの食べられるところではカレーライス、オムライス、やきそばなど。
夜はお酒を出して、2階の学校教室を模したというパーティールームで宴会もできるようです。
ドリンクのサービス券を貰ったので、そのうちまた行っちゃおうかな。

2011年6月24日 (金)

松戸 新宿らーめん亭の餃子+チャーハンセット

待ちに待った金曜日。
山水楼の蟹チャーハンが食べたいなあと思うけど、今日からボックスヒルでポイント2倍セールを開催しているので、夕食は松戸で。

新宿らーめん亭に入り、まずは生ビール(小)420円いきます。
1_2
餃子(3ケ)210円とチャーハンセット(半チャーハン+お新香)250円。
8
ぷりぷりのギョーザ。
ワタシはもちろん肉は駄目なのですが、餃子だけはタレの味で何となく食べちゃいます(ただしやさい系に限る)。
3_2
半チャーハンだと少ないかなと思ったけど、餃子をいっしょに食べるのでこれくらいでも物足りないということはありませんでした。
それに、どうせワタシは帰宅してからも何だかんだとオヤツを食べちゃいますからね。
5_2
セットのお新香はザーサイ。
これはまあ、何と言うこともありませんが…。
6
重過ぎず、なかなかいい食事でした。
生ビールが食べたい夕方、こういう組み合わせは軽くていいねえ。

だけど、ワタシの後から来たお客さんに先に料理が出てきたのでちょっとムッ。
ここでは、このあいだもそんなことがありました。
手順の関係かもしれないけど、そのお客さんというのがお馴染みさんみたいだったので順番を飛ばされたんではないかと思ったりして?

代々木 増田屋のたぬき丼

給料日のランチは、銀行に出たついでに増田屋へ。

たぬき丼750円。
小鉢、香の物、味噌汁付き。
昼間っからボリュームあるなァ。
1
揚げ玉と玉葱を玉子でとじました。
グリーンピース2個がいいですね。
2
小鉢は厚揚げ、玉こんにゃく、大根、しめじの煮物。
3
香の物三種盛り。
胡瓜、桜漬、沢庵と彩りよく。
4
お味噌汁は葱と若布。
これも“ゆうげ”か“あさげ”かもしれません。
まぁ、おそば屋さんじゃしょうがないけど…。
いや、その昔、この増田屋に丼物の出前を頼むとパックに入った味噌汁を持ってきたものです…あれか!?
5

2011年6月23日 (木)

信濃町 千疋屋総本店のスペシャルマンゴーカレーライス

きのうマンゴーカレーを食べられなかったのが心残りで、一日中なんかモヤモヤした気分。
そんなわけで、今日は早目に退社。
総武線に乗って一駅、信濃町で下車して再び千疋屋総本店 アトレヴィ信濃町店へ。
連日の訪問になっちゃいましたよ。
昨日も今日も、店内には場所柄か着物を召した上品そうなおばさま連れに会いました。

今日はちゃんとカレーを注文できました。

最初に出される薬味二種。
手前はピクルスを細かく刻んだの、奥の黄色いのは何とマンゴーの果肉をとろりとなるまで煮たものです。
3_2
スペシャルマンゴーカレー1,260円です。
6_4
カレーもライスも、お値段のわりに上品な量ですね。

それから、別注でアイスミルクティーを取りました。
アイスティーはダージリンとアールグレイのどちらか、と聞かれてアールグレイをチョイス。
セット価格で315円。
なお、ランチタイムだとサービスでドリンク付きになるそうです。
7_2
マンゴーカレーというからにはどんなのが出てくるのかと思いきや、見た目は割とマトモなカレー。
ポークの塊が数片入っているほかは、野菜類の姿はありません。
4_2
このカレーをライスにかけて、ぱくり…。
ああ、昨日食べ損ねた無念の味。
辛過ぎず、甘過ぎず、美味しいです。
ピクルスがカレーに合うのはもちろんですが、マンゴー煮をカレーの合間に食べてみると…ムムム、不思議な感覚。}
9_2
この時期、JR東日本の小冊子持参で貰える粗品はフィナンシェでした。
(実は、このためにワザワザ連日やって來てカレーに挑戦したわけ)
5

カレーにはミニデザートが付きます。
本日のデザートはフルーツゼリー。
先週、マンスリーパスタに付いたのは杏仁豆腐、昨日のスペシャルディナーに付いたのがフルーツカクテル、そしてカレーにはフルーツゼリー。
このミニデザートって、毎日日替わりなんだろうか。
10
それと、ワタシは別にケーキを頼んだら店員さんが写真入りのメニューを持ってきてくれました。
これを見て注文したのがレモンパイ473円。
 ~酸味のきいたレモンカスタードが夏にふさわしい爽やかなおいしさ。

タルトの台の中にレモンカスタードを詰めて、生クリームをちょこんちょこんとデコレーション。
生クリームは少し固めで上等。
その上に、細かく刻んで散らしてあるのはルバーブ?かしらん。
レモンカスタードはちょっと酸っぱめで、生クリームといっしょに食べるのがいいみたい。
ワタシにとってレモンパイはなぜか昔から憧れのお菓子なんです。
12
こちら、セットのミニデザートであるフルーツゼリー
ふるふるのゼリーの中にオレンジを閉じ込めて、サクランボをトッピング。
舌の上ではかなく溶けてゆく食感が絶妙。
13
ひとまずは、狙った“粗品”もゲットしたのでホッ。

レストランに隣接してフルーツ売り場があるのですが、さすが千疋屋。
両手で包めそうなくらいの大きさのメロンが、箱に入ってリボンをかけられて1コ11,550円だったりする。
いったい誰が買うんでしょうね!?
いい目の保養をさせていただきました…。

 

2011年6月22日 (水)

信濃町 千疋屋総本店の初夏のパスタディナーセット

マンゴーカレーが食べたくて、ふたたび信濃町で途中下車して千疋屋総本店 アトレヴィ信濃町店へ。
ところが席に着いたところで「今日はごはんものが売切れてしまって、パスタとかフルーツサンドならできます」と言われる。
ええ…そんなぁ。
ワタシは、すっかりカレー気分だったのに!?

