« 渋谷 かにチャーハンの店渋谷店のかにチャーハン | トップページ | 松戸 松月庵のからみもちそば »

2011年3月11日 (金)

地震だけど上野 みはしのお雑煮と桜あんみつ+ソフトクリーム

3月11日午後2時46分ごろ、三陸沖を震源に国内観測史上最大のM9.0の地震が発生。
そのあと再び強い揺れが襲い、社内はちょっとしたパニック状態。
さらに断続的に強い余震が続き、ウチの会社や隣接する本部職員もいちじみな建物を出て新宿御苑沿いに避難する状態に。

我が社でもこの非常事態を受けて、いったん山手線が運行しているらしいという情報が入ったため女子には16:30に帰宅許可が出ました。
いったん代々木駅に向かったのですがそこで知った状況は首都圏のJR・会社線が全てストップという事態。
駅員に状況を尋ねても「復旧見込みは全然無い。まず今日は動かない。歩いたほうが早いかもしれない」とのこと。
いったん会社に戻ってインターネット情報を見ていたのですが、男性社員たちもみな歩いて帰るというし、仕方なくワタシも会社を出たのが17:50。
もういちど代々木駅に向かいますがやっぱり電車は動いていない、どころか駅舎のシャッターが冷たく閉じられていた(これは酷いよ!)。

ああ、ニュースなどで「帰宅難民」というコトバを耳にしたことはあるけれども、まさか自分が今日その状況に陥ろうとは…!!
都内の妹に連絡を取りたかったけど、携帯は全然つながらない(自宅には会社の電話を借りて連絡し、無事であることは確認済み)。

こんなときに災害時の徒歩帰宅マップを持っていたらと思いながら、途中で道を何度も尋ねながら靖国通り→外堀通り→と歩いて秋葉原へ。
秋葉原の電気街は、通常であればまだまだ書き入れ時の時間帯であろうが軒並みシャッターが下りていて、僅かに商魂たくましい商店が「携帯電話の充電器あります!」と声を張り上げて売り込みをやっていた。

中央通りを歩いて上野へ出る。
会社からここまで、もう2時間歩いている…お腹空いた。
松坂屋はシャッターが下りていて、「明日の13日(土)は地震点検のため休業します」という貼り紙が出ていた。
上野でタクシーに乗ることができれは、と思いながら駅方面へ向かっていたら、おや、みはしが開いている!
実はワタシ、今日はみはしで夕食を食べていくつもりでした。
早く帰りたいのは山々ですが、この先も家に着くまで何時間かかるか分からないので、思い切って寄り道していくことにします。

二階席へ上がり、夕食なのでお雑煮590円をいただきます。
蓋を取ると、一面のふわふわたまご…。
1
ゆずのいい香りがぷんと漂います。
2
22
玉子をかき分けると、澄まし汁の底に沈んだ具があらわれます。
お餅は二口で食べられるくらいの小さいのが一切れ、三つ葉、かまぼこ、ナルト、トリ肉、しいたけ…。
3
こんな状況でなければ、もっと美味しかった筈なのだが…。
食べている最中にも、まだ余震がぐらぐらっと来て建物が揺れました。
歩いているときは気がつかなかったけど、ずっと断続的に余震が続いているのでしょう。

桜あんみつがもう出たと聞き及び、ワタシはそれも食べたくて仕方ありませんでした。
桜あんみつに、ソフトクリームをトッピングして追加オーダー560円+100円。
4
桜色のアイスクリーム。
これこそ春ですねぇ、という一品。
42
5
ホントにこんなときでなければ…

さて、腹ごしらえができたところで店を出て、上野駅へ向かいます。
ワタシ、よりによって今日、薄いセーターを着てきちゃったんですよ。
ウウ、夜風が薄着を通して肌にこたえます。
桜あんみつを食べて少し冷えちゃったかな。

上野駅のタクシー乗り場は、もうすごい行列。
とてもじやないがあの行列に加わる気はしない。
交番で松戸駅方面の行き方を尋ね、浅草通り→(駒形橋)→水戸街道とてくてく、てくてく。

ワタシはふだんから(自転車に乗れないせいもあり)歩くのはそう苦になりません。
それに道路には同じように家路を目指す老若男女の人がぞろぞろ歩いているので、寂しいというようなことは全然無いのであった。

ですが、いくら歩いてもまだまだ墨田区で、目標が遠過ぎてそうとう凹みます。
バスはどうにか走っているようで、金町行きの都営バスがあるが下り方面の車線は渋滞で全然動いてません。
数台のバスが付近に止まっているのだが、全く動く気配が無し。
これじゃ、さっき上野からタクシーに乗っても何時間かかることやら…。

やっと葛飾区に入ると、車もどうにか動くようになりました。
でも金町までもう一息なので、とにかく頑張る。
大きな川が見えましたが、これはまだ中川。
川面を渡る夜風が冷たい。
金町まで行けば、タクシーがつかまるだろうか。
それを頼りに歩いていた23時過ぎ、ようやく妹と連絡が取れました。
メールもくれたらしいのだがワタシの携帯には受信がない。
携帯はそうとうつながりにくい状況のようだ。
妹には、ここまで来たところなのでもう少し頑張ると答える。
ところが電話をしていたらうっかり金町駅前に行く道を逸れてしまい、もういつの間にか江戸川の手前に差しかかっていた。
もう、いいや。
とにかくこれで千葉県には帰れる…。

冷たい夜風に吹かれながら江戸川を初めて歩いて渡る。
左手には常磐線の線路が通っていて、線路の上には途中で運行中止したらしい車両がそのまま放置されていた。
江戸川を渡った先は通称6号線。
このあたりまで来ると、さすがのワタシも足が棒になってきました。
松戸まで行ったら、もう並んでもタクシーに乗ろう。
そればっかり考えて歩きますが、何だか行けども行けども駅に着かないのである。
知らなかった、江戸川から松戸駅まで、こんなに遠かったんだ…。
だいたい、ワタシはいつも電車で都内と往来しているので、このあたりの土地勘が無いのですよ。
とあるガソリンスタンドの人に聞いて、駅はこの先の交差点を左に入ったところだと知りました。
車でならいざ知らず、徒歩ではそこまで回り道するのはなあ…
新京成が動いているなら、もしくは駅前からタクシーに乗れるならその甲斐もあるが、無駄足になる危険性も大。
もう脚がくたびれて泣きたいくらいだけど、仕方ないのでこのまま家を目指すことにして再び歩き出しました。

0時少し前、やっとメールが数件受信できました。

ようやく家にたどり着いたのは1時過ぎ。
足が…7時間歩きどおしで草臥れてガクガクです。
階段を這い上がるようにして2階の自室に行くと猫はベッドの下に隠れてしまっていてすぐには出てきませんでした(しばらくしてやっと顔を出した)。
クタクタだけど室内は多少モノが散乱していたので片付けなけりゃ…。

時間はとったけど、あのとき、やっぱり「みはし」で食事しておいて良かった、と思います。
すきっ腹ではとてもこんなに歩けなかったでしょう。
それでなくても、帰宅してホッとしたワタシは夜中だというのに夜食を食べちゃったし。

でもあのお雑煮と桜あんみつは、もっと落ち着いた機会にまた頂きたいものです。

« 渋谷 かにチャーハンの店渋谷店のかにチャーハン | トップページ | 松戸 松月庵のからみもちそば »

台東区」カテゴリの記事