« 代々木 BM堂のパン | トップページ | 有楽町 北海道どさんこプラザのソフトクリーム »

霞が関 ダーリントンホール高裁店のアサリとトマトのバジリコとワッフル

今日は夏季休暇③。
せっかくなので平日ランチを楽しもうと、ダーリントンホール高裁店へ。
といっても、ワタシはランチタイムを外したグランドメニューがお目当てなので、時間を見計らって少し遅め(13:30)に入店しました。
前から気になっていたメニュー、アサリとトマトのバジリコ600円を頼みます。

殻つきアサリとトマトの角切りが入って、バジリコをたっぷり入れてオリーブオイルで仕上げたパスタ。
トースト、サラダ(キュウリと人参の千切りとレタス、サウザンアイランドドレッシング)つき。

お、美味しい~!!
今までここで食べたメニューの中で、ベストかもしれない!?
(あ、スパイシー野菜カレーもいいけど)
まあ街なかのレストランに行けば普通にこれくらいの料理は食べられるけど、なんたってこのお値段でこれだけのお味が楽しめるんだからイイよねっ。

食後はケーキを食べたかったのだけど、やっぱり品切れ。
スタッフさんに聞くと、「昨日のうちに無くなってしまったのだけど、もう注文しなかったんです」とのこと。
今日は金曜日で、とうぜん週末は休みなわけだから、仕入れてないのね…。
それならば、今度は週前半で休みを取って、また来よう!

…というわけで、今日はワッフル400円を取ってみました。
ホットケーキやワッフルは冷凍のものを温めて使っているようですが、まぁそんなところだろう…。
ワッフルを注文すると、セットドリンクが50円になるのでアイスミルクティーにします。
アイスティーは最初に持って来て貰いましたが、ワッフルが出る頃にはかなり氷が溶けてしまっていました。

冷凍モノを温めたワッフル。
大きなバニラアイスがどっかと乗って、オレンジ、チェリー、キウイといったフルーツと生クリーム、それにべりーソースとシロップが添えられています。
メニューの見本写真より、かなり寂しい…。

…でも、冷たいアイスといっしょにワッフルを食べたら、けっこういけました。

しかし、ワタシなんかはお気楽にレストランにやってきただけですが、ここは裁判所内。
先日は、玄関前で窓の無い護送車が地下駐車場に入って行くのを目撃しました。
これから裁判が始まるので、収監中の被告を乗せて来たのだろう。
今日はすぐ近くのテーブルで若い?女性とその母親と思しき二人が、弁護士さんを相手に離婚調停の相談中。
聞くとはなしに耳を傾けていたところ、それは少しもドロドロした感じではなく、事務的にさばさばした話で、途中、笑い声が起こるほどでありました。
ここへ来る人、皆が皆そんなものではないのだろうけど。
いろいろな人生を垣間見るようで、ちょっと考えさせられます。

« 代々木 BM堂のパン | トップページ | 有楽町 北海道どさんこプラザのソフトクリーム »