仕方ないので“アトレヴィ信濃町店限定メニュー お得なパスタディナーセット”という(それだって1,680円もするのだが〈初夏のパスタディナーセット〉を。
これだと
お好みのパスタとパン、サラダ、ミニデザート、ドリンクがセットになっているというわけです。
メインはパイナップルミートソース、スモークサーモンのレモンクリーム、タラコ、アボカドバジル、マンスリーパスタからお好みのパスタを選べるという。
マンスリーパスタは先週食べたので、今日はアボカドバジルというのにしてみました(それしか食べられるパスタが無い)。

先にサラダが登場。
トマト、紫キャベツ、サニーレタス…それに何か白い、薄氷のようなものが?
1
聞いてみると、やっぱりチーズでした。
ワタシはチーズも好まないので、できるだけそっと除けて野菜だけいただきます。
9
メインであるところのアボカドバジルのスパゲッティが登場。
アボカド入りのとても濃厚なバジルソースで和えたスパゲティに、彩りにトマトを散らしてハーブの葉をトッピング。
バジルソースは美味しいと思いましたが、ワタシはアボカドというのをふだん食べつけていないので、ねっちょりとした食感が、あまり口に合いませんでした。
2
ドリンクはアイスコーヒー
いつものように、冷たい飲み物は先に出して貰います。
3
パンも出されます。
丸い、平たいパンをトーストして食べやすく半分にカットしてあります。
4
お料理が揃ったところ。
6_3
トーストなのにバターが付かないんだな…。
そこで、スパゲティのバジルソースをパンにつけながら食べてみました。
これが美味しかった!
新鮮なバジルのソースが、ふんわりと焼かれたトーストに絶妙にマッチ。
7
ミニデザートはフルーツカクテル
キウイ、いちご、りんご、パイン、さくらんぼ…。
8   
たとえ半端モノを使ったのであっても、あの「千疋屋」のフルーツをちょっとだけ味わえるのは嬉しいです。

でもでも…ワタシは今日こそはマンゴーカレーを食べよう、と心に決めてきたわけで、どうにも消化不足な感は否めませんでした…。
 

2011年6月21日 (火)

秋葉原 さんるーむの夏の京都おばんざい御膳

今日もヨドバシカメラマルチメディアAkibaへ行っちゃいました。
きのう、さんるーむの前を通りかかったら夏メニューが出ていたのに気がついて、今日はそれがお目当てです。

夏の京都おばんざい御膳(ドリンク・デザート付)1,580円。
1_2
セットのドリンクは先に出してもらいます。
五穀茶(アイス)
身体に良さげな飲み物ですが、どうせセットならアイスコーヒーとか、もっと単品価格の高いドリンクにした方がお得だったかな。
2_2
ごはんは発芽玄米入り七穀米又は黒米のいずれか。
この日は黒米をチョイス。
3_2
もう一つの選択は、とろろ又はスープ。
野菜スープがいまいちだったので今日はとろろにしたのですが、今の時期は冷製豆乳スープとありました。
季節によってスープも変わるんですね。
松葉海苔を添えたとろろは精がつきそう?
5
ごはんにとろろをかけて、かっこむようにいただく。
なお、卓上のごま塩をかけても美味しいんです。
9
こちら、メインの賀茂なすの味噌田楽
ほっくり温められた賀茂なすに甘味のあるゆず味噌がのって芳ばしい。
ほうれん草と赤パプリカ、揚げだし豆腐添え。
4
黒豆煮
何気ない一品に見えますが、こんなにふうに、ふっくらとお豆を煮るのって難しいんだろうな。
小さな黒豆に混じって、大きな黒い花豆が一粒入ってます。
6
自家製 黒胡麻豆腐
つるんとしたプリンのように滑らかな口当たり。
トッピングはおろし生姜と枝豆が一粒。
7
湯葉とオクラのお浸し
しめじも入って、京都風にさっぱりと薄味に仕上げてあります。
8
本日のデザートは、“夏限定”というキャッチに魅かれて完熟マンゴープリン マンゴーソルベ添えを。
10
透明のカップの中にマンゴープリンとマンゴーの果肉、その上にマンゴーのシャーベットが乗ってます。
ワタシ、必ずしもマンゴー大好き!ってわけでもないのですが夏らしい、とても爽やかな冷菓ですね。
11
身体にいいものをいっぱい頂いた、という気分にさせてくれる夕御飯でした。
ただワタシとしては、お膳にお味噌汁がつくともっと嬉しいんだけどなぁ、と贅沢を言ってみたりするんだけど…。

2011年6月20日 (月)

秋葉原 わらびやのたぬきそば

ゆううつな月曜日の会社帰り、ヨドバシカメラマルチメディアAkibaの8Fへ。
そばと酒肴処 わらびやへ入ります。
入店するとスタッフさんが蒸しオシボリを手渡してくれるのが、居酒屋っぽい。

ここへ来たのは、クーポン持参でタダで飲める生ビールがお目当てです。
1

食事は たぬきそば(温)750円。
2
揚げ玉、紅白かまぼこ、椎茸の煮物、彩りに絹さや2枚。
ワタシ的には椎茸はなくもがな、なのだが…まあいいけど。
3

そういえばここでは、冷やしたぬきそばをまだ食べていません。
ちなみに冷やしも同価格。
今度はソレにしよう。

あと、もうちょっとワタシの食べられるおつまみメニューがあれば、おそばの前に一、ニ品ちょこちょこ注文してもいいのだけど…。
(いろいろメニューは豊富なのですが、好き嫌いの多いワタシには必ずしも対応していない、という意味です。)

2011年6月19日 (日)

上野 喫茶 丘のナポリタンセット+チョコレートパフェ

JR御徒町駅からガード下を上野方面に向かって歩くこと数分、喫茶 丘に到着。
暗い階段を降りたところ(地下1階)に店があるのですが、入口の照明からして怪しげな雰囲気が漂う。
9
ひとたび店に足を踏み入れれば、そこはもう魅惑のワンダーランド!
昭和の雰囲気そのままの、レトロムード溢れるキッチュな店内。
この喫茶店には地下2階もあるそうで、今日はワタシはそこへは降りなかったけど店内の吹き抜けになった階段の上には、キンキラキンの豪華なシャンデリアが吊り下がっています。
10 11
壁面を飾る、19世紀初頭?のヨーロッパの紳士淑女を描いた、クラシックな装飾画を発見。
実はワタシは今、或る小説にハマっているところでありまして、それがこういうハイウェストなエンパイア・スタイルの時代を舞台にしたものなので、とってもワクワクでした!
13 14
◎食事のメニュー:
  ・ナポリタン
  ・ミートソース
  ・ピラフ
  ・カレーライス
  ・チキンライス
  ・ハヤシライス
   すべてコーヒーor紅茶付きで830円
◎トースト:
  ・バタートースト320円
  ・ハムトースト430円
  ・野菜トースト430円
  ・たまごトースト430円
  ・チーズトースト480円
  ・ピザトースト500円
◎サンドウイッチ:
  ・ハムサンド580円
  ・たまごサンド580円
  ・野菜サンド580円
  ・ツナサンド600円
  ・ミックスサンド600円

