« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

日比谷にて

日比谷公園はバラの盛り。
いろいろな種類のバラの花が咲き乱れていましたよ。
1 2
ワタシがいちばん気に入ったのは、↓の手前にあるオレンジがかったピンク色の一むらの花。
(ワタシが撮った写真では全然美しく見えないが…sweat01
3
はにわさんもお久しぶり。
4
松本楼のオムライス、そういやここしばらく食べてないな…。
なんか食べたくなっちゃった!
5 Vv7
松本楼のガーデン入口でふさふさと白い花房が風に揺れていました。
6
木の下陰には、こんな奥床しい花も。
7
雲形池の周辺は工事中で立ち入り禁止になっていました。
あそこがいちばん眺めがいいのに…残念。
日比谷公会堂なども3月の震災で被害があったそうですが、それと関係がある工事なのかどうかは不明。

有楽門近くに咲いていた芙蓉?の花。
8
日比谷の街角にて。
9

|
|

霞が関 ダーリントンホール高裁店のスパイシー野菜カレー+ガトウショコラ

今日はですね…月末ですがボスの有り難い御厚情により代休を頂けました。
朝はちょっと銀行に寄り、それから東京に出ます。

向かった先はダーリントンホール高裁店

もう最近は忙しくて平日休めなかったから…久しぶりだけど、ずっと行きたかったのです。
ココに。

本日のパスタ系のランチは残念ながらワタシの好みでなかったので、スパイシー野菜カレー600円にする。
昨夜もカレーだったけど…ここのカレーは美味しいから、いいや。

最初に出される味噌スープ。
玉葱・人参・ほうれん草などの野菜入り。

スパイシー野菜カレー。
嬉しいナン付きです。

じゃがいも、人参、いんげん豆、ヤングコーンの温野菜がのったカレー。
“スパイシー”というほど辛くはなく、むしろ家庭的な感じがします。
やっぱりこういうカレーのほうが好みだな。

食後は、ケーキを。
火曜日だというのにケーキの種類は多くなかったけど、ガトウショコラが1個だけ残っていたのでそれを。
セットドリンク50円は、ホットミルクティー

チョコレートクリームがたっぷりのガトウショコラ。
ダークチェリーが味のアクセントです。

久しぶりの裁判所。
もちろん、震災後は初めて行ったわけですが節電のため庁舎内の暗いこと。
庁舎の隅に位置する廊下の曲がり角などは真っ暗で、ゴーストタウンのようでした。
でもやっぱりココのカフェは美味しいです。
これから代休が取れたら、せっせと通っちゃおうかな。
そのときは、ワタシの食べられるパスタランチがあるといいんだけど。

|
|

上野 Soup Stock Tokyoの夏野菜のラタトュイユカレー

Soup Stock Tokyo(スープストックトーキョー)で先週から出しているカレーが食べたくて、仕事帰りに上野ecuteへ寄りました。

お目当ての夏野菜のラタトュイユカレーは単品で760円。
それに、アイスカフェオレ200円を取ります。

南フランスの家庭料理、ラタトゥイユがカレーになりました。じっくり煮込んだ野菜の甘味とトマトの旨味が溶け込んだ、野菜をたっぷり食べられるカレーです。
1 
…なんか、野菜のごった煮みたいだな…。
いかにもレトルトっぽい。
2
細かく刻んだ野菜は、ズッキーニ、なす、赤パプリカ・黄パプリカなどが見てとれます。
具にお肉は入ってません。
(ダシには使われているらしいけど、とりあえずそのことは考えないことにする)
3
ご飯は白胡麻ご飯です。
4
食べた感じは…具沢山の、もっさりとした感じ?。
最初はあっさりと軽いな、と思いましたが、あとから舌の上にけっこうぴりりとした辛みがきます。

ワタシはどちらかといえば野菜カレーでも「トップス」のような彩り的なあしらいをしてあって、カレーそのものはサラッとしたタイプが好みではあるのだが、これも悪くはない。
何にしても、手軽に食べられるのは重宝なことだ…。

|
|

松戸伊勢丹 京都展 新福菜館のミニミニセット

順番は前後しますが、イートインコーナーがオープンしたので今度はそちらへ。
京都で有名なラーメン店・新福菜館が出店しています。
私が京都によく行っていた頃から、新福菜館の名は耳にはしていましたがそのラーメンは初体験。
9_2
この味を目当てにお店に通うファンも多い「ヤキメシ」。
京都ラーメン界の名物料理が今回初出品します。

そのラーメンとヤキメシが付いたミニミニセット840円の食券を先に買う。
席に着いてお水を出されて待ってると、壁(というか衝立)の置くの厨房のほうから、「ジャッジャッ、ジュワ~」という、チャーハンを炒める時のような音が聞こえてきます。
デパートの催事場のイートインなので、チャーハンは作り置きをあたためるのかと思ったけど、そうでもないのかな。

さて5分くらい待って出されたのがこちらのお盆。
“ミニミニ”なので、ラーメンもふつうよりもひと回り小さなドンブリで、ヤキメシもご飯茶碗に一膳です。
6_4
こ、これは…
ラーメンスープが黒い
世の中に黒いスープのラーメンがあるというのは知っていたが、これもそうであった。
およそ京都の雅な“はんなり”とは正反対の、骨太な感じのラーメン。
チャーシュー、刻み葱、もやし。
卓上に用意されていた胡椒を使うも、この黒色の前にはあまり意味が無いように思ったりして…。
7_3
ヤキメシも黒いまでに醬油色に染まっています。
しかし、ワタシはウチでは醤油の入れ過ぎでこれくらいの色合いになったチャーハンを食べつけてはいる。
そういう意味では、ラーメンほどのインパクトは無いと言えます。
玉子、葱、チャーシューの細か切りが入って、しっかり味がついてます。
さしものワタシでも除け切れないほど小さなお肉なので、もうそのままパクパクといっちゃいました。
ちょっと塩っからいけど、まあまあ。
72
黒いスープをかき分けて、お箸でラーメンをたぐり寄せてみると、博多のとんこつラーメンのような太くてもちもちした麺が現れる。
味は…何というかまったりとして、濃いわ~。
とんこつ脂でダシをとって、それに醬油をうんとぶち込んだような感じ。
濃い…濃すぎる。
たっぷりの刻み葱、そしてしゃきしゃきのモヤシをいっしょに食べて、どうにか救われる。
8_2
不味くはないです。
ただワタシは何分にも関東者で、こういうタイプのラーメンを日ごろ食べつけないだけに、スープはしょっぱくて全部飲み干せず、少し残してしまいました。
何度か食べたら、これが病みつきになるのかもしれません。
今日はとても貴重な体験をさせていただきました…。

あ、「もう懲り懲り」というわけでは決してなく、またいつか、機会があれば食べてみたいとホントに思っていますよ。

しかし、オープン時間の関係でスイーツと食事を逆順に食べちゃったので、お腹がナンか変な感じではあります。

|
|

松戸伊勢丹 京都展 イノダのホットコーヒー+カフェロール

雨の日曜日、ただいま松戸伊勢丹で京都展を開催中なので覗いて来ました。
イートインでお手軽に京都の味を楽しみたいと思います。

まずは、イノダコーヒ
「京都の朝はイノダコーヒの香りから」と親しみを込めて地元の人も足を運ぶ、京都のカフェの草分けの味をご堪能ください。
00
イノダのケーキは、ケテルというブランド。
チーズケーキ、アップルパイなど7種類用意されたケーキはどれもお値段は単品で441円。
チョコレートケーキのフォンダンショコラも美味しそうなのですが…
0_3
やっぱりどうしても、各日80点限りという限定モノに目が行ってしまう。
(上段)オランジェクーヘン、(下段)カフェロール。
1_6
開店したばかりのイートインスペースへいちばん乗り。
ホットコーヒー(ホットコーヒー・砂糖別添え)とカフェロールでケーキセット861円。
あまり慣れていない感じの女性スタッフが「さとうはお入れしていいですか?」と聞いてくれるのでハイとお願い。
2_6
イノダのブレンドコーヒー
イノダコーヒのこの背の高くて分厚いカップ、いいですね~。
角砂糖(2個包み)は別に添えられます。
3_5
コーヒークリームと生クリームをコーヒースポンジで巻いたカフェロール
砕いたくるみが巻き込んであるのが味のアクセントになってます。
ロールケーキの上には、広告の写真と違ってコーヒービーンズチョコレートがトッピング。
前もここでコーヒーロールをいただいたので、今回はオランジェクーヘンにしようかなとも思ったのですが、ワタシはやっぱり柑橘系よりもナッツ系が好きなので…
4_5
イノダといえば、この赤いポットのロゴマークですね。
お冷やもちゃんと氷入りで出してくれました。
5_5

