« 銀座 萬福の焼飯 | トップページ | 谷中 カヤバ珈琲のたまごサンド »

2010年9月 4日 (土)

築地茶房のコーヒーゼリーとアイスコーヒー

萬福の前の道を、銀座方面とは反対側に進んでほどなく、高速の上に架かる亀井橋を渡ると地名は「築地」に変わります。
そこからまた少し行くと築地茶房に行き当たりました。
ここも十数年ぶりの訪問になります。
あんまり久しぶりだったので、店内の様子はよく覚えていなくて、「こんなだったっけ~?」と言うしかない。
0
ここはセルフサービスの喫茶店です。
カウンターの中には、ガタイのいい(すいません)店番のお姉さんが一人。
メニューはドリンクと、ホットドッグやトーストなどが注文できるほか、パックされた手作りのサンドイッチも並んでいます。
アイスコーヒー200円と名物のコーヒーゼリー200円→土曜日は50円引きで150円を注文。
お姉さんからトレイを受け取って、通路脇の狭いテーブルに着く。
ふと、お冷とおしぼりもカウンターに用意されているのに気がついてそれも取ります。
1_2
コップに入ったコーヒーゼリーの上に、山盛りのソフトクリーム。

この暑さで、冷房が効いた店内とはいえ、写真を撮るそばからソフトクリームが溶けてゆく。
たっぷりと盛られたソフトクリームを食べても食べても、なかなか下のコーヒーゼリーまで辿り着けません。
2_2
…なんだか、今日は、あまりにも雑然とした店内の雰囲気のせいか、久しぶりのわりに心が動かない。
むかーし来たときはコレがとっても美味しくて、そりゃあ感激したんだけどなあ~。
コーヒーゼリーも、ソフトクリームもごく普通の味に思えました。
アイスコーヒーはクラッシュアイス入りで、氷をガリガリ齧るのが好きなワタシにとってこれは嬉しかった。

気取らないのがここのウリなのかもしれませんが、ここらあたりで客商売をやる以上、もうちょっと店内が小奇麗にならんものかしら。
およそ清潔感というものが無く、例えば2階席もあるようですが、そこへ行くためには洗面所脇のドアを開けてギシギシ鳴る階段を上がらなければならなくて、ワタシなどは素手でドアノブを触るのをためらってしまう…。
考えすぎかしら?

でも、やっぱりここは人気店のようで、次から次へとお客さんが入って来ますが、たいていの人はコーヒーゼリーを注文しています。
今日は久しぶりだったのでワタシも名物のコーヒーゼリーにしましたが、築地山(クリームみつ豆)や店頭のショーケースに大皿にのせられたホールのかぼちゃプリン一切れ250円も気になるところのメニューでした。

この築地茶房から路地を隔てたすぐお隣に、懐かしのシベリアケーキやあんぱん、サンドイッチなどがずらり並ぶ「銀座木村家」を発見したのも今回の収穫だったことを記しておきます。
小さな店構えですが、ぎっしりとパンやケーキが並ぶ棚と店の人が立つカウンターの間の狭い通路を抜けた奥にはイートインスペースあり。
こちらも下町の気取らない雰囲気のお店で、今度試してみたいです♪
ただし、店構えは下町っぽくても、お値段的には銀座並みのようです、が。

|
|

« 銀座 萬福の焼飯 | トップページ | 谷中 カヤバ珈琲のたまごサンド »

中央区」カテゴリの記事