本当はピラフがいいかな、と思っていたのですが、「そういえばココは2.1ミリのスパゲティを使っているので有名なんだわ」と思い出し、ナポリタンにしました。

スパゲティを注文すると、先にテーブルに用意されるタバスコとパルメザンチーズ。
タバスコはともかく、ワタシこのメーカーのパルメザンチーズって初めて見ました。
12

ナポリタンセット830円の登場。
1_2
2.1ミリのスパゲティを使った、昔ながらのナポリタン。
具はハム、玉葱、ピーマンとシンプルです。
Photo
はと屋のスパゲティも太いけど、これもぶっとい…。
ボリュームもたっぷり。
ふつうに美味しいナポリタンです。
2_2
ナポリタンといっしょに頼んだアイスコーヒー。
ちょっと薄めかな?
3_2
食後にチョコレートパフェ650円、いきます。
安いのでどんなものか危ぶまれたのですが、運ばれたパフェはなかなか豪華で素敵です。
5
チョコレートソースをかけた生クリームとバニラアイス、缶詰パインとミカンも少々。
生クリームがちょっと粉っぽい?かなとも思ったけど、まぁまぁ。
6
美しい生クリームの絞り…。
8
◎パフェ:
  ・チョコパフェ680円
  ・バナナパフェ700円
  ・オレンジパフェ680円
  ・パインパフェ680円
  ・フルーツパフェ800円
  ・プリンアラモード800円

また今度違うお食事とパフェに挑戦したい。
このお店、本当は21時まで営業しているはずが現在は震災による節電のため平日は19時までの短縮営業。
ちょっと遅くなると間に合わないのが難です。

ホールを仕切るのは店長さんと若い二人の男性。
キッチンに誰かいるのかもしれませんが、こちらからは見えませんでした。

なお、こういう喫茶店ではやむを得ないけど全席喫煙可。
ただこの日は(あまり)喫煙者がいなかったのは幸いでした。
こればかりは運ですね。

2011年6月18日 (土)

伊勢丹松戸店 カフェノーブルのアーモンドのパンケーキ

お口直しのデザートは、伊勢丹松戸店・新館2階のカフェノーブルにて。
アーモンドのパンケーキをいただきます。

アーモンドのパンケーキ バナナミルクキャラメルソース
ドリンクとのセットで1,050円。
セットドリンクはアイスミルクティー
1
アーモンドの粉末を練り込んだパンケーキにミルクキャラメルに絡めたバナナをトッピングしました。
運ばれたパンケーキのお皿を見て吃驚。
まっ茶色のカラメルソースがかかって、いかにもまったりとして濃ゆそう。
ホイップクリームはかかっているものの、バニラアイスをトッピング(\150)すればよかった!
2
濃厚なキャラメルソースにホイップクリーム、バナナの輪切りとアーモンドスライス、それにレーズン。
3
パンケーキ自体は軽く薄い焼き上がりですが、添えられた具が賑やかなのでかなり食べでがあるのでした。
悪くはないけど~、ワタシはキャラメルソースをそれほど好まないので、今ひとつというか…
カリカリのアーモンドの食感はいい味のアクセントになって、良かったけれど。
ただこれにアイスが加わっていれば、また感想は違ったかもしれません。

この店のいいところ、それはお冷やでも何でも、冷たいドリンクはクラッシュアイスを注いで出してくれるところ。
ワタシはこれに弱いんです。

松戸 ピーチーズのカニクリームコロッケ

例によって寝坊して遅くなってしまった土曜日の朝。
松戸駅西口を下りてすぐ前のビルの2階にある喫茶・ピーチーズへ。
昔からある駅前喫茶で、以前はよく行っていたのですがここ数年とんとご無沙汰でした。
店の前を通りかかったら、日替りランチのメニューボードに“カニクリームコロッケ”とあるのを見て、今日は久しぶりに入ってみます。

ここの1階はむかしむかし、アリタという果物屋さんでした。
現在は同名の不動産屋になっていますが、喫茶店内には果物をストックした専用の冷蔵庫が置かれているあたり、昔の仕入れルートがあるのではないかと勝手に思っています。

昭和の雰囲気を色濃く残す店内は以前と変わっていません。
禁煙席に着いて、3種類ある日替わりランチのひとつカニクリームコロッケ850円をいただきます。
ライス、サラダ、味噌汁、コーヒー付きでこのお値段はりっぱ。
ちなみにあとの二つは豚肉のしょうが焼きとミートソース。

まずは大根と菜っ葉がほんの少し入った、透明なまでにごく薄い味噌汁。
Pi9
そしてメインのお皿が登場!
Pi1_2
かりっと揚がったカニクリームコロッケ2個にはタルタルソースがかけられ、ウスターソースは別添え。
Pi12
キツネ色のカニコロは、けっこう大きいです。
Pi2
つけ合わせもたっぷり。
Pi3
メロンが一切れ添えられるのは、果物屋さんの名残りかな。
人参・胡瓜・大根・キャベツなどの千切りサラダ。
トマトと胡瓜のスライス。
マヨネーズをベースにした、自家製らしいドレッシングソースがかけられています。
温野菜3種:薩摩芋の甘煮、人参、いんげん豆。
それに極細のスパゲティミートソース(ミートソースと言ってもそれらしい味が微かについてる程度で具はナイ)。
たっぷりパセリ。
Pi8 Pi7
家庭的なおかずは御飯によく合う。
Pi4
添えられたお箸でコロッケを割ると、とろりとした具が流れます。
とってもクリーミーで美味しいです。
Pi5
ただ、食後のコーヒーはワタシがまだ食事をしている最中に早々と運ばれてきました。
混んでいるわけでもないのに、もう少し見はからってくれてもいいと思う。
なお、コーヒーはちょっと作り置きのような感じがしました。
Pi6
実は、数年前ここで最後に食べたのもカニクリームコロッケだったのを思い出しました。
でも本当のところ、このお店では何を食べても美味しかったんです。
安いしね。

2011年6月17日 (金)

信濃町 千疋屋総本店の夏野菜のアラビアータ+アメリカンショートケーキ(ストロベリー)

JR信濃町駅は会社のある代々木・千駄ヶ谷からすぐ隣なのに、まったく降りたことがありません。
駅構内の様子などは、近くに御所や明治記念館などがあるせいかどことなく上品でハイソな雰囲気が漂う。
ここの駅ビルがアトレヴィ信濃町で、その1階に千疋屋総本店が入っているのに今さらながら気がつきました。
実は、先日この店に行こうとしたら当日は月曜日で、ワタシは知らなかったのですが「世界のフルーツ食べ放題」の開催日に当たっていたため夕方は5時閉店で入れなかったのです。
今日はその雪辱を果たさんと、あらためてやってまいりました。
有名な千疋屋の支店だし、ハナキンのことでもあるからさぞや混んでいるのでは…と思ったのですが、店は空いていてあらぁ、と拍子抜け。
駅ビルとはいえ、店内は白を基調に渋い茶色とモスグリーンでまとめたインテリアで落ち着いた感じ。
噂のマンゴーカレーも食べてみたいけど、今日のところはアトレヴィ信濃町店限定の6月マンスリーパスタがお目当てです。

夏野菜のアラビアータ ドリンク&デザート付1,260円1_2
初夏が旬の「ナス」「ズッキーニ」「パプリカ」等の野菜をピリ辛のアラビアータソースで仕上げました。
トマトの爽やかな酸味とガーリックの香ばしさが食欲をそそる一皿です。