|
|

神楽坂 紀の善の御赤飯+クリームあんみつ

雨模様の土曜日。
今日は、やっと神楽坂の紀の善に行きました。
ホームページによると、最近は震災の影響で早仕舞いしていると告知されていて、仕事帰りに寄りたくてもなかなか行けなかったのです。

席に着くと出されるお茶とぶたせんとおしぼり。
この緑茶がまた、薫り高くて美味しいんです。
1_5
ぶたせんは、また1枚に戻っていました。
2_5
ずっと食べたいと思っていた、紀の善の御赤飯945円。
店頭のサンプルと違って、六角形の二重重ねの器で出されます。
3_4
(ちなみにこちらが店頭のサンプル)
14
器の蓋を開いたところ。
卓上が、ぱっと花が咲いたように賑やかになります。
7_2
上の段はお菜がいろいろ。
右奥から玉子焼き、その左がゆばの佃煮(昆布入り)、手前は炊き合わせで高野豆腐に肉ダンゴ、絹さや。
ワタシ、この佃煮の正体が分からなくて、ゆばだというのはあとで店の人に教わりました。
8
下の段には、ふっくらとした御赤飯が詰められています。
あらかじめ、ごま塩がかけられています。
この1ヶ月、ずっと紀の善のお赤飯が食べたいと思っていたので念願が叶って嬉しい。
9
一口大の胡麻豆腐。
わさび醬油でいただきます。
4_4
しば漬
5_4
お吸いものは三つ葉と素麺入りのお澄まし。
6_3
食後にクリームあんみつ787円をいただきます。
10
こしあん、バニラアイス、求肥、缶詰の梨、蜜柑、パイン。
赤えんどう豆に寒天。
黒蜜、別添え。
11
この漉し餡といったら…むらさき色をして、みずみずしいの。
アイスも果物も豆も寒天も上等。
やっぱり紀の善のあんみつは最高。
黒蜜をかけても、ちっともくどくないんです。
さらっといただけます。
12_2
お土産用に、レジのところに置かれていたぶたせん。
もっともこれは見本ですけど。
13
ぶたのおせんべ”というのが正式名称なのね。pig
…かわいいじゃないか…

山形米とフランスのお塩で作っているということです。

|
|

松戸 ひとつと家の冷やしたぬきそば

やっと一週間が終わった…
今日も少し残業したけど、休み前とあらば気になりません。

松戸ボックスヒルのポイント2倍セール最終日、今夜は ひとつと家へ。
とりあえず小生430円ねっ!!
キリンラガー、いきます。
ちなみに左は、コップの色のせいもあってタダの冷水なのかうっすいそば?茶なのか、よく分かんないお冷や或いはお茶。
0
お食事は冷やしたぬきそば760円。
これからの季節は、断然コレですね!
1_4
ココの冷やしたぬきは、揚げ玉、若布、錦糸玉子、みぞれ、松葉海苔、それにキュウリと人参と大根の千六本(細かいお仕事)が載っていて、お蕎麦を覆い隠しているなかなかの豪華版。
12
薬味の刻み葱とわさびをのせて、徳利のそばつゆを注いで、いただきまっす。
2_4
思えば今週は3日間、お蕎麦の夕食でした。

この週末、お天気はどうもパッとしないようです。
土日に晴れてくれないと、勤め人のワタシにとっては洗濯ができなくて困るのだけど。
そして梅雨が過ぎると、今度はイヤな夏になるんですよね。
あああ…これまでとは違って、今は2階でねこを住まわせているし、これから暑くなったらどーしよう!?

|
|

上野 Humming Cafe(ハミングカフェ)のモーニング

関東地方が梅雨入りした金曜日の朝。

今日は朝ごはんを食べずに慌てて家を出たので、出勤前に上野ecuteに立ち寄ります。
Humming Cafe(ハミングカフェ)を再訪。
いつぞや、オープンしたての頃に初めて入ったときはえらい目に遭いましたが、今はどうかな?という怖いもの見たさとでも言うんでしょうか。

こちらがモーニングセットのメニューボード。
02
今朝は、リヨネーズポテト&スクランブル(トースト)のセット500円にしてみましたよん。
1_3
スクランブルエッグ、リヨネーズポテト、サラダ、トーストがワンプレート盛りつけられています。
ワタシはバタートーストにしましたが、丸いプチパンの付くセットもあります。
2_3
今朝のトーストはちゃんと焦げ目を上にしてあって(当たり前だが)、焼き加減も絶妙、バターもほど良くたっぷり。
こうでなくっちゃ。
3_3
スクランブルエッグはみじん切りパセリを振って、ケチャップ添え。
タマゴは(ベックスコーヒー直伝の?)UP CAFEの方がふんわりしていてベターだとは思うけど、まぁこれはこれで。
4_3
リヨネーズポテトとは、“フランスのリヨン地方のジャガイモ料理”なんですって。
ジャガイモと玉葱のバター炒めです。
こちらにもパセリがさらにたっぷり。
ほくほくしていて美味しいです。
しかし、コレが付かない〈スクランブル&バタートースト〉に比べると、この一すくいのジャガイモだけで110円…。
5_3
レタスとベビーリーフ、黒オリーブ、トマトのサラダ。
とても香りの良いフレンチドレッシングが使われています。
6_2
ドリンクはブレンドコーヒー。
ワタシ的にはカフェオレがいいんだけど、それだと割増料金になってしまうので。
7
リヨネーズポテト美味しかった~♡
前回とは比べ物にならないくらい満足のいく内容でしたよん。
でも、会計を済ませたとき目に入ったのが“ポイントカード始めました”というポスター。
それなら、店員さんも一声かけてくれても…と思ったりして。
次回、機会があったらポイントカードを作ってもらおうと思います。
(まぁ、期限の問題もあって大抵はポイントを使えるほどにはためられないんですけどね)

◇おまけ 店内に飾られてあった、古い?外国のレシピ本。
 タイトルは“500 RECIPES FOR COOKING FOR YOU”とあります。
 表紙写真のオムレツが美味しそうね。
 どんな料理が紹介されているのか、なかを見てみた~い!!
0_2

|
|

松戸 新宿らーめん亭のカニ入りチャーハン+餃子

せっかくボックスヒルでポイント2倍セール中なので、やっぱり松戸で夕食。
今日は新宿らーめん亭へ入ります。
とりあえず、生ビール(小)420円いきます!
最近のワタシは自制がききません。
1_2
餃子(五ヶ入り)が期間限定の半額!(330円→165円)だったので思わず注文してしまう。
それと、カニ入りチャーハン760円。

