« 秋葉原 丸福珈琲店のホットケーキDX | トップページ | 松戸 杵屋の蟹天丼定食 »

2010年12月22日 (水)

上野 洋食や 三代目 たいめいけんのオムライス&タラバガニクリームコロッケセット

慌しい12月、明日は週半ばに祝日があるのはほっとして、有難いです。
休前日の会社帰り、上野にオープンした洋食や 三代目 たいめいけんにさっそく行きました。

日曜日にランチ&ティータイム(10:00~17:00)のメニューは見ましたが、ディナータイム(17:00~23:00)は内容が分かりません。
昼間と値段が変わるのかなと思ったけど、オム、カレー、ハヤシ、ハンバーグなど、定番の洋食系は変わらないみたい。
ただ夜はお酒を飲む人のため、メニューにオードブルが載っています。
それと“ランチビール”はさすがに無いというふうに、若干の相違があります。

お客の入りは6~7割くらい。
勤め人が会社を退ける時間ですが、すんなりと通されました。

やっぱり名物のボルシチ50円を注文しました。
でもなんか、このあいだ本店で食べたのより、ずっと具が少ないなァ…。
見た目に表面が寂しい…。
1
スプーンで探ると、もちろん底のほうにはたっぷり根菜類やキャベツが潜ってはいるんですが。
ちょっと酸っぱみのあるトマト味のスープ、先に食べちゃってメインを待ちます。
2
ようやく料理が出てきました。
頼んだのは、欲張ってオムライス&タラバガニクリームコロッケのセット1,470円です。
あと、食事どきにはドリンクが欲しいのでオレンジジュース300円。
3
4
たいめいけんのオムライス、久しぶりです。
オムライスはトマトソースとドミグラスソースから選ぶことができ、これはトマトソース。
やや、甘ったるいです。
薄いクレープのように焼かれたタマゴの中にはケチャップ味のチキンライスが包まれています。
チキンライスはトリ肉が少し入っているくらいのものでした。
以前、食べたのはお肉が多くて閉口したような記憶がありますが、何しろずいぶん昔のことなのでワタシの勘違いかもしれません。
6
カリッと揚がったズワイガニのクリームコロッケ。
けっこう大きめのが2コ。
5
コロッケの中身はフワフワ。
カニの風味がたっぷりです。
本店のランチで食べたのとは、やはり違うような気がします。
添えられたタルタルソースをちょっと付けて、いただきます。
7
いっしょに盛り付けられているサラダはレタス、紫玉ねぎ、水菜、人参など。
かなり酸っぱいフレンチドレッシングがかけられているのですが、生の紫玉ねぎのあのツンとくる匂いが強烈で、しばらくは舌の上に味が残ったほどでした。
(ワタシ玉ねぎは別に嫌いじゃないんですが…よっぽど新鮮なのかしらん?)

これだけ食べるともうお腹はパンパンです。
でも、甘いものは別腹なのでお口直しがしたいところだけど、ココにはデザートは無いので残念!

えーと、ここまでは料理のことについて書いてきましたが…
お店のサービス面では甚だ疑問が残りました。
入口には黒いベストの店長らしき男性が立っていて、あとは比較的若い男女のスタッフが数人。
席に着いてまずお冷やは持ってこないわ、オーダーは取りに来ないわ、飲み物のオーダーはちゃんと通っていなくて、何人ものスタッフに同じことを聞きに来られるわ…いちいち書くとキリがないくらい。
とにかく、何か一つのことを頼んでも最初の人はカウンターの方に行ったきり戻ってこないので、仕方なく別の人をつかまえてまた同じことを頼まなきゃいけないのである。
混んでいるとはいえ満席というわけでもないのに、さして広くもない店内で、なんでこんなに要領を得ないのだろうか!?
開店したばかりだからスタッフの動きがまだ今ひとつ場馴れしていないという感が否めません。
ワタシも、プリプリしながらものを食べるのは嫌だから、何とか堪えましたが。

それでも通勤圏のいつもの乗り換え駅に名だたる老舗が出店したのは、やっぱりこの先、いろいろと使えると思います。
今度は簡単にさっと食べて出られるカレーが食べたいな。
あと、ワタシはまだたいめいけんのラーメンを食べたことがないので、それも楽しみです。
願わくは、この次はもっと気持ちよく食事を摂りたいものです。

|
|

« 秋葉原 丸福珈琲店のホットケーキDX | トップページ | 松戸 杵屋の蟹天丼定食 »

台東区」カテゴリの記事