コップが遠い…
12
お皿が運ばれてきたとき、細かい粒粒が見えたので「ひき肉が入っている?」と思ったのですが、食べてみたらそれはすりおろしたチーズをあらかじめかけてきたものだと分かりました。
アラビアータとはいっても、辛くはありません。
トマトソースをベースに、大ぶりにカットした茄子、ズッキーニ、パプリカ(赤・黄)、それに何故か椎茸?と具沢山のパスタ。
ハーブの葉っぱ(ミント?)がぱらりとトッピングされて、香りを引き立てています。
ただ、わりと大きめなベーコンが数切れ入っていて、それがちょっと生臭い。
ふつうの人には気にならないんでしょうけど。
トマトソース自体は美味しいです。
2_2
このパスタにはドリンクとデザートが付きます。
ドリンクは食後にホットコーヒーをお願いして、デザートは何かと聞いたら杏仁豆腐だというので、もう一つ別にデザートを注文しました。
3
こちらはセットのミニデザート、杏仁豆腐
ラズベリー、ブルーベリー、苺をのせて苺ソースをかけてあります。
4
さすが千疋屋、フルーツの一粒一粒が美味しい。
ふるふるの杏仁豆腐も絶品でしたよん
舌の上で滑るように溶けてゆくのが何ともいえない食べ心地。
5
そしてこちらが別注のアメリカンショートケーキ(ストロベリー)840円。
苺ソースがかぶってしまった…しまったぁ。
同じアメリカンショートケーキでも、ブルーベリーにしておけばよかった?
6
えーと…ショートケーキという名がついてはいますが、ふつうのケーキ屋さんにおいてあるアレではありません(ちなみにふつうのショートケーキも店頭のケーキケースに並んでいる)。
写真では分からないけど台は少し固めのスポンジ2枚の間にバニラアイスを挟んだもの。
その上にたっぷり生クリームを絞り、粒々のかたちを残した苺ソースをかけて、そして何とひたひたの牛乳のなかに浸してある(!)のです。
ちなみにこのデザートにはフォークではなくスプーンが添えられて、ケーキを切り取るのといっしょに牛乳をすくいながらいただくのです。
7
もちろん美味しいのですが、なぜに牛乳に浸さなきゃならんのかいまいち分からない…。
貴重な体験をさせていただきました…。

余談ですがコーヒーに添えられた角砂糖が可愛かった。
草花を描いた包装紙に丁寧に包まれたものです。
8
なんてったって千疋屋なので、パフェとかプリンとか、フルーツを使った美味しそうなデザートがたくさん。
こんな近くに素敵なお店があったのを見落としていました。
ラストオーダーは19:30とちょい早めだけど、会社からすぐ隣の駅なのでちょいと残業してもじゅうぶん間に合うし、月曜日を避けてまた行くつもりでっす♪

2011年6月16日 (木)

上野 UP CAFEのビーフシチューライスセット

夕食は上野ecuteのUP CAFEへ。
ごはんモノが食べたくて、ビーフシチューライス~シェリー酒入り~のセット1,050円。
Up1_2
ビーフシチューはシェリー酒入りということですが生クリームが少し落としてあって、トロリと甘くて旨い。
ゴハンといっしょに食べられるのが嬉しいです。
ワタシ、お肉は食べないんですが…(肉抜きで注文できないのかな)。
Up2
ビーフシチューの付け合わせの温野菜。
南瓜の素揚げ、ブロッコリー、じゃがいも。
箸休めにとってもいいです。
Up4
ミニサラダはコーン入りのコールスロー。
みじん切りパセリがぱらりと振りかけてあって味を引き立てています。
Up8
セットドリンクは、青森県産りんごジュース
Up3
一緒にケーキを取ろうかなと思ったけど、1コ500円もするうえ、ケースに並んでいるラインナップがイマイチだったので今日は止めておきました。
また今度、魅力的なケーキが出ていたら食べてみたい。

2011年6月15日 (水)

松戸 新宿らーめん亭の野菜たっぷりタンメン

今日の夕飯は何にしようか、もうあんまり食べたいものがないのだが…
とりあえず松戸まで戻ってきました。

新宿らーめん亭野菜たっぷりタンメン760円。
1
もやし、きくらげ、ほうれん草、人参、キャベツ、タケノコ、玉葱、長葱、長芋…と具沢山。
ブタ肉も少し。
2
野菜をたっぷり食べたいと思ったら、タンメンに限りますね。

2011年6月14日 (火)

松戸 ひとつと家の冷やしたぬきそば

一生懸命やっているつもりなのに、なんかいろいろなことが空回りした一日。
そもそも、そんなふうに考えるのが自分の思い上がりなのだけど…

夕食は松戸ボックスヒルのひとつと家へ
冷やしたぬきそば760円
1
揚げ玉、松葉海苔、錦糸玉子、みぞれ、若布、それに胡瓜・人参・大根の千切りを和えたの。
さっぱりといただいて、鬱陶しい天気と気分を振り払いましょう。
2
別皿に用意された薬味は刻み葱とわさび。
3
このわさびのかたちが、くるんと渦を巻いたようで可愛かった。
これからは、冷やしたぬきのシーズンです!

新宿 モンスナックの野菜カレー

昼間、ちょっと社用で外出。
そのまま新宿でランチを済ませていきます。
ごはんが食べたかったので、紀伊国屋ビルのモンスナック野菜カレー800円。
前回、玉子のサービス券を貰ったのだけどすぐ探せない。
いいや野菜カレーなら、タマゴがなくても…。
昨日もオムレツだったし。
Photo
じゃがいも、人参、南瓜、なす、カリフラワー、ブロッコリー、しめじ、グリーンピース…と具沢山。
福神漬と胡瓜の青漬、二種類の漬物もたっぷり盛って。
梅雨時でじめじめした季節に食べるカレーは旨い。
ほかほかごはんも嬉しいなぁ。

2011年6月13日 (月)

北千住 ラケルのKUKUプレミアムオムレツ

今日はボスに早く帰るようにと指示されて、早目に退社。

ちょっと予定していたお店があったのに、当てが外れてしまいそのまま常磐線に乗りました。

でもまだ時間が早いので、北千住で下車。
北千住マルイ9階 ラケルへ。
いつものようにラケルパンとじゃがいものプレートを注文。

先にラケル濃厚コラーゲンコーンスープが運ばれる。
これまでと違うのは、「お好みでどうぞ」と、スープにポン菓子が添えられてきたこと。
 こだわり・ポンkashi
 ギャバはお米の約10倍
 ビタミンEは約8倍も含まれています

1
ポン菓子をスープに入れていただきます。
このコーンスープ、具があればいいなあと常々感じていたのでこれはとっても良い加減。
2
厨房のほうから、しゃかしゃか…とたまごを溶く軽い音が聞こえてきます。
ああワタシのオムライスを作っているんだわ、と思って待っている。
そして、出されたメインのプレートを見て目を疑いました。
6
ごはんが、無い。
オムレツ”だった…
ごはんが食べたかったのに。