しかし、生ビールを先に持ってきたのはいいけど、食事が出るまでだいぶん待たされました。
明らかにワタシよりあとに餃子を頼んだお客さんのところに先に出たりしてるのよ?
これは、先客が餃子を追加注文した場合、そちらを優先しているからなのだった。
ワタシ、ビールのアテに餃子をつまみたかったのに…。
やっとワタシのチャーハンと餃子が出てきましたが、そういうわけでちょっと御冠。
2_2
カニ入りチャーハン
お皿の大きさに比して、かなり上品な盛り。
まぁ今日は、餃子を、しかも五ヶも別に頼んだのでいいけど…。
カニ肉のほか玉子、グリーンピース、葱、チャーシューのコマ切れが入ってあっさりした味付け。
3_2
餃子(五ヶ入り)
いつも頼む3ヶに比べて量が多いんだけど、半額とあらぱ嬉しい。
小皿に醬油を注いで、小袋入りのラー油を開けて、とっぷりつけて食べる。
んふー!
野菜たっぷりで旨い!(こと餃子に関しては、ワタシはそれ以外の材料のことについては考えないようにしています)
チャーハンがぽっちりなので、ペロリといけちゃいます。
4_2
付け合せのザーサイ。
こちらはまあ、何ということもありませんが…。
5_2
ここのスープは刻み葱とほうれん草入り。
6
味も客あしらいも悪くはないんだけど、ただただ、待たされたのが気に入らない心狭いワタクシ。
とにかくも、食い物の恨みは深いのだった。
(喉元過ぎた頃また行くけど)

|
|

新宿 モンスナックのポークカレー

お昼は新宿まで買い物に出ました。
そのついで、モンスナックでカレーを食べていきます。
きのうはごはん(お米粒)を食べなかったので、ごはんものが無性に食べたい気分。
注文はポークカレー550円。
前回貰ったサービス券を使って玉子(ゆで)を付けて貰います。
アジア系?のお姉さんに玉子サービス券を渡すと、いつも「ユデ?」と聞かれるんですが、好みで生タマゴを頼む人もいるんでしょうかね。
Mon
久しぶりに食べるご飯粒が嬉しい。
しかし、今日のはなんだかお肉がいっぱい入っていて、ワタシ的には少々食べにくかったです。

|
|

松戸 ダッキーダックの新緑のプチディナー〈ずわい蟹とアスパラのトマトクリームのパスタ〉

毎日、(自主的に)早出残業で、ここのところ少しグロッキー…。

本日から松戸のボックスヒルでポイント2倍セールを開催中です。
なので、夕食は松戸で食べていきます。
久しぶりにダッキーダックへ。

とても疲れたので、本当はビールを飲みたいところなんだけど、今日は我慢して…
新緑のプチディナー〉から、ずわい蟹とトマトクリームのパスタ1,480円(スープ・スイーツ・ドリンク付き)。

“選べるパスタサイズ Lサイズも同価格” ということですが、こないだ頼んだLサイズは本当に量が多くてさすがのワタシでも持て余しそうになったので、今日は大人しくMサイズ。

料理内容については、基本的にはこの間と同じ内容なのですが、いちおう以下に思い出などを。

まず最初に枝豆のスープがやってきます。
スタッフのお姉さんから「器が熱いので気をつけて下さい」との口上付き。
淡いうぐいす色をした、熱々のスープです。
ひと匙、口に運ぶと、爽やかな初夏の味わいがじんわりと疲れた体に広がります。
1
メインのパスタ、ずわい蟹とアスパラのトマトクリーム
ドリンクはアイスカフェラテ(最初から出してもらうのはお約束)。
2
…Mサイズでも十分な量でございました。
(ちなみにSサイズだと100円引なので、小食の人にはいいですね)
Lサイズの場合は舟形のお皿で出されますが、Mサイズは丸いお皿。
22
トマトのざく切りととカニ身、そしてアスパラをからめたトマトクリームのパスタ。
カニのほぐし身(缶詰)も天盛り。
たっぷりのずわい蟹を使ったパスタ、美味しい!
やっぱりワタシ、ずわい蟹のほうが好きっす。

食後のデザートはシナモンミルクティーケーキ(ハーフ)。
4
スポンジの中にシフォンケーキを入れて、ふわふわの紅茶クリームをのせたケーキ。
ハーフなのが残念。
ちなみに、入口のポスターにはハーフじゃなくてちゃんと1カット分の写真が使われているのだ。
メニューにはいちおう“ハーフ”と添え書きしてあるんだけど、ずるいよ!?

5
でも夜だし、コレくらいにしておくのがいいんでしょうね。
実のところ、もうお腹は一杯です。
さて、ウチに帰ってねこの顔でも見ることにしましょうか…。

|
|

秋葉原 わらびやの冷やし揚げもちそば

仕事帰りはヨドバシカメラマルチメディアAkiba7階のレストラン街へ。
そばと酒肴処 わらびやに入ります。
二日続けてお蕎麦の夕食…
でも、ここのホームページにあるクーポンでサービスになる生ビールが飲みたかったのです。
タダほど旨いものはない。
1_4
頼んだのは冷やし揚げもちそば950円。
出てくるまで少し待ちました(小ビールを飲みきってしまう時間くらいですが)。
そば湯も最初から出されます。
2_3
茹でた青葉を散らし、なめこおろし、松葉海苔をのせたお蕎麦。
徳利に入ったそばつゆと、薬味の刻み葱、わさびは別添え。
カリッと揚がった一口大のお餅が芳ばしい。
お蕎麦は普通に美味しいです。
3_2
お蕎麦だけでは物足りないけど、お餅が入っているので腹持ちがいいです。
4_2
赤い木杓子が添えられましたが、けっきょくこれは使いませんでした。
これって、本来はお餅をすくうのに使うのか知らん?

|
|

代々木 増田屋のたぬきそば

今日の夕メシも増田屋

昼間、仕事をしながらずっと「冷やしたぬきが食べたいなー」と思っていたのですが、会社を出ると冷たい雨がそぼ降っていました。
季節を1か月くらい逆戻ししたように、肌寒い日です。

まあそんなわけで、やっぱり温かいたぬきそば600円。
いつもの定番の味。
Photo
七味をたっぷり振りかけたところ。
ちょっと入れ過ぎなくらいがスキなんです。
1_3
たぬきそばで活を入れて、今週も頑張ろう…
とりあえず、自分のできることをやらなければ…。

|
|

上野松坂屋 カフェ&ランチ フラッグスカフェのドーナツフルーツパルフェ

デザートは、先週に続いて上野松坂屋本館4階のあるカフェ&ランチ フラッグスカフェでいただきます(実は、先週食べたメニューを忘れてしまったので確認ついで)。

前回はケーキを食べたので、今日はドーナツフルーツパルフェ903円を注文。

カリッとさせたバナナチョコレートの焼きドーナツを使ったフラッグスカフェ風チョコバナナパルフェ
0
えーと、バナナスライスに苺(半割り)、パイン、オレンジとかの果物。
バニラとチョコレートのアイスクリームに生クリーム、それにとろりとチョコレートソースをふりかけて。
それに奥に見えるのは横1/2に薄くカットした焼きドーナツです。
グラスの底にも刻んだ焼きドーナツが詰まってました。
ドーナツはいちご、チョコレートなど数種類ありますが、このパルフェに使われているのはチョコバナナだという。
2_2
油で揚げない焼きドーナツってどんなものかと思ったら、パウンドケーキみたいな食感でした。

