« 上野駅 京樽の錦ちらし | トップページ | 水天宮 初音の白玉クリームあんみつ »

2010年8月28日 (土)

水天宮 孔雀の舌のトマトソースパスタ(バジリコ)

その昔、代々木の駅前ビルの2階にスパゲティ屋さんがありました。
店の名は「孔雀の舌」といいました。
しかし、ランチにはちょいとお高めのお値段なのと、お昼どきはいつも行列ができるのでワタシなどはどうしても行きにくいお店でした。
それでも確か1度?はお昼を食べたことがあり、ずいぶん量がたっぷりしていたことを覚えています。
人気店だったのに、いつの間にか店が無くなって幾年…他所に移転したのは風の頼りに聞いていたのですが、このあいだ水天宮周辺の地図を見てましたら「生スパ専門店 孔雀の舌」とあるのを見つけました。
いろいろ調べてみると、これが代々木にあったかの店が移転したものと判明。
ちょうどトマトソース味のスパゲティが食べたいところだったし、これはさっそく行ってみたくなりました。

8月最後のやっぱり暑い暑い土曜日、水天宮へ向かいます。
ちょっとした路地裏に、目指す生スパ専門店 孔雀の舌を発見しました。
ああ、代々木にあったあの店がここに…ワクワクとはやる胸を押さえて入店。
00
店内はあまり広くなくて、2~6名が座れるテーブルが4卓。
キャンドルなんかが飾られた店内はやや、雑然とした感じ。
でも、どことなく昔の…あの代々木にあった店の雰囲気を思わせるものがある。
席に着くと、ちょいとコワもてのオッちゃんがドーンとこんなものをテーブルに出してくれます。
氷水のコップと、ガラス瓶いっぱいの冷水(太っ腹)!
お店は、このオッちゃんが接客、調理、会計と、すべて一人で切り盛りしています。
0
パスタメニューはトマトソース、ホワイトソース、スープスパゲティの三系統あり900円~。
ワタシはメニューのいちばん先に載っていたトマトソースのバジリコ(マッシュルーム・大葉)900円にしました。

メニューにも書いてありますが、スパゲティーは注文してからゆで上げるので少々時間がかかります。
待っているうちに出される、ガーリックトースト。
こんがりと香ばしい焼き目がついています。
1
そして、また暫くしてやっとパスタ登場。
「暑いですから気をつけて」と言って運ばれます。
3
これは…スープパスタといっても過言でないほど、トマトソースがタプタプ。
12
そしてやっぱり、量が多い。
パラパラと散らされた万能葱のみじん切りが、真っ赤っかなトマトソースの上にあってひときわ映えています。
2
ここのトマトソースは、かなり甘いです。
そしてパスタは、アルデンテとはおよそ対極にある柔らかさ。
でもこの柔らかいバスタは、不思議とこのトマトソースによく合っている気がします。
ソースの中には缶詰マッシュルーム数片に、針のように極細に刻んだ大葉がからめてあります。
タバスコや粉チーズは卓上に備えられているのですが使いませんでした。
4
代々木で食べたのは~よく覚えてないけど和風スパだったような…。
でも、このトマトソースも、確かに昔の「孔雀の舌」のスパゲティを思わせるものがあってとても懐かしかったです。
甘いトマトソース、柔らか~いスパゲティは独特の食感でしたが、なんだか癖になりそうです。

« 上野駅 京樽の錦ちらし | トップページ | 水天宮 初音の白玉クリームあんみつ »

中央区」カテゴリの記事