ワタシが頼んだのはKUKUプレミアムオムレツのセット1,239円だったのです!
3
プレミアムブールラケルのオムレツケチャップ添え
4
バターをたっぷり落としたフカフカのラケルパン
5
ふかしたじゃがいもサラダ(レタス、千切り人参とかのサウザンアイランドドレッシング)、クレソン
7
どれも美味しかったけど、ワタシはごはんを食べたかったのでどうにも消化不良気味…。

食後は、セットに付くクリーミーアイスカフェオレヨード卵・光焼きたてワッフルを。
8
ちょうど近くの席に座ったカップルが注文した単品のワッフルはホイップクリームやアイス、チョコレートソースなんかで華々しく飾られていましたが、セットの場合は至ってシンプルなもの。
1/2切れにメープルシロップ添え。
9
このワッフル冷凍かな?と思ったけど、焼きたては焼きたてみたい。
ほんわか風味。
10
クリーミーアイスカフェオレは生クリームがトッピングされているのはいいんですが…
11
とっても甘ったるくてちょっと閉口。
ふつうのコーヒーとか紅茶にすればいいのですが、だけどワタシは“スペシャルドリンクも選べます”というとついそっちに目が行っちゃうんですよ!

今日はラケルのカレーピラフ入りオムライスを食べ損ねて、とっても残念。
ワタシの注文ミスだから仕方ないけど。
またこんど、食べに行きたいなあ。

2011年6月12日 (日)

上野松坂屋 コロンバンの夏野菜のフレッシュトマトスパゲティー+ガトーショコラ

コロンバン松坂屋上野サロンに夏メニューが登場。
というわけで、今日はこちらにやってまいりました。

ワタシにとってここのランチのお楽しみがこのスープ。
玉葱とキャベツのコンソメ味。
黒こしょうがきいていて、何ともいえず良いお味。
お代わりを所望したいくらい(駄目なの?)。
1_3
メインはこちら、夏野菜のフレッシュトマトスパゲティー1,100円。
セットドリンクはアイスミルクティーにしました。
ちなみに、ワタシはふだんは断然コーヒー党。
ただし休日となると既に朝から2杯はガバガバ飲んでいてすっかり胸やけしてしまうため、せめて外では紅茶を飲もう…と、こうなるわけであります。
2_3
季節の野菜たっぷりのヘルシーパスタ。
爽やかなフレッシュトマトでさっぱりとお召し上がり下さい。

3_2
トマト、ズッキーニ、アスパラガス、ヤングコーン、人参、カイワレ…と、たっぷりの野菜と合わせたオリーブオイル?のパスタ。
冷製ではなく、温かいパスタです。
ここのスパゲティの量は少な目なのですが、これは野菜がかなり多いのでけっこう食べでがあります。
4_2
コロンバンなのですから、食後はケーキを食べたいです。
あれもこれも、と目移りがしますが、今日のところはガトーショコラ472円を。
8
チョコレート生地にオレンジシロップを染み込ませ、チョコレートムースをサンドしたしっとりとした食感のケーキです。砂糖を振りかけカール状に削ったチョコレートと、フリル状に絞ったチョコレートの生クリームで上品に仕上げました。

とっても濃厚な、でもそれでいてしつこくないチョコレートケーキ。
さすがコロンバン?
手前にはオレンジ風味のソースが飾りで添えられています。
5_2
この巻き巻きチョコが可愛かったの♡
7_2
ここのコロンバンには、定番のケーキのほか魅力的な季節のケーキがあるのですがドリンク付き。
だから、ランチだとドリンクがかぶってしまう。
今度はお昼をよそで食べて、食後のデザートを食べに来ましょうか?

2011年6月11日 (土)

伊勢丹松戸店 カフェキャピタルのウェスタンオムレツサンド+チョコレートパフェ

週末は、早朝からの雨降りで始まりました。
土曜日は、一週間の疲れでなかなか起きられずいつも遅い朝になってしまいます。
と言っても7時半くらい。ワタシ勤めの日は4時半を目標に起きてるんです
買い物がてら家を出たのも、だいぶん遅めの時間でした。
こんなときは、地元で食べ歩き!

と、いうわけで伊勢丹松戸店本館は6階にあるカフェキャピタルへ。
Photo_2
実はココは先週から目をつけていたお店。
食事メニューは11時半からオーダー可というので、今日は時間を見計らってやって来ました。
梅雨模様だというのに(もっともワタシが家を出る頃にはもうほとんど止んでいたけれど)店内は家族連れなどで賑わっています。
店の奥半分が喫煙席、手前が禁煙席になっています。
禁煙席はいっぱいだというのに奥はスカスカ…今のご時勢、このスペース配分はちょっと見直す余地があるんではないか?

ワタシはふだん、朝はパン食ですが今日はお煎餅をつまんだだけでちゃんと朝ごはんを食べてきませんでした。
この店にはパスタのほかサンドイッチのメニューも豊富。
たまにはサンドイッチでも食べてみようか。
ウェスタンオムレツサンドというのが気になってスタッフさんに聞いてみると、「オムレツの中にトマトとほうれん草とベーコンが入ったサンドイッチ」だと言うので、ワタシはベーコン抜きでお願い。

ウェスタンオムレツサンド ドリンクセットで1,103円。
オムレツをはさんだトーストサンドです。
1_2
こんがりと焼かれたパンが美味しそう。
2_2
ほど良い加減にとろりとしたオムレツには、リクエストどおりトマトとほうれん草を混ぜ込んであります。
トーストといっしょに食べると、ほくっと美味し~い!!
これ、最高のブランチでっす!!
3
つけ合わせのプチトマトとピクルス。
7
卓上に用意された茶色い角砂糖(砂糖壺の蓋を取ったところ)。
5
このブラウンシュガーを使いたいばかりに、セットのドリンクはブレンドコーヒーを注文しました。
4
このあとは、先週行った「カフェノーブル」でパンケーキでも良かったのだけれども、粉っぽいのが続くのはちょっと。
ここのパフェがとっても美味しそうなので、パフェフリークのワタシとしては見過ごしにできず、やっぱり食後に頼んじゃいました。

チョコレートパフェ819円。
背の高いスリムなパフェグラスで登場。
Img_35582
生クリーム、バナナ、バニラアイス、コーンフレーク、チェリー。
グラスの底の方にも刻んだバナナが詰まっています。
Photo
ワタシはパフェにコーンフレークが入っているとちょっとガッカリなのだが…
まあ、たまにはいいか。
なお、パフェの種類はほかにプリンパフェ、フルーツパフェ、マンゴーパフェあり。

ココは初入店でしたがお得なポイントカードを貰えました。
次回は、〈カニのトマトクリームソースのパスタ〉を狙っているワタシ。
ホットケーキなどのデザートも揃っているし、また来たいなっと。

2011年6月10日 (金)

