« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

松戸 サーティワンのアイスクリーム

今日は31日なので、天丼のあとはサーティワンでお口なおし。
バーガンディチェリーをシングルコーンで320円。
さわやかなチェリーの風味のアイスクリームは美味しかったです。
Photo
でも、考えたらせっかく31日でなのだから、ダブルコーンにすれば31%割引があったのにね。

松戸 天丼てんやの春の国産野菜天丼

3月31日の年度末。
少し残業をしての帰りみち、今日の夕食は松戸の天丼てんやにて。
先日、お好み天ぷら1品の無料サービス券を貰ったのですが、その有効期限が今日までだったので使ってしまおうというわけ。

天ぷらは、まいたけをチョイス。
注文はいつもの春の国産野菜天丼550円にまいたけのせ。
それに、天丼だけでは寂しいのは分かっているので、冷奴90円をオーダーしました。
1_2
春の国産野菜天丼
紀州南高梅・玉ねぎ人参のかき揚げ・大根・なす・さつまいも・スナップエンドウにまいたけ。
やっぱり丼の上がこれくらい賑やかでないとね。
2_2
一品料理の冷奴
花鰹・刻み葱、おろし生姜のせ。
お醤油、たらりで。
まだまだ夜風は肌に冷たいけど、つるりとしたおとうふの喉越しがそろそろ恋しい頃となりました。
0
刻み葱と若布入りのお味噌汁。
3
とうとう年度末を迎えてしまった…これからの数ヶ月間、決算・予算に追われる1年でもっとも憂鬱な時期です。
それなのにワタシはまだ去年の数字のところでモタモタやってるのよ!
前倒しして進めておけばいいって?
そんなことは分かっているさー!!!
ダイエットと同じで、それができりゃあ、今こんな苦労はしない…。

2011年3月30日 (水)

そごう柏店 ウィーンの森のザッハトルテ

お昼のあとは、せっかくなのでこのまま柏でティータイム。

タカシマヤにもいろいろカフェはありますが、今日のお目当ては駅の反対側にあるそごう柏店。
6階婦人服売場の奥に位置するUCCカフェ ウィーンの森へ。
デパートの一角にウィーンのカフェがシックな内装で再現されています。

ワタシにとって、ウィーンといえばザッハトルテ!。
久しくザッハトルテを食べてないなーというわけで、コーヒーとのセット1,050円をいただきます。
銀メッキのお盆に載ってザッハトルテのセットが登場。
コーヒーとケーキでウィーン風の“カフェ・ヤウゼ”を楽しみましょう。
青いテーブルクロスにいまいち清潔感が無いのがちょっと残念だけど。
1
生クリームを添えたザッハトルテ
4
まず一言。
〈ザッハトルテ〉といっても、これは三越の「カフェ・ウィーン」や原宿の「デメル」、そして本場ウィーンの「ホテル・ザッハ」で食べたのとは違います。
普通のチョコレートケーキでした。
あの、砂糖の塊を食べているような、洋酒の効いた強烈な甘さが、無い!
そしてケーキの周囲にコーティングされているねっちょりとしたチョコレートの層がいまいち好みでない…。
99
私の中では、これは断然ザッハトルテではないのである。
〈ザッハトルテ〉という名前でなかったら…あれが普通のチョコレートケーキだったら良かったのに、と思わずにいられませんでした。

コーヒーは普通に旨いです。
2
少し濃い目のコーヒーなので、角砂糖とミルクをたっぷり入れて。
7
この、お冷やのコップの上にスプーンを渡して置くところは確かにウィーンスタイルですね。
5
食べ終えて、ぼんやりとしていたら店長さんらしき男性スタッフに「コーヒーのお代わりはいかがですか?」と勧められ、思わず口許がほころびます。
お代わりが貰えるの?
ここ、何ていいお店なのだろう~!!(単純)
トレイを一度下げて、氷水まで新しく代えてもう一度サービスしてくれました。
9
このお店ではランチもやっていて、ぷりぷり海老のグラタン、あさりと春キャベツのレモンパスタ、春野菜のサラダサンド、焼きカレーといったメニューがありました。
あさりと春キャベツのレモンパスタは、このシーズンのうちにいちど食べてみたいです。
ケーキも、ザッハトルテはちょっとあれだったけどほかにも種類があるし、パンケーキもいいな。

ただねー…松戸から柏まで常磐線快速電車に乗って10分弱、たった一駅なのに片道運賃が210円もかかるのである(定期券外、という意味ですが)。
銀座や日本橋に行くより、時間はともかく余計な運賃がかかるのはどうも気に入りませんね。

柏高島屋 さが野のランチ釜めしと雪花氷 

ねねこさん、本日は初の免許更新のため有休を取得しました。
あんなに苦労して、イヤな思いをして、かつお金をかけて免許を取ったのに、けっきょくこの2年間、完全なペーパードライバーでしたが…
とりあえず4月になると平日休むのは難しくなるので、早めに行っておきます。
場所は流山運転免許センター。
柏駅からバスで向かいます(車じゃないのが情けないところだが)。

視力低下が心配でしたが眼鏡をかけて無事に適性検査をクリア。
2時間の初回講習を受けて、新しい免許を交付されて柏駅に戻ったときにはもうお昼になっていました。

2年前、同じ免許センターで晴れて運転免許を取ったときは柏高島屋の「鳳鳴春」でチャーハンを食べたものです。
やっぱり同じ高島屋に足を向ける。
ところが、柏のタカシマヤってT館、S館、新館とあって慣れない者には分かりにくいんです。
やっと訪ね当てたのはS館 専門店という棟の7階レストラン街。
ここに釜めしが食べられるお店があると知り、今日はそこがお目当てです。
お店の名は さが野
年度末の平日だというのに、店の前には待ち人がいるほど賑わっていました。
もっともワタシはテーブルの関係ですぐなかに通されました。
お琴の流れる店内はそう広くは無いのですが、テーブルのサイズはわりとゆったりしています。
Tj
釜めしの種類は思ったほど無いのですが、〈お昼のおしながき〉にあるランチ釜めしのセット980円がおトクみたいなのでそれにする。
これに豆腐と野菜のせいろ蒸し、デザートが付いたセットもありますが、ワタシは別に甘味を頼みました。

こちらが釜めしセット。
なんかお膳の上の透き間が多い…。
1
釜めしの中身もメニューの写真に比べて、ちょっとサッパリしてます。
椎茸、玉子、人参、絹さや、ゴボウ、それに(ちょっと苦しいが)鮭…はいいとして、何かの魚の卵、海老、鶏肉は食べられないので除けておく。
しかし、こんな細かい粒々なんか除去しきれるものじゃありません…。
5
漬物二種。
大根のしょうゆ漬けと大根葉。
2
季節の小鉢は菜の花のお浸し。
3
吸い物は万能葱のみじん切りを散らしたあおさ海苔入りのお味噌汁でした。
4
釜めしは蓋を閉じておき、ご飯をよそうつど開けるのが美味しく食べるコツだというのは、奈良の「志津香」で知りました。
だから普段からワタシは釜めしを食べる際はそれを実践してます。
食べていたら隣の席のお客さんに店員さんが「ご飯と具を軽く混ぜて蓋を閉め、2分ほど蒸らして下さい」と言っているのが聞こえました。
あ!?
ワタシそんなこと聞いたかしら?
ぼうっとしていて店員さんの説明を聞き漏らしたのかもしれないが知らないからすぐ食べちゃいましたよ。
醤油味の染みたごはん。
人参、ゴボウなどの根菜が入って美味しかったです。
ちゃんとお焦げもできてます。
でも、量が少ない…。
6

食後のデザートは雪花片(シェーファービン)
雪花片とはあまり聞き慣れませんが、台湾のデザートらしい。
抹茶、マンゴーなど数種類のうち、これはいちばんお安い、でもいちばん美味しそうないちご390円。

特製の氷を薄くスライスして折り重ねた、まるで「雪の花びら」のような食感。
ふわふわの口どけと天女の羽衣のような美しさが楽しめる極上のスウィーツです。

7
器に山盛りの雪花片。
そこに苺ソースといちごのシロップ煮が添えられてあります。8
ん~不思議な食感!
確かにフワフワの氷のようなのだけど、まろやかな弾力性があります。
かき氷のように水っぽいだけの透明な味わいではないのである。
氷それ自体にほのかな甘みがあり、ソースがなくてもイケそう。
ミルクシャーベットを薄くスライスしたのかな?
9

今日はめっきり春らしい陽気なので、ひんやり冷たいデザートが喉に心地よく感じられます。

前述のようにここの釜めしの種類はそう多くなく、鶏五目・五穀米・海鮮・極上、それに季節の釜めしといったところ。
ちなみに現在の季節の釜飯は“真鯛の何とか(詳細は忘却)”でした。
次回、食べるとすれば五穀米釜めし(とろろ付き)がいいな。
でもそれだけではきっと寂しいと思うので、コースにするかおつまみを別に頼んで…と、美味しい想像がいろいろ膨らみます。
次回…次回の免許更新は3年後なんだけどね。
そのときまた来る?

2011年3月29日 (火)

松戸 新宿らーめん亭の野菜たっぷりたんめん+餃子

松戸のボックスヒルの営業時間も、以前ほどではないにせよ今週からだいぶ長くなりました。
今夜は久しぶりに7階レストラン街へ。

新宿らーめん亭で夕食です。

思えば昨日も中華だったけど…まあいいや。

野菜たっぷりたんめん760円と餃子3個)210円を注文しました。
1
キャベツ、もやし、白菜、ほうれん草、きくらげ、人参、たけのこ、長いも…と具沢山のたんめん。
ブタ肉も少々。
2
野菜たっぷりの旨味のあるスープが、何ともいえません。
日ごろ野菜不足だから、たくさん野菜を摂れるのは嬉しいな。
でも…毎日気になるニュースを見ているせいか、このほうれん草の産地はどこかしらんなどど、思わず余計なことを考えてしまったりして…。
22_2
そして、お決まりの餃子3個。
3
ここの餃子は野菜系なので、ワタシでも食べられます。
お醤油にラー油をたっぷり垂らしたのにとっぷり浸けて食べるのがスキ。

2011年3月28日 (月)

代々木 山水楼の蟹チャーハン

会社帰り、電車に乗る前に中華風レストラン山水楼で夕飯を食べて行きます。
(最近あんまりウチでゴハンを食べる機会がありません…いろいろありまして)

もちろん、山水楼といえばワタシの大好きな蟹チャーハン850円を。
1_2
カニ身がたっぷり入った、美味しいチャーハン。
ちょっと形が崩れていますが、食べ進めて行くとなかからグリーンピースがぽろぽろと顔を出します。
2_2
葱の小口切りを浮かべた中華スープ。
今日のは、肉の細片が浮いていてちょっと飲みにくかったです。
3_2

2011年3月26日 (土)

上野松坂屋 銀サロンのカニピラフ+塩キャラメルケーキ

今週末も、上野松坂屋シリーズでございます。
今日は本館7階の銀サロンに行ってみました。
もともと松坂屋の特別食堂だったという洋食レストラン。
大きなガラスケースに料理サンプルが並ぶ入口からして昭和さながらといった感があります。
ワタシは窓側のテーブルには座れなかったけど(そのとき空いていなかった)、大きくとられた窓からは上野の街が見晴らせてちょっと気持ちが良さそうでした。
0
注文はカニピラフ(サラダ付き)1,365円。
オーダーしたと思ったら、イヤに早くお皿が出てきました。
あまりといえば早すぎる。
…もしかして冷凍なのかな?
ちょっとごはんもベチャッとなってたみたい。
まあ注文を受けてから炒めて作るのではなく、あらかじめピラフを炊いたお釜からさっとお皿に盛りつけたのかもしれないけど…。
1
まあでも、作り方はともかくとして。
バターの風味がきいたピラフは食べる前からカニの良い香りがぷんと鼻をくすぐります。
ライスの量的には物足りないですけど…。
2
4
セットのサラダ。
トマト、パプリカ(赤・黄)、千切り人参、レタスなどのフレンチドレッシング。
このドレッシングがとても美味でした!
また、食べたい。
3
せっかく銀サロンに来たので、ここのデザートもいただいてみます。
黒糖ときなこのロールケーキ・塩キャラメルケーキ・アップルパイケーキと三種類のケーキのうち、サンプルを見て心魅かれた塩キャラメルケーキのケーキセット800円。
5
森永キャラメルとおんなじ味のクリームを絞り、砕いたナッツを散らしたケーキ。
7
ケーキのお供は、有機栽培のコーヒーです。
テーブルに備え付けのシュガーも有機栽培のを選んでみました。
6
先日のファミリーレストランとはまたひと味違った、昔ながらの食堂の趣きを残すレストランでした。
カニピラフを食べてしまうと、あとは正直言ってワタシ的には気をそそられる食事メニューはあんまり無いのだけど…それでもホットケーキは食べてみたいな。
でも、たぶんそれも冷凍なのでしょうね。

2011年3月24日 (木)

代々木 増田屋のカレーライス

今日のお昼は、増田屋カレーライス750円。
1
今日のカレーはお肉が多く、そしてお味はだいぶん辛めでした。
2
久しぶりに食べるカレーは美味しかったです。

増田屋さんでも節電のため1階(5卓ほどのカウンター)は閉鎖され、2階席のみ営業となっていました。
遠く東北にあっては被災された方、また危険な作業に当たっておられる方はほんとうに大変だと思います。
今回の地震と津波によって受けた被害はあまりにも大きいものではありますが、早く普段の日常が帰ってくるのを願うばかりです。

2011年3月21日 (月)

北千住 ラケルのKUKUラケル風オムライス

朝から雨降りの祝日。
放射能の噂なんかが聞こえてきたりして、ふだんは少々の雨だったら傘を用いないワタシも、用心して傘をさして歩きます。

なんか急にオムライスが食べたくなって、北千住ルミネのラケルへ行きました。
交通費もかからないし、てっとり早く旨いものをいただきましょう。
注文したのは、KUKUラケル風オムライスのスープセット+選べるデザート付きで1,344円。

まずはラケル濃厚コラーゲンコーンスープかやってきます。
1
KUKUラケル風オムライスのプレートです。
2
「熱いうちにどうぞ」と勧められるラケルパン
バターをたっぷりはさんで温められてあります。
3
ドライカレーのオムライスにラケデミソース添え。
4
じゃがいもは、今日は中くらいのが1コでした。
5
タマゴの中には、人参など野菜入りドライカレーのオムライス。
デミグラスソースとトマトソースをミックスしたようなラケデミソースとよく合います。
6
サラダクレソン
サウザンアイランドドレッシングがたっぷりかかったサラダは、キャベツ、人参、紫キャベツなどの千切り。
9
食後のセットは、ショコラカフェクレームと“季節のデザート”ホワイトピーチパフェ
7
缶詰?の白桃にモモのゼリー、モモのアイスの三つ巴のこってりと甘いパフェ。
セットのパフェなので小さいグラス入りなのですが、量の少なさを感じさせないじゅうぶん迫力のある激甘さ。
8
生クリームとチョコレートソースを加えたショコラカフェクレームといっしょに食べたら、も、口の中が甘くて甘くて…
普通のコーヒーか紅茶にしておくんでした。

2011年3月20日 (日)

八柱 ビアードパパのクレープ

食後の甘いものは、久しぶりにイトーヨーカドー内にあるベアードパパのクレープを食べましょう。

1
バニラアイス(チョコレートソース)のクレープ355円。
2
バニラアイスとたっぷりの生クリームにチョコレートソースをかけて、薄焼きクレープで巻いてあります。
ワタシは生クリームが大好きなのでそれは良いとして、チョコレートソースが…いまいち美味しく感じられませんでした。

前に食べたときは、もっと美味しく感じられたんだけどなあ?

八柱 日高屋のチャーハン

今日の午前中は、ちょっといろいろ家事に追われて大変でした。
お昼は、隣町にある熱烈中華食堂 日高屋へ行ってみる。
どこにでもあるチェーン店ですが、ワタシは初めて入ります。

注文したのは、単品でチャーハン420円。
1_2
タマゴと葱と…チャーシューがいっぱい入ったチャーハン。
もし「チャーシュー抜きで」とオーダーしたら作ってもらえるのだろうか。
2_3
葱が浮いた中華スープ。
実は、チャーハンよりも何よりも、コレが飲みたかったのです。
3_3
チャーシューはともかく、まあ普通に旨かったです。

「感動的なまでに美味しい!」とまではいかないもののそこそこのお味。
安くて手早く食べられて、店員さんの接客はマニュアル通りできびきびしています。
あんがい入りやすい店だということが分かったので、また別の機会に使いたいと思いました。

2011年3月19日 (土)

渋谷 西村フルーツパーラーの季節のホットケーキアラカルト

春のお彼岸ということで、母方のお墓詣りに代参しました。
電車の運行本数が少ないとあっていつもより余計に時間がかかりましたが、勿論そんなことは仕方が無いことです。

今日は春のぽかぽか陽気で気温が高く、電車内は少し暑いくらい。
ワタシは今年初めてバッグの中にいつもしのばせてある扇子を取り出して使いました。

渋谷で乗り換えたので、ついでに途中下車してお昼を食べて行きます。
久しぶりに渋谷西村フルーツパーラーへ。

三連休初日の土曜日の13時でしたが、ファミレス風の店内は(こんな世情のせいか)ガラガラに空いていました。
果物屋さんの経営する店とあって、季節のフルーツを使ったメニューがいろいろあります。
店員さんからは「ただいまのおすすめはデコポンパフェです」と口上あり。
せっかくの仰せですが、ワタシはこれがお昼代わりなのでホットケーキを食べよう、と。
季節のホットケーキ ア ラカルトをドリンク付きにして895円+395円。
要するに、ホットケーキにプランアラモード付きというわけ。
0
暑いので、セットドリンクはクリームソーダをチョイス。
アイスクリームのまわりの、ソーダ水がちょっと凍りかかってショリショリになったところが、スキ♡
1
オーダーのとき「焼きますので少し時間がかかります」と言われたところのホットケーキ
蜂蜜シロップと球形バター添えです。
2
外側のカリカリ感はあまりなく、焼きたてにしてはそう熱々ではありません。
あんまり厚みもありません。
まあ、どうしても「丸福珈琲店」や「花時計」のそれと比して感じてしまうことで、これはこれでもちろん美味しいです。
4
見た目もあやなプリンアラモード
季節のフルーツはオレンジ、グレープフルーツ、ミカン、イチゴにうさぎリンゴ。
そしてストロベリーアイスと生クリーム添え。
このプリンはカスタードたっぷりのふるふるで、美味しかったです♡
3_2
メニューには苺の“あまおう”を使った3,000円のパフェがあってビックリ。
さすがに今日は手が出んなー。
ここにはパスタ等の軽食はないので、食事といえばサンドイッチかパニーニということになります。
ただ何しろワタシは魚もお肉も食べないのでメニューが限定されてしまうのが不便。
ちょっと気になるところでは〈フルーツクロワッサン&玉子サンド〉。
これは今度食べてみたいな。

2011年3月15日 (火)

上野 ギャランのランチセット(ナポリタン)とチョコレートパフェ

東北関東大震災の被害の状況は、報道による映像でさらに克明になってきています。
自然災害の脅威による破壊力の凄まじさに、ちっぽけな一個人としては慄かずにいられません。
被災地も大変な状況だというのは十分承知なのですが、こちらでもその影響が出始めました。
昨日の月曜日から東電の計画停電が始まり、朝起きたら通勤路線の会社線が運休しているというので急きょ家のクルマで松戸まで送って貰いました。
JRも運行本数を減らしていましたが、ワタシは何とか定時に出社。
でも社内では交通状況により遅れる人が続出、会社でもこの災害に対する対応に追われた一日でした。
そして退社後にスーパーに寄ってみれば、食料品が見事に陳列棚から消えている。
何なの、あれは…!

そして火曜日の今日。
朝はJR常磐線快速電車が通常の20%程度の運行で、これを逃したら次は30分後という超満員電車に無理やり割り込んでヘトヘトになって出社したと思いなせえ。
そこまでして会社に行ったのですが、よんどころない家事都合により、午後は半日代休を取得することになりました。

帰る前に、上野のギャランへでお昼を食べて行きます。
せっかくの平日ランチだし、もっと違うお店に行きたいのは山々ですが午後も帰りの会社線が一時運休になってしまうので、早めに地元に着きたい。

いつもはパフェばかりですが、今日はここでランチを食べてみようと思います。
ピラフ・オムライス・カレーライス・ハヤシライス・ドライカレー・ミートソース・ナポリタン・明太子スパゲティーと8種類あるランチセットはサラダとドリンク付きで各950円。

このうち、ワタシが選んだのはナポリタンのセットです。
1_2
店には赤いチェックの制服のウェイトレスさんもいたのですが、このときはシャツ姿のマスター?が「今日は人が揃わなくて、ぶしつけですみません」と言いながらお皿を運んできてくれました。
ベーコンと玉ねぎ、ピーマン、マッシュルームをケチャップソースで炒めたいかにもな喫茶店のナポリタン。
パルメザンチーズとタバスコをたっぷり振りかけるのがワタシ流。
ただこのナポリタン、ソースが控えめなのかちょっとパサパサで、もう少しケチャップを多く使って欲しかった。
でも、これくらいしょぼいくらいの方が、昭和の風情さながらのこの店には合っているのかも?
2_2
ランチサービスのサラダ
千切りのキャベツと人参にコーンのサウザンアイランドドレッシング。
3_2
セットドリンクはアメリカンにしました。
ちょっと酸味のある、これも昔ながらの喫茶店らしい味わいのコーヒーです。
スティックシュガーはこの店オリジナル(ほかに袋入りの甘味料も備え付けられています)。
4_2
さて、どうしようかと思ったのですが、ギャランへ来たからにはやっぱりコレを食べないとね。
食後に注文したチョコレートパフェ900円。
5_2
華々しい喫茶店パフェ…。
今は無き「江戸っ子」を別にすれば、今のところワタシのチョコパフェNo.1かな。
6_2
さて、このあとは地元の会社線が運休になってしまうので、食べたら急いで席を立ちます。

本当にできるだけ早く、世の中が立ち直ってほしいと思います。
そのために自分に何ができるかな…。

2011年3月13日 (日)

上野松坂屋 ハーブスのランチサービス

被災地の方にはお見舞いを申し上げますとともに、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

さて、今日は電車がいくらか回復したので、上野まで出かけました。
つい一昨日、地震があったあの夜、惨憺たる気分で歩いたときはうって変わり、普段と変わらないような街の様子です。

松坂屋上野店も今日は通常どおり開店していて、店内には特に地震による影響は(一見では)無さそうでした。
お目当ては南館1階のハーブス
3月になり、ランチサービスの季節のパスタが新しくなりました。
カニがメニューから消え、その代わりに〈筍と木の芽の西京味噌仕立て〉が出ていたのでこれをチョイスします。

まずは季節のサラダがやってきます。
パプリカ、人参、水菜、レタスなどのグリーンサラダ。1
メインであるところの筍と木の芽の西京味噌仕立てのパスタ
2
西京味噌と鰹だしを使用した和風パスタ。
筍と細かく刻んだ根菜を加えさっぱりとヘルシーに仕上げています。

3
春の到来を感じさせるタケノコに、人参と大根の角切りがさわやかな風味を添えています。
木の芽はごく細かなみじん切りにして散らしてあります。
西京味噌と名が付いているとはいえ、味噌臭さは全くありません。
春らしい、ごく軽い味わいのパスタといえます。

4
“本日のデザートケーキ”三種のうちより選んだのはミルクレープ
それにホットミルクティーです。
5
ミルクレープ、実を言うと消去法で選んだくらいであまり期待していなかったのですが、クレープ生地の中に四種の果物(いちご、キウイ、バナナ、メロン)が生クリームといっしょにサンドしてあり、とてもフレッシュな口当たりで美味しかったです。
6
ミルクティーもたいへん美味しゅうございました。
7
ハーブスのランチサービスは1,400円。
単品でケーキやお茶を頼むとランチと変わらないような金額になっちゃうので、これはおトクだと思います。
ただ、ケーキがハーフサイズになり、しかも日替わりの三種類からチョイスするのでお目当てのケーキにあたらないとちょっと残念なのですが。

2011年3月12日 (土)

松戸 松月庵のからみもちそば

震災から一夜明けた土曜日。
ゆうべ7時間歩いた足がまだ痛いです。
でも、もちろん被災地のご苦労に比べたら、こんなのは何でもありません。

電車はぽつぽつ動き出してはいますが、こんなときなので遠出は控えよう…。

お昼は、家の近くの松月庵でおそばをいただく。
“冬メニュー”のなかから、からみもちそば1,050円を。
以前食べてとてもおいしかったメニューです。

でも、出されたお膳を見てビックリ、大根おろしが、むらさき色…!
1
舞茸の天麩羅と一口大の揚げ餅に辛味大根の本物の辛さが旨く“からみ”いっそう食欲をそそります。
2
舞茸とししとうの天麩羅、一口大の揚げ餅、青みにほうれん草、写真では分かりづらいけどカニかまぼこも潜っています。
刻み葱別添え。
3
辛味大根といってもそんなに大辛というわけでもないですが、天麩羅や揚げ餅といっしょに食べると爽やかな風味が感じられます。
ここのおそばはたぶん店内で打っているもので、ちょっと大きさが不揃いで、野趣溢れる感じでした。

2011年3月11日 (金)

地震だけど上野 みはしのお雑煮と桜あんみつ+ソフトクリーム

3月11日午後2時46分ごろ、三陸沖を震源に国内観測史上最大のM9.0の地震が発生。
そのあと再び強い揺れが襲い、社内はちょっとしたパニック状態。
さらに断続的に強い余震が続き、ウチの会社や隣接する本部職員もいちじみな建物を出て新宿御苑沿いに避難する状態に。

我が社でもこの非常事態を受けて、いったん山手線が運行しているらしいという情報が入ったため女子には16:30に帰宅許可が出ました。
いったん代々木駅に向かったのですがそこで知った状況は首都圏のJR・会社線が全てストップという事態。
駅員に状況を尋ねても「復旧見込みは全然無い。まず今日は動かない。歩いたほうが早いかもしれない」とのこと。
いったん会社に戻ってインターネット情報を見ていたのですが、男性社員たちもみな歩いて帰るというし、仕方なくワタシも会社を出たのが17:50。
もういちど代々木駅に向かいますがやっぱり電車は動いていない、どころか駅舎のシャッターが冷たく閉じられていた(これは酷いよ!)。

ああ、ニュースなどで「帰宅難民」というコトバを耳にしたことはあるけれども、まさか自分が今日その状況に陥ろうとは…!!
都内の妹に連絡を取りたかったけど、携帯は全然つながらない(自宅には会社の電話を借りて連絡し、無事であることは確認済み)。

こんなときに災害時の徒歩帰宅マップを持っていたらと思いながら、途中で道を何度も尋ねながら靖国通り→外堀通り→と歩いて秋葉原へ。
秋葉原の電気街は、通常であればまだまだ書き入れ時の時間帯であろうが軒並みシャッターが下りていて、僅かに商魂たくましい商店が「携帯電話の充電器あります!」と声を張り上げて売り込みをやっていた。

中央通りを歩いて上野へ出る。
会社からここまで、もう2時間歩いている…お腹空いた。
松坂屋はシャッターが下りていて、「明日の13日(土)は地震点検のため休業します」という貼り紙が出ていた。
上野でタクシーに乗ることができれは、と思いながら駅方面へ向かっていたら、おや、みはしが開いている!
実はワタシ、今日はみはしで夕食を食べていくつもりでした。
早く帰りたいのは山々ですが、この先も家に着くまで何時間かかるか分からないので、思い切って寄り道していくことにします。

二階席へ上がり、夕食なのでお雑煮590円をいただきます。
蓋を取ると、一面のふわふわたまご…。
1
ゆずのいい香りがぷんと漂います。
2
22
玉子をかき分けると、澄まし汁の底に沈んだ具があらわれます。
お餅は二口で食べられるくらいの小さいのが一切れ、三つ葉、かまぼこ、ナルト、トリ肉、しいたけ…。
3
こんな状況でなければ、もっと美味しかった筈なのだが…。
食べている最中にも、まだ余震がぐらぐらっと来て建物が揺れました。
歩いているときは気がつかなかったけど、ずっと断続的に余震が続いているのでしょう。

桜あんみつがもう出たと聞き及び、ワタシはそれも食べたくて仕方ありませんでした。
桜あんみつに、ソフトクリームをトッピングして追加オーダー560円+100円。
4
桜色のアイスクリーム。
これこそ春ですねぇ、という一品。
42
5
ホントにこんなときでなければ…

さて、腹ごしらえができたところで店を出て、上野駅へ向かいます。
ワタシ、よりによって今日、薄いセーターを着てきちゃったんですよ。
ウウ、夜風が薄着を通して肌にこたえます。
桜あんみつを食べて少し冷えちゃったかな。

上野駅のタクシー乗り場は、もうすごい行列。
とてもじやないがあの行列に加わる気はしない。
交番で松戸駅方面の行き方を尋ね、浅草通り→(駒形橋)→水戸街道とてくてく、てくてく。

ワタシはふだんから(自転車に乗れないせいもあり)歩くのはそう苦になりません。
それに道路には同じように家路を目指す老若男女の人がぞろぞろ歩いているので、寂しいというようなことは全然無いのであった。

ですが、いくら歩いてもまだまだ墨田区で、目標が遠過ぎてそうとう凹みます。
バスはどうにか走っているようで、金町行きの都営バスがあるが下り方面の車線は渋滞で全然動いてません。
数台のバスが付近に止まっているのだが、全く動く気配が無し。
これじゃ、さっき上野からタクシーに乗っても何時間かかることやら…。

やっと葛飾区に入ると、車もどうにか動くようになりました。
でも金町までもう一息なので、とにかく頑張る。
大きな川が見えましたが、これはまだ中川。
川面を渡る夜風が冷たい。
金町まで行けば、タクシーがつかまるだろうか。
それを頼りに歩いていた23時過ぎ、ようやく妹と連絡が取れました。
メールもくれたらしいのだがワタシの携帯には受信がない。
携帯はそうとうつながりにくい状況のようだ。
妹には、ここまで来たところなのでもう少し頑張ると答える。
ところが電話をしていたらうっかり金町駅前に行く道を逸れてしまい、もういつの間にか江戸川の手前に差しかかっていた。
もう、いいや。
とにかくこれで千葉県には帰れる…。

冷たい夜風に吹かれながら江戸川を初めて歩いて渡る。
左手には常磐線の線路が通っていて、線路の上には途中で運行中止したらしい車両がそのまま放置されていた。
江戸川を渡った先は通称6号線。
このあたりまで来ると、さすがのワタシも足が棒になってきました。
松戸まで行ったら、もう並んでもタクシーに乗ろう。
そればっかり考えて歩きますが、何だか行けども行けども駅に着かないのである。
知らなかった、江戸川から松戸駅まで、こんなに遠かったんだ…。
だいたい、ワタシはいつも電車で都内と往来しているので、このあたりの土地勘が無いのですよ。
とあるガソリンスタンドの人に聞いて、駅はこの先の交差点を左に入ったところだと知りました。
車でならいざ知らず、徒歩ではそこまで回り道するのはなあ…
新京成が動いているなら、もしくは駅前からタクシーに乗れるならその甲斐もあるが、無駄足になる危険性も大。
もう脚がくたびれて泣きたいくらいだけど、仕方ないのでこのまま家を目指すことにして再び歩き出しました。

0時少し前、やっとメールが数件受信できました。

ようやく家にたどり着いたのは1時過ぎ。
足が…7時間歩きどおしで草臥れてガクガクです。
階段を這い上がるようにして2階の自室に行くと猫はベッドの下に隠れてしまっていてすぐには出てきませんでした(しばらくしてやっと顔を出した)。
クタクタだけど室内は多少モノが散乱していたので片付けなけりゃ…。

時間はとったけど、あのとき、やっぱり「みはし」で食事しておいて良かった、と思います。
すきっ腹ではとてもこんなに歩けなかったでしょう。
それでなくても、帰宅してホッとしたワタシは夜中だというのに夜食を食べちゃったし。

でもあのお雑煮と桜あんみつは、もっと落ち着いた機会にまた頂きたいものです。

渋谷 かにチャーハンの店渋谷店のかにチャーハン

今日は昼間、渋谷の役所に出かけたついでに渋谷で外ランチ。
久しぶりにかにチャーハンの店へ。
雑居ビルの3階に上がり、エレベーターが開くとそこはもう店である。
先に券売機で食券を買いますが、やっぱり、シンプルなかにチャーハンのかに味噌汁付き630円(…だったか?)を。
+100円で杏仁豆腐をつけても良かったのだけど、まあ今日は仕事中なのでデザートはやめとこ、か。

ちょうど昼どきとあって数人待ちの状況でしたが回転は速く、10分もしないうちにカウンターに座れました。
0
座ったところで食券を出すと「ノーマル塩味か、自家製XOジャンピリ辛味か」を聞かれますが、やっぱり塩味を選ぶワタクシ。

待つほどに、先にかに味噌汁が出てきます。
かに脚が一つと葱を浮かべたお味噌汁。
1_2
今日は珍しいものが出されました。
豆皿に入った、かにあんかけ。
かにのほぐし身が入ったとろとろの温かいくずあん。
ャーハンにお好みでかけて下さいとのことです。
へー、前は出されなかったのに~それとも平日だけのサービスとか?。
2_2
かにチャーハンが登場しました。
3
かにの身をトッピングしたチャーハン(塩味)。
絶妙の塩味がきいてます。
4
チャーハンの半分はあんかけを使ってみました。
あんかけといっしょに食べると、適度な旨味があわさって、またひと味違った美味しさ。
レタスときゅうり(!)、それに葱が入って、見事なまでにパラパラです。
どうやったらこんなお米の一粒一粒がパラパラにほぐれたチャーハンができるのかなあ。

渋谷までは近いのに、書類一つ届けるだけでもなかなか腰が上がらない、普段から出不精のワタシ。
でも、ああ、今日はやっとこの仕事を済ませることができて良かった…
さて、今日はハナキン。
あと残り半日、粛々とできるだけの仕事を済ませて、自宅に持ち帰る書類を作っちゃおう(こう見えても、ワタシはいつも休日に書類のチェックを自宅でしてます)。
ワタシはその日の午後、どんな目に遭うかこの時点ではまだ予想もできず、さっさか会社に戻ったのでした…。

2011年3月10日 (木)

新宿 カレーハウス11イマサの春野菜カレー〈和風〉

数日前、社用で京王新線の初台に行ったときに京王モール街のカレーハウス11イマサの前を通りかかったら、春野菜カレーというメニューがあるのを見かけて気になったので、今日はワザワザお昼に行ってみました。
以前は新宿西口に姉妹店があり、そこでは1、2度食べたことがあります。
そのときの感想としてはどうもなんかイマイチであったのですが…。

先に入口の券売機で食券を買い求めるシステムです。
昼どきだったのでずらりと広いカウンターだけの店内は混雑していましたが、回転は早くすぐに座れました。
こちらが春野菜カレー580円なり。
お皿を見て驚いたことに、タケノコ・レンコン・春キャベツ・ニンジン・コンニャク入り。
まさかの和風カレー(入口のサンプルをよく見ていなかった)。
とりあえず卓上の福神漬けと、きゅうり漬けをお皿にとって、さらに香味スパイスと辛味オイルも使っていただきまーす。
1

カレーが、熱くない…ぬるい。
“和風”という味つけのためなのか、確かに辛いのだけどワタシの好みでない。
和風の具もなんかカレーとマッチしていなくて、ちぐはぐっぽい。
あと、味のことではないが添えられたスプーンが妙に平たい変わったかたちのもので、すくって食べにくいのである!
2
ちょっと失敗したかなあと思う一品。
ただ、久しぶりに食べた春キャベツ(芽キャベツ)が瑞々しくて美味しくて、春の息吹を感じさせるものではありました。
この春野菜カレーは、3月末までの期間限定だそうです。
カウンターのスタッフの人たちは小まめにお冷やを注いでくれて接客もきびきびしていました。

ここのカレーはビーフカレー系ルゥ、チキンカレー系ルゥ、ポークカレー系ルゥ、インドカレー系ソースの四種類があります。
この春野菜カレーは、ポークをベースにしたものだろうか?
隣の人が食べていたビーフカレーはいかにも黒々としていて辛そうでちょっと美味しそうに見えました。
懲りずにまた行ってみるか?

2011年3月 7日 (月)

北千住 ラケルのKUKU ラケル特製煮込みソースのオムライスのセット

雨の月曜日、今日も夜は外食です。
常磐線を北千住で途中下車して、マルイ9階のレストラン街「千寿万歳」へ。
どこに入ろうか思案した結果、オムレツ料理 ラケルに入りました。
前回は体調が悪いときの訪問であまり美味しく味わって食べられなかったので、また利便持したいと思っていたのです。

席に着くと「お冷やお持ちします」と言われて出てくる、コレ。
冷水のボトルです。
水をガブガブ飲むワタシには、いちいち「お冷やお代わり下さい」と頼まなくて澄むので便利です。
1
「スープセット」にして〈きのこのオムライスソース〉がいいかなー。
これだとドライカレー、きのこのオムレツ、デミグラスソース&クリーム、クレソンでスープと選べるドリンク付き980円。
しかしじゃがいもとラケルパンが食べたかったので、やっぱり別のセットメニューにしました。
その一つ上の「スープまたはサラダセット」で、しかも選べるデザート付きだとお値段は1,344円。
数種類あるメインのうちより〈KUKU ラケル特製煮込みソースのオムライス〉をチョイス。このセットだとスープまたはサラダ、選べるドリンクとデザートが付きます。

ワタシはやっぱり寒いし、サラダよりは体の温まるスープで。
ラケル濃厚コラーゲンコーンスープ
“濃厚”というほど別に濃ゆくもない。
…これにみじん切りパセリでも浮いていたらなおいいんだが。
2
食器は『不思議の国のアリス』の世界で統一されていて、イギリス湖水地方の農家をイメージしたという店内にマッチしたものとなっています。
3
ハイ、こちら、メインディッシュのKUKU ラケル特製煮込みソースのオムライス
ハーフサイズのオムライスに、ラケルパン、サラダ、じゃがいも、クレソンが添えられたワンプレートです、
4
オムライスにはとろりとしたドミグラスソースが添えられて…あれ、このソース、お肉とかマッシュルームが入ってるよ!?
前回はお肉なんて入っていなかったのに?
あ、そうか先日は同じスープ・ドリンク・デザート付きでも〈KUKU ラケル風オムライス〉をとったのね。
お肉を除ければこの特製煮込みソースもたいへん美味しいです。
8
やっぱり「ラケルパン熱いうちにお召し上がり下さい」と口上が付く。
5
フカフカの丸いパンに、バターをはさんで温めてあります。
このバターが溶けたところが旨いです。
52
ジャガイモは、今日は小さめのが二つ付きました。
卓上に備え付けの食塩を心おきなく振りかけて、また煮込みソースにちょっと浸したりして。
6
レタス、人参、紫キャベツ、サラダなどいろいろ野菜のサラダはサウザンアイランドドレッシングがたっぷり。
ごろっと1本、丸ごと添えられるクレソンは葉っぱの先の柔らかそうなところだけを食べて、軸の下の固いところは残しました(違う?いちおう外だし…そんなものかと)。
7
タマゴを崩すと、コーンと人参入りのドライカレーが現れます。
82
オムライス自体はハーフサイズでも、大きなパンとジャガイモまで平らげたらさすがに腹は膨れますね。

しかしデザートは別腹。
というわけで、本日ワタシの食後のデザートは選べるドリンクから〈ショコラカフェクレーム〉と、選べるデザートから〈コッツウェルプリン〉。
選べるデザートもいろいろあって、迷っちゃいます。
パフェは前回食べたから、ここのご自慢のワッフルがいいか、それとも季節のデザートで白桃サンデー?(もう白桃が出ているの?早いネ)
9
ショコラカフェクリーム
クリームとチョコレートソースを浮かべた、歯が浮くように甘いコーヒーです。
10
上の写真では飲み物と並べてとって写っていますが、実際は出てくるまでちょっとかかりましたコッツウェルプリン
あんまり手間のかかりそうにない内容に見えるが…。
プリンとバニラアイス(チョコレートソース添え)とバナナニ切れ。
11
ぷるんとしたプリンをひとすくいして、口に運ぶ。
…ん~思ったほどカラメルっぽくはなく、もっと淡白な感じなのね。
悪くはないですが。
12
これだけ食べたら、さすがにあとで腹が膨れましたが今日は前回と違ってとても美味しくいただけましたよ。
この店は本当にメニューが豊富なので、次は何を食べに行こうか、楽しみです。

2011年3月 6日 (日)

コロンバン松坂屋上野店サロンの昔懐かしいナポリタン+桜とライチ

貴重な日曜日、またもや松坂屋上野店へやって来ました。
今日のお目当ては、南館B2階のコロンバン松坂屋上野店サロン
先週、ここのメニューをチラ見してどんなものか食べてみたいと思っていたのです。

お昼のランチメニューは数種類用意され、時季によって変わるようですがいずれも季節のスープ又はグリーンサラダ/コーヒー又は紅茶付き。

ワタシはスープをチョイスしました。
キャベツのコンソメスープ。
このコンソメ、とっても良い風味で美味しくてビックリ!
1
ワタシの選んだランチは、松坂屋上野店サロン限定という、その名も昔懐かしいナポリタン1,000円。
つくづく“限定”というコトバに弱いワタシ…。
2
メニューには“ソーセージ、ピーマン、タマネギを特製ソースで絡めた、濃厚な昔懐かしいナポリタンです。”という謳い文句あり。
3
添えられた粉チーズとタバスコを豪快に降って。
たっぷりのケチャップソースを絡めて野菜と炒めたナポリタンです。
4
確かに美味しいですけど、量的に物足りない。
ワタシ、ウィンナーは食べないしね…パスタがこれの1.5倍は欲しい。
食べ終わっても、なんだかまだ物足りないよぉ~!!!

というわけで、食後の茶菓子を。
お茶はランチに付いてくるのでミルクティーをオーダーしたら、こんなティーポットが出てきましたよ。
砂時計が全部落ちたら、飲みごろです。
砂糖つぼはテーブルに備え付け。
ミルクは「コーヒーミルクと牛乳がありますが」と聞かれ、ワタシは牛乳をお願いしました。
紅茶はティーカップにたっぷり二杯分の量です。
42
季節柄、桜をモチーフにしたいろいろなケーキがあって迷いますが、桜とライチ472円というのを選びました。
5
メニューには“ピスタチオ味の生地の上に桜とライチのムースを流し込みました”との説明あり。
桜の花びらをかたどったムース。
砂糖菓子の桜の花もちゃんとトッピングされています。
お皿の上もバニラソースでデコレーション。
6
なめらかなムースを、惜しみながらフォークですくいとって、ぱくっ。
美味し~い!
桜の花の爽やかな香りが、口いっぱいに広がります。
写真には写っていませんが桜のムースを食べ進めて行くとなかほどにライチのムースが現われます。
これがまた、あのライチの白くてぷっくりとした食感を残したムースでなんとも爽やかで軽い味わい。
ピスタチオ味の生地が鮮やかな緑色なのも、桜を現すピンクのムースとあいまって絶妙な感じです。
7
総じて、とっても美味しかったですがナポリタンもケーキも量が…少ない。
大食いのワタシはとても食べ足りない、もっと食べたい。

客席は広々としていて人が少なめなのでゆったりできます(お店の人には悪いですが)。
表のショーケースにはほかにも美味しそうなケーキが並んでいるし(〈原宿ロール〉も気になるところ)、また再訪したい!
今度は〈ボスカイオーラ〉なるきのこのパスタを食べようかと狙っていましたが、メニューをよく読むとツナが入っているというのでパス。
今が旬の〈菜の花とアンチョビのスパゲテイー〉…菜の花はともかく、アンチョビというのが、ワタシ的にどうも…。
メニューは季節によって変わるみたいなので、ときどきチェックしてみようと思っています。

2011年3月 5日 (土)

松戸 サーティワンのアイスクリーム

天丼のあとのお口直しは、サーティワンのアイスクリーム。
バーガンディチェリーと、今月のおすすめフレーバー・チョコチップクッキードー
〈チョコチップ〉はキャラメル風味のバニラアイスのなかにチョコチップとクッキーが混ぜ込まれてあります。
スモールダブルコーンで400円。
Photo_2
やっぱりバーガンディーチェリーが美味しかった。

やれやれ、明日はやっと休める。
今日は決算関係の出勤ではなかったのですが、仕事はこれからいよいよキツいなあ。

松戸 天丼てんやの春の国産野菜天丼

休日出勤帰りの夕食は、松戸まで戻って天丼てんやにて。
春の国産野菜天丼550円をいただきます。
1_5
天丼はみそ汁(お葱と若布)つき。
3_4
天ぷらのラインナップは、紀州南高梅、玉ねぎ人参のかき揚げ、大根、なす、さつまいも、スナップエンドウ。
このなかでは、何といっても紀州南高梅の天ぷらが感涙ものでした。
ちょっと酸っぱいなかにも、ほんのりとした甘みが感じられて…
今ごろは、みなべの梅林も梅祭りのシーズンなのでしょうね。
2_5
天ぷらって最近、ウチではなかなか食べる機会がないのでタマに外食すると珍しくていいです。
しかし、メニュー写真とは違って天ぷらのスペースにだいぶ余裕があります。
ごはんとのバランス的にはこれでちょうどいいのですけど。
お会計のとき、天ぷら単品のサービス券を貰いました。
有効期限内(3月末迄)にまた来ることがあるかな?

代々木 フレッシュネスバーガーのベジタブルビーンズバーガー

ねねこさん、本日は休日出勤。
お昼は久しぶりでフレッシュネスバーガーへ買い出しに行きました。
ここのベジタブルバーガーシリーズに、新しく〈ビーンズ〉というのが出ていたので挑戦してみます。
土曜日の店内はお客の入りもほどほどで、窓からは明るい陽が射し込み、イートインしていっても良かったのだけど喫煙者がいたらイヤだし、ボスの目もあることなのでやっぱりテイクアウトしました。

注文の品が出てくるまで、待たされること数分。
後から注文の入った普通のバーガー類は先に出されていました。
これ、時間のかかるメニューなのかしらん?
会社に戻ってデスクで包みを開いたときは、もう12時20分過ぎでした。
1_4
ベジタブルバーガー ビーンズ420円。
クラシックバーガーは別として、普通のハンバーガーは300円台なのに対し、お高めの値段です。
3_3
フライドポテトR200円。
ポテトは皮つきで、ケチャップソースが別添えなのがいい。
2_4
バーガーをちょっと齧ってみたところ。

お肉を使わず3種類の豆を使ったビーンズパティ、グリーンカール、トマト、オニオンをゴマバンズではさみました。
マンゴー果肉が入ったホッとマンゴーチャツネの甘酸っぱい味わいがビーンズパティとの相性抜群です。
豆は潰さずホクホクとした食感をお楽しみ下さい。

…というコンセプトのバーガーです。
4_3
パティのなかには、名は不明ですが半分すり潰したような赤い豆などが入っていて、ほくほくとして実に深い味わい。
それにこのマンゴー果肉が入っているという、甘いソースが何とも言えずマッチして美味しい!
トマトや玉ねぎ、グリーンカールのほかにピクルスもこっそり添えられていて、さっぱりといただけます。
お肉の食べられないワタシが安心して食べられるハンバーガーって嬉しい。

しかし…これって食べにくいのよ~!
ワタシがふだんバーガーを食べつけていないからだけど、パティが厚く大きめなのに対して上下のバンズが薄め?なので、顔を汚さないように気をつけながら両方をバランスよく食べ進めて行くのが難しい…。
真剣にナイフとフォークが欲しかったりして。
食べ終わった頃には両手はソースでベトベトになっちまいました、ヤレヤレ。
でも、食べるのは苦労しましたが美味しかったですよ、コレ。
お値段はけっして安くないけど、またゆっくりできるお昼どきに食べたいなと思います。

2011年3月 4日 (金)

代々木 山水楼の蟹チャーハン

やっと一週間が終わって、ヤレヤレ…と言える状況ではないのですが、シゴト的には。
でもまあ、お疲れさんでしたということで、今日も外食。

代々木駅前の中華風レストラン 山水楼で定番の蟹チャーハン850円を。
1_3
葱を浮かべた中華スープ。
2_3
帽子型に整えられた蟹チャーハン
3_2
4_2
フカフカのチャーハンには、蟹の身がたっぷりで嬉しいです。
食べ進めていくと玉子と玉ねぎ、グリーンピースがごろごろと出てくる豪華な一品です。
この中華らしい脂の旨味が何ともいえず、それでいてくどくありません。
さすが、プロのお仕事!
調理のときに紛れ込んだのか、チャーシュー?のごく細かいのが混じっていたのはご愛嬌ね。

2011年3月 3日 (木)

松戸 近所のケーキ(モンブラン二種)

デザートは、近所のケーキ屋さんで買ったモンブラン。
ふつうのモンブラン340円と桜のモンブラン330円。
Photo
ここ最近、ずっとモンブランが食べたいと思っていたの。
これからは、桜のお菓子がいろいろ楽しめる季節ですね。
桜は、ワタシにとっては大好きな花であり、また憂鬱な気分にさせる花でもあります。
桜の花の咲く季節は、決算予算の仕事が山積みで連日残業だから…。
でも今のワタシは、そうそう残業できないんだよね。
今度の決算期をどうやって乗り切ろうか、それがいちばん気がかりです。

上野 PASTA CANOVIETTA(パスタ カノビエッタ)のずわい蟹と九条葱とかぶのパスタ

今日は別に楽しくもないひなまつりの日。
また外で夕食を済ませていきます。
きのう、上野駅でたいめいけんなどと同時にオープンしたPASTA CANOVIETTA(パスタ カノビエッタ)の前を通りかかって見かけたメニューが気になったので、ぜひ食べてみたいと思った次第。
ワインの瓶などが飾られた店内はこじゃれたイタリアンレストラン風。
お目当てにしてきたのは、ずわい蟹と九条葱とかぶのパスタ1,350円です。
カニ!に目のないワタシ、きのう見かけて早速飛びつきました。
「お飲みもの200円でお付けできますが」と勧められ、ついオレンジジュースを取っちゃいました。
中にはパスタと一緒にワインを取るお客さんもいました。
スタッフの人はキッチン・ホールとも若い人ばかり。
料理はオープンキッチンで仕上げられ、席に運ばれます。

シンプルな白いお皿に盛られたパスタが登場。
1_2
繊細なずわい蟹に旬のかぶと九条葱を添えた一品”というわけですが…
4
ずわい蟹は赤い部分がないので、九条葱の青味とパスタと蕪の白が対比されて緑と白のパスタという仕上がりになっています。
2_2
食べてみると九条葱は「ネギ」らしい臭みはなく、非常にみずみずしい味が印象的。
カニのほぐし身とゆでた蕪は大人しい味。
ひたすらネギを食べるパスタという感じが…
パスタにはしっかりとした塩味がついてはいるのだけど
コース料理の前菜として食べるぶんには立派な一皿なのだけど、これがメインとなると…
何かこう、例えばトマトとかオリーブオイルとか、もうちょっとパンチを効かせた味つけが欲しいと感じました。
3
ワタシが食べていて気になったのは、むしろドルチェ。
赤い苺?ソースのCANOVIETTAパフェ680円、パンダクッキーをトッピングしたパンダソフトクリーム480円などあり、食べてみたかったけど店内がだんだん混んできたこともあり、また今度にすることにして腰を上げました。

えと、これは料理には関係ないですがワタシの座った席からはカウンターの一部が見えて、パックの口を開けてオレンジジュースをグラスに注ぐ様子が丸見え。
スタッフの人はパックを丁寧に拭いたりとちゃんと扱ってはいましたが…
ああいう工程を食べる本人に見せられるとちょっと興ざめしちゃうんだよね。
あと、ほかのお客さんが注文したワインの瓶を開ける光景も見えました。
気になるなら、次からはそういう席に座らないのが気持ちよく食べるコツと心得ました。

2011年3月 2日 (水)

代々木 増田屋のたぬきそば

春は弥生、になっちまいました(あああ)。

今日のお昼は増田屋にて、たぬきそば600円(女性割引の日なので500円)。

いつも(水曜日は特に)混んでいてだいぶん待たされるのに、今日はなぜか店内はほどよく空いてました。
おそばもじきに出されます。
揚げ玉のほかナルト、若布、三つ葉、長葱がのったたぬきそば。
1
別添えの刻み葱と七味を投入。
いただきまぁす。
2
3月…もうすぐ決算、予算の季節。
予算の基礎数値用の資料を早く進めなきゃいけないんだけど、なかなか捗りません。
しばらくはぎうぎうを脱けてのんびりとしてましたが、うちの会社の、ワタシが所属する部署にとってはこれからが一年で最も憂鬱な時期となります。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »