« 代々木 増田屋の日替わりランチ | トップページ | 神楽坂 紀の善のえび釜めしと田舎しるこ »

新宿 京風スパゲティ 先斗入ル(ぽんといる)の秋のきのこと帆立と銀杏の醤油バター

今日は祝日-文化の日-ですが午前中だけ休日出勤。
せっかくなので帰りみち、新宿でお昼ごはんを食べて行きます。
このところ京都を舞台にした本をいくつか読んでいまして、むしょうに京都が恋しくなりました。
でもねぇ、今のワタシは“そうだ、京都行こう”というわけにはいかないー。
せめて京都らしいモノを食べたいと思い、新宿サブナード内の京風スパゲティ先斗入ル(ぽんといる)へ。
京の「秋味。」という季節限定メニューのスパゲティを一品選び、それにお好みの京風デザートとお飲みものが付く〈先斗町セット〉に致しました。
セット価格は1,430円なり。

半月盆に和風のお皿。
お箸でいただくスパゲティです。
こちらは秋のきのこと帆立と銀杏の醤油バター
1_3
旬のしめじ、エリンギ、椎茸、舞茸をふんだんに使った醤油バタースパゲッティ。
帆立貝柱の旨味が決め手です。

たくさんのきのこが秋らしいです。
細めのパスタに、トッピングはざく切りの青ネギばさっと。
黄色い銀杏と、みじん切りの人参が味と彩りのアクセント。
白ごま、ぱらり。
そういえば「あれ?帆立はどこに?」と思って探したのだけど、見当たらない。
ワタシは帆立なら何とか(少しは)食べられるのでこのメニューにしたんだけど、“帆立貝柱の旨味”とあるのでダシが使われているだけなのかな。
かつおぶしでとったような匂いが感じられる、和風味。
2_2
京風スパゲティには京昆布の細切り が付いてきます。
白ごまを入れた昆布です。
3_2
食後の京風デザートは抹茶わらびもちロールケーキ 小倉アイス添え
それにホットコーヒーです。
5_2
ぷるぷるの抹茶わらびもちを中心に巻かれたロールケーキ。
小倉アイスはバニラの部分がダマになって残っているのがご愛嬌。
7
ホットコーヒーの器も和風でいい感じ。
これ、コーヒーカップじゃありません。
“湯呑み”です。
熱いコーヒーがひときわ旨く感じられる季節です。
6
食べ終わってみると「で…今のどこが“京風”だったのか?」と首を傾げたりもしましたが、スパゲティとしては美味しかったです。
ほかにも美味しそうなメニューがあるので、また食べに来よう。

私が次に狙っているメニュー↓
○京の「秋味」
 ・蛤と厚切りベーコンと賀茂なすのミネストローネ 1,130円

○ご推奨
 ・京都産トマトで仕上げたトマトソース 930円
 ・先斗町の賑わいペペロンチーノ 980円
 ・蛤と丹波産しめじのチャウダークリームスープ 1,080円
 ・蛤と九条ねぎのペペロンチーノ 1,080円

○トマトの赤いおソース
 ・賀茂なすと丹波産しめじと厚切りベーコンのトマトソース 980円
 ・赤伏見唐辛子のカルボナーラチリトマト 1,080円

○おだし仕立て
 ・蛤と聖護院蕪おろしのだし仕立て 980円

いずれも単品だとちょいとお高めですが、ドリンクセットや京風デザート付きの先斗町セットにすればまあ、おトク感はあります。
ちなみに京風デザートは①生八つ橋のあんみつ 濃抹茶アイス添え②栗のくずもち風ミルクプリン③抹茶わらびもちロールケーキ 小倉アイス添え④ごまのチーズケーキ 柚子シャーベット添えの四種類から選べます。(今日はワタシは③にしました)

« 代々木 増田屋の日替わりランチ | トップページ | 神楽坂 紀の善のえび釜めしと田舎しるこ »