上野 洋食や三代目たいめいけんのバターラーメン

忙しかった一週間がやっと終わりました。
今日は金曜日なので、会社に8時半頃まで居残って来週のためにちょっと用意をやっていく。
でも、ウチに持ち帰るぶんの仕事までは手が回りませんでした。
いいや今週はさんざん仕事したし、今度の週末くらいは思い切って遊んじゃおう…。

そんな疲れた週末に食べたくなったのは、洋食や三代目たいめいけんバターラーメン780円。
1
ここのラーメンは醤油味のあっさり加減のスープといい、細目の麺のちぢれ具合といいワタシのお好み。
チャーシュー(は、食べない)、刻み葱(長葱と万能葱)、メンマ、絹さやというシンプルな具の取り合わせもよろしい。
そして一カケのバターが風味を添えています。
あっ、そういえばたいめいけんのラーメンの場合、ナルトは入らないのね。
2
あとは、(これはラーメンに限ったことではないですが)本店みたいにメニューが豊富だとなお嬉しいんだけど。

中野 デイリーチコのソフトクリーム

ゴハンのあとは、やっぱりお口直しがしたいわけで。
せっかく中野に来たからには、例のソフトクリームが食べたいなあ。
会社に戻らなきゃあいけないんですが…いいよね、ワタシ毎日早出残業してるんだし…ほんの5分くらい寄り道しても…

と自分勝手に理屈をつけて、地下1階の食料品売場のなかにあるデイリーチコへ。
本日のラインナップは①バニラ②チョコレート③ストロベリー④モカ⑤ラベンダー⑥バナナ⑦まっちゃ⑧アズキ。
噂の特大サイズに挑戦したいところだけどやっぱり仕事中なので小サイズのコーン230円にする。
これだとソフトクリームは3種類まで選べるので①⑤⑥をレジのお姉さんに注文。
お姉さんが「下から①⑤⑥です」と言いながら手渡してくれたソフトクリームは小といってもゆうに他店の普通サイズ。
Photo_3
ソフトクリームを嘗めながら歩いて中野駅へ向かう。
“期間限定”に魅かれた紫色のラベンダーは、ちょっと香りがきつかったかな。
でも珍しい味を堪能できましたが。
バナナとバニラはふつうに食べやすい味。
やっぱりここのソフトクリームは美味しいですね。

中野 香林坊の日替り定食

なかなか足を運べないけれども、忘れえぬ店というのがあります。
中野ブロードウェイ2階にある、台湾素食の店香林坊もそのひとつ。
今日はちょいと仕事で中野に行くことになりまして、お昼はココ!と決めてきました(わくわく)。

さて当日。
目的を遂行して、中野ブロードウェイに入ったのが1時過ぎ。
久しぶりなのでちょっと探しちゃったけれども、お店は健在でした。
カギの字型のカウンターでは、少し遅めのお昼を食べている女性客が3人。
その奥の狭い厨房に見覚えのあるママさんの姿がありました。
今までココでは精進カツ定食しか食べたことはないのですが、今日は日替り定食940円を注文してみます。
(仕事中だし、日替りの方が早くできるんじゃないかと思って)

本日の日替り定食は、こんなん。
0
お膳ができました。
「これみんな味がついてますから」と言ってママさんがカウンターと厨房を仕切る棚の上から手渡してくれます。
1_3
御飯はお代わりできるそうです。
でも、これだけあればまぁ十分ですわね。
7
かぶと薄揚げの炒め
炒めというか、小松菜、人参も入った煮びたしです。
あっさりとした味つけで、かぶのコリコリとした歯ごたえが心地よい。
4_2
珍ぴら揚げ
しいたけ・にんじん・ごぼうのゆば巻。
つけ合わせのキャベツには和風ドレッシングがかけられています。
look like fried meat by burdrock & vegetables
2_4
細かく刻んだ野菜類をゆばで包み、かりっと揚げてあります。
野菜とゆばのとり合わせが楽しい。
揚げたてではありませんが味がしみ込んでいてなかなか深い味わいです。
8
煮物は、厚揚げと煮玉子。
この厚揚げが、何というか中国風の香辛料が使われていてぷんと鼻につき、独特の食感でした。
悪くはないんですが。
3_2
スープ
刻んだ葱とレタス、若布に玉子を散らしたすまし汁。
5
⑥中華系ですから、漬物はザーツァイ。
6
久しぶりの香林坊、懐かしくて美味しかったー!
御飯をお代わりしなくてもお腹は十分。
またちょくちょく来たいなあ。

代々木の紫陽花

気がつけば、いつの間にか紫陽花の花が咲いている。
もうそんな季節なんですねぇ。
1_2 2_3
代々木というより、ここは千駄ヶ谷。

2011年6月 9日 (木)

代々木 増田屋のカレーライス

昨日の疲れで、今日は会社のみんなも早々と上がってしまいます。
ワタシはちょっとだけ居残って、それでも6時半には退社。
イベントは終わったとはいえ、これからまたイロイロあるのよね…
さて本日の夕食は、増田屋カレーライス750円。
Photo_2
今日はらっきょうがついてきたのが新鮮な驚きでした。
しかも細かく輪切りに刻んであって細かい仕事。
2_2
ピリリと辛目のカレーライス、疲れた身体に刺激となって染みわたります。
ほんとうは生ビールでも飲みたいところだけど、これでうちに帰ります。
ああ、今週もあと1日、頑張らなきゃ!

代々木 マクドナルドのホットケーキセット

戦いすんで日が暮れて…
そしてまた朝が来た。

夕べは午前様になってしんどいけど、何とか起きて出勤。
今朝は、景気づけに代々木のマクドナルドで朝マック。
ホットケーキセット440円。
Photo
このホットケーキがなぜだか無性に食べたかった…。
そして、ハッシュドポテトがまた、ホットケーキに合うんだわ。

昨日はいろいろポカをやってしまって、ボスと顔を合わせるのが怖い。
それでも会社に行かなけりゃ。
つくづく、世の中とはすさまじいものである。

2011年6月 8日 (水)

上野 UP CAFEのモーニング

今日はウチの会社にとって、1年で最も忙しい日。
早く出ようと思ったけど、けっきょくいつもと同じ電車になってしまいました。
(と言っても、ワタシは震災以来このかた、6時前には家を出ているのだが)

しかも上野ecuteに立ち寄り、ついついUP CAFEに入ってしまう。
会社ではボスが早出して仕事をやっているのは分かっているけど…。
いつものスクランブル&バタートーストセット420円。
ドリンクはアメリカンコーヒー。
Up1
今日は出勤したら、お昼ごはんにありつけられるかどうかも分からない状況なので、朝だけでもしっかりお腹に入れておかねば…。
Up2
今朝はカフェ内もなぜだかとても混んでいました。
上野ecuteも、その存在がだいぶ人口に膾炙してきたと見えます。
モーニングを食べたら、いざ!
会社に向かいます。
今日は長い一日になりそうです。

2011年6月 7日 (火)

松戸 天丼てんやの国産夏野菜天丼

あした、ウチの会社のイベントを控えて超忙しい毎日ですが、天丼てんやの国産野菜天丼の夏バージョンが登場したらしい。
というわけで、遅い残業帰りに寄ってみました。

夏の国産野菜天丼(みそ汁つき)550円。
1
7種の国産夏野菜…赤パプリカ・平莢いんげん・にんじん・みょうが・ししとう・なす・しいたけ。
2
お初もののみょうがは、いかにも夏らしい風味。
4
刻み葱と若布のお味噌汁。
ほんとうはこれにあと一品、さっぱりとした冷奴でもつけたいところですがもう夜遅いので我慢…。
3
それにしても、夜の10時過ぎに食べる天丼はやっぱり腹にこたえます。
野菜だけとはいえ…。
早くマトモな時間に夕食を食べられるようになりたいです。

2011年6月 5日 (日)

伊勢丹松戸店 カフェノーブルのストロベリーバナナパンケーキ

さて伊勢丹松戸店二軒目のカフェは、新館2階のカフェノーブルへ。
常磐線の線路沿いに面した場所にあり、すっきりした明るい店内です。
テーブル間隔もゆったりと取られています。
こちらの自慢はパンケーキらしいので、デザートにいただこうと思います。
00
卓上のおわんにどさっと盛られた角砂糖が楽しい。
0
アイスミルクティーを頼んだら、クラッシュアイス入りなのが嬉しいです。
ちなみにお冷やもクラッシュアイス。
1_5
ストロベリーバナナパンケーキ 飲み物とのセットで1,200円(たぶん消費税の端数処理の関係で、実際に払ったお金は1,199円)。
2_5
ふんわりと軽く焼かれたパンケーキ3枚重ね。
苺とバナナのスライスを美しく散らして、ホイップクリームとバニラアイスクリーム添え。
4_4
ここのホイップクリームは、とろっとした流れるようなタイプ。
3_5
ホットケーキとはひと味違って、軽い風味で美味しかったです。
ボリュームもあり、お腹が一杯になりました。
パンケーキのメニューはほかにも数種類。
こんど、全種類制覇してみたい!

でも、地元でこれだけ美味しいものが食べられるなら、無理して旅行に行かなくてもよいと思ったりする。
(それともこれはワタシの負け惜しみ?)

伊勢丹松戸店 カフェコルティーレの茄子のアラビアータ

ちょっと体調がイマイチの日曜日。
遠出する気がしないので、先週に目をつけていた伊勢丹松戸店のカフェを2軒ハシゴしてきました。
まずは本館4階のカフェコルティーレ
婦人服売場のフロアに位置する喫茶室。
「コルティーレ」は、イタリア語で「中庭」という意味だそうです。
店の約半分強、入口側が禁煙席、右奥に回り込んだスペースは喫煙スペースになっています。
T
注文は茄子のアラビアータ〈辛口〉(サラダ付)892円とアイスコーヒー525円。
1_4
唐辛子を利かせたトマトソースをからめたパスタ。
さっと油で炒めた茄子がトッピング。
茄子のまわりにトロトロのトマトソースが添えてあり、これが旨い。
テーブルには粉チーズとタバスコが用意されましたので、いつもの癖で少し使ったけどもソースがけっこう本気で辛いのでタバスコは要らなかったかも。
2_4
にんにく、唐辛子をたっぷり使用した、本格的な辛さのアラビアータです。
油調したなすを加えました。

というわけなんですが…
3_4
スパゲティが…ちょいと茹で過ぎでないか?
クタクタで、しかもところどころ短く切れてしまっているし。
味つけは悪くないんだけど…これじゃうどんスパだよ。
いつもこんな感じなのかしら、それともコレはたまたま?
〈調理人さんは初老の男性のようでしたが〉

サラダはトマト・胡瓜・レタス。
まぁこれは、どうってことはありません。
4_3
コーヒーや紅茶はジノリの器で出されるらしいですが、アイスコーヒーなので普通のガラスのコップです。
5 6
お昼近くになるとぽつぽつお客さんが増えてきました。
注文を聞くともなしに聞いていると、フレンチトーストセットを頼んだお客さんが(別々に)二人もいました。
ここの隠れた人気メニューなのかしら?

パスタがあんなじゃなかったら…もっとコンディションが良かったら、また食べに来たいんだけど。
怖いもの見たさで、また試してみようかしらん?

2011年6月 4日 (土)

日比谷 紅鹿舎のチョコレートパフェ

お口直しのデザートは、珈琲館紅鹿舎チョコレートパフェ800円。
これもなんだかずいぶん久しぶりに味わうような気がします。
1_3
やっぱり生クリームが美味。
上野のパフェよりも安いしね。
それはいいんだけど…添えられるのがコーヒースプーンなのでちょっと食べにくいわね。
2_3
伝票をはさむバインダーの裏に〈がんばろう!日本〉のフレーズを発見。
3_3
あとになって、入口に出されたメニューに“アメリカンチェリー入荷”“チェリーパフェ”というシールが貼られているのに気がつきました。
チェリーパフェ?
そういえば、今はアメリカンチェリーの出盛りですねぇ。
どんなのか分からないけど、シーズン中に味わってみたいという気持ちが、ムクムクと頭をもたげてきましたよ。

日比谷 松本楼のオムレツライス春野菜のミネストローネ仕立て

梅雨の間の晴れ間となった土曜日、こないだ日比谷公園を歩いていて気になった森のレストラン日比谷松本楼へ行っちゃいました。

ところがですね、11時半前に着いたのですが、1階のグリル入口にはもう既に十数名の行列ができている。
ちょうどテラスでは結婚式が終わったところのようで、花嫁花婿さんや列席の人たちがぞろぞろと引き上げてきて宴会場の方へ引き上げてゆくところでした。
チマチョゴリを着た女性も何人か見受けられたので、在日韓国人関係のおうちなのかもしれません。
「テラスはこれから片付けますので、ご利用は12時頃からになります。室内ならもっと早くご案内できます」と店の人が説明をしていました。
こんなに早いうちから入店待ちの行列ができるのは、結婚式があったせいもあるのかな?
そのあと、また別の花嫁さんを見かけましたけど、本日は、そんなにお日柄がよろしいのだろうか。
気の短い私にしては珍しく、せっかくココまで来たのだからと大人しく30分近くも待って、ようやく店内に通されました。

注文はお目当てのオムレツライスと、飲み物は生ビール、いきます。
(だってだって、アイスコーヒーと同価格なので…つい…)

まずはキリン一番搾り樽生ビール(小)420円がやってきました。
昼ビーはいいですねー。
1_2
ところがメインのほうがなかなか出てきません。
ワタシのあとから「本日のランチ」やカレーライスを注文したお客さんのテーブルには、早々と料理が出されます。
特別メニューは少し時間がかかるみたいです。
近くにいたお客さんのテーブルを見ていてどうもそうらしいことが分かったので、あまりイライラしないで待つ。
ちびちびとビールを飲んで待っていると、10分ほどしてやっとワタシの料理が運ばれました。
“春のおすすめメニュー”から、オムレツライス春野菜のミネストローネ仕立て1,260円です。
2_2
スープを飲むときのような少し深めの鉢に盛られた、トマト色のミネストローネにとっぷり浸かった黄色いオムレツライス。
菜の花、そら豆、芽キャベツ、それにかぶといった春野菜がきれいに散りばめられて彩りもきれいです。
粉チーズがあらかじめかけられてます。
3_2
オムレツライスはサラダ付き。
レタス、ベビリーフ、紫キャベツ、パプリカ(赤・黄)、プチトマトに白いドレッシング。
32
フワフワの玉子の中身は、これまた黄色いサフラン色のチキンライス。
ミネストローネにもベーコンが少し入っていたので除けていただきます。
4_2
“春のおすすめメニュー”も季節の移ろいに伴い、そろそろ終了するかもしれないと思って今日は行列に並んでまで食べたしだい。
ちょっとしつこい気もしたけど、まあまあ、かな。

せっかく松本楼に来たのでこのあとコーヒーとケーキでも追加したいところだけど、まだ外には行列が続いているので、これで席を立ちます。
この次は、久しぶりに洋食プレートを食べたいな。
もう少し落ち着いて食べられるといいんだけど、まぁでも混んでいるのは人気店ならではというべきですね。

2011年6月 3日 (金)

上野 ギャランのドライカレー

週末の金曜日。
さて今日の夕食はナニにしようかなと考えたのですが、やっぱり昨日見たギャランのメニューが気になって、連日だけどまた行っちゃいました。

今日はドライカレー(サラダ付)850円を注文。
1
ベーコン、ピーマン、コーン、赤パプリカ、玉葱にパセリのスパイス…と、昨日食べたナポリタンとあまり変わらない具入りのドライカレー。
12
ひき肉らしい、細々としたお肉も入ってましたがワタシもこれはちょっと除けきれない。
でも、美味しかったです~。
ベーコンだけ残して完食。
2
昨日と同じサラダっす。
3
パフェを食べるほどでもなかったので、クリームソーダ750円をとりました。
この、氷の周りのシャリシャリになったアイスがスキ。
4
これでおうちに帰ろう、といきたいところですが会社に忘れ物をしていったん戻ります。
おかげで1時間、余計な時間をくいましたが、まぁ明日は休みだからいいや…と思うことにしておこう…。

上野 Humming Cafe(ハミングカフェ)のモーニング

今朝の朝メシも上野ecuteにて。
Humming Cafe(ハミングカフェ)に入ります。
5_3
スクランブル&バタートーストセット390円。
Photo
UP CAFEのようにベーコンが付いていないのは有り難い。
4_4
スクランブルエッグは作り置きなのは仕方ないとしても、少し冷めていてベシャッとした感じなのが残念。
まあ、ベックスなどでもタマゴの出来具合がいまいち、ということもありますから…。
1_4
小さめの厚切りトースト。
いちおう焦げ目が付いているのは、よろしい。
先日食べたリヨネーズポテト付きの場合はあらかじめバターを塗って供されますが、このセットだとバターは何故か別添え。
トーストも、もう少しホカホカだといいんだけどな。
2_5
レタス、ブラックオリープ、ベビーリーフ、千切り紫キャベツのサラダ。
3_4
ポイントカードは500円から使えるので、この次はやっぱり、リヨネーズポテト付きのモーニングを食べようかな。

2011年6月 2日 (木)

上野 ギャランのナポリタン+チョコレートパフェ

小雨日和の木曜の夜。
今日はナポリタンが食べたい!と思ったわけで。

御徒町で降り、ガード下の飲み屋街を歩いて、さるレトロ喫茶を探したのですが営業時間が変わったということで店の人がもう片付けをしていました。
ちぇっ!

そのまま上野方面に歩き、けっきょくギャランに入る。
ナポリタン(サラダ付)850円を注文。

夜、食事するのは初めてですがこの時間になるとセットメニューは無いので、飲み物はとりません。
1_5
2_4
ベーコン、マッシュルーム、ピーマン、玉葱入り、パセリのスパイスを振りかけた典型的な喫茶店ナポリタン。
粉チーズとタバスコを使いながらいただきまーす。
いかにも昔ながらの素朴な味つけ。
22
サラダはたっぷりコーン、キャベツと人参のコールスロー(サウザンアイランドドレッシング)。
3_3
しかし…やっぱり飲み物がないと胸につかえそうだった…

食後は、やっぱりチョコレートパフェ900円を頼んじゃいます。
雨に濡れる上野の夜の灯を眺めながらのひととき。
4_3
生クリームがうつくしい…。
5_2 
ここのチョコパフェ、美味しいんだけどこんなに蜜柑を多用しなくてもな、と思ったりする。
そして、バナナが入っていたらな…
(未だに「江戸っ子」のパフェが忘れられないワタシなの)

メニューを見ていたら、ほかの食事モノも食べたくなっちゃった!
今度は、ドライカレーかピラフがいいな♡

上野 UP CAFEのモーニング

今朝はゴハンを食べずに家を出たので、上野ecuteで外アサ。
UP CAFEスクランブルエッグ&厚切りバタートーストセット420円。
セットドリンクはアメリカンコーヒー。
1_3
コーヒーにはクリームをたくさん、がアタシの主義。
2_3
厚切りバタートーストにケチャップを落としたスクランブルエッグ、ベーコン、サラダ。
ベーコンはなくもがな。
フカフカの厚切りトーストが美味しいです。
3_2
◇おまけ UP CAFEにいる羊さん。
 白い毛皮が、生クリームみたいで美味しそうなんだわ!
 (苺をしょってるし)
4_2

2011年6月 1日 (水)

代々木 増田屋のたぬきそば

6月になってしまった…。

7時半過ぎまで残業して、夕食は増田屋へ。
いつものたぬきそば600円を食す。
1_2
揚げ玉にナルト、若布、三つ葉、長葱と別皿に刻み葱。
ワタシは今、風邪じゃないんですが喉を痛めて咳が続いているのでネギがとても嬉しい(葱って喉にいいと聞く)。
2_2

昨夜から家のねこが一匹脱走したまま帰ってこない。
相手はツンデレというか、面と向かっては絶対ヒトに懐いて来ないタイプ。
(背中を向けて寝ていると、いつの間にかゴロゴロしながらすり寄ってくる)
ワタシでさえ捕まえられないのに、家の者ではまず捕まらない。
どうしただろうと思って家路に向かうと、近くのお宅の車の下で鳴き声がする。
でも、名前を呼んでも出てこない。
仕方ないからそのまま放ってワタシは家に入る。
お風呂に入ったりしてようやく寝る支度ができた頃、ひょっこり2階から帰って来ました。
なんだ帰ってきたのかーと思いましたが、本当はとてもホッとしたんです。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »