« 代々木 増田屋のカレーライス | トップページ | 松戸 大判焼き(クリーム)で夜食 »

2010年11月26日 (金)

松戸 作農そば職人 藤助の野菜天せいろ

金曜日、ちょいと松戸でお立ち寄り。
松戸に生まれ育ってウン十年でありますが、駅前でも路地を1本裏に外れるとなかなか行かないものです。
作農そば職人 藤助はそんな裏路地にひっそりと佇む手打ちそばの店。
すっきりした感じの清潔な店内は手前にテーブルが三席、奥の方にカウンターもあるようです。
低く流れるBGMはモダンジャズ。
ガラス越しに見える隣の部屋はスチール棚などが置かれた殺風景な作業室(そば打ち場!?)。
大将はくだけた作業服姿、丁寧に接客してくれるのはイケメンのお兄さんです。

注文したのは冷たいお蕎麦のメニューから野菜天せいろ1,100円。
1
店名に“作農そば職人”と謳っているだけあり、ここの大将は栽培状況を把握するために二十坪の小さな畑を持って実際に蕎麦を栽培しているそうです。
店で供されるのは、茨城産の玄そばを石臼挽きにしたそば粉を使用したというおそば。
水切りがよいようにとせいろ二枚に分けて供されます。
二段重ねのせいろはちょっとずらして置かれています。
瑞々しいうち立てのそばはツルツルとして喉越しがとても良いです。
2
薬味はわさびと刻み葱。
どちらもおそばの風味を壊さないよう、少しずつ添えて使います。
『美味しんぼ』風にいえば、蕎麦に薬味を使うのは邪道なのかもしれないけど、ワタシは食通じゃないので、美味しく食べられれば別にいいと思う。
4
こちら、野菜天は思ったより小ぢんまりとした感じ。
旬の野菜は茄子・しめじ・薩摩芋・かぶ・蓮根・ししとう。
かぶの天ぷらが珍しいです。
コリコリした食感を楽しめます。
3
シメに出されるそば湯の入った湯桶。
すごく濃厚でトロトロしたそば湯で、最後の一滴まで美味しく頂きました。
5_2 
でもやっぱりお腹空いた…。
お昼のランチに行くか、夜だったら、飲み会があった日のシメに寄るのが正解かもしれないかも。

|
|

« 代々木 増田屋のカレーライス | トップページ | 松戸 大判焼き(クリーム)で夜食 »

松戸市」カテゴリの記事