それにしても、パフェって写真を撮りにくいんです…。

|
|

上野松坂屋 ファミリーレストランの炒飯

ああ!
やっぱり、二日続けて休めるのって、とっても体が楽でいいですね。
さてそんな日曜日の外メシは、上野松坂屋 南館7階のファミリーレストランにて、

炒飯735円
(春雨サラダ・スープ・お新香付き)
ここでは注文の品はすぐ出てくるので、気の短いワタシにはとてもいい。
なお、お茶はお願いして出していただきました。
1
大きなプリプリの海老!(ワタシは食べないけど…)が三つのった炒飯。
2
玉子、葱、チャーシュー入り。
ごはんはほどよくパラパラに炒めてあります。
とても脂っこいが、不思議とそんなにくどくはありません。
3
春雨サラダは春雨、ハム、トマト、サニーレタスの和風ドレッシング和え。
春雨のごく一部が固かったりしたけど、さっぱりして良かったです。
4
若布と葱入り中華スープと、お新香はキュウリの青漬け。
5
よそで食べる炒飯と比べて、このお膳でとてもリーズナブル。
手軽に食べられて中々いいと思う。

|
|

日本橋三越 カフェ・ウィーンのカフェヤウゼ

いつぞや、柏でバッタもんのようなザッサトルテを食べて以来、ずっとカフェ・ウィーンのザッハトルテを食べたかった。

今日は日本橋三越のカフェ・ウィーンがお目当て。

カフェヤウゼ1,102円。
メランジェとザッハトルテ。
1_2
銀のトレイに載せて出される、美しいセット。
2_2
メランジェはミルク入りコーヒー。
薫り高いコーヒーを繊細なミルクの泡で優しく包んだ、ウィーンの代表的なコーヒー
3_2
ザッハトルテには生クリームを添えて…。
オーダーのとき「ザッハトルテには生クリームをお付けしますか?」と聞かれるのですが、ワタシには生クリーム抜きのザッハトルテは考えられません。
んー、ザッハトルテ久しぶり~

ウィーンのザッハホテルと老舗のデメルとの間に起きた「甘い7年戦争」の伝説のあるスペシャルチョコレートケーキです。

さっそくひと口…
さっくりナイフを入れると、スポンジの間に染み込んだ洋酒がにじみ出ます。
なんとも濃厚なチョコレートケーキ…
4_2
ケーキもさることながら、生クリームを付け合せて食べるとやっぱりひときわ美味しさが増します。

…でも、こんなだったっけ?
以前食べたときはもっとしっとりとした風味だったような気がしたけど…
何しろしばらくぶりだから、舌が錯覚しているのかもしれません。

今日は気温が上がって初夏のような陽気。
この暑さなので、コーヒーといっしょに添えられるチョコは食べて行ってしまいます。
5_2
カフェヤウゼは、好みのケーキと飲み物が選べます。
どうせセットになるなら、ほんとうはザッハトルテ(単品)よりもお高いケーキがほかにあるんですけどね…。
どうしてもここへ来たら、やっぱりザッハトルテを食べないと気がすまないので、けっきょくいつも同じ注文をしてしまいます。

|
|

日本橋 たいめいけんのナポリタン蟹

待ちに待った週休二日の土曜日。
日本橋のたいめいけんへ、久しぶりに。

ボルシチ50円、コールスロー50円、ナポリタン蟹1,580円。
1
名物その1 コールスロー
2
名物その2 ボルシチ
こうして見ると…あまり上野のそれと変わらんなー?
3
スープを少し飲んだ光景。
じゃがいも、人参、玉葱、キャベツなどごろごろ。
32
コールスローにはお箸が添えられます。
けっこう量がたくさんあります。
本当は、ビールのアテにしたい。
4
そしてこれが、いっぺん食べてみたかったスパゲティナポリタン蟹
5
トマトソースで炒めた細めのパスタに、たらば蟹がたっぷり。
ワタシ、ずわい蟹のほうが好きなんですが。
マッシュルーム、玉葱入り。
6
ナポリタンの上にはあらかじめみじん切りのパセリと粉チーズが振ってあります。
パスタの熱で粉チーズがちょっとトロけているのが、気になりました。
ワタシは粉チーズはぱらりとした状態で食べるのが好きなんです。
(ピザは平気で食べるくせに、うるさい奴)
7
たいめいけんのナポリタン、悪くはないんですが~
とりあえず一度食べれば当分はいいかな、と。
次は、やっぱりゴハンものにしましょう。

|
|

代々木 増田屋のカレーライス

ハナキンの仕事帰り、増田屋のラストオーダーに何とか間に合う。
カレーが食べたくて仕方ありませんでした。

本日の夕食、カレーライス750円。
1_4
さいきんは仕事のピーク期とあって、昼休みにちょっと抜け出して外食もできない状況でした。
増田屋の味も久しぶりです。
2_4
お酒を飲んで、タバコを吹かしている一団がいたのはとてもイヤだったけど…。
でも仕方ない、ここ、夜からはお酒とつまみを出して昼とは違う顔になるんだから…。

増田屋のテーブルにはもう夏のおしながきが出ていました。
このところ蒸し暑い日が続いて、暑がりのワタシなどはもうさっそく汗をかいてふうふう言っています。

さて、今週末からは、やっと通常どおり週休二日で休めまーす。
ほっとして、ヤレヤレ。

|
|

上野 洋食やたいめいけん三代目のバターラーメン

残業して、上野に着いたのは21時を回った頃になりました。
今日の夕メシは、てっとり早く上野ecuteにて。
洋食や三代目たいめいけんバターラーメン780円。

その名のとおり、バターが1カケ浮いているのがアクセントですねっ!
1
濃厚な旨味のあるスープ。
麺はワタシ好みの細めの縮れ麺。
チャーシュー、メンマ、刻み葱そして絹さや。
2
デザートを食べたいけど、ウチにフルーツがあるので今日はこれでご帰還。
早く帰って、ねこさんの面倒を見なけりゃ…。
全くよー!!

|
|

上野 みどりのキッチンのたまごかけご飯とやさと納豆定食

久しぶりに和朝食が食べたい気分のとある朝。
出勤前に上野ecuteでみどりのキッチンに寄ってみました。

3種類ある朝のメニューのうちから、いちばん安いたまごかけご飯とやさと納豆定食450円をいただきます。
1_3
大根のおみそ汁。
吸い口に刻み葱少々浮いてます。
2_3
ご飯は白米か十五穀米が選べます。
まわりの人はみんな十五穀米を選んでいたようです。
いろいろ雑穀の混じったご飯は、ヘルシーで体にいい感じがします。
3_3
生玉子。
お醤油をちょっとたらして、お箸でちゃっちゃとかき混ぜてご飯にかけてかっこむ。
生玉子なんて、今どき国民宿舎でも出ない代物ですが、たまに食べると美味しいものだと思います。
4_3
おから。
人参、葱、昆布などが入ってます。
5_2
キャベツと人参のおひたし。
6
やさと納豆。
納豆、久しぶりー!
ウチの年寄りは納豆は禁物津だと病院で注意されて、自宅では納豆が食べられなくなりました。
これも美味しいです、日本人に生まれてよかったー!だな。
たとえパック入り納豆でも…。
78
納豆ができて、いただきまーす。
9
旅行に行けなくなって、和朝食を食べるのはずいぶん久しぶりでした。
なんだかとても身にしみて旨かったです。
そして、朝、ご飯を食べると腹持ちがとても良いんだわ。

以前この場所にあった「ちゃぶぜん」でも、朝はたまごかけご飯を出していました。
そしてその店で出していたのがやはり「やさと」の農産物。
ここ、前の「ちゃぶぜん」と経営母体が繋がっているんろうね、きっと・・・。

