« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

代々木 サンクスのとちおとめサンド

いちごが旬の季節です。
というわけで、今日のおひるはサークルKサンクスで買ったとちおとめサンド298円(と、ミニカップめん)。
Photo
早いもので、1月も今日で終わりです。

|
|

上野 国立西洋美術館「すいれん」のカニクリームコロッケとチョコレートケーキ

日曜日、久しぶりにカニコロを食べに行く。

同じ上野でも、実は別の店を考えていたのですが、事情により国立西洋美術館内のカフェすいれんに入りました。
もちろん、注文はカニクリームコロッケ1,470円!
……ここで今日はちょっと変わったことがありました。
カニコロを、とオーダーすると、ウェイトレスのお嬢さんから「トマトソースとタルタルソースがありますが」と聞かれたのです。
今までソースの種類なんか聞かれなかったのに、ハテ!?
とりあえず、トマトソースでお願い。

すいれんのカニクリームコロッケは、スープ、サラダ、パンまたはライス付きです。
1
野菜のポタージュ。
玉ねぎ、人参、キャベツ、セロリなどのほかベーコンのこま切れも少々。
2
4
サラダはレタス、紫キャベツ、ピーマン、レッドオニオンなど。
ちなみにこのサラダにはゆず胡椒のドレッシングが使われているんだそうです。
今まではそんな説明をしてくれることもなかったんだけど、一体どうしたの!?
ゆず胡椒のドレッシングはピリリとするほどよい辛みが効いてました。
Img_1255
メインのカニクリームコロッケとライス。
お皿も以前と変わっていますね。
5
三角のかたちをしたカニコロ…
6
カニコロもさることながら、この付け合せも美味しいです。
オレンジ・緑・白の三色パスタ。
オレンジはトマト、緑はほうれん草かしら?
そして温野菜は大根・人参・セロリのとろけるようなクリーム煮。
どちらもうすいカレー風味がしました。
11
レモンをきゅっとしぼって、カニコロをいただく。
赤いカニ身がたっぷりつまってます。
10
ワタシ的にはカニコロにはライスなの…。
でもたまにはパンにしてもいいな。
7
食事のあとは紅茶とケーキで和みのひととき。
ミルクティー260円(食事とのセット価格)とチョコレートケーキ480円。
8
チョコレートスポンジにチョコレートムース、チョコレートクリームにチョコレートスティック。
チョコレートづくしのケーキ、まったりと美味しいです~!
9
今日は晴れてはいるものの、ぞくっと寒い一日でした。
都心では雪もちらついたそうですが、上野では気がつかなんだ。
この冬は日本海側を中心に大雪のニュースでもちきりで、ほんとうに寒いです。
ワタシ、仕事的には今この時期がいちばん楽なのだけど、こう寒いと春が恋しくなります。
それでも節分のころからは暖かくなるらしいので、少しはほっとできそうですね。

|
|

人形町 双葉の豆腐ドーナツ

人形町のお土産は、やっぱりコレ。
甘酒横丁にある老舗のお豆腐屋さん、双葉豆乳ドーナツ
3個310円、5個500円。
ワタシは5個入りのを2パックも買っちゃいました(1パックは冷凍しておきます)。
Photo
でもここは、いつ行っても店のヒトがあまり感じよくありません(特に男性)。
それが残念なのだが…。

|
|

人形町 カフェテラスワコーのナポリタンとホットケーキ

やっと体調も回復した週末。
さいきん、食べたいと思っていたものが二つあります。
「ナポリタン」と「ホットケーキ」!
今日は(比較的)近場でその二つを味わえるお店に行ってみようかな、と。
人形町駅からすぐ、人形町交差点にあるカフェテラス ワコーがそれ。
以前、都営地下鉄のPR誌に載った紹介記事を見て以来、ずっと気になっていたお店です。
外観も店内も、昭和を感じさせる年季の入ったお店。
01
オリジナルロゴがプリントされた紙ナプキン。
0
お店を切り回しているのはマスターと若い女性の二人、そして後からもう一人、自転車で乗りつけて来た若い男性が厨房に入りました。
ナポリタン550円を頼むと「チーズをかけていいですか?」と聞かれました。
スパゲティを注文して、そんなことを聞かれたのは初めてです。
ホットケーキは15分かけて焼き上げると聞いていたので、食後にすぐ出して貰えるようコーヒーといっしょにあらかじめ注文しておきます。

厨房のほうからジュージューと炒めものの音が聞こえ、ほどなくマスターがナポリタンを手にして現れました。
いかにもな、昔ながらのナポリタン
ハム、マッシュルーム、玉ねぎ入り。
みじん切りパセリと、粉チーズがたっぷり振りかけられています。
タバスコは別に出してくれます。
2
ハム、マッシュルーム、玉ねぎ入り。
みじん切りパセリと、粉チーズがたっぷり振りかけられています。
タバスコは別に出してくれます。
1
写真を撮っていたら、遅れてカップスープが出されました。
パセリのみじん切りを浮かべた熱々のコンソメスープ。
寒いときに熱いスープは体が温まっていいねえ。
3
昔、確か「マ・マー」だと思うんだけど袋入りの半生スパゲティと粉状のソースをフライパンでちゃっちゃと炒めるだけというナポリタンがありました。
簡単に作れて好きだったんだけど、いま近所のスーパーで見かけるのはレンジでチンする冷凍製品やパスタソースばかり。
ああ、あの懐かしいナポリタンは何処に!?
4
お昼近くになり、お客さんが増えてきました。
注文を聞いていると、やっぱりナポリタンとホットケーキが人気メニューのようです。
このお店ではナポリタンがスパゲテイの基本のようで、ナポリタンの注文が入ると女性の方が単に「スパ」と言ってマスターにオーダーを伝えます。
たとえば3人組のお客さんが「ナポリタン大盛り・ナポリタン・ミートソース」という注文をしたとすると、「スパ大・スパ・ミート」というぐあい。

ホットケーキは女性の方が焼き担当のようです。
ナポリタンを食べ終わるとすぐホットケーキ450円とブレンドコーヒーが出てきました。
5
優しい焼き色のホットケーキ。
7
ホットケーキはカドが見事な鋭角!
厚みも2cmくらいあります。
11
ホットケーキに添えられるバターと生クリーム。
花形にしぼり出されているのが珍しい。
72
ブレンドコーヒーは380円。
日・祝を除くランチタイムは食事をするとドリンク100円引きになります。
8
美味しいけどー…
ホットケーキってふつうシロップが付くよね!?
ここは、そういう店なんだろうか。
シロップをかけないホットケーキをひと口ほお張りましたが、バターをつけてもボソボソ…。
憧れのホットケーキがこれかぁと、味気ない感じで食べていたら、「すみません、メープルシロップ出すの忘れました…」
おいおーい!!
9
メープルシロップをかけたホットケーキは、やっぱり美味しかったです〈涙〉。
10
人気のホットケーキはほかにも小倉、チョコレート、ブルーベリー、バナナ、フルーツ、そして季節限定でいちごといったバリエーションがあります。

それにしても、シロップを忘れられたことが(すぐあとから持ってきてくれたとはいえ)ワタシ的にはやっぱりちょっと悲しかった…。

|
|

新宿 カフェアリヤのフレンチトーストセット

新宿にフレンチトーストが評判の喫茶店があると知ったのは、つい二日前。
それもワタシは今まで入ったことはないけど、いつも前を通りかかって気になってはいたお店でした。
今夜は思い切って会社帰りに寄り道してみます。
お店の名はCAFE AALIYA(カフェ アリヤ)
0
宝石箱を散らしたような、美しいディスプレィ。
04
この入口から階段を下りた地下にお店があります。
ドアを開けると向かって右側が禁煙席、左側が喫煙席になっています。
イケメンの店員のお兄さんに、禁煙席に案内してもらいます。
03
夕食代わりなので、フレンチトーストセット800円を注文。
これだとサラダまたは特製スープ、飲物つきになります。
スープは日替わりみたいで、今日はクラムチャウダーだったのでサラダにしました(クリーム系がちょっと苦手)。
飲物はコーヒー(ホット、アメリカン、アイス)または紅茶(ホット、アイス)から選べ、ワタシはアメリカンで。
1
キツネ色に焼かれたフレンチトースト。
このフレンチトースト、お皿に乗っていないのである。
レースの紙ナプキンの上に、直に置かれています!
ナイフは出されませんが、フォークだけでじゅうぶん切れます。
ふわふわで、確かに美味しい!
そのままでもじゅうぶんイケますが…
2
フレンチトーストに添えられる生クリーム。
別にシナモンパウダーの小瓶も添えられて、自分好みの味でいただけます。
5
小鉢にどーんと盛り付けられたサラダ。
きゅうり、人参、コーン、ハム、ブロッコリーにカリフラワー、千切りのキャベツと大根、そして缶詰のパインが一片。
梅じそドレッシングでさっぱりといただけます。
3
アメリカンは、ほんとうに薄かった。
お湯で薄めているんじゃ?と疑りたくなる…夜だし、あまり濃いコーヒーは飲みたくないんだけどね。
4
伝票の裏面に印刷されたイラスト。
このギリシャ風の建物は何の意味があるんでしょうね?
ちなみに中央にはこんな文句が書かれています。

 草原を渡る風のように
 青空をゆく雲のように
 海に砕ける波頭のように

 私たちの希望はいつも
 次を教えるために

    カフェ アリヤ

02

フレンチトーストは噂にたがわぬ美味しさでした。
こんどは新宿に出たついでのランチに行くのがいいなあ。

|
|

代々木 サンクスの298チャーハンとシュークリーム

今日のお昼は、サークルKサンクスで買った298チャーハンL
その名のとおり298円なり。
このあいだから店頭で見て、どんな味だか気になっていました。
…と、とろけるダブルシュークリーム105円。
Img_1166
チャーハンの具はたまご、人参、チャーシューとシンプルなもの。
会社の電子レンジでチンしていただきます。
それなりの味だろうと思ったら、これがけっこう美味しいんだわ。
ごはんはちゃんとパラパラだし、あっさりした味つけでいい感じ。
値段もコンビニにしてはリーズナブルで、これならまた食べたい。
Photo
シュークリームはカスタードクリームとホイップクリーム入り。
ホイップクリーム好きです。
Photo_2
ようやく、ものを味わって食べられるようになりました。
明日もう一日働けばまた週末です。
さあ、もうひと頑張り!

|
|

代々木 増田屋のたぬきそば

相変わらず、ずっと体調が良くないです。
今日はお昼休み、銀行に行ったついでにお蕎麦ならちょっと食べたい気分だったので増田屋の暖簾をくぐる。
女性サービスデーの水曜日じゃないせいか(今日は火曜)、店内はわりあい空いていました。
ワタシはいつものたぬきそば600円を。
1
揚げ玉が食べたかったわけなんですが…
3
なんか…おそばを食べていて、伸びた輪ゴムを噛んでるような気がしました。
まだ舌の感覚が完全には戻っていません。
体調が悪いと言っても、ワタシの場合よっぽどのことでもない限りチャントお腹は空くんですけどね。
ああ早く、美味しいものを「美味しい」と感じて食べたいです。

|
|

北千住 ラケルのKUKUラケル風オムライスといちごサンデー

今日も体調が良くない、寒い日曜日。
けど、どうせ買い物(お使い)があるので、やっぱり無理して出かけます。
遠出する気はしないので、北千住マルイ9階のレストラン街へ。
オムレツ料理のラケルに入りました。
英国湖水地方の建物を模したという、重厚な感じの店内。
照明もちょっと落としてあって、隠れ家のような雰囲気があります。
ウェイトレスさんの赤いチェックのエプロンも可愛いですね。

席に通されるとお水の瓶がどーんと運ばれます。
0_2
えーと、ここのメニューはとても多彩で一見したくらいじゃ迷ってしまいます。
スープセットに選べるデザート付きで1,134円というのがお得そう。
これだと、メインは三種類のオムライスのうちから一つを選び、それにスープと選べるドリンクとデザート付きです。

まずはラケル濃厚コラーゲンコーンスープ
お皿や調味料入れは、『不思議の国のアリス』のデザインで統一されています。
お味のほうは、“濃厚”というほど濃くもないような気が…まあ、ふつう。
1_2
ワタシの選んだメインディッシュはKUKUラケル風オムライス
ドライカレーのオムライス、ラケデミソース、ラケルパン、サラダ、じゃがいも、クレソン。
2_2
ど~んとでっかいクレソンが目を引きます。
これ、いったいどうやって食べたらよいの?と戸惑う…。
3_2
「ラケルパンは熱いうちにどうぞ」と口上がつきます。
4
“ラケデミソース”はトマトソースとデミグラスソースを合わせたような感じ。
5
タマゴに包まれているのは、コーンや人参の入ったドライカレー。
お肉が入っていないのでワタシ好み。
8
ラケルパンはあらかじめ切れ目を入れてバターが塗ってあります。
温めてあってフカフカです。
7
ほくほくのゆでじゃがいも。
こういうのは皮つきのまま食べちゃってもいいのかもしれませんが、いちおう外だからナイフとフォークで皮をむきながら食べます。
じゃがいもにはお塩が欲しいところ。
…と思っていると、よく見たら卓上に用意されていました。
サラダはレタス、千切りキャベツ、紫キャベツなどのサウザンアイランドドレッシングがけ。
サラダも量がたっぷりしています。
クレソンは、固そうな下のほうはフォークで切って上の部分だけ食べました。
6
ナプキンに描かれたイラスト。
この奥さんは、新聞?メニュー?を読みながらツマ楊枝を使っているんでしょうか?

9
セットドリンクのダブルキャラメルカフェクレームと、“季節のデザート”いちごサンデー
ウェイターのお兄さんは、ワタシがまだメインのお皿を食べている途中だというのに持ってきた。
仕方ないから急いでお皿を平らげる。
こういうところは、気が利かないなあもう(怒)。
10
セットで付くのは、少し小さめのサンデーです。
いちごと生クリーム、バニラアイスにいちごソース。
グラスの底のほうには、お米を膨らませた“ドン”のようなフレーク。
ダブルキャラメルカフェクレームは、キャラメルの風味が強いのかなと思ったらそうでもなくて、まろやかな甘さのあるコーヒーでした。
11
これだけ食べるとかなりお腹いっぱい。
ふだんならとても美味しいはずなのだけど…体調のせいで、ちょっとまだ舌の感覚がいまいち…。
気分の悪いところにタラフク詰め込んだので、胸焼けして苦しかった。
(実は、出かける前にカール一袋食べちゃったし)
でもお店の感じは良いし、メニューは豊富でほかに食べてみたいものもあるので、次はもっとコンディションを整えてまたぜひ行きたいと思います。

|
|

松戸 ダッキーダックのずわい蟹と蕪のトマトソースパスタ

待ちに待った、楽しい土曜日。
(久しぶりに週5日働いたので疲れたよ)
…あいにく訳あって体調がイマイチで、遠出する気が起こりません。
ただ、松戸に買い物に出る用事があったので、気分の悪いのを押して出かけました。

てっとり早くボックスヒル7階のダッキーダックへ入る。
ランチのAセットで、いつものずわい蟹と蕪のトマトソースパスタ1,380円。
0
体調のせいで、なんか舌の食感も今ひとつなんだけど…。
でも冬の味覚・ずわい蟹のパスタをもぐもぐ食べながら、北近畿へ行きたいなあと思う。
1
で、食後のドリンクとデザートはコチラ。
ホットカフェオレ苺のブリュレ
2
これまでに食べたヤツは生の苺がのってるだけだったけど、今日のはフローズン?の苺を細かく刻んだのがいっぱい散りばめられてありました。
これは味が濃厚でなかなか美味しかったです。
3
もういっぺんくらい、シーズン中に食べておきたいな、このパスタ(懲りずにまた…)。

この季節になるとたまらなく北近畿に行きたくなります。
寒々とした日本海の波のうねり、北近畿タンゴ鉄道の車窓から眺める長閑な景色、城崎温泉の柳並木…懐かしいなあ。
そして温泉に入って、旅館で食べたカニ料理…。
別に、カニだったらコッチでもこうして食べられるんですけどね。

それにしても…我ながらつくづく以前はのん気なものでした。
今だって同じようなものですが。

|
|

松戸 新宿らーめん亭の正油ラーメンと餃子

家族は今日、ぶじ退院しました。
ワタシは外食して帰ります。
松戸まで戻ったところで、てっとり早く新宿らーめん亭へ。
そういえば最近ラーメンを食べていなかったから。

正油ラーメン530円と餃子(3コ)210円を注文。
1
大きなチャーシュー(ワタシは食べませんが)、メンマ、若布の入ったシンプルな醤油ラーメン。
胡椒をたっぷりふりかけていただきます。
2
ワタシはふだん肉も魚も食べませんが、ギョウザは大好き。
あの醤油ダレで、何となく食べちゃいます。
ただし野菜系の“焼き”に限りますが。
やっぱり、あまり肉肉しいのはね…。
3
以前、会社の上司に「うまい餃子がある」とお昼に連れて行かれてご馳走になったことがありますが、それが餃子の皮に肉ダンゴを包んだようなヤツで…困っちゃいましたよワタシ。

|
|

松戸 某病院内軽食喫茶のカレーセット

早朝、家族がまた救急車で病院にかつぎ込まれるという事態に。
直ちに処置はしてもらい、入院ということになったのですが、あいにくその時点では満床で、しばらく緊急処置室に隣接した観察室という部屋で点滴を受けながらベッド待ち。
その間、付き添いが必要ということで会社は休みを取りました。

お昼は院内の軽食喫茶で、簡単にカレーセット500円を。
1
スタンドっぽいカレー。
こういうのって、業務用のレトルトなんだろうな。
まあ、温かいというのがご馳走ではあります。
2
千切りキャベツとプチトマト。
長いこと冷蔵庫に入っていたらしく、口当たりがひんやりと冷たかった。
3
どうせなら、もっと別の場所で外食したいのですが。
軽食喫茶とはいっても、職員食堂に付け足したようなスペースで何だかなあという感じ。
こういうところで何かを求めるというのも無意味ではあるが…。

夕方になって家族の容態も落ち着き、入院することができました。
一日がかりの付き添いになっちゃったですよ。
幸い、今度は処方された薬が効き過ぎたための症状という診断で、短期間の入院で済みそうです。
ヤレヤレです。

|
|

日比谷 紅鹿舎のいちごパフェ

お雑煮のあとは、「おかめ」の蔵王あんみつと「紅鹿舎」のパフェとどちらか迷うところ。
和食の口直しは洋モノにしようと思い、やっぱりパフェを食べることに。

というわけで今週もまた紅鹿舎へ参ります。
いつもチョコレートパフェというのもさすがにナンなので、たまには違うものにしようか。
または、お雑煮を食べた後なのにお腹がちょーっと軽い…ような気がしたので(おいおい)、久しぶりにベイクドパイでもいいんだけど~。
考えましたが、今日は意表をついて季節限定いちごパフェ900円を。
チョコパが800円なのに対して、100円高いんですね。

で、いちごパフェ登場。
1_3
いちご4個をデコレーションし、いちごソースがたっぷり。
いちごをふんだんに使ったパフェ。
2_2
チョコパとはまたひと味違って、とても華々しいパフェでした。

で、ワタシですがこれだけ外で食べたのに、帰宅してからまたお土産のたい焼きを食べてしまった。
さいきんずっと、体重計に乗っていませんの~。
ああ恐ろしや~。

|
|

新橋 かおりひめの愛媛雑煮

寒い土曜日。
今日15日まで、新橋の「香川・愛媛 せとうち旬菜館」で新春特別メニューのお雑煮を出しているのでもういっぺん行って来ました。
実はウチの朝食もお雑煮だったんですけど。

11時の開店を待って2階の食事処かおりひめに入ります。
今日はもちろん、愛媛雑煮900円をオーダー。

窓側席に座ったのでちょっと光線が眩しかった…。
0
“『今年一年、かどを立てずよろず丸く治まりますように』と丸餅入りです。
削り節と昆布でだしを取り、旬の野菜を入れた澄まし汁仕立てです。”
…というところの愛媛雑煮が、こちら。
1_2
昆布のまろやかな風味がぷうんと引き立つおすまし。
ちょっと独特の食感だな。
人参・大根・三つ葉と手まり麩は香川雑煮と同じ、それに白菜が散らしてあります。
2
ばら寿司は香川雑煮に付いたのと同じ。
3_2
丸餅はやっぱり焼いてないのが二切れ。
ワタシお雑煮のお餅を、こうやってびろーんと長くのばして食べるのが好き!なんです。
4_2
香川と愛媛、どちらも甲乙つけがたい味対決、でした。
またこういう機会があれば、(たまになら)食べたいです。

それにしても「香川・愛媛 せとうち旬菜館」のHP上のお知らせでは、お雑煮のお値段が850円となっていて(実際は900円)、会期終了まで訂正されることはありませんでした。
諸物価高騰のおり多少の価格改定はあるかと思われますが、HPの管理はしっかりやってほしいものです。

|
|

代々木 サークルKサンクスの蟹のトマトクリームパスタと天使のクリーミー苺シュー

今日のお昼ごはんは、サークルKサンクスで買った蟹のトマトクリームパスタ450円。
レンジでチンして、デスクでいただきまーす。
1_4
ずわい蟹を散らしたトマトクリームのパスタ。
緑の彩りにブロッコリーがあしらってあります。
まあ、コンビニのパスタに多くは望むまい…。
Photo
食事のあとは、口直しに天使のクリーミー苺シュー150円を。
ほんのりピンク色のクリームがつまっています。
Photo_2
ほんとうは、コンビニで600円も使うなら、もうちょっと高くても外ランチしたいところ。
社内でさっと食べられるのは、いいんですけど。

|
|

新宿 モンスナックの野菜カレー

今日は買い物で新宿に出たついでにお昼を食べて行きます。
紀伊国屋ビルB1の食堂街にあるモンスナック
(当初は、「ジンジン」に行くつもりだったけど気が変わった)
インド風サラサラカレーのお店、です。
ココはむかし『Hanako』のカレー特集号に乗ったのを見て以来の入店。
店の前は、よく通ったりするんですけど、今日は久しぶりに入ってみました。
細長い店内はとても狭い。
コの字型のカウンターは十数席だったか、人が座っていたらその後ろを少し苦労してすり抜けていくしかない。
カウンターの内側も一人が通るのがやっと。
そしてそのカウンターに立つのはいかにも貫禄がありそうなおかみ、いやマダム。

カウンターに置かれた毒々しいまでに色鮮やかな福神漬けときゅうり漬のお鉢。
1
ワタシは野菜カレー800円を注文しました。
3
平べったいお皿の左側に、メロン型で型抜きされたライス。
そそ~っと、タプタプに注がれたカレー。
メインの野菜はじゃがいも、人参、ブロッコリー、カリフラワー、茄子、南瓜、しめじ、グリーンピース店と、色とりどりでなかなか豪華版です。
カレーのベースはポークカレーのそれらしく、お肉のこま切れがちょっと残っているのがご愛嬌。
4
福神漬けときゅうり漬けをよそって、いただきます。
ほんとうにサラサラのカレー。
北海道のスープカレーって食べたことないけど、こんな感じなのだろうか。
カレーはほどよく辛くて、野菜といっしょに食べると舌がマイルドに中和されます。
これはクセになりそう!?
5
お会計のとき、マダムから玉子サービス券を貰いましたよん。
ポイントを10回ためれば、一食サービスになるという特典もあり、なかなかサービス精神旺盛なお店みたい。
ワタシはふだん外に出る機会はあまりないのですが、こうしてタマに用事を作って新宿で外ランチするのも楽しいものです。

|
|

羽田 よーじやカフェのドライトマトとブラックオリーブのゆず風味パスタとわらびもちパフェ

成人の日でお休みの月曜日。
以前は1月の三連休といえば、いつも丹後とか城崎へカニを食べに行っていたんだけどなあ…。
まあ、旅行に出るといえばどうしても事前の予約やら準備やらで気ぜわしいものです。
遠出しないのは、それはそれで気楽だしサイフも痛まないのですが。
その代わりといってはナンですが、この三日間は諸国味めぐり。

つきましては、羽田空港(第一ターミナル)へやって来ました。
羽田空港といえば、今やいちばん話題の観光地。
ワタシなんかが暫くご無沙汰している間に国際線が乗り入れて、モノレールには新しい駅ができているし、空港ターミナルには何だか美味しそうなお店が入っているというじゃないですか。

お目当ては、よーじやカフェ羽田空港第一ターミナル店
あのあぶらとり紙で有名な京都の老舗が出店するカフェ。
(ちなみにワタシ自身はカサカサの乾燥肌のため、あぶらとり紙とは無縁)
初日が香川雑煮、昨日が静岡の麦とろと来て、本日は京都!というわけです。
0
よーじやといえばこの顔。
Img_1042
上の写真で言うと右側が化粧品やオリジナルのお菓子などを置いた販売スペース、左側がカフェです。
カフェは思ったよりも小ぢんまりとしたスペースでしたが、すんなりと入店できました。
ランチョンマットにも、よーじやのロゴマークがずらりと並んでます。
03
席に着くとオリジナルの“おしぼりこっとん”が出されます。
1
パスタがお目当てなのですが、11時からになるということなので、5分ほど待ち時間がありました。
メニューを見ながら〈丹波産黒豆のゆず風味パスタ醤油クリーム仕立て〉とどっちにしようか迷ったのですが、けっきょく〈ドライトマトとブラックオリーブのゆず風味パスタ〉にしました。
パスタはどちらも950円ですがこれにドリンク付きのお得なセットだと1,150円。
例の、キャラクターの顔が浮き出たカプチーノは残念ながら対象外。
まあカオだけの問題ならいいやと思い、ふつうのホットコーヒーにしました。
やっぱりワタシって、肝心なところで貧乏性…。

そう待たずにパスタが登場。
ドライトマトとブラックオリーブのゆず風味パスタです。
大きなお皿に、ちんまりと盛られています。
2
ミネラルたっぷりのドライトマトとブラックオリーブ、ゆずが奏でるさわやかなハーモニー。
ほどよい酸味が食欲をそそるひと皿です。

3
ドライトマトが甘くてみずみずしくて、美味し~い!
ほんのり香るゆずの風味がまったりとして、ブラックオリーブといんげん豆の相性も良いです。
4
しかしこのパスタのどこか京都かと言われると、「?」
まー、確か京都のどこかがゆずの産地で、ゆず風呂と鳥の水炊きなんかを名物にしている土地があったなあ、と朧げな記憶しかないのだが。
美味しかったから、別にいいの。

コーヒー(有機栽培豆使用)と食後に頼んだわらびもちパフェ800円。
5
コーヒーは…有機栽培豆使用といっても、ワタシ的には別にふつうだなァ。
6
わらびもちパフェ。
練乳あずき味のアイスにわらびもちをトッピングした贅沢なパフェ。
当店人気No.1。

生クリームとつぶあんと大きくカットしたプリプリのわらびもち、八ツ橋。
カップの中にはあずきアイスのほか、きなこアイスも入ってました。
これに添えられた黒蜜をとろ~りとかけていただくのですよ。

このきなこアイスが抜群に美味しい!
それからてっぺんにトッピングされているちょっと固めの生クリーム、これもウマー!でした。
7
ただ八ツ橋がね…ワタシ今、歯の具合が悪くてものを噛むのに一苦労なんですよぉ。
そこへ来て、このパリパリの八ツ橋を噛み砕くのは辛い。
せっかく美味しいものを食べに来ているのに、歯の調子がもう少し良ければなあ~。

なお、この店では注文の品が揃うとテーブルに伝票が持ってこられて、そこで会計するシステムです。
人の出入りが激しいからかもしれないけど、別に食事を終えてから席を立つときでもいいのにと思う。

この次は丹波産黒豆のパスタを、ぜひ。
そして、単品価格でもやっぱり例の〈よーじやカプチーノ〉を飲んでみたいです。
一杯、600円もするけど。
「よーじや」は第二ターミナルにも店舗があり、そちらはカフェはないけど日本発のラテアートができる自販機が設置されているとか。
カフェラテ飲みたいけど、今日は連絡通路をエンエン歩いてまで移動する気はしなかったのでまだこの次にしました。

この店はモノレール乗り場のすぐ前に位置していて、改札のところでは「お得な割引きっぷを自動券売機で販売してまーす!」という呼び込みの声をずっと聞かされてました。
羽田空港国際線ビル駅・羽田空港第1ビル駅・羽田空港第2ビルの各駅から山手線の各駅までどこで降りても500円という「モノレール&山手線内割引きっぷ」。
週末や特定日限定のお得なきっぷとあれば、使わなきゃソンですね。
空港に行くときも使えれば、さらに嬉しいのだけど。

それにしてもー、食べ歩きは楽しいものですが、人間、生きていくうえで重要なのは何といっても「歯」ですわ。
ああ、早いうちに歯医者に行ってこなくちゃ~。

|
|

中野 デイリーチコのソフトクリーム

中野ブロードウェイでデザートといえば、やっぱりデイリーチコソフトクリームでしょう。
B1Fの雑然とした食料品売場の中ほどにあるスタンドの店。
ソフトクリーム売場の隣は、同経営のうどん屋さんです。

カウンターにずらりと並んだ8種類のソフトクリームのサンプルが壮観。
ソフトは季節によって異なるようですが、この日並んでいたのは次の8種類。
①バニラ②チョコレート③ストロベリー④モカ⑤ゆず⑥キャラメル⑦抹茶⑧カルピス。
中サイズをコーンで頼むと280円(安っ!)。
中サイズの場合、ソフトクリームは4種類まで選べるというのでワタシは①~④を。
注文の際は、番号を伝えるのがココのルールです。
ソフトを巻く順番は、種類によって柔らかさが違うためおまかせになります。
手渡されたのは、下からチョコレート・バニラ・モカ、てっぺんにストロベリー。
中サイズといっても、よそのソフトクリームよりもずっと大きいです。
たら~んとしたストロベリーソフトが垂れ落ちる前に、手早くその雄姿を激写。
Photo_2
ソフトじたいの味は、まあふつうなのですが、こうして自分好みの組み合わせができるのは楽しい。
噂の特大サイズは、ワタシはまだ食べたことがありませんが…。
いっぺん挑戦してみたい気もしたりして。

|
|

中野 丸子亭のとろろ汁〈丸子〉

三連休の中日。
今日は夕方から中野ブロードウェイに出かけました。
ちょっと欲しい本があり、某古書店を覗きたかったし(いい年をしてしょうがないですね~)。
いやはや、久しぶりに入った中野ブロードウェイのコアさは、あらためて凄かった…。

で、もう一つの目的は、もちろん食べ歩き。
中野ブロードウェイに〈とろろ汁〉を出すお店があることは、以前TV(たぶん『ぶらり途中下車の旅』)で見て知っていました。
中野ブロードウェイ2階にある、丸子亭
静岡名物・自然薯のとろろ汁を看板にしているお店です。
今日はここで静岡の郷土料理をいただいてみたいと思います。
Photo
箸袋には、ちゃんとすり鉢とすりこぎが描かれています。
カウンターに座ると、ご主人が長~いすりこぎでとろろをカツカツ、コンコンとリズミカルにすりおろしている様子が間近に眺められて、お膳が出てくるまでの期待感が否が応にも高まります。
1_2
ワタシはいちばん基本的な〈丸子〉1,250円にしました。
とろろ汁・麦入りごはん・ひじき煮物・けんちん汁・香物。
これに桜えびやまぐろなど、静岡らしい味をプラスしたもっと高いお品書きもあります。
滋味あふれるお膳。
0_2
ひじき煮物。
人参、こんにゃく入りで汁気もたっぷりが嬉しい、素朴な味です。
2
香物は沢庵と細かく刻んだ野菜漬。
ただワタシ、いま歯の具合が悪くて…沢庵が噛めない~!!
近くの席の人がパリポリパリと、小気味よい音をたてて沢庵を食べているのを聞くと、ほんとうに羨ましかった…。
けっきょく、しゃぶるようにして食べましたけど。
3
メインのとろろ汁。
けっこう白味噌でのばしているようで、サラサラです。
4
「熱いですから気をつけて」と出されるお椀は、けんちん汁。
大根・かぶ・人参・里芋・こんにゃく・ゴボウなどの根菜たっぷり、それに椎茸とお肉も。
青みに万能葱の刻んだのが乗って彩りを添えています。
寒い夜に熱々のお汁は、身体がぽかぽかと暖まっていいです。
5
お膳に添えられる小さめのお櫃。
6
お櫃の中には、麦飯たっぷり。
7
ご飯茶碗に麦飯を軽めによそって、とろろ汁をかけて、薬味の万能葱をぱらり。
8
自然薯といってもかなり白味噌が入っているので、お餅かと思うまでに固いような弾力性は皆無ですが、これはこれで食べやすいです。
麦飯にかけてサラサラとなんぼでも入ります。
お茶碗に三杯分のごはん、美味しく食べ切りましたよん。
身体によいヘルシーなお膳を堪能いたしました。

その後、3階の古書店で探していた本を無事ゲットしてニコニコ。
中野ブロードウェイ、なかなか深い商店街です。

|
|

日比谷 紅鹿舎のチョコレートパフェ

お雑煮のあと、珈琲館紅鹿舎へ。
チョコレートパフェ800円でお口直し。
0
今年のチョコパの食べ始め。
1
タマには違うパフェにしたらいいのに、いつもこれ。

好きなんですよ、チョコパフェが!!
自分のお金でチョコパフェが食べられるのは、ワタシにとってこよなく幸せなことです。

|
|

新橋 かおりひめの香川雑煮

アンテナショップ「香川・愛媛 せとうち旬菜館」では、期間限定で香川・愛媛のお雑煮を食べられるというので、今日は新橋へやって来ました。
場所は2階の郷土・せとうち料理かおりひめ
澄まし汁仕立ての愛媛雑煮もいいですが、これまで噂に聞いただけで実際に食したことのない〈あんもち雑煮〉がやっぱり気になる。
というわけで、本日は香川の雑煮900円をいってみましょう。

“甘い白味噌の汁に、あん餅が入った雑煮です。
大根・人参など野菜と一緒に食べてみると味噌との相性がよく、おいしいお雑煮です。”

2
お雑煮は思ったより大ぶりのお椀で登場したので、ちょっとたじろぎました。
別皿で供されるばら寿司は、末広型の物相ごはん。
これもけっこうボリュームあり。
なお添えられた割り箸は香川県産ヒノキ材を利用したものだそうです。
1
こちらの香川雑煮は、お正月らしく人参と大根で紅白を表しておめでたい感じ。
それに刻み三つ葉を散らし、手まり麩も入ってます。
3
ばら寿司は海老・あなご・とびっこ・錦糸玉子に三つ葉。
ガリが添えてあります。
Photo
香川雑煮のお餅は、焼いてない小ぶりの丸餅が二つ。
確かにアン入りだわ…sweat02
5
香川のお雑煮は独特の風味のある甘い白味噌仕立てで、そのせいかあん入り餅をいっしょに食べても、そう思ったほど違和感はありませんでした。
でもね、ワタシは醤油味の雑煮を食べてウン十年という関東者なので、やっぱりすぐにこの白味噌雑煮には馴染めません。
話のタネには十分ですが。
ただ昔、お正月に京都は妙心寺の宿坊に泊ったことがあり(若い頃はそんな貧乏旅行ばかりやっていました)、元日の朝食のお膳に出されたのが白味噌雑煮だったのです。
この一杯のお雑煮を食べながら京都で迎えたお正月を懐かしく思い出しました。

おモチが二つ入りのお雑煮とばら寿司を食べて、すっかり腹が膨れましたよん。
この新春特別メニューは1月15日まで出しているそうなので、それまでに今度は愛媛の雑煮を食べに来たいと狙っています。
(あわよくば今日、お代わりして両方制覇しようと目論んでいたのですがさすがにとても無理だった…)

|
|

代々木 山水楼の蟹チャーハン

そうだ、蟹チャーハン食べよう。
このところずっと、食べたくてしようがなかった蟹チャーハン。
代々木駅前の中華風レストラン山水楼へ、ランチタイムに食べに行く。

ココの客層はおじさま度高し。
ホールの女性三名(1階に二人、2階にも一人いるみたい)は、お客に対しては日本語で話すものの、当人たち同士では中国語?で話しています。
そしてキッチンには大将と、若い衆が二人。
どういう役割分担なのか分かりませんが、厨房でもやっぱり日本語と中国語が交互に飛び交っているようでした。

だいぶ待たされて、やっとワタシの蟹チャーハン850円が登場。
1
ああ、このふんわりとしたカニ身たっぷりのチャーハン…。
これが食べたかった…。
赤いカニ、黄色い玉子、そして緑色のグリーンピースと、彩りも良いチャーハンです。
ボリュームもすごいです。
2
チャーハンに添えられるスープは、刻み葱が浮いてます。
3
いつも平日のお昼は簡単に済ませているので(そうか?)、久しぶりにガツンとした食事をしたという気になりました。
これであと半日、頑張って乗り切ろう。

|
|

代々木 増田屋のカレーライス

今日は2011年の仕事始め。
会社のパソコンたら、1週間ぶりに電源を入れると何だか1時間以上も動作が遅くてイライラ(まだXPなのである)。
そんなこともあり、午前中は作業がなかなか捗りませんでした。
ああ~もう、いっぱい仕事あるのに…!

気ばかりあせっても仕方ないので、景気づけにお昼は増田屋へ食べに行きました。
デスクでお昼にすると、けっきょく食べ終わったらすぐ仕事やっちゃうしね…。

カレーライス750円(水曜日なので女性は100円引きになります)。
Photo
今日のは、けっこうお肉の量が多く入ってました。
店内は混んでいて、注文の品が出てくるまでだいぶん待たされましたが、お会計のとき「これどうぞ。お荷物になりますが」と、ちょっとしたプレゼントを貰っちゃいました。
豪儀ですね~。
仕事は進まないけど、とっても嬉しい仕事始めのお昼どきでありました。

|
|

日比谷公園の寒梅

このところ、日本海沿岸では連日大雪という報道が聞かれます。
関東では年末年始にかけてずっと晴天続き。
朝晩はもちろん冷え込みがきついのですが、それでも日中はわりあい暖かな陽射しです。
日比谷公園で、1本だけ花を咲かせている梅木を見つけました。
Photo_2
寒さに耐えて、頑張って花を咲かせている姿は健気です。

|
|

霞が関 ダーリントンホール高裁店のホーレン草とベーコンのスパゲティ(ランチ)+ホットケーキ

今日から仕事始めという人も多いなか、有難いことにワタシのところは今日まで休みです。
官庁は今日から仕事始めだから、東京高裁のある合同庁舎に出かけました。
新年の食べ歩きは、ダーリントンホール高裁店で幕開けです。
本日の〈手作りランチ〉はこんなメニュー。
 ・A…ホーレン草とベーコンのスパゲティ(塩味)・ポテトサンド
 ・B…豚しゃぶ・カニクリームコロッケ・ピラフ
 ・ドリア…ナスとキノコ
家ではお餅とかおせち料理が続き、オイル系のパスタが食べたいなと思っていたところなので、Aランチ650円にしました。

ランチスープは、若布と玉ねぎ入り醤油味のコンソメ。

こちら、ホーレン草とベーコンのスパゲティ(塩味)・ポテトサンドのランチプレート。

サンドイッチとセットになった〈Aランチ〉の場合、スパゲティは単品の〈パスタランチ〉よりも量は少な目です。

ほうれん草とベーコン、それにマッシュルームも入ったあっさり塩味のパスタ。

かぼちゃパンとほうれん草パンの二色サンド。
パンにサンドしてあるのはどちらもポテトサラダです。

レタス、紫キャベツ、人参、スイートコーンなどの野菜サラダ。

レタスを敷いてパンに挟んだポテトサラダはしっとりした感じ。
どちらかといえば、スパゲティよりもこのポテトサンドのほうが美味しかったかも?
とても残念だったのは、「今日はケーキ屋さんが休みで…」ということで、ケーキのショーケースが空っぽだったこと。
ホットケーキ500円は注文可でした。
ワッフルは前に食べたことあるけれど、ホットケーキはまだ注文したことがありません。
今日は、冷凍のホットケーキの味をみてやろうじゃないか。
セットドリンク50円は、ホットコーヒーにしました。

薄めのホットケーキ2枚。
果物(オレンジ・キウイ・チェリー)と、ちょっと固めに搾り出された生クリームが添えられています。
それと、シロップとバター。

ホットケーキは、まあ万惣や丸福珈琲店のそれとは比べるべくもありませんが、塩気のあるバターとの相性はわりあい良いです。

ほどほどに食べられるお味でした。

|
|

西新井大師に初詣

今年も家族に代わって西新井大師へお詣りします。
新年を迎えたお大師さまの境内はさすがに大賑わい。
Photo
本堂外陣の正面に掲げられた特大のお飾り。
よく見ると下の方にちゃんとうさぎがいました。
2
10時30分のお護摩を待ってお札をいただいてきました。
去年は家のなかにいろいろありましたので、今年は少し張り込んで1万円のお護摩札を申し込みました。
お護摩が終わったあとお札を受け取りに行く。
いつものお札だと、本堂地下の会場に五十音別に区分けされた棚の上に出来上がったお札が置かれるのですが、1万円以上の場合は受付に申し出るシステム。
その際、お札といっしょに手拭い、紅白の落雁、肌身守りをいただきました。
高いクラスになるとお土産が付くんですね。
3_2
今年はこれで、家族みんな息災に過ごせますように。
4

|
|

雪兎土鈴

卯年です。
というわけで、うさぎの土鈴を。

中学か高校の修学旅行のとき、京都で買った嵯峨野土鈴。
箱書きには“雪兎”とあります。
鶏卵の半分くらいの大きさで、とてもかわゆい鈴です。
Photo
ワタシの土鈴コレクションのなかでも、大切なものの一つです。

|
|

初詣

大晦日の夜11時半過ぎ、近所の神社へ初詣に出かけます。
例年は家族と一緒でしたが、今年は病後なのでワタシ一人。
まずは境内の焚き火で旧年の注連飾りとお札をお焚き上げしていただく。
一年間、ありがとうございました…との感謝をこめて。
0
平成23年、新しい年を迎えました。
家族のぶんも、よくお詣りしていきます。
1_2
お詣りの後はこれがお楽しみ。
あったかい甘酒と蜜柑の接待をいただきます。
2 
以前は、初詣の夜は御神輿も繰り出したりしたものですが、今は担ぎ手がいないということでそれはなし。
でも、このポスターにつられてか、お詣りしにくる人の行列はけっこう長く続いてます。
3

|
|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »