« 神保町 柏水堂のプードルとトリオシュークリーム | トップページ | 松戸宿坂川献灯まつり »

ぽん・ぽん・たぬき

“ひよこ”系の焼き菓子に目がありません。
千鳥饅頭とか、里見の月とか。
そんなワタシが昔から好きだったのが、

 ♪ ぼくはぽんぽこにんきもの 
    ぽん・ぽん・たぬき
   
  ぽんぽこたぬきの おまんじゅう~
      ぽんぽこぽんぽこ ぽこぽん! ♪

というCMを流していた、〈ぽんぽこ饅頭〉。
その名のとおり、たぬきをかたどった形をしていて、中身は白餡が入っていました。
たまに買って食べていたのですが、いつの間にか姿を消し、そういえばあのCMも聞かないなあと思っていたら、製造元がつぶれていたということを知ったのは、ずいぶん後になってからのことです。
この話には続きがあって、当時のメーカーに勤めていた人が埼玉で同じお菓子を作っているというのです。
ただし、商標の問題で〈ぽんぽこ饅頭〉の商品名は使えず、〈ぽんぽこおやじ〉という名前で出しているのだという。
細々と作っているらしいのですが、それが東京駅の売店に置いてあることを知り、いつか買いに行こうと思っていたのです。
このあいだ、お多幸に行った日に寄ってみました。

東京駅構内は東京駅一番街の地下1階にある「東京みやげセンター」。
思ったより小さなスペースですが、平日だというのにけっこうな賑わいです。
店内には『ゲゲゲの女房』のテーマ音楽が流れ、もちろんいちばん目立つ棚のところに鬼太郎グッズが置かれています。
ワタシはお目当てのぽんぽこおやじをゲット。
いちばん小さな箱入りで、8個788円也です。

パッケージはこんなふう。
昔の包装紙は、確か同じようなたぬきのかたちのイラストが入っていたけど、白地にピンクとか青とかの彩色があったっけ。
1 2_3
どんどん包みを開いてゆきます。
3
たぬきさん!
32
おたぬきさんを手の平に乗せてみました。
ころころして、かわいいのう~♡
4
ぱくっと齧ると、思っていたより黄色っぽい餡が詰まっていました。
くどすぎず、ほど良い甘みが口中に広がります。
これ、はまりそう!
またいつか、東京駅に行ったついでに買ってこようと思います。   

|
|

« 神保町 柏水堂のプードルとトリオシュークリーム | トップページ | 松戸宿坂川献灯まつり »

千代田区」カテゴリの記事