ちなみにモーニングメニューはこのたまごかけご飯とやさか納豆定食のほか、〈焼魚定食〉と〈たっぷり野菜定食〉各480円。
焼魚の方はワタシにはちょっとアレですが、野菜定食はサラダなんかが付いていてどんなものだかちょっと気になるところです。

|
|

松戸 サーティワンのアイスクリーム

上野でオムライスを食べたあと、どうも落ち着かない。
松戸まで来たところでサーティワンのアイスを食べて口直し。

シングルコーンでチョコミント230円。
Photo
ほんとにミントミントな味…。

ここのサーティワンは飲み屋ビルの1階にあり、夜になると客引きのお兄ちゃんが立っていてちょっと異様なんです。

|
|

上野 洋食やたいめいけん三代目のオムライス

本日の夕食。
ちょっと残業すると、も、途中下車してどっかへ寄るのが面倒なので、けっきょく上野ecuteへ行ってしまう…。
そういうわけで洋食やたいめいけん三代目
まずはボルシチ50円で喉を潤す、としましょう。
人参、玉葱、キャベツ入りのトマト味のスープ…やっぱり頼んでしまうのよね…。
1_2
メインはこちら、オムライス(デミグラスソース)1,050円です。
2_2
バターの風味がふんわり漂う、美しいオムライス。
濃厚なデミグラスソースとの相性もばっちり。
3_2
付け合せの人参入りのコールスロー、たっぷり。
32
薄焼き玉子の中にはハム入りケチャップライス。
このハムがまた、今日のはたっぷり入っているんですわ。
でもワタシはお肉だけ取り除いて、ご飯だけは余さないように食べてしまいます。
その道にかけては、ワタシはプロです。
4_2
オープンしたての頃から見ると、店のサービスもけっこう手馴れてきた感じがします。
しかし、乗換駅の上野に支店が出来たのはいいけど、たまには本店に行きたいなあ、たいめいけん…。

|
|

上野 みはしのおぞうに+白玉クリームあんみつ

日曜日の休日出勤帰り。
今日は早く帰るつもりだったのに、けっきょく会社を出たのは18時半過ぎになってしまいました。

このところ、ずっとお赤飯を食べたいと思っていて、できれば「紀の善」へ行きたいのだけど、最近は震災の影響で早仕舞いをしているらしい。

で、上野で下りて、みはしへ寄って行く。

2階へ上がるとお客は一組だけ。
お赤飯を注文しようとしたら、今日は売り切れでした。
冬メニューのおでんは先月27日で終了してしまったそうで残念。
ワタシとしてはまずゴハン物が食べたいわけなので、 仕方なくおぞうに590円をお願いします。
みはしのおぞうにといえば、あの震災の日の記憶が甦る…。
厨房のほうから、「チャカチャカ」…という玉子を解きほぐす音が聞こえて間もなく、おぞうにのお膳が登場。
1
蓋を取ると澄まし汁の表面のほとんどの部分をタマゴが覆っているわけですが…
2
タマゴをお箸でちょっと持ち上げて、したを覗いてみたところ。
一口大の焼き餅が二切れ。
それに椎茸、三つ葉、ナルト、かまぼこ、鶏肉。
3
で、食後はやっぱり甘味でしょう。
白玉クリームあんみつ630円いっちゃいます。
4
ソフトクリーム、四角いこしあん、白玉四つ、缶詰ミカン、求肥、赤えんどう豆に寒天。
おぞうにだけではワタシのお腹には軽いので、ぺろりといっちゃいます。
大丈夫です。
5
うちのボスは社員の勤怠管理には厳しい人なので、決算時期でもない限り安易に休日出勤など簡単にはできないのですが、来週ワタシの担当する会議がありまして、その準備作業の進行がちょっとキツいので、今日はボスに無理を言って休日出勤させて頂いたしだい。
もう当分、休日出勤することもないでしょう。

長かった予算がやっと終わった…
仕事はまだまだ片付かないけど、これからまた大きな一山が目前に控えてはいるんだけど、とりあえず予算という肩の荷が下りただけでも、今のワタシはずいぶんホッとしています。
来年はこんなことのないように、日頃の通常業務をきちんと進められればいいんだけどなあ(と、分かっちゃいるのだが毎年そんなこと言ってます)。

◇おまけ 上野界隈には、あちこちにパンダがいっぱいいます。
 街角で見かけたパンダちゃん。
Img_2993

|
|

代々木 釜めしでランチ

休日出勤の日曜日のお昼ごはん。
このへん(JR代々木駅周辺)はどうしても勤め人相手の店ばかりで、土曜日はともかく日曜日は軒並みどこも閉まっています。
(ワタシ一人なら、ほかに行っても良い店はあるんだけど…)

というわけで、今日も上司のオゴリで出前の釜飯ランチ。

炊き込みピラフ風海鮮釜めし780円。
Kama
海鮮といっても、カニはカニかまですけど…
それにあさり、帆立、えび、玉子と絹さや、うずら玉子。

ボス、ごっつぉです。

|
|

上野 UP CAFEのモーニング

休日出勤の日曜日。
予算の資料は終わりましたが、もうちょい、ひと頑張りです。

会社へ行く前に上野ecuteでモーニングしていきます。

UPCAFEスクランブルエッグと厚切りトーストセット420円。
セットドリンクはアメリカンコーヒー。
Up1
ふんわりと焼けた厚切りトースト。
ケチャップを落としたスクランブルエッグ、ベーコンにレタスのサラダ。
Up2
ベーコンは要らないから、その代わりにスクランブルエッグを増量してもらえないだろうか。
Up3
ベックスコーヒーなら、これと同じセットが390円で食べられるんですけどね。

|
|

上野松坂屋 カフェ&ランチ フラッグスカフェのパスタ

今日は、上野松坂屋本館2階のカフェ&ランチ フラッグスカフェに初挑戦。
何でもここは、大手宝石チェーン「4℃」(…そんな店があるのか…)のプロデュースするコンセプトカフェなんだそうですね。
ワタシには、以前、鳥取に行ったとき入った「カフェ・フラッグス」と同じ店名なのが気になるけど、もちろん全然関係はない。

“がんばろう日本!! 特別メニュー”のキャッチに魅かれて、思わずパスタ&ドリンクセット980円を。
震災の被災地の食材を使ったパスタだということです。
これで間接的ながら応援できれば、という気持ちで頼んでみました。
1_4
パスタは海老と本日のグリーン野菜のハーブバタースパゲッティ
お皿が運ばれた瞬間、ふわっと立ち上るのがハーブとパルメザンチーズの香気…。
ハーブはともかく、チーズの香りがあまり強く感じられるのでちょっと閉口。
ワタシはピザなんかは抵抗なく食べるくせに、チーズそのものはあまり好まないのです。
2_3
水菜、アスパラガス、グリーンピース…青味野菜をたっぷり使った、バター風味のスパゲティ。
水菜は栃木産、いんげんは栃木産だそうです。
小さい海老が幾つか入っていますが、ワタシはこれはいただきません。
しかしバターが効いてはいますが、やっぱり味としては全体に単調な感じがしました。
自分がエビを食べないものだから、よけいにそう感じたのかもしれません。
3_3
ここはコーヒー、紅茶のほかにハーブティーをいろいろ揃えているので、セットの飲み物はハーブティーから選びました。
冷たいものが飲みたくて、アイスでオーダーできるものから選びます。
赤いルビー色がうつくしい、ローズヒップピーチ
ローズヒップ、ハイビスカス、ピーチエッセンスほか…とあります。

これだけでは酸っぱくて飲みにくいので、「甘さを調整して下さい」とハチミツが添えられます。
なかに入ったミントが薫り高い、珍しくてすっきりとした飲み心地。
でも、隣のテーブルの人が飲んでいるオレンジジュースとかに比べて、量は少な目でした…。
6
食後のデザートは別注ですが、ランチの場合5種類あるケーキ420円が315円で付けられるというので、ガトーショコラでお願い。
ちなみにあとの4種類はアールグレイのシフォンケーキ、ベイクドチーズケーキ、フレッシュフルーツのショートケーキ、ショコラシナモンショートケーキ。

フラッグスオリジナルレシピのケーキ
濃厚なチョコレートに胡桃がアクセント

4_2
ガトーショコラは砂糖がけのラスク、生クリームといっしょに供されます。
ミントの葉っぱが彩りを添えています。
これはまあ、普通に美味しかったです。
5
お店の前に貼り出された黒板。
これによるとアスパラは福島県とありますね。
Img_2972
今日はワタシはパスタだけ頼んだのですが、ココにはパスタにサラダ、パンケーキ又はグラタンなどを一皿に盛り付けたプレートメニューもあり、どうもそっちの方が色とりどりで楽しそうです。
ただしお肉とかチーズを使ったメニューばかりなのでワタシの場合、完食はできませんが。
それと、ここのお店には油で揚げない焼きドーナツというのがあり、それを使ったパフェもあります。
こんど試してみるのもいいかも。

|
|

上野 風月堂のオムライス

本日、最初の予算会議が終了。
来週また会議があるんだけど、やっとここまで来てやれやれという感じです。

少し残業した帰りみち、久しぶりに御徒町で降りて上野風月堂パーラーへ行きました。
海老オムライス1,365円。
サラダ、ドリンク付き。

セットドリンクはアイスミルクティー。
ケーキ399円といっしょに。

海老オムライス
以前食べたのとはちょっと感じが変わっていて、平たい円盤状に包まれたオムです。
1_2
黄金色に輝くたっぷり使ったふわふわ卵でライスを包み、タマネギとベーコンのソースを添え、海老をトッピングしました。
3_2
ちょっとハヤシのようなソースが甘くて美味しい。
タマゴの中身はケチャップライス。
4
このエビが無ければ、50円くらい安くなるのかな?と思わずにいられないワタクシ…。

食後のケーキは苺とライムのケーキ
1_3
ジェノワーズ(スポンジ生地)に苺ムースとライムムースをサンドした、さわやかなお味のケーキです。
ピンクのムースが可愛くて、初夏を感じさせる爽やかな風味。
2_2

えーと…オムライスとケーキは別に悪くはなかったです。
それを先に言っておきます。
でも、ここ、お店の人の感じはあまり良くありませんね。
席に着いてもオーダーを取りに来ないで長々と従業員同士の私語に話を咲かせている。
店長らしい?男性スタッフがやっと来たかと思えば人の話を最後まで聞かずにさっさとメニューを下げて引き上げようとする。
ドリンクは食事と一緒に、と言ったのに忘れられた。
あと、これは仕方ないのでしょうが節電のため閉店時間が早くなっていて、ワタシが店に行ったのは19時過ぎだったのですが、20時前には席で会計を求められた。
そして店を出るとき、例の男性スタッフはレジで伝票整理をしていて声もかけてくれなかった(女性スタッフの人達は、ちゃんとお礼を言って見送ってくれたけど)。
なんだかねえ…老舗の名に胡坐をかいてるんじゃないの?と思っちゃいましたよ。
でも、ワタシが考えすぎなんでしょう、きっと。

まー、いろいろ文句を書きましたが、また多分そのうち行ってしまうとは思います。

パンダブームにあやかって、ここでもパンダパフェとかホットケーキにパンダの焼印を押したりとパンダメニューができていました。
こんど食べてみたりして?

ワタシはこのところ咳が止まりません。
先日、雨が降ってひどく寒い日がありましたが、薄着をしていたので喉をやられたみたい。
ワタシは一度喉をやられると、しばらく咳が続くのです。

本人はまあ、熱があるわけでもないのですがまわりの人には迷惑ですね。

|
|

代々木 山水楼の蟹チャーハン

昨日は帰りが遅くなり、途中で食事をすることもできませんでした。
そして今日、始発で出勤して、どうにかこうにか午前中に予算の資料を提出。
但し、内容はとても「オヨヨ」てなものですが(何日も泊り込みで仕事をやってるボス、すいません…)。

で、祝杯といきたいところですがまたすぐ次の仕事がお待ちかね。
明日はまた会議だし~
帰りがけに駅前の中華風レストラン山水楼蟹チャーハン850円を食べて気合を入れる。
1
うつくしい蟹チャーハン…。
2
中華スープも旨い。
3
第一弾の予算会議は明日なんだけど、ワタシにとっては長らくとりかかっていた関連資料をアップしたのでとりあえず一山越した感じ。
また次の仕事に向かわねばなりませんが、この冬以来の胸の閊えが取れて、ようやくホッとしています。

|
|

上野 Soup Stock Tokyoの緑の野菜と岩塩のスープ

本日の晩御飯は、上野ecuteのSoup Stock Tokyoへ。
レギュラーカップセット760円。
「ドリンク200円でお付けできますが」とセールス上手な店員さんの言葉に乗せられて、3種のりんごジュースをとります。

本日は緑の野菜と岩塩のスープ
それに白胡麻ご飯。
1_3
まあ、ほんとうに緑色のスープ…。
2_3
玉葱、キャベツ、ズッキーニ、赤ピーマン、グリーンピースなどのいろいろ野菜に押し麦も入って健康的。
そして独特の塩味がきいてます。
5_2
白胡麻ご飯
ちょっと外米みたくポロポロしていて、ピラフのような食感のごはんです。
白胡麻の口当たりがよろしいです。
3_2
3種のりんごジュース
なんですかね3種のりんごって?
まあ、とても濃厚なジュースではありました。
量は少ないですが、食後にぐっと飲むと口の中がさっぱりします。
4_2
注文を受けた店員さんは、カウンターの向こうで紙パックからコップに注いでいましたが、別にいいのです…。

|
|

松戸 新宿らーめん亭の野菜たっぷりタンメン

予算の仕事もいよいよ佳境に入ってきました。
松戸に帰ったのは21時。
ボックスヒルの売り場は終了しましたが、7階レストラン街はまだラストオーダーに間に合うという時間です。

今日の夕食は松戸ボックスヒルの新宿らーめん亭

野菜たっぷりタンメン760円をいただきます。
1_2
たけのこ、人参、ほうれん草、長芋、葱、もやし、きくらげ、白菜、いんげん豆、にらなど野菜がたっぷり。
お肉も少々。
味のしみた塩味のスープが旨い。
2_2
今日はボックスヒルに冷房が入っていました。
ワタシは冬でも氷をガリガリ噛んでるくらい冷え冷えが好き。
今年初めての冷房の冷気を楽しみます。

しかし座ったテーブルのすぐ上にエアコンの送風口があったので油断するとタンメンが冷えてしまうと思い、なるべく急いで食べました。

|
|

上野 PASTA CANOVIETTA(パスタ カノビエッタ)のカポナータのスープパスタ+パンダパフェ

休日出勤帰りの日曜日の夕食は、上野ecuteのPASTA CANOVIETTA(パスタ カノビエッタ)へ。
前回はシンプル系のパスタを選んでちょっと外した感があったけど、ほかにもメニューは多いので、2度目の今日は好きなトマト味を試してみようと思う。
〈ポモドーロ〉は800円とここにしてはお手頃価格ではありますがトマトソースで和えただけでちょっと寂しいし、〈トマトソースのカポナータ〉1,100円は高い。

それで、選んだのがその中間のカポナータのスープパスタ900円。
トマトソースで煮込んだ彩り野菜のスープパスタです。
1
野菜はトマト、玉葱、キャベツ、ズッキーニ、パプリカなどいろいろ入って具沢山。
どうしてもうまみを出すのに仕方ないけど、ベーコンも使ってあります。
2
“カポナータ”というのは、野菜の炒め煮ということらしい。
このトマトソースがまた旨いの。
3
食後は、パンダパフェ680円。
パンダの顔を模したコーヒーゼリーのパフェ。
ほんとうは赤いベリーのソースが魅惑的なCANOVIETTAパフェが良かったんだけど、そちらは品切れだったのです。
でもいいか、上野だし、今日のところはパンダで…。
4
パンダに見える?
5
グラスの底にはコーヒーゼリーが詰まっていて、表面はソフトクリームで覆われています。
中央を高々と盛り上げてあって、これがパンダの鼻というわけ。
パンダの両耳は薄いココアのクッキー、目はチョコレート。
ハーブの葉っぱをあしらってあるのは、つまりパンダが好物の笹をくわえている様を表しているんでしょうね。
6
ソフトクリームは、北海道の阿寒町のワンツー牧場から取り寄せた牛乳を使用しているそうですが、とても爽やかで美味しかったです。

まわりを見回すと、カルボナーラを注文するお客さんが多かったみたい。
ここの人気メニューなのかな?
次回は、京野菜のパスタなんかいいかも。
そして、赤いベリーソースのCANOVIETTAパフェもまたいつか!

|
|

代々木 釜めしでランチ

休日出勤の日曜日のお昼ごはん。
上司が釜めしをご馳走して下さいました。
山菜釜めしです。
Photo
ご馳走になるのはいいけど、なんか気が引ける。
仕事はなかなか終わらないし…。
でも予算会議はもう来週に迫っているので、早く何とかしなければ…。

| | コメント (0)
|

上野 コロンバンの筍とバジルのスパゲティー+チョコレートパフェ

貴重な休日の土曜日、買い物がてら上野に出ました。
お昼はコロンバン松坂屋上野店サロンへ。
ここのおすすめメニューがシーズン代わり舌らしいのでさっそく試してみたいと思います。
筍とバジルのスパゲティー1,000円。
ランチメニューなのでスープかサラダ、ドリンク付きです。

ワタシはスープをお願いします。
キャベツの浮いた、醤油味の和風コンソメ。
このスープが、黒胡椒の香りが聞いていてたいへん美味しのです。
1
そしてこちら、筍とバジルのスパゲティー。
赤いプチトマトも入ってます。
2
タケノコが…大きい…。
パスタの量は、恐らく50グラムくらい?でよその店よりも少ないと思えるのに、それを補うかのようにタケノコの大きいこと。
4
パスタの上に散らした刻みバジルがいい香り。
和風?っぽいスープが旨い。
5_2
でも、何しろタケノコが大きいので、ナイフが欲しいと思いました…。

セットドリンクはホットミルクティー
食事を終わるとこのような紅茶のセットが運ばれます。
それと、メニューをよく見たらチョコレートパフェ900円があったので、それも頼みました。
6_2
コロンバンのチョコレートパフェ900円。
7_2
チョコレートとバニラの二種類のアイスクリームが味わえるパフェ。
自家製のチョコレートソースが決め手です。

8_2
一見、シンプルなバフェですがグラスの底には缶詰のモモも少し詰まっていました。
コロンバンの伝統を感じさせる、上品な味わいのチョコパ。
これもお気に入りになりそう…ちょっと高いけど。
上野界隈のチョコパは、どこも900円という値段設定が多いですが、何か協定でもあるんでしょうかね?

|
|

秋葉原 さんるーむの菜食定食

休日の間の谷間となった金曜日。
少し残業して、夕食はヨドバシカメラマルチメディアAkibaのレストラン街へ。
今日もさんるーむに入りました。
このあいだサンプルを見て気になっていた、菜食定食を注文します。
お値段はドリンク・デザート付きにして1,480円也。
1
メインの豆腐ハンバーグ
さんるーむには〈和風れんこんハンバーグ〉というメニューもありますが、それはお肉が入っているとのこと。
こちらは豆腐と野菜だけのハンバーグなので安心して食べられます。
2
定食のお膳にはとろろか野菜スープが付きます。
このあいだはとろろを選んだし、昨日もひとつと家でとろろを食べたので、今日は野菜スープにしてみました。
いろいろな野菜をすって作ったもののようで、ちょっとどろっとしています。
味噌味でも、コンソメでもない…なんて言ったらよいのか分かりません。
きっと身体にいい野菜を使っているのだろうと思う。
やっぱり次回はとろろにしよう。
3
本日のご飯は黒米
卓上に備えつけのごま塩をふって食べると、お赤飯のようで楽しい。
4
季節のおかず三品の一。
目ひじき
ひじきに大豆、人参、こんにゃくなど入り。
青みに葱のような細かな青野菜が添えられています。
5
若竹煮
若布と筍、それに厚揚げとインゲン豆をあっさり味で煮てあります。
これこそ春から初夏にかけての味わいといった、爽やかな風味が感じられます。
6
春キャベツの浅漬け
きゅうり、人参、若布入り。
7
豆腐ハンバーグを割ってみました。
大根おろしと刻み大葉でさっぱりといただきます。
8
食後のドリンクとデザート。
9
四種類ある「自然食デザート」のうちから、本日は黒胡麻の手作りプリンを選びました。
すりつぶした胡麻がたっぷり使われていて、なめらかなプリンの一片を切り取って口に運ぶと胡麻の風味が舌の上に広がります。
10
お好みのドリンクは、黒豆ココア豆乳(ホット) 。
まったりと濃くて、ほんの少し苦味が感じられます。
11
お豆腐と野菜だけのヘルシーなお膳、美味しかったです。
ただ食後のドリンクは、もう少しあっさりしたほうが良かったかな?

仕事のほうですが予算の資料がまだできません。
明日の土曜日はお休みして、エクセルの作業を家でやって来ることになりました。
そうして、日曜日はまた出勤です。
すべてワタシが能がないせいではありますが、果たして最近自分がなん日、休日出勤したのか分からなくなってきました。

|
|

松戸 ひとつと家の麦とろセット

5月のこどもの日ですが、今日も出勤しちゃいましたよ。

お蕎麦が食べたい気分だったので、松戸ボックスヒルのひとつと家へ。
いつものたぬきそばでもいいんだけど、タマには違うものを食べようと思って注文したのが麦とろセット950円。
麦飯、とろろ、おそば、小鉢。
1
セットのお蕎麦は(温)か(冷)が選べますが、私は温かいほうで。
かまぼこ、刻んだ三つ葉入りのお蕎麦、刻み葱は別添え。
2
麦飯にとろろ。
3
4
小鉢はキュウリ、人参、若布、きくらげ、白ごまなど入った春雨の酢の物。
それに大根の漬物。
5
さて料理の感想。
とろろは松葉海苔がかかってますが、まるで味が…ない?
お醤油を使いたいけど、卓上には用意されていなかったのでそのまま食べましたが…。
店員さんに声をかければ出してくれのかもしれないけど。

そして、今日はちょっと料理以外の点で嫌なことがありました。
本当につまらないことで、私の気にし過ぎなのですけれど。
外食もたまにいいことばかりではありません。

仕事のほうもなかなか先が見えない状況です。
ワタシの場合、この時期はいつもぎうぎうなのですがそれがなんだか年々キツくなるような!?。
お仕事があってお給料をいただけるのは有難いのですが、なかなか辛いです~。

|
|

上野 UP CAFEのビーフシチューライスセット

休日出勤帰りの、ワタシにしては遅い夕食。
(普通の人ならまだ宵の口といった時間でしょうが、本来ワタシは夜10時には寝てしまうヒトなんです。)
途中下車するのも面倒なので、夕食はまた上野ecuteで済ませます。
たいめいけんに行こうと思ったら、入口前の待合用のドアに数人の待ち人が座っていて、店員さんがさきに注文を聞いているようです。
さすがGW、どこも混んでいます。

UP CAFEは席があったので、今日はここに入っていくことにしました。
前から気になっていたビーフシチューライスセット(サラダ・ドリンク付き1,050円。
Up1
ビーフシチューはシェリー酒入り。
甘くまろやかな味。
といってもワタシはお肉は食べないのですが。
ルーの部分だけでもとても美味しいです。
Up2
シチューに添えられるの温野菜。
茹でポテト・ブロッコリーに、かぼちゃスライスの素揚げ。
Up32
サラダはキャベツのコーン入りサワークラウト風というんでしょうか、それにみじんパセリ。
Up3
セットドリンクは、蓮の実ティーというのにしてみました。
ちょっと珍しいし、不忍池を控える上野らしくていいじゃない!
でも…出されたのがカップに張ったお湯に三角形のティーバッグを浸した一杯。
これにはちょっとがっかりしましたが、まぁ別に不味くはありません。
紅茶とはひと味違った、さっぱりした風味のお茶です。
Up4
隣の席に座ったグループの人たちが「クリントン大統領が沖縄サミットで来日したとき、コーヒー嫌いなのにそこで出されたバッハブレンドは飲んだ」というような話をしていました。
そう、このUP CAFEでは有名な南千住のバッハコーヒーが飲めるんです。
ワタシ、バッハコーヒーといえば奈良の下下味亭で飲んだことがあります。
あのときはワタシ、バッハコーヒーの何たるかを知らなかったのですが…。
あと、真紅のムースのようなケーキ〈カシス〉もとても美味しそうでした。
こんどぜひ、食べてみたい。

|
|

秋葉原 丸福珈琲店の丸福カリーセット+マンゴーソースの厚焼きクレープ

今日からGW後半の三連休に入ります。
ワタシは今日は休みを取れましたが、明日はまた出勤です。

本当は、今日は貴重な休日なので家でゆっくりするつもりだったのですが、携帯用のイヤホンが壊れてしまいました。
買ったばかりなのに…でも音が気に入らなかったから未練はないけど。
それで、今日もまたヨドバシカメラマルチメディアAkibaへ出向きました。

お昼は4階の丸福珈琲店でランチをいただきます。
丸福カリーセット1,000円(お飲物付き)の、まずはカリー。
1
洋食屋さん風のサラサラのカレーに、大きなお肉がペッタリ一切れ。
ライスには福神漬け添え。
前に食べたときはらっきょうが付いていましたが、ちょっと雰囲気が変わってます。
2_2
ほどよくピリ辛のカレー。
3
食後は、マンゴーソースの厚焼きクレープ アイスクリーム添えをいただきます。
店頭で配布していたチラシ持参で100円引き790円→690円。
(本当は、クレープは午後2時からなんだそうですがチラシの掲載ミスだそうで、よろしければお作りしますと言ってもらえました。)
4
クレープにもアイスクリームにもフルーツにもマンゴーソースがたっぷり(過ぎるくらい)。
5
セットのホットカフェオレもこのとき出してもらいました。
ピンクの花柄がかわいいカップ。
42
バニラアイスには爽やかなミントの葉を添えて。
9
生クリームの上に飾られたフルーツも細かい仕事が施されています。
92
イヤに膨らんだクレープです?
93
チョット失礼。
アッ!
8
バナナと生クリームが挟んで二つ折りになってました。
いつものホットケーキとはまた違って美味しかったです。
こんど、もう一つのクレープメニュー〈ベリーたっぷり厚焼きクレープ〉も試してみたくなりました。

お腹が一杯になったところで、1階でそもそもの本題の買い物。
店員さんに話を聞いて、前回よりも少し安いイヤホンを買いました。
さっそく帰りの電車内で恐る恐る試してみたら音はまあまあ、か。
(イヤホンによって、音もまるで違うものなのだとは知らなんだ…)

|
|

秋葉原 さんるーむの春の京都おばんざい御膳

連休の間の谷間となった月曜日。
今日も帰りにヨドバシカメラマルチメディアAkibaへ行きました。

8階レストラン街にて。
本日はとっても和食が食べたい気分につき、久しぶりにさんるーむに入ります。
きのうショーケースのサンプルを見て目星をつけておいた春の京都おばんざい御膳を。
例によってドリンク・デザート付きにして1,580円なり。1
こちらがメインディッシュの?筍まんじゅうと春の自家製揚げ出し豆腐
すりつぶした筍を丸く包んでさっと揚げた筍まんじゅうは春らしい味。
大根おろしを添えた揚げ出し、空豆、茄子、海老。
熱々のとろみあんかけです。
2
とろろ(松葉海苔添え)。
とろろか野菜スープのチョイスになりますが、今日はこちらを。
何となく精がつきそうです!?(つけてどうする)
3
発芽玄米入り七穀米
黒米も選べますが、今日はこちらにしました。
ごまとか粟など、いろいろな雑穀が入ったごはん。
こういうご飯っていかにも身体に良さそうな感じです。
とろろをかけてもよし、卓上に用意されたごま塩を少しふりかけてもよし。
4
春野菜の胡麻和え
キャベツ、人参、いんげん豆、トマトといった温野菜のごま和え。
7
自家製胡麻豆腐
わさびを落として、白ごまパラリ。
うすくちの醤油だれに浸っています。
6
ふっくら柔らかく煮えた、黒豆煮
5
ドリンクは自然食のりんごジュース
陽のような黄金色がとっても健康的な感じのジュースです。
8
デザートは、苺のミルクレープ フランボワーズソルベ添え
“春限定”に惹かれてチョイスしました。

無添加の手作り苺ジャムと生クリームを混ぜ合わせ、薄焼きのクレープにサンドしました。
甘酸っぱいフランボワーズのシャーベットを添えて。
9
層になったミルクレープはふんわり軽い味で美味しい。
ちょっと酸味のあるフランボワーズのシャーベットと相性も良いです。
10
どれも少しずつだったけど、これだけ食べるとお腹がいっぱい。
お値段的には少し高いけれど、健康的な食事をいただいているという感じが嬉しいです。
今日のお膳の中で、海老だけは食べられないので残しましたが、次回はお肉を使っていないというハンバーグをメインにした菜食定食を食べてみたいです。

|
|

秋葉原 ナポリの下町食堂のマルゲリータ

今年のGWは三連休が二回という暦で、今日はその最初の連休の最終日。
仕事帰りにヨドバシカメラマルチメディアAkibaへ寄りました。

8階レストラン街へ行き、久しぶりにナポリの下町食堂へ入る。
久しぶりにピッツァが食べたいと思いました。
ミックスピッツァならセットメニューができるけど、食べられないサラミが入っているのがイヤ…。
ちなみにセットはA~Dの四コースあってそれぞれ数種類あるメニューのうちから選べるシステム。
今日はCコースから選べます、とのことですがそれを見てもパスタメニューもいまいちお好みでない…。
別のDコースなら食べてみたいパスタがあったのだけれども。

で、今日は単品でマルゲリータ1,050円いきます。
それにデザートセット660円を付けました。

窯焼きピッツァのマルゲリータ登場。
ここのピッツァは、もちもちナポリタイプと薄焼きミラノタイプの2種類から好みで選べます。
ワタシは食べでを重視するので、いつも注文するのはもちもちナポリタイプの生地。
ケーキと一緒に頼んだアイスミルクティーは先に出して貰いました。
1_2
トマトソースとチーズ、バジルの三色ピッツァ。
香ばしく焼きあがったピッツァ生地は“もちもち”とは言っても、フチの部分はふっくらして厚みがあるものの、中央部は薄くてパリパリです。
ただ…ここ毎日、トマト味が続いてるな~。
2_2
濃厚なトマトソースにチーズがとろっと溶けて風味を沿え、ちぎったバジルが味を引きしめています。
このチーズが癖がなくさっぱりとしていて、ワタシでも抵抗なく食べられます。
3_2
ピッツァを平らげたら、お次はデザート。
前から入口のショーケースを横目に、ここのケーキは美味しそうだなあと思っていたのですが、いつものセットメニューだとひと口デザートが付いてきてしまうので、ケーキを味わったことはありませんでした。
夜なので、ケーキの種類は多くは残っていなかったのですが苺ののったショートケーキがとても豪華に見えたのでそれにする。
お皿に美しくデコレーションを添えて、ショートケーキが運ばれました。
おお!これまた美しい…。
4_2
お皿のデコレーションはラズベリーソースとカラメルソース。
6
苺とブルーベリー(一粒)、それにたっぷり生クリームをのせたショートケーキ。
スポンジの間にもスライスした苺と生クリームがいっぱいサンドされています。
ラズベリーソースやカラメルソースと絡めて食べるとまたひときわ美味しい。
生クリームも上質でよろしいです。
7
ピッツァもケーキも美味しゅうございました。
ココはいつ来ても穴場のお店。
また今度、別メニューを試してみたいです。

|
|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »